たんべぇ山から

山歩きの記録、出会った植物を紹介します。



平標山~仙の倉山【新潟県】 2010年6月17日(木)

2010-06-20 | 新潟、北陸、尾瀬とその周辺の山

梅雨の晴れ間を狙って平標山(たいらっぴょうやま)に登ってきました。
この日は宿題のひとつ、オオバタチツボスミレ咲く尾瀬に行くか散々迷いましたが、平標山にハクサンコザクラが咲き始めたと聞き、直前での変更となりました。
オオバタチツボスミレは又次の機会に期待しましょう!!

平標山に登るのは3度目で、ハクサンコザクラ咲く6月に訪問するのは4年ぶり2度目となります。
4年前は一面がハクサンコザクラでピンクに染まっていました。
あの時の光景がよみがえり、もう一度この目で見てみたくなったのです。

しかし、今回は時季が少し早かったこともあり、あの時と比べると花の数も種類も少なく、少々物足りなさを感じましたが、咲き始めたばかりのハクサンコザクラは背たけが低く色が濃くてとても可愛いものでした。



【山行日】 2010年6月17日

【コース】平標登山口(06:55/07:10) → 鉄塔(08:00/05) → 松手山(08:35/45) → 平標山(10:05/20) → 仙ノ倉山(11:10/20) → 平標山12:15 → 平標山の家(12:50/13:00) → 平元新道登山口13:35 → 平標登山口(14:30)




今回も早朝発、04:40に自宅を出、登山口には06:55に到着でした。
平日のこの日、すでに10台以上の車が停まっており、その後も次々にやってきます。
その顔ぶれは私たちと同じく自由人な中高年がほとんど…^^;
お仕事中の皆さま、ごめんなさいです!!

さて、今回は逆コースも考えましたが、平標山の家から山頂まで続く長い階段にためらいを覚え、やはり松手山コースから登ることにしました。

とはいえ、こちらはしょっぱなからきつい登り、
昨日までの雨の影響で湿度も高く、いきなり汗が噴き出します




<タニウツギ>
 

ヤマツツジの鮮やかなオレンジ、やさしいピンクのタニウツギなどを見ながら一歩ずつ足を運び
約50分で第一の目標「鉄塔」に到着です。

きつい登りから解放されホッと一息!!
  

<鉄塔> 08:00
 

ここからは松手山までは傾斜が少し穏やかになり気持ちにゆとりが生まれます。
足元も目を向けると、マイヅルソウ、ミヤマキンポウゲ、アカモノが咲いていて徐々にお花の種類も増えてきました。

   <キンポウゲ>               <マイヅルソウ>
 


<ニガイチゴ>




やや盛りは過ぎているものの、ムラサキヤシオも咲き残っています。


<ムラサキヤシオ>

 

<ミツバオウレン>




松手山が近づくと登山道わきのアカモノの数がグンと増えます。

ミツバツチグリに混じって同じ色の黄色いスミレがチラホラ見えます。
オオバキスミレにしては葉が少し小ぶりに見えます。
苗場山が近いのでもしかして“ナエバキスミレ”かしら…でも、やはり葉先がツンととがっているからオオバキスミレなのでしょうね~^^;


<アカモノ>                      <オオバキスミレ><ナエバキスミレ>
  
★悩んでいた黄色いスミレは“ナエバキスミレ”と、みかんさんに教えていただきました。
みかんさん、ありがとうございました。




<松手山から見る苗場山>
松手山より苗場山



そうだ!ドウダンツツジがあったはず…と松手山の周辺を探すと、ありましたよ~~


<ベニサラサドウダン>




ジリジリ照りつける太陽にうんざりしながらも、時折吹く涼やかな風が心地よく感じます。
この季節は本格的な暑さに体が慣れていないため、真夏のように暑い今日のような天気は堪えます。

ふと、右手に目を向けると、シラネアオイが笹に隠れるように咲いていていてびっくり!
うっかり見落とすところでした。



<シラネアオイ>                   <ヨツバシオガマ>
  

 
ジグザクの急坂は、もう少し季節が進むとハクサンチドリやヨツバシオガマ、オノエラン、ツバメオモトなどの高山植物が咲き揃い疲れを感じさせない登りですが、さすがにまだ早すぎです。

左手に素晴らしいハクサンイチゲのお花畑が広がっていますが、立ち入り禁止となっており、遠くから眺めるだけです。
少しガッカリしながらきつい登りは終了!あとは平標山頂まで展望を楽しみながらの尾根歩き、と、行く手に白い群落を発見!!

ハクサンイチゲの群生地です。す、すご~~い!!

