雑居空間
趣味のあれこれを、やたらめったらフットスタンプ




 社会思想社・現代教養文庫、イアン・リビングストン著のゲームブック、「死のワナの地下迷宮」をプレイ開始、しようと思っていたんですけど、別の用があったのを思い出して今夜はちょっとパス。明日から少しずつプレイ開始します。  「死のワナの地下迷宮」は、昔、冒頭部だけちょろっとプレイしたような気が……、と思っていたのですが、それなりにプレイした形跡のある、自作のキャラクターシートが出てきました。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 だいぶ前の話ですが、4月30日に横浜スタジアムまで野球を観に行ってきました。で、その道中で社会思想社・現代教養文庫のM.アラビー著のゲームブック、「君ならどうする・食糧問題」をプレイしました。  これは発売当初に普通に新刊で購入して当時もある程度はプレイしたのですが、ゲームとしての面白さというよりもネタゲームブックとして楽しんでいたような記憶があります。改めてプレイしてみて、実際ゲームブックとし . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「Heroes of Might and Magic V」の日本語マニュアル版が発売されるそうです。 http://www.f-groove.com/on_line/hmm5/index.html  発売予定日は8月4日。先日調子の悪くなったPCはHDDの入れ替えだけでごまかしたのですが、「HOMM V」は今のマシンじゃスペックが足りないので、7月あたりをめどに新PCの購入に踏み切ろうかと思 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




 グレイル・クエストシリーズの第2巻、「ドラゴンの洞窟」を購入。  「ドラゴンの洞窟」は二見書房から出ていたドラゴン・ファンタジーシリーズの中で唯一所持しているものなのでちょっと比較してみたのですが、当然といえば当然ながらそれほど違いは感じません。訳者が変わっていますが、ちゃんと読み込まないと違いはわからないと思いますし、わかったとしても趣味の範囲のような気がします。創土社版の装丁は綺麗ですが、 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 先日、社会思想社刊、イアン・リビングストン著のゲームブック『盗賊都市』をクリアしました。  ゲームの印象は、同じくリビングストン作の『運命の森』に似ていますが、ゲームブックとしての完成度は『盗賊都市』の方が高いような気がします。  『盗賊都市』の一番の特徴は、ポート・ブラックサンドの魅力的な描写でしょうか。ポート・ブラックサンドは剣呑ではあるけれどもどこか楽しく、冒険の舞台としての面だけでなく . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 先日購入した英語のゲームブック、「The Castle of FEAR」をプレイ。子供向けなので本気になってプレイするという類のゲームブックではありませんが、読んでいてそれなりには面白かったと思います。  特に辞書も引かずに読みましたが、テキストはごく短く、単語も簡単なものばかりだったのでなんとかなりました。たまによく分からない単語も混じったりしていましたけど、前後のつながりやイラストなどから . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




 社会思想社刊、イアン・リビングストン著のゲームブック「盗賊都市」に4回目の挑戦。  めんどくさいので、前回のデータを使ってザンバー・ボーンの塔の5階からリスタートします。 以下、猛烈な勢いでネタばれしてますのでご注意ください。  あたし、レイン・デシンセイ。19歳。か弱い女の子兼、凄腕の剣士やってます。  シルバートンにしのびよるザンバー・ボーンの魔の手を何とかするために、悪名高き『盗賊都 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 社会思想社刊、イアン・リビングストン著のゲームブック「盗賊都市」に3回目の挑戦。 以下、猛烈な勢いでネタばれしてますのでご注意ください。  あたし、レイン・デシンセイ。19歳。か弱い女の子兼、凄腕の剣士やってます。  シルバートンにしのびよるザンバー・ボーンの魔の手を何とかするために、悪名高き『盗賊都市』、ポート・ブラックサンドに住む魔術師ニコデモスさんを呼びにいってくるという依頼を、市長 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 社会思想社刊、イアン・リビングストン著のゲームブック「盗賊都市」に2回目の挑戦。 以下、猛烈な勢いでネタばれしてますのでご注意ください。  ボカ、スカ。  あたしは苦戦しながらも、ポート・ブラックサンドの衛兵、サワベリーとファットノーズの2人を切り捨てた。  いつの間に集まってきたのか、あたしはギャラリーに囲まれていた。みんな衛兵たちのことはうっとうしく思っていたのか、拍手まで巻き起こっ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




 Amazonで注文していた海外のゲームブックがいくつか到着。試験的な意味もあって、シリーズ物の中から1冊ずつ入手してみました。 ・KEEP ME IN MIND  Nancy Holder著、Simon & Schuster刊。  Stake your destinyという、Buffy the Vampire Slayerのゲームブックシリーズの1冊です。  いわゆるキャラクターシートと . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