T-NETWORK

教育、保健体育、スポーツ(野球、ソフトボール、サッカー、トレーニング)などについて日々感じていることを書き綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京選抜選考会

2009年11月30日 | 野球
29日(日)は中学男子ソフトボールの東京選抜チームの選考会が行われました。私は昨年から東京代表監督を務めているので、選考にあたりました。代表に選ばれると3月に行われるJOC(ジュニアオリンピックカップ)都道府県対抗全国大会に東京代表選手として参加できるのと同時に、平成25年に行われる「東京国体」の強化指定選手として認定されます。

両国からも14名が選考会に参加しました。50m走、遠投、守備練習、打撃練習などを行い最終的に17名を絞り込みます。

正式発表は12月の練習会の時ですが、昨年の大会ではベスト8だったので、今年度は昨年よりも一つでも多く勝ちたいと思います。

それにしても通常業務(担任、授業、部活〈中学・高校〉、雑務)に加えての代表監督は相当ハードです。日本代表チームと巨人を同時に指導していた原監督の苦労と苦悩と偉大さが少しだけわかる気がします。野球が本業でないので、少し事情は違いますが…。
コメント (1)

OB会

2009年11月27日 | 野球
 26日の夜に錦糸町駅近辺にて、OB会が行われました。いわゆる総会的なものではなく、助監督の同級生、先輩、後輩、当時の監督、コーチ、そしてOB会長が集まり、そこに現役監督として参加させてもらいました。色々と現役時代(30~40年前!)の話で盛り上がりましたが、それにしても、40年前の「一球」を昨日の事のように語る姿は、良く言えば「野球少年」、違う表現で言うと「野球バカ」の集まりだなーと思いました(そういう自分も野球バカの資格は十分あると自負していますが・・・)。
 いつの間にか一芸大会が始まり、宴会部長(新OB会副会長)による「競馬実況中継」は絶品で、毎回味が深まっていくような気がします。また次回も期待しています。

 父母会発足とともに、OB会も活動を本格的に再開し、父母会、OB会を中心とする「両国ベースボール・サポーターズクラブ」が盛り上がりつつあります。またOB会と父母会の交流事業も計画して行っていく予定です。

そういえば、母校のOB会ってあるのかな~?甲子園に行った時だけ振込用紙が送られてきますが・・・。
コメント

紅白戦

2009年11月23日 | 野球
本日(23日)は午前練で紅白戦を行いました。久しぶりの実戦形式でしたが、課題が多く見つかったのでやって良かったと思います。ミーティングでは、まだまだ振りが鈍い、基礎体力がない、考えてプレーしてないなどのコメントもあり、冬練でクリアーして行きたいと思います。高校野球の規則で約4ヶ月間対外試合はできませんが、意識を高く持ち練習に励みたいと思います。

夕方から父母会の集まりがありました。毎度(とは言っても二回目)参加率の高さには驚かされ、父親・母親合わせて20名くらいの参加がありました。色々な話が出来てとても有意義でした。父母会、OB会などにサポートしていただきながら、更に上を目指して頑張って行きたいと思います。親父の会なるものも立ち上がったようで楽しみです。
コメント (1)

NSCAカンファレンスに行ってきました

2009年11月22日 | 野球
 土日と「NSCA(National Strength & Conditioning Association)ジャパン」のカンファレンスに参加してきました。NSCAとは、簡単に言うとトレーニングの資格を発行しているアメリカの団体で、私は学生時代にS&Cスペシャリスト(アメリカプロスポーツのトレーニングコーチには必須の資格)とパーソナルトレーナーという二つの資格を有しているので、資格継続の勉強の為に参加しました。アメリカの最先端のトレーニング理論や、日本のトップレベルのスポーツのトレーニング指導方法などを学ぶことができ、全てではありませんが、両国流にアレンジして、取り組んでいきたいと思います。こういう講習会では、講習その物よりも講習会に来ている人に興味があり、たくさん名刺交換ができました。またそういう人を巻き込んで、両国サポーターにしていきたいと思います。写真は講師を務めたLoren Seagraveさんです。ありがとうございました。
コメント (1)

東京選抜練習会

2009年11月15日 | 野球
本日(15日)は中学ソフトボールの東京選抜練習会が両国高校の校庭で行われました。
全体としてはソフトボール未経験者、少年野球未経験者が多く、基礎ができてない生徒が多くいました。基礎固めをしっかりして、昨年(全国ベスト8)以上の成績を収められるように頑張り、東京男子のソフトボールを盛り上げて行きたいと思います。

余談ですが、来年夏に『ソフトボーイ』という映画が公開されるようです。佐賀県で実際にあった高校男子ソフトボール部がモデルとなっているようです。マイナースポーツの男子ソフトボールに目を着けた素人高校生が全国大会に行くという話しらしいですが、両国にどこか境遇が似てる気がして、今から映画が楽しみです。