<ハクサンイチゲ>





<ハクサンイチゲと苗場山>

振り返ると特徴ある苗場山がすぐ近くに見え、歩いてきた道もはっきり見てとれます。


<平標山頂 10:05>



山頂で、軽く腹ごしらえして、いよいよお待ちかねのハクサンコザクラエリアへ突入です!!

まずは、ミネズオウがお出迎え…

<ミネズオウ>



<ミヤマキンバイ>

新鮮で鮮やかな黄色のミヤマキンバイに元気をもらいました!!


<ハクサンコザクラ>

黄色と紅紫色のコントラストが鮮やかです!




風に揺れるハクサンコザクラ、可愛いです!!




紫色の蕾が愛らしい。




ハクサンイチゲ、ミヤマキンバイが彩りを添えて一層華やぎます。




まだ2分から3分咲きぐらいかな…?






<チングルマ>

四年前はチングルマとのハクサンコザクラのコラボに目を見張りましたが、今年のチングルマはまだ少しだけでした。



ちなみに、2006年6月25日はこんな感じでした。↓ ↓





ハクサンコザクラエリアを過ぎて仙の倉への登りは意外にきつく、はぁはぁぜいぜい…

やっとこ着いた仙ノ倉からの眺望は素晴らしく、近くに谷川連峰、巻機山、が聳えます。


<仙の倉山>    11:10

平標から50分で仙の倉山に着きました。


山頂方位盤と首っ引きの夫のことはさておき、私はおやつタイムへ…


仙の倉の戻りでは、再びハクサンコザクラに会えると考えるだけで自然と足早になります。

帰りでは日差しが和らぐことを期待したのですが、相変わらずの直射日光に写真はうまくいきません。
それでも、数打ちゃ当たる方式で撮りまくります



<マズマシャクナゲ越しに見る平標山>

平標山の家に通じる巻き道がうっすらと見えますが、現在は使われていないのかな…?
入口(分岐)が不明でした。

平標山頂を素通りして、山の家までは標高差300mの長い階段を下ります。
この階段を下りながら、つくづくここを登りに使わなくて正解だったと感じました。

 
<イワイチョウ>                   <タテヤマリンドウ>
 


<イワカガミ>



<ムシカリ>



<ワタスゲ>


左手に大きな仙の倉山を望みながら木の階段をテンポ良く下りていくと、冷たい水がジャージャー流れる「平標山の家」に到着です。


<平標山の家>

暑いので中で休憩させてもらいました。

さて、ここからの下りは土止めの丸太が配置された規則正しい階段状の急坂です。
35分で平元新道の出会いに飛び出し、タニギキョウ、クルマバソウなどが咲く長い林道歩きの始まりとなります。


<サワハコベ>                         < ヒロハコンロンソウ>
 




別荘地を避け、再び登山道に入り暫く歩き登山口に戻ってきました。

この日はお天気が良かったので虫さんの活動も活発で、休憩するたびにうるさくまとわりつきます。
頭からすっっぽり被る虫よけネットが大活躍でした。
このネット、見た目はいまひとつですが、日よけにもなるし、風を通すので意外に涼しい優れものです。

ネットを被っていなかった夫は、耳たぶと耳の後ろの二か所をバッチリさされていました。


平標登山口から月夜野ICまでの一般道沿は有名な温泉地が軒を連ねています。
温泉でゆっくり汗を流したいのですが、高齢犬のメイが首を長くして待っているのでそうもいかず、汗まみれのまま車を走らせます。


平日登山で混雑しらず、帰りの高速も順調で夕方6時前には自宅到着しました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (14)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 袈裟丸山 【群馬県】 2010... | トップ | 姫木平と八島湿原【霧ヶ峰】... »

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はなねこ)
2010-06-20 16:42:36
やはり、ハクサンコザクラは可愛いですね♪
風に揺れる・といっても、綺麗に撮れていますね。
さすがにfu-co さんです。

3年前に同じコースを辿りましたが
シラネアオイは見つけられませんでした。
お花いっぱいのこの季節に、また訪れてみたいです。
私も今日(^_^)/ ()
2010-06-20 21:51:24
同じコースを今日登ってきました。
先週のツクモグサもそうですが
fu-coさんの追っかけをしているみたいですね。

三日違いですが、ハクサンコザクラだいぶ咲き揃ってましたよ。
ハクサンイチゲとミヤマキンバイとの三色がコラボした草原は
もうウットリするほどに美しいものですねぇ。

オノエランはあと一歩の蕾を一つ見つけただけでしたが
ハクサンチドリはかなり咲き始めていました。
今日お会いしたいと思ったシラネアオイは登りでは見つけられませんでしたが
エビス避難小屋まで足を延ばしかなり見られてニコニコでした。

