武本比登志ポルトガルスケッチ&油彩

へたくそ画家・武本比登志のポルトガル淡彩スケッチと油彩

1587.モイタの町角

2018-10-08 16:29:43 | ポルトガル淡彩スケッチ

2018年10月8日(月曜日)快晴。29℃~10℃。降水確率0%。湿度62%(7:51)23%(14:43)。北東のち北の微風。紫外線量5。7:15の朝食時にもなお暗く、サン・フリッペ城のライティングは点灯されたまま。7:45にようやく日の出。午後には予報気温以上に猛暑。サンタレンとセトゥーバルが全国最高気温。

『きょうのニュース』マデイラで悪天候、ポルトガル本土も木曜に雨。水曜日までは10地域で火災のリスク。山火事予防に山の灌木などの整理整地が必要。フンダオンで28ヵ国が参加して国際経済情報処理コンクール。ブラジル大統領選は1回目投票では決着が付かず、2回目は10月28日に投票、ボルソナーロ候補も生き残っている。ボスニア大統領選は決定。トランプの閣僚、マイク・ポンペイオ氏が北朝鮮訪問キム・ジョン・ウンと会談。インドネシア地震津波の死者は2000人を超える。ノーベル経済賞決定。サッカーポルトガルリーグ、日本人ナカシマが得点、ポルティマオン3対スポルティング1。ベンフィカはFCポルトに1対0。結果順位はベンフィカ、ブラガ、FCポルト。

午後からプリンターのインクを買いに『ジュンボ』まで。キャノンエプソン黒545=18,99€。カラー546=21,99€。ミネラルウォーター6Lt=0,59€。白菜798gx1,89=1,51€。鶏卵M玉12個=1,79€。合計=44,87€。道路工事は行われているが、連休は未だ続いているのだろうか?ジュンボは人が多かったし、途中交通量も多かった。これでようやく航空券のプリントが出来る。

