新型インフルエンザ・ウォッチング日記~渡航医学のブログ~

照会・お便りetcはこちらへどうぞ
opinion@zav.att.ne.jp(関西福祉大学 勝田吉彰研究室)

新型インフル爆発で人道援助(ウクライナ)

2009-11-05 12:32:40 | インフルエンザ:海外の動き/海外発生

新型インフル急拡大+出血性病変にて激動のウクライナですが、近隣国が人道援助を申し出ています。

「人道援助」「緊急援助物資」・・・これまで新型インフル関連の報道ではあまり登場してこなかった単語が連日登場しています。緊迫した空気が伝わってきます。

 

コメント (4)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 社会不安におおわれるウクラ... | トップ | べラルーシでは隠蔽疑惑 »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
どうなると感染しますか? (shakiramebarak44)
2009-11-07 13:52:59
はじめまして
チャキーラと申します
ウクライナにもしかしたら行く可能性があるものなので、危険回避の方法を知っておきたいです、宜しくどうぞ
わたしは以前ウクライナのキエフに行ったことがあります(ちなみにグルジアもあります、ロシアも)
またロシア語も話せます
何だかんだとロシア系に関わっているもので
今回の件はひとごとではありません

渡航前に事前に打っておく効果のあるワクチンはありますか?
それがあるならだいぶ安心なのですが
ありがとうございます (管理人)
2009-11-08 21:31:34
チャキーラさん、ありがとうございます。
渡航前に新型インフルエンザワクチンが打てればある程度の安心はありますが、妊婦や基礎疾患をもっている人など、優先順位の高い人しか打てませんので今は難しいかと思います。
ウクライナやめましょう (けい)
2009-11-10 21:50:41
インフルエンザでなくて、エボラ出血熱かもしれませんよ。バイオテロの危険性がでているのです。行くのは危険です。
http://www.voiceblog.jp/asao/m200911.html#986284 見てください。
RE:どうなると感染しますか? (浅見真規)
2009-11-12 00:25:40
チャキーラさん、
医療事情の悪いウクライナで新型インフルエンザに感染するのは心配だと思います。タミフル不足みたいですし。(尚、ロシアではロシア製の抗インフルエンザ薬アルビドール(Арбидол)がありますが効果はタミフルより劣るかもしれません。)
あなたも同居の御家族も健康で妊娠されてない前提で、私が考え付く対策は三つあります。(責任は持てないので自己責任でどうぞ)

一つは少なくとも今月の渡航は避ける事(できれば年内の渡航避ける方が無難)です。今月中にウクライナは流行のピークを迎える可能性が高いからです。また、時間が経てば状況も判明するからです。(尚、ロシアの流行のピークは12月か来年1月になると思います。)
二つ目は医療事情の良い日本で渡航前に自然感染しておく方法で、三つ目は感染防止・重症化阻止対策をして渡航する方法です。
日本は今月後半が流行のピークですのでマスクせずに外出すれば自然感染する可能性はかなりあります。一度感染すればワクチンより強力な免疫を獲得できます。(実行される場合は、自己責任で実行願います。)ただし、無理に感染しようと感染者が咳してる目の前で深呼吸するのはキス病等の他の病気まで感染する危険があるのとウイルスを肺まで多量に吸い込んで重症化する危険があるので避けた方が無難です。
渡航前に感染しなかった場合には、マスク、体温計(早期発見・早期治療目的)、漢方薬(薬局で相談して麻黄湯か葛根湯購入)、のど飴、除菌効果のあるウェットティッシュの持参を勧めます。尚、勧めるわけではありませんが、親しくて信頼できる人が今秋インフルに感染しタミフルを飲み残していれば、2錠ほどもらって持参するという方法もあります。(実行される場合は、自己責任で実行願います。)食事時にはマスクはずさねばならないので注意してください。また、ウイルスに対する効果は不明ですが、鼻の周りに塗ってホコリや花粉防御する「ネイザルガード 塗るマスク」というモノをダメで元々で試す方法もあります。(Amazonで1680円と高いので、安いリップクリームを鼻の穴の周りに塗って代用する方法もあるそうです。効果不明なので自己責任で願います。)
尚、マスクは呼吸のしやすい通常タイプでは(高価で青色だそうですが)「ネクスケアマスク プロ仕様」が飛沫感染防止だけでなく、ある程度の空気感染防止効果があるみたいです。
(労働科学研究所HP記事の「マスクの漏れ率と銘柄」のグラフ参照)
http://www.isl.or.jp/service/maskseminar.html
(ただし、成績の良い3Mヘルスケア・興研・重松はテストに関与していたようです)
インフルエンザウイルスは空気感染を起こしにくいですが、結核は空気感染するのでウクライナに結核感染者が多いようなら「ネクスケアマスク プロ仕様」を推奨します。
お近くで売ってなければ、マツモトキヨシのネットショップに5枚一袋498円・送料490円であります。
http://www.e-matsukiyo.com/shop/c/cC0104010/

インフルエンザ:海外の動き/海外発生」カテゴリの最新記事