のらさんのうだうだ日和

ドラマ・映画の視聴率情報中心

映画「ロボコン」の話

2005年11月30日 14時47分57秒 | 邦画
ロボコンと言っても"がんばれロボコン"では無く、ロボットコンテストに青春をかける少年少女をテーマにした映画の事です。

ロボコン SDV-16122D
ロボコン SDV-16122D

あらすじ
葉沢里美(長澤まさみ)は高等専門学校、通称”高専”に通う女の子です。落ちこぼれの里美は顧問の教師に半ば強制的に第2ロボット部への入部を指示されます。実績もあり華やかな第1ロボット部とは異なり、どこか集団行動の出来ない第2の部員達。里美を含めた第2ロボット部4人は、”全国高等専門学校 アイデア対決・ロボットコンテスト”略して”ロボコン”に出場する事となる


泣けない!笑えない!面白くない!
ストーリーも平凡で眠くなる程!
特撮やアクションがある訳でも無い!
そんな、この映画の凄い所はと言えば、それは出演者ですよ!
主演には今をときめく若手女優の長澤まさみ(初主演映画です
そして、それを支える第2ロボット部のメンバーに小栗旬伊藤淳史塚本高史と若手の中でも先頭を走る俳優さん達と何とも、どえりゃー出演者陣です。
これだけでも観る価値はあると思う。
(DVDの特典の中で長澤まさみさん(他)のインタビューがあるのだけれども、若いね!ちょっとバカっぽい喋り方!ファンの方には初々しいと言った方が良いのかな?)

それ以外では、やはりタイトルにある通り”ロボット”達ですね。
映画の中の”ロボコン”では、ダンボール積みが対決のテーマになっています。
実際の”ロボコン”出場のロボット達は、形や機能が様々で観ていて楽しいですね。

今の”ロボコン”とか見ていると(NHKで良くやってる)映画の頃より高性能・高機能でロボット開発の早さを感じます。

余談だけど、エンディング曲の「Saturday Night」(名曲だね!)は、こずえ鈴ちゃんの歌声がとってもいいよ!

評価(70点):
コメント

「1リットルの涙」の話8

2005年11月30日 13時21分36秒 | 2005年10月期ドラマ

1リットルの涙第8話~1リットルの涙~(視聴率15.4%、平均14.5%)を観ました。

「どうしちゃったの麻生くん。まるでいい人みたい!」
それは可哀想だろう。今回の麻生くんは結構いい人だぞ!

少しずつ亜也が学校に居れない状況になってきます。
それは学校でも、家の中でも…。亜也の母は亜也の学校生活をサポートしようと、仕事を辞める事を考えます。
亜也の父も店の仕事以外に空いている時間を利用して働き出します。
妹の亜湖は亜也と同じ東高に入って移動などをサポートする事を亜也に話します。
そして学校ではクラスメイト達が亜也への不満を口にします。

「お前らズルイよ!あいつの前ではいい人のフリして親切にしてあいつが何度もゴメンねって言っても平気、平気って繰り返してあいつが居ない時にこんな話して、本当は迷惑でしたなんてズルイよ!」
「やだったら元々親切になんかすんなよ!面倒だ、困ってる、疲れるってあいつの前で言えよ!そしたら、あいつきっと分かったよ。助けて貰わなくて済む方法だって考えたよ。」
「お前もだよ!なんであいつより先に親に話すんだよ!毎日、直接、顔を会わしているあいつに何で話し聞いてやんねーんだよ!外堀埋めて追い込むような真似すんなよ!先生があいつとちゃんと向き合ってたら、あいつだってきっと自分で・・・」

麻生くんの言葉は、多くの視聴者の言葉でしょう。(以前は亜湖ちゃんが、今回は麻生くんが言いたい事を代弁してくれてホッとしました。このままではストレスがたまってしまって・・・!)
前にも書きましたが、この場合一番悪いのは教師であり、学校であり、それを管理する公共機関だと思います。
生徒全体の事を考えつつ、障害者の社会参加に向けて全力を尽くすのが、公務員の義務であり、教育者の正しい姿勢なのではないでしょうか?
生徒や障害者の家族に移動等を任せるなんてもっての他、学校内の安全を教師が守らないでどうするのでしょう。

実際の亜也さんの話には麻生くんは居ないんだよね!