eチケットを表示するにはアドビが必要とのことで先ずアドビをインストール、難儀したがようやく出来、eチケットも印刷完了。

『昨夜の映画』は両方既に観た映画だが、ジェシー・アイゼンバーグの2本立て。

グランド・イリュージョン』(Now You See Me)2013年。アメリカのクライム映画。116分。監督:ルイ・レテリエ。原案:ボアズ・イェーキン、エドワード・リコート。4人のマジシャン、J・ダニエル・アトラス(ジェシー・アイゼンバーグ)、メリット・マッキニー(ウディ・ハレルソン)、ヘンリー・リーブス(アイラ・フィッシャー)、ジャック・ワイルダー(デイヴ・フランコ)はそれぞれ与えられたタロットカードに導かれ、ニューヨークシティのアパートメントに集まった。そこで彼らは正体不明の”後援者”にある情報を与えられる。 1年後、4人は”フォー・ホースマン”として、保険業界の世界的大富豪、アーサー・トレスラー(マイケル・ケイン)の後援のもと、ラスベガスでマジックショーを開催し、精巧なパフォーマンスを披露する。彼らの最後のトリックは、観客の一人をパリにある銀行の金庫の中へ瞬間移動させるものだった。マジシャンの指示のもと、その観客が金庫内の通気口のスイッチを入れると、ユーロ札束を吸い上げ、ラスベガスの観客たちの頭上で紙幣がバラ撒かれる。ばらまかれた紙幣は本物であり、パリの銀行では、金庫から直近に運ばれてきた札束が無くなっていることが判明する。FBI捜査官ディラン・ローズ(マーク・ラファロ)とインターポール捜査官アルマ・ドレイ(メラニー・ロラン)は協力してホースメンの捜査を始める。2人は彼らに尋問をするが証拠不十分で釈放。2人は、過去にマジシャンであり現在はマジックのタネを解き明かすことで生計を立てているサディアス・ブラッドリー(モーガン・フリーマン)に協力を求める。サディアスはホースマンがベガスのステージの下にあったプレハブ金庫をどう使ったかを演じて見せた後、ユーロ紙幣は銀行に着く前に盗まれ、証拠を残さないためにフラッシュペーパーが使われただろうと推理する。 ディラン、アルマ、サディアスはホースメンを追ってニューオーリンズで開催される次のショーへ行く。そこでの最後のトリックは、トレスラーの1億以上の個人資産が、ハリケーン・カトリーナの被害にあうも、トレスラーの保険会社に支払いを断られた人々の口座に送金されるというものだった。ディランとアルマは4人を捕まえようとするが、失敗に終わる。トレスラーはホースメンへの復讐のためにサディアスを雇う。アルマは、捜査の中でホースメンが「ザ・アイ」と呼ばれる本物のマジックに繋がる集団に繋がっていると断定する。彼女が捜査を進めるにつれ、ライオネル・シュライク(イライアス・コティーズ)がザ・アイのメンバーであること、サディアスがライオネルを破滅させたこと、彼が一発逆転のために挑戦した金庫から脱出したトリックで亡くなったことが判明する。アルマはホースメンを援助するもう1人の人間がいると推理する。 捜査を続けていると、アルマはニューヨークのアパートの1室に彼らが滞在していることを突き止める。警察が突入すると、ジャックは書類の隠蔽を図り、他の3人は逃げ出す。ジャックは警察とのカーチェイスの末、車を横転させてしまい、火に包まれる。ディランは彼を助けられなかったが、次のホースメンの計画書を手に入れることに成功する。それはエルコーン社の金庫から数百万ドルを盗むというものだった。ディラン、アルマ、サディアスが盗まれた金庫を見つけるが、既に中身は動物の風船にすり替えられていた。ホースメンはその日の夜に最後のショーをファイブ・ポインツで見せる、とYouTubeで配信する。FBIと警察が集まり、集まった群衆の中でホースメンを探す。3人のホースメンが群衆の中に現れ、ファンたちにお別れと、今までの目的を告げ、屋上から飛び降りる。ディランは彼らを狙撃しようとするが、アルマはそれを止める。飛び降りた3人は、大量の紙幣へと変わり、大衆の上に降り注ぐ。その紙幣は偽物だったが、警察はそれを集めようとする大衆に妨げられ、ホースメンを追跡できなかった。 全てのショーが終わり、サディアスが自身の車へ歩いていくと、車はエルコーン社の金庫から盗まれた紙幣で満たされていた。そして、5人目のホースメンの容疑で逮捕される。ディランとサディアスが刑務所で話しているうちに、サディアスはアルマの仮説が正しかったこと、ディランが5人目のホースメンであったことに気付く。ディランは静かに去っていき、サディアスは「何故だ!」と叫ぶ。カーチェイスでの事故で死を偽装したジャックを含む4人のホースメンは、セントラルパークのメリーゴーランドの前にて、ディランに「ザ・アイ」のメンバーとして迎えられる。 後日、ディランはアルマにポンデザールで会い、シュライクの息子であることを明かす。彼は、エルコーン社の不備のある金庫がシュライクの事故を引き起こしたこと、サディアスがシュライクを蔑み、彼に再起のための新しい挑戦を強いたこと、テスラーの保険会社とその銀行がシュライクの事故に保険金を払わなかったことへの報復のためにホースメンを集めたのだった。ディランと良い雰囲気になっていたアルマは、彼を告発しないことを決める。アルマは、手すりに多くつけられた愛の南京錠の中に新しいそれを加え、鍵をセーヌ川に投げ捨てるのだった。 (Wikipediaより)

