のらさんのうだうだ日和

ドラマ・映画の視聴率情報中心

「スウィングガールズ」の話

2005年06月30日 18時10分46秒 | 邦画

すうぃんぐすっつぉー!!!
矢口史靖監督が「ウォーターボーイズ」から3年の月日を経て作った作品は、まさにウォーターボーイズ女の子版「スウィングガールズ」だった!物語とJAZZを楽しめる1粒で2度おいしい映画です。

スウィングガールズ スペシャル・エディション(初回生産分のみ限定仕様) TDV-15098D
スウィングガールズ スペシャル・エディション(初回生産分のみ限定仕様) TDV-15098D

ストーリーを間単に説明すると、補習組の女の子達が補習をサボる為に野球部の応援にいったブラスバンドに弁当を届けるという名目で球場に向かいます。電車を乗り過ごし、炎天の中届けた弁当でブラスバンド部員達は集団食中毒になってしまいます。ひとり弁当を食べずに難を逃れた中村は、補習組の女の子達とビックバンドを結成することになるのだが…。といった内容。

ウォーターボーイズが男子のシンクロというありえない状況を描いたのに対して、スウィングガールズは女子のビックバンドJAZZをテーマにありえない状況を作り出しています。ウォーターボーイズはシンクロを男子がやることによって力強さや速さ・キレといった動きをスクリーンに描き出すことが出来ました。音楽もある。しかしスウィングガールズには動きがありません。音楽のみ。確かにトランペットを回したりといったものはあるが、激しい動きの表現といったものが無いのです。それを音楽の楽しさ・深さといったものでカバーしています。本来は無いであろうライティングも使用、光が交錯する舞台になっています。
好きなシーンは横断歩道で信号機から「故郷の空」スコットランド民謡が流れてくる場面。(ドリフターズで加藤茶が歌っている「麦畑」、あれですよ!)主要メンバーの5人が曲に合わせて踊ったりする。この辺りから本格的にスウィングし始めるので好きなのです。また、山形弁が何とも言えない味を出していますね!
なんか、いぐね~!!

本作の主演、上野樹里(鈴木友子役)さんはテナーサックス担当。代表作は、てるてる家族(NHK)やエンジン(フジ、月9)、ジョゼと虎と魚たちでは、なんと女子大生を演じていました。今、まさに上昇気流に乗っている女優さんです。

貫地谷しほり(斎藤芳江役)さんはトランペット担当。”かんじや”と読みます。ドラマH2~君といた日々に出てました。

豊島由佳梨
(田中直美役)さんはドラムス担当。なんとシンガソングライターですって!特典DISC2に彼女の歌(Recall)が収録されています。映画いま、会いにゆきますで中村獅童の横を自転車で追い抜いて行くのを確認しました。

スウィングガールズ ファースト&ラスト コンサート(初回生産分のみ限定仕様) PCBG-50709
スウィングガールズ ファースト&ラスト コンサート(初回生産分のみ限定仕様) PCBG-50709

本仮屋ユイカ(関口香織役)さんはトロンボーン担当。”もとかりや”と読みます。世界の中心で愛をさけぶのドラマや今放送中のファイト(NHK)に出ています。ファースト&ラストコンサートに彼女だけ出ていませんでした。出ていたらDVD買っていたのに!

ピアノ担当の平岡祐太(中村拓雄役)くんは、映画いま、会いにゆきますで18歳の佑司を演じてます。

その他、気になった人は、トロンボーン担当の辰巳奈都子(小林陽子役)さん。ファースト&ラストコンサートでは彼女が一番スウィングしてます。とても好感を持ちました。ベース担当の水田芙美子(山本由香役)さん。美人ですね!アルトサックス担当の中村知世(岡村恵子役)さん。山口もえちゃんやゆうこりん的な印象を受けます。

特典DISC2に金崎睦美(石川理絵役)さんの「Road advanced of me」(作詞・ボーカル)、根本直枝(大津明美役)さんの「ロジック」(作・編曲・演奏T.sax)、監督が作詞して自動車工場の兄弟が歌った「失恋してもラヴィン・ユー」のフルコーラスバージョン等が収録されていました。

脇を固める役者さんも竹中直人谷啓渡辺えり子小日向文世と実力派ぞろいです。

評価(80点):