彼ら、彼女達は自分達のクラスメイトをこういう形で追い出したとして、いずれ後悔するとは考えないのだろうか?
何年も経って卒業アルバムを開いた時の事を思わないのだろうか?
確かに麻生くんの言うように実際には何も出来ないのだろうけど、それでも考える事は沢山あるのでは無いだろうか?

実際にこういう話があるかどうかは分からないが、無い事を祈りたい!
そして、今現在このドラマを観ているであろう亜也と同い歳位の皆さんへ、麻生くんのように皆さんのクラスに居るかもしれない”亜也”さんの味方になってあげて欲しいです。

亜也のことを思ってくれている人の為に、愛する人達の為に亜也は養護学校へ行く事を決意します。
泣いて、泣いて、1リットルの涙を流して到った結論です。

主題歌「Only Human」K.   挿入歌「粉雪」レミオロメン

追記:しかし、思いっきり無理な粉雪降らせていましたね。あれじゃあ、挿入歌の「粉雪」流す為としか思えないぞ!

 Back number
第7話~私のいる場所~
第6話~心ない視線~
第5話~障害者手帳~
第4話~二人の孤独~
第3話~病気はどうして私を選んだの~
第2話~15才、忍びよる病魔~
第1話~ある青春の始まり~
コメント (1)   トラックバック (10)

「四日間の奇蹟」の話

2005年11月29日 16時37分12秒 | 邦画

先週、四日間の奇蹟のDVDを観ました。

四日間の奇蹟 DSTD-2493
四日間の奇蹟 DSTD-2493

あらすじ
ピアニスト如月敬輔(吉岡秀隆)は、強盗に襲われた少女を救った代償として指に怪我を負ってしまう。強盗によって両親を殺され、サヴァン症候群という病気にかかる自らが救った少女千織(尾高杏奈)を敬輔は引き取ってピアニストとして育てる事となる。
ある日小さな島の診療施設に慰問に行く敬輔と千織。そこで働く岩村真理子(石田ゆり子)は敬輔の高校の後輩。庭で遊ぶ千織と真理子に落雷が襲う。身体に瀕死の重症を負った真理子の精神は千織の中で目覚めてしまう。


当初、購入する予定はなかったのですが、映画生活のプレビューの点数が良かったので買ってみました。
結果から言うと、特に奇抜なストーリーという訳でも無く、泣ける訳でも無く(でも泣ける人は泣けるでしょう!)、「点数高すぎ」といった感じです。
監督は「チルソクの夏」や「半落ち」の佐々部清監督。
原作の浅倉卓弥さんは、この「四日間の奇蹟で宝島社の「このミステリーがすごい!」大賞を受賞しています。
普通、原作が良い場合は映画がもの凄く良く出来ていないと観た人の評価は低くなります。この映画を観る限りでは、原作がそこまで良かったのかな?となり、これは一度読んでみる価値はありそうですね。


一番良かった点は千織役の尾高杏奈さんの演技ですね。(”ちゃん”付けでは失礼なので”さん”とさせてもらいます。)中学生とは思えないほどです。
真理子に変わってからの一番最初のセリフが石田ゆり子さんが話しているかのように聞こえました。もしかして声だけ石田さんだったりしてと錯覚して、もう一度見直しちゃいましたもの。間違いなく尾高杏奈さんのセリフでした。
その時に聞いてもやはり石田さんが話している(多重放送のように)かのように感じました。
これは後になると、そう感じなくなっては来るのですが、おそらく石田さんが一度セリフを言ってから尾高杏奈さんが話し方を合わせているのではないかと思うのですが?特典映像も観ましたが良く分かりませんでした。
千織の時と真理子の時に顔が違うのも素晴らしいと思います。
まあ、へたくそな役者さんは1人も出ていないんですけどね。


この映画には私の好きな女優さんが2人も出ています。一人は石田ゆり子さん。若い頃の石田ゆり子さんが私の理想(容姿)の女性です。ショートカットで顔に温かみのある人。ただ性格がちょっと怖そうで・・・。ホントの所はどうなのでしょうね?
もう1人が
中越典子さん。最初は特に気にする女優さんでは無かったのですが、性格が変で・・・ちょっと変わった人って好きなんですよね。

この映画は奇蹟の起こる映画なのです。
少々ネタバレ真理子の起こす奇蹟によって、ほんの少しだけ幸せになれます。どこか皆、心に傷を負っていながら、心底悪人のいない登場人物たち。彼らだからこそ起きた奇蹟なのでしょう!ただ、真理子の過去は暗いだけの話になっているような気がします。もうちょっとどうにかして欲しかったかな。
コメント (2)   トラックバック (3)

「歌バカ/平井堅」の話

2005年11月29日 13時48分03秒 | 音楽/コミック
先週、平井堅の歌バカを買ったのさ!聞いたのさ!良かったのさ!