そのうちfu-coさんにバッタリなんてあるかもしれませんね(^_^)
Unknown (やまそだち)
2010-06-21 16:04:25
fu-coさんの書き込みを見て、登った事が無いと思っていたこの山(平標山)、急坂と鉄塔で登った事がある事を思い出しました.^_^;
2003年7月20日で花があまり無く記憶が薄れていたようです。
この時期はこんなにたくさんの花があるんですね。
これはまた行かなくてはなりませんね。
ハクサンコザクラ、ハクサンイチゲは大好きですので・・・・・
はなねこさん (fu-co)
2010-06-21 20:04:40
平標山と仙の倉の鞍部のお花畑は、ちょうど風の通り道となっているのでしょうか?
この日はあまり風がない日でしたが、ハクサンコザクラを撮影しようとすると、なかなか静止しなくて思うように撮れませんでした。

はなねこさんは3年前でしたか?
平標山っていい山ですよね~
はなねこさんの時はハクサンコザクラがバッチリ見ごろでしたね~

>お花いっぱいのこの季節に、また訪れてみたいです。
私もです^^;
彩さん (fu-co)
2010-06-21 20:13:54
彩さん、日曜日だったのですね~
雨の予報が好転して絶好の山日和でしたものね!
ハクサンコザクラも開花が進んだようできれいだったでしょうね~
なんと、エビス避難小屋まで足を延ばしたですね~
仙の倉でヘロヘロだった私と大違い^^;
あの先にお花畑が広がっていたとは…
次回は頑張ってエビス避難小屋まで行ってみますね!

>そのうちfu-coさんにバッタリなんてあるかもしれませんね(^_^)
うんうん、バッタリ期待してま~す

やまそだちさん (fu-co)
2010-06-21 20:21:36
やまそだちさん、やはり平標山は登頂済みでしたか^^

アチコチ歩いておられるやまそだちさんが、「花の百名山」に数えられている平標に未踏だったことが不思議だと思ってました。

私は6月と10月しか知りませんが、7月は花が少ないのですね、端境期なのでしょうか?

今年はお花も遅れ気味なのでこれからが花の盛りなのではないでしょうか?
是非、再訪なさってください!!
Unknown (こまじろう)
2010-06-21 22:46:35
こんばんは。

平標ではハクサンコザクラの群生が見られるのですね。
知りませんでした。前に登った時は花にあまり興味が
なかったからか、時期が違ったからか… もしかしたら、非常に勿体ないことをしていたのかもしれません。
ハクサンイチゲでいっぱいの斜面もいいですね~
しばらく平標も行っていないので、また行ってみましょうかね。

こちらは先週末あたりに白神・岩木と歩いてきました。
岩木のミチノクコザクラは、はたして咲いているか
心配していたものの、大沢の雪渓の上部の斜面に咲く
ミチノクコザクラと初めて対面した時は感激ものでした!
種蒔苗代付近に沢山、それから山頂に向かう登山道脇にも
沢山ありましたよ。白神の日も含めて、天候に恵まれて、
とてもいい山行になりました。ときどき獣くさい臭いで
ビクビクしながらでしたけど。
こまじろうさん (fu-co)
2010-06-22 20:57:42
こまじろうさん、岩木山のミチノクコザクラ、咲いててよかったですね~
あの種蒔苗代付にミチノクコザクラ咲いている風景を想像するだけでヨダレがでそうです(笑)
私は登ったのは9月だったので秋の気配が漂っていました。
今年は無理そうなので来年こそはミチノクコザクラ咲く6月に岩木山に行ってみたいです。
お天気にも恵まれた北東北、羨ましいです!!

>平標ではハクサンコザクラの群生が見られるのですね。
平標から仙の倉方面へ少し下った辺りにお花畑が広がっています。
今回は少し早過ぎましたが、それは見事ですよ~
是非、お出かけください!


Unknown (たけさん)
2010-06-22 21:21:30
う~ん、この時期の平標はたまりませんよね~梅雨の晴れ間ゲット嬉しいですね^^

まねっこしたいなあ。今週は、、、無理かなぁ。でも今週ばっちしですよねぇぇ。悩む~
たけさん (fu-co)
2010-06-22 23:39:46
今週末はお天気良さげですね~

ハクサンコザクラもほかの花たちも咲き揃ってバッチリ見ごろじゃないでしょうか?
私はどうもせっかちでダメですね~

今週末は、私も上越周辺に出没するかも…^^

コメントを投稿

新潟、北陸、尾瀬とその周辺の山」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事