ソーシャル・ネットワーク』(The Social Network)2010年。アメリカ映画。120分。監督:デヴィッド・フィンチャー。SNSサイトのFacebookを創設したマーク・ザッカーバーグらを描いた映画。 原作はベン・メズリックが著したノンフィクション作品『facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男』(The Accidental Billionaires)だが、映画化の端緒は同書の執筆前に出版社へのプレゼンテーション用に書かれた10ページほどの企画書で、映画脚本と同時並行して執筆が進められたため、純然たる原作書という訳ではない。 Facebookの立ち上げから発展を描く回想シーンと、証言録取のために宣誓供述を行う訴訟手続を描く現在進行シーンが、交互に展開されてゆく。 2003年秋。ハーバード大学2年生のマーク・ザッカーバーグ(ジェシー・アイゼンバーグは、ボストン大学に通う恋人のエリカ(ルーニー・マーラファイナル・クラブ(ハーバード大学の学生秘密結社)や部活動などについて語り合っているうち口論になり、「アンタがモテないのは、おたく(ナード)だからじゃなくて、性格がサイテーだからよ」と言われてフラれる。怒ったマークはブログに彼女の悪口を書き並べ、さらに腹いせにハーバード大学のコンピュータをハッキングして女子学生の写真を集め、女の子の顔の格付けサイト「Facemash」を立ち上げる。サイトは瞬く間に話題となり、立ち上げから2時間で2万2000アクセスを集め、4時間で大学のサーバーをダウンさせてしまう。 後日、大学の査問委員会に呼び出しを食らったマークは、半年間の保護観察処分を受け、大学中の女子学生の嫌われ者となる。そこへ、ボート部に所属するエリート学生である双子兄弟、キャメロン・ウィンクルヴォスタイラー・ウィンクルヴォス(アーミー・ハマーと、その友人のディヴィヤ・ナレンドラ(マックス・ミンゲラに声を掛けられる。3人はマークの優れたプログラミング能力に目を付け、「harvard.eduドメイン」に群がる女性に出会うことを目的としたハーバード大学の学生専用コミュニティサイト「ハーバード・コネクション」の制作協力を依頼する。 これにヒントを得たマークはソーシャル・ネットワーキングサイトの制作を始め、親友のエドゥアルド・サベリン(アンドリュー・ガーフィールドに1000ドルの出資とCFO(最高財務責任者)への就任を頼む。マークはウィンクルボス兄弟らとの接触を避けてサイト制作を進め、2004年初頭、「The Facebook」は誕生する。「The Facebook」は、エドゥアルドが所属するファイナル・クラブ「フェニックス - S K・クラブ」の人脈を利用して瞬く間に広まってゆく。これに気付いたウィンクルボス兄弟らは、アイデア盗用でマークを訴えようとしたが、資産家の子息でもある彼らは「ハーバードの紳士は訴えない」という思想のために思い留まった。 「The Facebook」の流行のおかげで、マークは女子からモテるようになった。気をよくしたマークは、偶然見かけたエリカに「二人きりで話したい」と声を掛けるが、彼女はすげなく一蹴する。マークは、「The Facebook」がハーバード大学の学内限定公開で、名声も学内に留まっていると考え、サイトをさらに大きくしようと決意し、システムを改良して他大学へも次々と開放してゆく。 その頃、アメリカ西海岸では、Napsterの設立者であるショーン・パーカー(ジャスティン・ティンバーレイクが、行きずりの女子大生とベッドで朝を迎えていた。ショーンは、そこで偶然目にした女子大生のお気に入りサイト「The Facebook」に興味を持ち、サイトを通じて直ちにマークたちに連絡を取った。西海岸にスポンサーを探しに来たマークとエドゥアルドは、ショーンと面会してビジネスの相談を持ち掛けようとするが、ショーンの一方的な「独演会」となってしまう。自分の考えをまくし立てるショーンに対し、エドゥアルドは人となりに疑いを抱く一方、マークはその考えに魅了されていた。 ショーンの「Theがない方がクール」という提案を受け、サイトの名前は「The」を取って「Facebook」とし、会社の拠点は西海岸カリフォルニア州のパロアルトに移した。2004年夏、マークたちは西海岸でサイトの改良作業を進め、エドゥアルドは東海岸のニューヨークでスポンサー探しを進める。その間に、ショーンはマークたちが借りた家に転がり込み、マークに「俺たちの時代が来た」と語って自分たちの力で事業を拡大することを訴え、新たな投資会社との契約を成立させてゆく。そこへエドゥアルドがニューヨークから戻り、自分の知らぬ間に次々と事が進んでいることに激怒する。エドゥアルドは会社の銀行口座を凍結させてショーンとマークが進める投資話を止めようとし、マークとの友情に亀裂が入る。 同じ頃、イギリスのボートレース大会に参加していたウィンクルボス兄弟は、「Facebook」がヨーロッパの大学にまで浸透するほど巨大化している事実を知り、訴訟の提起を決意する。また、エドゥアルドは、30%以上あった持ち株比率を0.03%まで希薄化される罠にはめられ、CFOを降ろされてしまったため、訴訟の提起を決意する。こうしてマークは2つの訴訟を抱えることとなった。女性弁護士から「あなたにとってはスピード違反の金額と変わらない」と示談を勧められたマークは、2つの訴訟を示談で決着をつける。マークがノートパソコンで「Facebook」を開き、別れた元恋人のエリカに友達申請を行うところで映画は幕を閉じる。 (Wikipediaより)