ソニーミュージックによる公式ホームページ
所属事務所による公式ホームページ

以前からこの人のベストアルバムが出たら買おうと思っていました。
なにせメジャーになるまで多少時間がかかったので
途中から揃えるのに抵抗がありました…。


聞いてみて平井堅は「楽園」からと勝手に思い込んでいたのが、
ぶっとびましたね。
デビュー曲から聞き覚えのあるメロディー!
8割方知ってる曲だよ!


それもその筈でドラマや映画の主題歌だったり、
CMソングだったりと、
むしろタイアップが無い曲の方が少ないじゃん!


堅ちゃんホントにゴメンね!
日本人離れしてる顔とか言って!
POPじゃないとか言って!
家族で絶対アングロサクソンだよとか言って!
いやいやインドアーリア系かゲルマンだよとか言って!
あっちの趣味の人とか言って!
平井堅、君こそ歌バカだ!!!


収録曲の中で一番好きなのは実は「キミはともだち」なのです。
泣けるんだなこれが・・・。
シングルが発売された当初、ほんの少し前に発売された「瞳をとじて」がセカチューブームに乗って、ビッグヒットを飛ばしていました。
2曲同時ベスト10にランクインとかしてたけど、
どうしたって「瞳をとじて」の方が取り上げられていて。
分かるよ、「瞳をとじて」もいい曲だよ!
オイラも好きだし!
でも一番好きなのは「キミはともだち」なんだよぉー!
と声を大にして言いたかったんだけど、
いかんせんブームに掻き消されてしまって・・・。

いろいろ言ってきたけど、つまり買って良かったって事を言いたいのさ、あたしゃ!

追記:でも、もう10周年なんだね!早いね!おおきなのっぽの平井堅、おじいさんは異星人!
コメント (2)   トラックバック (12)

「危険なアネキ」の話7

2005年11月29日 12時39分18秒 | 2005年10月期ドラマ
危険なアネキの第7話(視聴率17.8%、平均19.1%)を観ました。

・◆・◆DANGER BEAUTY・◆・◆

よし!今日もがんばる象!がんばる兎!

あんなに沢山のバナナを食べてる人は、寛子の他にはガッツだけだ!

「じゃあさあ、何が目的なの?」
望月社長のマンションに誘われている寛子に勇太郎は
「だから・だからね、お・男・とさ女…だから世の中そんなに甘くないんだってば!!」
何故、体が目的だとはっきり言わないのか?
さてはお前、実の姉に気があるな!?

武田「のぞきなんてしていません!」
警官「この注射器、何に使うの?」
武田を逮捕してしまえ!
警官「この聴診器と本(Dr.コトー)は何だ!」
武田「私は医者ですから。」
顔を見れば分かる!武田はクロだ!!
警官「いいから話は向こうで聞くから!」
武田「信じてくださいよ。ねえちょっと待って、皆さんほんとに違うんですー・・・」
いや、お前の顔が既に公然わいせつ罪なんだ!
逮捕だ!起訴だ!病院解雇だぁ!
ちっ!何でも無かったみたいだ!


また、ボンジョールノー佐藤二朗は、女性客の頭グリグリしてるし・・・!

愛「この間のスピーチ良かったですよ!
勇太郎「えっ!」
愛「じゃあ、また。

笑顔で去る愛ちゃん。
勇太郎「いや、騙されるな!」
自分に言い聞かせるようにつぶやき、愛のうしろ姿を目で追う勇太郎。
何だか気持ちは痛いほど良く分かる。良く分かるぞ勇太郎!!!

今回の伊東美咲さんの泣き演技は0点だね!
もし、あれが演出なら演出家が0点だね!

今度は佐藤二朗、サントラCDプレゼントで高嶋政伸の顔グリグリしてるし・・・!
ちなみにこの佐藤二朗さんの役名は斑目潤って言うんだよンジョールノー!


