あなたも社楽人!

社楽の会の運営者によるブログです。社会科に関する情報などを発信します。

『12歳までが成功のカギ!「頑張れる子」の育て方』和田秀樹

2018-07-28 05:49:38 | MY BOOK
『12歳までが成功のカギ!「頑張れる子」の育て方』和田秀樹 を紹介します。 『12歳までが成功のカギ!「頑張れる子」の育て方』和田秀樹(学研パブリッシング)を紹介します。 「頑張れない子」が増えています。 社会に出て「折れる」人が増えているのです。 それは、頑張る経験と、それによる成功体験が不足しているからです。 amazonのカスタマーレビューに次の意見がありました。 この著者の考 . . . 本文を読む
コメント

『アドラー博士が教える 子どもを伸ばすほめ方 ダメにするほめ方』星 一郎

2018-07-25 05:41:08 | MY BOOK
『アドラー博士が教える 子どもを伸ばすほめ方 ダメにするほめ方』を紹介します。 星 一郎 先生は、心理セラピスト。子育てボランティア団体「わいわいギルド」代表、IP心理教育研究所所長など数々の肩書きがあり、著書も20数冊あります。 まずは内容(「BOOK」データベースより)紹介から。 「ほめれば伸びる」と思っていませんか? 「いい子ね」「すごい」「えらいね」「がんばれ」…人格を評価するほ . . . 本文を読む
コメント

『江戸の家計簿』(宝島社)

2018-05-26 05:56:53 | MY BOOK
宝島社の『江戸の家計簿』はおもしろい! amazonでは 江戸時代の人々の暮らしはどうだったのか―― 武士や町人の生活を、物価や給料からひもとき、 イラストや写真などのビジュアルでわかりやすく紹介します。と紹介されています。 設定は、18世紀初頭。 次の価値を基準に計算しています。 米1石  = 63,000円 大工見習の日当 = 15,000円  物価は これは今の感覚と近いですね。 . . . 本文を読む
コメント

『スマホが学力を破壊する 』(集英社新書) 川島 隆太

2018-04-07 06:14:28 | MY BOOK
川島 隆太先生の『スマホが学力を破壊する 』(集英社新書) を読みました。 教育現場では、経験知として「スマホは学力に悪影響がある」と思われていましたが、こうして世界の脳科学者にデータで示されると「やはりそうか」と思わされます。 この本は、仙台市の小中学生7万人を対象に、数年がかりの追跡調査を行い、スマホの使用と学力の推移を調査したものです。 そのデータには驚きです。 長時間のスマホ使 . . . 本文を読む
コメント

日本の特別地域 特別編集78 これでいいのか愛知県 (地域批評シリーズ)

2018-01-02 06:01:15 | MY BOOK
日本の特別地域 特別編集78 これでいいのか愛知県 (地域批評シリーズ) を買いました。 商品の説明です。 内容紹介 愛知県民は見栄っ張りでよそ者を異常に嫌う性質があり、そのため独自の文化やライフスタイルがある。その真実を解き明かす一冊。 内容(「BOOK」データベースより) 沿線別!見栄っ張り県民のヤバい生き方。 その中の記事を一つだけ紹介 よく調べてあります。 目次です。 第1 . . . 本文を読む
コメント

『LIFE SHIFT』

2017-12-17 05:54:17 | MY BOOK
あまりにも有名になった『LIFE SHIFT』リンダ グラットン (著),‎ アンドリュー スコット (著),‎ 池村 千秋 (翻訳) 日本の政策を動かした本です。 amazonの内容紹介 ■26万部突破! ずっと売れてます! ■TBS 水トク!『緊急!池上彰と考えるニュース総決算!2017 ニッポンが“危ない”』にて紹介(2017年12月6日放送) ■流行語大賞2017「人生100 . . . 本文を読む
コメント

『子どもをぐんぐん伸ばす いい言葉』 surprisebook

2017-11-06 05:55:08 | MY BOOK
『子どもをぐんぐん伸ばす いい言葉』 surprisebook雫石小学校校長 齋藤 卓也 著を紹介します。 コンビニで売っているものです。 小冊子(P.176)ですが、なかなか秀逸。 具体的です。 本人の言葉から 現在、いじめ、不登校、ひきこもり、自殺などの問題があり、子どもが元気に学校に通えない状況があります。そこで、家庭や教室の中で日常的に交わされるちょっとした会話、言葉がけに「子どもを . . . 本文を読む
コメント

『朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ"とフェイクニュース 』

2017-09-17 06:05:46 | MY BOOK
『朝日新聞がなくなる日 - “反権力ごっこ"とフェイクニュース 』新田 哲史 (著), 宇佐美 典也 (著) 自分でも感じていた「朝日新聞がおかしい」と言うことが、事実に基づいて論証されています。 決して悪意のあるものではなく、冷静に書いているところに、朝日新聞の抱える問題の深刻さがわかります。 amazonのカスタマーレビューも納得できます。 しかし、これらの誇張記事で内閣支持率が簡 . . . 本文を読む
コメント

『「本を読む子」は必ず伸びる! 』樋口 裕一

2017-08-29 05:52:58 | MY BOOK
『「本を読む子」は必ず伸びる! 』樋口 裕一 を紹介します。 私なら、「本を読む子」と「行動力」のある子は必ず伸びる! という本を書きたいくらい、これもまた真だと思っています。 著者は、作文指導に定評があり、「小論文の神様」とも言われている人です。 書かれていることは、その通りというオーソドックスな内容です。 内容説明 小学校の低学年から学力を鍛えるために、さまざまなメソッドや勉強法が . . . 本文を読む
コメント

『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ 』立石 美津子

2017-08-28 05:43:46 | MY BOOK
『1人でできる子が育つ「テキトー母さん」のすすめ 』立石 美津子 を紹介します。 まず、この著者自身の生い立ちに驚かされます。 基本的に、著者の経験に基づいた話で、共感できます。 「6歳までの子育て」と書かれていますが、いやいや、そのエッセンスはその先も十分に生かすことができます。 内容紹介です。 「テキトー母さん」になれば、子どもが自立する&お母さんもラクになる! イラストで楽しく読める . . . 本文を読む
コメント

『中学校に入る前に親がしてはいけない80のこと』秋田洋和

2017-08-27 05:46:29 | MY BOOK
『中学校に入る前に親がしてはいけない80のこと』秋田洋和 を紹介します。 著者は数学教育や受験のプロ。 月刊誌『高校への数学』のメイン記事の執筆者でもあります。 さぞかし、受験指導の本かと思ったら、きわめてオーソドックスな家庭教育の本でした。 親を「イライラ」「過保護」「放任」「過干渉」のタイプに分けて、それぞれに必要なサポートを紹介しています。 何と、ネット上でも連載されていました。 . . . 本文を読む
コメント

『できる子はどっち? 』沖山 賢吾

2017-08-26 05:16:52 | MY BOOK
『できる子はどっち? 』沖山 賢吾 もおもしろい! これまでの常識が変わるかもしれません。 また、必ずしも正しくないかもしれません。 そもそも、正解はありません。 それを踏まえて読むと、とても興味深く読むことが出来ます。 5000組の親子と面談してきた教育コンサルタントが教える、できる子の法則!! 内容紹介です。 約40年ぶりに実施される「大学入試制度改革」。 今回の改革は「明治以来続 . . . 本文を読む
コメント

『親ばか力 子どもの才能を引き出す10の法則』辻井いつ子

2017-08-25 05:21:02 | MY BOOK
『親ばか力 子どもの才能を引き出す10の法則』辻井いつ子を紹介します。 著者の 辻井いつ子 さんは、ご存じ ピアニスト辻井伸行氏のお母さんです。 生まれながらにして全盲であることを知り、一緒に死ぬことまで考えた人が、「ウチの子は天才かも!」と思い続けた子育て術を公開しています。 次の内容紹介で、概要がつかめます。 ■「親ばか」だからこそ、才能を育てられる!■ 現在、世界的なピアニスト . . . 本文を読む
コメント

『子どものための自分の気持ちが<言える>技術 』平木典子

2017-08-24 06:00:06 | MY BOOK
『子どものための自分の気持ちが技術 』平木典子を紹介します。 これも読みやすい! 片面が文字で片面がイラストのイメージです。 平木典子 先生は、日本におけるアサーション・トレーニングの第一人者です。 文句なしです。 内容紹介 最近の子どもたちの言動は、いじめ、非行、凶悪な犯罪など暴力化の傾向が強くなり、 従来の常識では理解できなくなってきています。勉学環境に恵まれ、 食にも困らない国で起 . . . 本文を読む
コメント

『子育ての鉄則―道を誤らせないために』星 幸広

2017-08-23 05:28:26 | MY BOOK
『子育ての鉄則―道を誤らせないために』星 幸広を紹介します。 著者の 星 幸広さんは元警察官。少年課長や警察署長を歴任しています。 そのため、これまで紹介してきた教育書とは、ひと味違います。 冒頭からショッキングです。 大規模な少年(少女)犯罪を摘発し、その後どう親に伝え、更生に向かわせるのかの葛藤が書かれています。 「警察ではここまで考えてくれるのか」というのが素直な実感で、頭が下がり . . . 本文を読む
コメント