ソフトボール=女子スポーツというイメージが強いですが、これを機に男子ソフトボールが盛り上がって行くことを期待します。
コメント

高校練習試合 VS足立工業(中止)

2009年11月14日 | 野球
 本日予定されていた足立工業との練習試合は雨天により中止となりました。今季最終戦でしたが、実施できず残念でした。これで今季の練習試合は終了ということになります。7月からスタートした新チームでしたが、「日本一のチーム」目指してやってきました。都大会1次予選ブロック代表&本大会進出、1回戦勝利という結果もさることながら、チームの雰囲気や応援に来てくださる保護者、OB、関係者の方が増えたことが、チームにとって一番の収穫でありました。今後も「日本一応援され、愛されるチーム」を目指して頑張って行きますので応援よろしくお願いします。
 11月中はまだ実戦的な練習もありますが、体力づくりや、基礎練習なども割合を増やして取り組みます。なかなか早急には結果がでないことだと思いますが、辛抱強く練習を積み、春季大会ベスト16(夏のシード権獲得)、秋季大会よりも応援の数を増やすことを目指します。
コメント (1)

高校練習試合(VS鷺宮)

2009年11月08日 | 野球
高校は鷺宮高校との練習試合でした。中学生を錦糸町まで引率した帰りに、一年生部員(六名)にあったので、今日の試合の様子や個人の反省などを聞きました。結果としては二戦二敗だったようですが、試合前に個人の課題を持って臨んだので、得たことや足りない点が分かっていたようです。
『中学時代はこんなに頭を使って野球をしてなかった』と話す者や、『今日の敗因は「油断」ですかね』、『外角(ボール球)の見極めができた』(いずれも同一人物)と振り返っていました。

来週は今季最終試合です。麻布戦以来勝っていませんが、最後は勝ってキツイ冬練の励みにしたいと思います。

本日も応援ありがとうございました。
コメント (2)

秋季都大会(中学ソフトボール)

2009年11月08日 | 野球
本日(8日)は高校は練習試合、中学は秋季都大会でした。身体が二つないため私は中学ソフトボール部を引率しました。高校の様子は後ほど助監督から聞き投稿します。

中学の方は、昨日二年のあるクラスが学級閉鎖となり、そのクラスのソフトボール部員は自分が体調良くても大会に参加出来ないということになりました。
その中には、エース、捕手兼二番手投手、四番外野手などがいて、いずれも不参加という非常事態となりました。
三番手投手まで作ってなかったので、投手は急遽練習しての登板でした。
初戦(いきなり準決勝)の相手は早稲田実業でした。先制点を許しその後も点を入れられコールド負け寸前までいきましたが、二死から三点返し、気付けば二点差というところまで追い上げましたが、最後は反撃届かず負けてしまいました。負けはしましたが、このメンバーでコールド負けせず、対等に戦い抜けたということは、春の大会に向けて自信になったと思います。特に普段二年生の控えで出番のなかった一年生は、いきなり都大会準決勝がデビュー戦ということになりました。ピンチでも明るく楽しくは着実に高校野球部の伝統を引き継いでいました。春季大会こそは優勝目指して頑張ります。

今日は中学生の保護者が応援に駆けつけてくれました。ありがとうございました。

高校生は会場の最寄り駅集合ですが、中学生は錦糸町から引率するので、自宅(多摩市)~錦糸町~府中~錦糸町~自宅と東京横断(二往復)してヘトヘトです。
コメント (1)

惨敗

2009年11月01日 | 野球
今日(1日)は千葉県の鎌ヶ谷高校との練習試合でした。鎌ヶ谷高校は数年前に千葉県大会でベスト8になったこともある公立の強豪ですが、二年生が修学旅行でいないため、オール一年生でした。とは言ってもクリーンナップはAチームでも主軸だということでした。
一試合目は、都大会の足立学園戦と同じく、ヒットが出て再三チャンスは作れていましたが、タイムリー欠乏症?は重症で6対0で完封負け。

二試合目はメンバーを大幅に入れ替えて、今まであまり試合に出れなかったメンバーを中心に戦いました。この試合では、やらなくてもいい点を与えすぎ、大敗しました。

今日はいいところがなく課題ばかり沢山出てきた試合でした。課題は、
①振りが弱く、自分のスウィングができていない。
②正確な送球ができていない。
③サインプレー(特にバント)が決まらない。
④相手の守備にプレッシャーを与えるような走塁が出来てない。
⑤レギュラーメンバーを脅かすような控え選手がいない。代走、代打、守備固めなどが出せない。などなど…

『負けに不思議な負けなし』と言っている名将がいましたが、負けから学ぶものって沢山あるな~と思わされました。今すぐ出来ること、春までに出来るようにすること、夏までには完璧にしておくことなど、分析と地道な実践を繰り返し、春再び鎌ヶ谷高校(A)とやる時には絶対勝ちたいと思います。

応援に来られた保護者の皆様、遠くまで応援に来ていただき、また差し入れをありがとうございました。
コメント (4)