追記:本当に離婚弁護士の間宮貴子(天海祐希)出るんだぁ!
ニュースで見て、北村さおりの離婚問題か、皆川家の借金問題での絡みで登場か?と思ったけど・・・。
次回予告見てると、ただ芋焼酎「みながわ」のファンみたいだ!!(下手をすると本格的な絡みも無いかも・・・?!)
お笑い出ないと思ったら、夢のコラボレーションです。(ある意味最強のお笑いだけど!!!)


 Back number
「危険なアネキ」第6話
「危険なアネキ」第5話
「危険なアネキ」第4話
「危険なアネキ」第3話
「危険なアネキ」第2話
「危険なアネキ」第1話
コメント (1)   トラックバック (7)

「スター・ウォーズ エピソードIII シスの復讐」の話

2005年11月28日 17時20分13秒 | 洋画
スター・ウォーズ エピソードIII シスの復讐を観ました。

スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 FXBA-29309
スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐 FXBA-29309

あらすじ
師匠オビ=ワン・ケノービを凌ぐほどの剣術を持つに到ったアナキンは、ある日愛するパドメが死ぬ予知夢を見る。パドメを死の運命から救う為、アナキンはジェダイを裏切り暗黒面へと落ちてゆく。


製作総指揮のジョージ・ルーカスの言葉を信ずるならば、本作品が事実上のラストである。(細かい話はあるそうだが…)
アナキンがダースベイダーとなる過程を描いた話。これでエピソードⅠからⅥまでが繋がり壮大な宇宙叙事詩が誕生したことになる。

見所はアナキンが暗黒面に落ち、その報いともいうべき傷を負う所である。とても凄惨なシーン。それが後の話へと受け継がれる重要な場面。

ジョージ・ルーカスはもう一度Ⅰ~Ⅵを見直せば、悪の権化だったダースベイダーのイメージが変わるだろうと言っている。彼の心の中に潜んだ思いがいずれフォースに秩序をもたらす、「選ばれ者」の使命を見事に遂げる事となる。

だが、やはり「スター・ウォーズ」はエピソードⅣからの旧作(エピソードⅣ~Ⅵ)を見て、エピソードⅠ~Ⅲを観るべきなのでは・・・。

ただ、大きな叙事詩としては重大な意味を持つこの作品も単体としてみると疑問符が付く。
比較的前評判が良かったので期待しすぎたせいもあるだろうが、思う通りのストーリー展開で終わってしまった!
かつてルークにダースベイダーが父親である事を告げた時ほどの衝撃は無い。ここまで言うのも期待が大きかったせい。

しかしまあ、映像はキレイだし、アクションシーン満載で充分楽しませてもらいました。

最後に言いたい「スター・ウォーズ」万歳!ありがとう!

評価(70点): 我ながら辛口だね!

追記:わがままを言うとすれば、ハン・ソロの話が見てみたい!いいじゃん、年をとったハン・ソロだって・・・!

 Back number
「スター・ウォーズ エピソード」の話
コメント (1)   トラックバック (1)

「野ブタ。をプロデュース」の話7

2005年11月28日 15時16分19秒 | 2005年10月期ドラマ
野ブタ。をプロデュースの第7回放送(視聴率16.7%、平均16.6%)を観ました。

豆乳だっちゃ!!
豆乳です。”と書かんかい!”豆乳です。”と!!!

「ダダをこねる修二がかわいい!!」
と言っている女性が沢山いるだろうなと思った。
でも、ダダのこね方にまだ遠慮があるぞ!亀梨!

蝉も人間もあきらめが肝心!!Byデルフィーヌ

「皆で買った宝くじが当ったの300万!それをあの横山、洗濯機に入れてパーよ!!」
怒りを海老のすり身入りパン揚げ(横山形)にぶつける教頭!
信子「あ・頭んとこおいしい!」
修二「横山の頭、うまい!」
これが信子の撮った頭の切れた映像に繋がっています。気が付いた!?
(気が付かなかったのオレだけかい!)