ジャンパー』(Jumper)2008年。アメリカのSFアクション映画。88分。 1992年にスティーヴン・グールドが発表したSF小説『ジャンパー』が原作。監督:ダグ・リーマン。ミシガン州で育った普通の高校生デヴィッド(ヘイデン・クリステンセン)は、同級生であるミリー(レイチェル・ビルソンアナソフィア・ロブ(少女時代)に思いを寄せていた。15歳のときのある日、デヴィッドは冬の凍った川に落ちてしまう。溺れてパニックになった彼は突然、いつのまにか図書館へ移動していた。びしょ濡れの自分を見た彼は、自分が空間を瞬時に移動できることを知る。デヴィッドはその力を悪用し、銀行の金庫室へ忍び込んで、まんまと大金を盗み取る。しかし、ある一人の男は彼の存在に気づいた。デヴィッドと同じ能力を持つ人々「ジャンパー」の抹殺を使命とする組織「パラディン」のリーダー「ローランド」(サミュエル・L・ジャクソン)である。 それから10年後デヴィッドは、母が家を出てから人が変わってしまった父との生活を離れ、ニューヨークを根城に「世界中のどこへでも瞬時に移動できる」という自由を満喫していた。しかし、自分が持つ能力のために、心から信頼できる人を見つけることができず、孤独を感じていた。そんなとき、ミリーと再会したデヴィッドは彼女をデートに誘う。楽しいひと時を過ごしたデヴィッドだったが、そんな幸せな時間も長くは続かなかった。やがてデヴィッドは、パラディンの存在と、その組織に自分が追われていることに気づく。そして、偶然出会った同じジャンパーである「グリフィン」(ジェイミー・ベル)と協力し、何千年も続くというジャンパーとパラディンとの熾烈な戦いに巻き込まれていくなかで、ジャンパーの宿命、そして母の秘密を知ることとなる。 (Wikipediaより)

 

 

 

 

 

 

 

ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -1 (001-200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -2 (201-400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -3 (401-600)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -4 (601-800)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ -5(801-1000)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-6(1001-1200)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-7(1201-1400)
ポルトガル淡彩スケッチ・サムネイルもくじ-8(1401-1600)

 


「武本比登志ポルトガル淡彩スケッチ」のお買い求めは下記より

http://www.village-press.net/?mode=cate&cbid=1940881&csid=1


『絵画』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 1586.パルメラの城へ続く道 | トップ | 武本比登志の画歴 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ポルトガル淡彩スケッチ」カテゴリの最新記事