雑居空間
趣味のあれこれを、やたらめったらフットスタンプ




 先日ネットの古本屋で「魔術師タンタロンの12の難題」を購入しました。  長年探し求めていた本なのですが、ほとんど見かけることさえなかった希少本でしたので、入手は半ば諦めかけていました。購入したものは特に状態も悪くありませんし、価格も定価と同じ1500円(+送料+振込み手数料)。ラッキーでした。  「魔術師タンタロンの12の難題」は、スティーブ・ジャクソン著、ステファン・レーヴィス画、柿沼 瑛子 . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 T&Tのソロアドベンチャー「傭兵剣士」をプレイ。 これ以降、「傭兵剣士」のネタばれを含んでいます。ご注意ください。 <現在の状況> 名前:レイン・デシンセイ 種族:人間   役割:盗賊 経験点:167 経験レベル:1 体力度 14/14 知力度 15 幸運度 11 耐久度 11/11 器用度 14 魅力度 8 速度 9 個人修正 +4 金貨:0 武器:魔法の長剣(必要体力9、攻撃力4 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 T&Tのソロアドベンチャー「傭兵剣士」をプレイ。 これ以降、「傭兵剣士」のネタばれを含んでいます。ご注意ください。 <現在の状況> 名前:レイン・デシンセイ 種族:人間   役割:盗賊 経験点:85 経験レベル:1 体力度 14/14 知力度 15 幸運度 11 耐久度 11/11 器用度 14 魅力度 8 速度 9 個人修正 +4 金貨:10 武器:魔法の長剣(必要体力9、攻撃力4 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 昨日の話ですけど、またまたまた、Amazonで注文していた海外のゲームブックがいくつか到着。 ・BLOODBONES  Jonathan Green著、Tony Hough絵、Wizaard Books刊。  ファイティングファンタジーの新刊なんですが、しかし表紙・背表紙にはジャクソンとリビングストンしか表記されていません。Amazonでも著者はその2人。もうちょっと著者をプッシュしてもい . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 T&Tの世界に登場する岩悪魔。  ビール大好き。でもビールが切れるとすごく不機嫌になる。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 T&Tのソロアドベンチャー「傭兵剣士」をプレイ中。 これ以降、「傭兵剣士」のネタばれを含んでいます。ご注意ください。 <現在の状況> 名前:レイン・デシンセイ 種族:人間   役割:盗賊 経験点:48 経験レベル:1 体力度 14/14 知性度 15 幸運度 11 耐久度 11/11 器用度 14 魅力度 8 速度 9 個人修正 +4 金貨:10 武器:魔法の長剣(必要体力9、攻撃力 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 T&Tのソロアドベンチャー「傭兵剣士」をプレイ。 これ以降、「傭兵剣士」のネタばれを含んでいます。ご注意ください。 <現在の状況> 名前:レイン・デシンセイ 種族:人間   役割:盗賊 経験点:0 経験レベル:1 体力度 14/14 知性度 15 幸運度 11 耐久度 11/11 器用度 14 魅力度 8 速度 9 個人修正 +4 金貨:10 武器:ブラジオン(3+0) 防具:レザー . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 年末に日本語版のT&T第7版と、第7版用ソロアド&リプレイ発売されることもあって、久しぶりにT&Tソロアドベンチャーを引っ張り出してみました。  最初にプレイするのはもちろん「傭兵剣士」。つか、これ以外のソロアドだと、作りたてのキャラではプレイするのがつらいっす……。 これ以降、「傭兵剣士」のネタばれを含んでいます。ご注意ください。 <キャラクターシート> 名前:レイン・デシンセイ 種族 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




箸がころんでもおかしい年頃 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 イラストレーター・作家で、おじゃる丸の原案者として知られる犬丸りんさんが、飛び降り自殺されたそうです。  前番組の「はりもぐハーリー」を好きだったこともあり、「おじゃる丸」は放送開始から月-金の放送はほぼ毎日チェックしているくらい好きでして、その関係で犬丸さんの著作も大体はチェックしていました。犬丸さんは人間観察が趣味だったそうですが、小説でもエッセイでも、その優しく暖かいまなざしを伺うことが . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