「また、いつもみたいに調子良くごまかすつもり?付き合っているかどうか人に言えないなんて変じゃない?変だよ!あたしこのままじゃ苦しいよ!修二は苦しくないの?」
修二の嘘の最大の被害者はまり子です。
一番傷ついているのが修二だったとしても・・・。

「見る度に好きになる。・・・これ人しか写ってないんだよ知ってた?好きなモノって人なんだよ!面白いよね、冷たそうに見えるのに人が好きだなんて、きっと周りの人をもの凄く大事にする人なんだね!その為に嘘ついたり、すごく我慢したりしてるのがこれ見てると分かる。」
信子の映像診断を修二に聞かせてやりたい!

修二の撮ったテープを嫉妬からゴミ箱に捨てようとする彰は信子にグーで殴られてしまう。グーでよ!ストレートよ!彰ダウン!

信子は「野ブタ。パワー注入!」の振り付き自画像を自分で編集した事になるが、どんな気持ちでやったんだろうね?結構気に入ってるってこと・・・?

信子の編集したテープをズタズタにした犯人に対して修二のセリフ。
「なんでそんなに自分の感情をむき出しにできんだよな!」
自分の感情を普段押し殺している修二からは想像もつかないんだろうね。
「できちゃうのよ~ん!切羽詰まった人間は!俺もしちゃったし・・・。」と彰。
この流れから行くと犯人はまり子という事になるのだが・・・。
まり子であって欲しくないですね。
それではあまりにも悲しすぎる!

まり子に本心を伝えた修二。
落ち込む修二を思わず抱きしめてしまった信子。自己嫌悪ブー!
そして彰は本当に信子の事をあきらめてしまうのでしょうか?


 Back number
「野ブタ。をプロデュース」第6回
「野ブタ。をプロデュース」第5回
「野ブタ。をプロデュース」第4回
「野ブタ。をプロデュース」第3回
「野ブタ。をプロデュース」第2回
「野ブタ。をプロデュース」第1回
コメント (1)   トラックバック (2)

「花より男子」の話6

2005年11月28日 14時18分17秒 | 2005年10月期ドラマ
花より男子の第6回放送(視聴率19.7%、平均19.6%)を観ました。

金色の携帯電話!
百式”バージョン(知らない人ゴメン!)かと思ったらダースベイダーのテーマが、
C3PO”バージョンでした。道明寺司の正体はアナキン?!
つーことはさしずめ司の母ちゃんは皇帝シスといった所か?!

「ふはははは…」
花沢類に迫られたつくしのワザトらしいワザとの笑いが良く出来ていた!

桜子凄い!怖い!

「お前の周りに変だなと思うことが起こったら、すぐに連絡してこい!」
って司は言ったけど、オイラがつくしなら
「お前!!!」
って速攻で言ってやる!!!

「久しぶり”よもぎ”ちゃん!」
「つくしですぅ!」
予告でやってなかったら大笑いできたのに・・・。

道明寺の母ちゃんに塩をかけた、つくしの母ちゃんにすっとした。

次週はほんとに波乱必死のようです。


 Back number
第5回「命がけの愛の告白」
第4回「初めての朝帰り」
第3回「涙!!サヨナラ大好きなヒト」
第2回「最悪のファーストキッス」
第1回「宣戦布告!!お金より絶対に大切なモノ」
コメント   トラックバック (1)

「宇宙戦争」の話

2005年11月24日 14時48分25秒 | 洋画
スティーブン・スピルバーグ監督の宇宙戦争を観ました。

宇宙戦争 PPA-111158
宇宙戦争 PPA-111158

あらすじ

港で働くレイ(トム・クルーズ)の家に、別れた妻に引き取られた息子ロビーと娘レイチェルがやって来る。テレビでは異常な雷で被害が出ているといったニュースが流れ、やがでレイの家の周りにも雲が渦巻き何発もの雷が立て続けに落ちる。そして雷が落ちた場所ではトライポッドと呼ばれる巨大な殺人機械が地中から出てきて動き出した。

H.G.ウェルズ原作のSFの古典をスティーブン・スピルバーグが現代に蘇らせました。が、この作品はSFというよりもパニックムービーといった方が適切です。

かなり早い段階からトライポッドが姿を表し、最後までそれが続きます。トライポッドはビームで人を蒸発させ、あるいは人の血液を吸い摂っていきます。現代兵器は周りに張られたバリアによってトライポッド本体までは届かず人類には成す術がありません。人々は混乱し、パニックを起こしそれがまた混乱に拍車をかける。トライポッド出現時に起きる雷は電化製品を使用不能とし、四面楚歌の状態で人々は安全な場所を探して歩いて避難する事を余儀なくされます。

ホラーやサスペンスといった要素も入っているように感じますね。
映像は綺麗でエキストラが沢山出てくる所(様々な場面で)や墜落した飛行機の残骸なんかみると、とてもお金がかかっているという印象を受けます。

ただ全編パニックで終わる。人類の英知によって異星人をやっつける訳でも無ければ、トム・クルーズがかっこ良く異星人と戦う訳でもありません。とにかく逃げる。
映像や音響を楽しむ映画です。(ストーリーを楽しみたい方は別の映画を観ましょう!)

観ている内に何度か”大阪”の地名が出てきます。”大阪”が被害を受けたとか、”大阪”ではトライポッドをやっつけたとか・・・。
本当に”大阪”っていってるのかな?と思い、音声を英語に変え聞いてみると間違いなく”大阪”といっていましたよ。
でも何で大阪なの?スピルバーグは浪花好きなのかな?(私は洋画はその作品によって日本語吹き替えか、日本語字幕かを選びます。この日は眠かったので日本語吹き替えで観てました。)

消化不良!これがこの映画を観た私の素直な感想ですね。

評価(70点):


宇宙戦争 スペシャル・コレクターズ・エディション PPF-111612
宇宙戦争 スペシャル・コレクターズ・エディション PPF-111612

追記:ここの所立て続けに欲しいDVDソフトが出ています。火曜日に新装OPENした横浜のヨドバシカメラ平井堅のベストとスター・ウォーズ エピソード3を買いにいったんですけど、ネットとかで”在庫なし”になっていて探してた邦画を見つけちゃったんです。おかげで1万円以上出て行きました。今年いっぱい結構観たいDVD出るんですよね!どうしよう?!
コメント (2)   トラックバック (2)

「あいのうた」の話7

2005年11月24日 13時14分43秒 | 2005年10月期ドラマ

あいのうた第7話(視聴率9.7%、平均10.1%)を観ました。

愛ちゃんの名前が表札に付きました。(粘土細工
そして新たに愛ちゃんの部屋も出来ました。
(個室というよりはミルクと同室になりそうですが
愛ちゃんの喜んだ顔を窺う子供達がとってもかわいい!

「家出をしたのに結局見つけて欲しくてワザと無銭飲食して捕まって泣きながら一緒に居たいですぅて戻ってきた愛ちゃん!はあ・はあ・」
いくら楽しいからって息切れする程、一気に喋るなよ!

愛ちゃんは私だけの玩具だったのに~!!!
という房子の心の声が聞こえてきそうだ!

ここへ来ての愛ちゃんの笑顔が悲しいね!
ピーマン食えよ!
ババ抜き弱いね!

大ちゃんはメンクイだった!

好きな相手(柳沼)に恋の応援をされたももこの一言!
「どうがんばれっつーんだよ!!」
本当にせつないね!

どんでん返しで房子と柳沼がくっつく事は見ている誰一人として思ってはいないだろう。
だが相手が”いーづか”ならもしやと思っている人は1割位はいるのでは?

このドラマの登場人物、みんなどこか子供っぽい所を持っている。特に愛ちゃんは、本当はとても素直な女の子といった感じ。
「やだ。やだいやだ。絶対いや。やだぁ、やだったらやだ、や!!そんなのおかしい、ありえない!ありえないよ!ありえないよ!!間違ってる。私は認めない!認めない!!認めないから・・・いや、やだからね、やだぁ。あ・、だって・だって私、生まれて初めてなんだもん!こんなに人好きになったの・・・初めてなんだもん!だのに何で、居なくなっちゃやだ!!!」
この長いセリフはやられた!良く愛ちゃんの感情が出ていて・・・!
せっかく思いが通じたのにね愛ちゃん!
だから笑っていようと思ったんだろう。

7話の最後、笑顔の愛ちゃんがいました。
これが本当の笑顔だったらと思うと・・・。

追記:菅野美穂さんの演技はすごいね!前回は、和久井映見さんの演技に感心しましたが、今回は、菅野さんの視線の送り方とか顔や体の角度とか、ほんとに細かい所まで感心してしまう。玉置さんの演技が生きていたのは菅野さんの力による所が大きいように思いました。
ちなみに今回、目立たなかったけど小日向さんの演技も良かった。決してあなたは圏外では無いぞ!
コメント   トラックバック (5)

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