追記:DVD購入を考えている方へサイドストーリーの紹介です。
[シーラカンス!]ロック少女2人と自動車工場で働く兄弟のバンド名がシーラカンスです。本編で仲たがいしている理由がわかります。
[サプライズ]千佳の誕生日を祝おうとGIRLS4人が画策します。
[スイング to スイング]1年生の春、念願の野球部に入ろうとする拓雄だったが…。
[MONKEY GIRL!]ある日友子のおばあちゃんのパンツが無くなった。犯人は下着泥棒?
[休日]1日位一万歩が目標の直美。ある日おみくじを引くと…。
[デッド・オア・デリバリー]ブラスバンドのお弁当は何故届けるのが遅れたのか?
[フライング]生真面目でうまく皆に溶け込めない関口。作り話を間に受け、憧れの茶道部の先輩に告白
参考にしてね!!
コメント

「スチームボーイ」の話

2005年06月29日 17時27分25秒 | アニメ
本日は大友克洋監督作品スチームボーイの話をします。

スチームボーイ スタンダード版(初回生産分のみ限定仕様) BCBA-2145
スチームボーイ スタンダード版(初回生産分のみ限定仕様) BCBA-2145

時は19世紀、産業革命当時のイギリスが舞台。万国博覧会を控え国中が活気あふれる中、発明家の家に生まれたレイ少年の下に祖父ロイドから超高圧蒸気が収められた金属球スチームボールが送られてきます。スチームボールを狙うオハラ財団からそれを阻止しようとするレイ少年を描いた冒険活劇劇場版長編アニメです。

この映画、総制作費に24億円も使っています。ただ、その理由は純粋にそれだけ掛かったのでは無く、コンピュータの進化が目覚しく、ちょっと作っちゃあ作り直しという悪循環で制作期間9年も費やした結果が24億円という事らしいです。初期の頃の映像と比べると確かに9年間はやむなしと感じます。(ただ、待っている我々には長すぎるよ

声の出演ですが、そうそうたる俳優の皆さんが声を当てています。主人公の少年レイに鈴木杏ちゃん鈴木杏ちゃんは、レイの声に良く合っていたと思います
相手役のスカーレットが小西真奈美さん。ちょっと声を作りすぎているかなでも言われなければ誰だか分からない
祖父のロイドに中村嘉葎雄さん。声が聞き取り辛いです。
父のエディには児玉清さん、デイビッド役に沢村一樹さん、 サイモン役に斉藤暁さん、 アルフレッド役に寺島進。児玉清さんなどはイメージとピッタリで声優さんかと思っていた位です。

映像に関して言えばコンピュータを使っているせいか、書き込みが細かいわりには動きが滑らかです。(総作画枚数18万枚だそうです)
知人でホームシアターも持っている方曰く、音もすばらしいとの事でした。
ストーリーに関して、少し間延びしているように感じました。自慢のCGを見せたかったのか、後半のスチーム城の暴走シーンなどは特に長く感じます。もう少し場面を圧縮してテンポ良くすれば、観やすかったのに

大友克洋と言えば一般では「AKIRA」のイメージが強いようですが、私にとっては「童夢」の大友克洋です。
書店で「童夢」のコミックが他の新刊と共に山済みされていたのを手に取り購入しました。それ以前から大友克洋と言う漫画家については知っていました。「戦車なんかが良く出てくる漫画を書く人」と言う認識で。
それ故に家に帰り「童夢」を読んだ時の衝撃は凄いものでした。なんか漫画を読んでいる感覚ではなく、ジェットコースタームービーでも観ているかのような感じでした
一気に読んだ後、これは凄いものを見つけてしまった、早く友達に教えなければと思ったことを覚えています。
あの時の衝撃を味わいたくて、大友克洋さんの漫画やアニメは欠かさず見るようにしています。が、あの時以来、衝撃に出会うことも無く今に到ってしまいました。
スチームボーイも決して悪い作品ではありませんが、私が大友作品に期待しているのは更に高い領域のものなのです。

特典に出ていた(確か)プロデューサーさんが次回作には、(映画の終りにもあった)スカーレットを主人公に続編をと言っていました。今度は早く見たいですね。

評価(70点):
コメント

「ヴィレッジ&シークレット・ウインドウ」の話

2005年06月28日 17時34分21秒 | 洋画
Blogを始めてこれまで洋画の話がなかったので、少し前になりますが4月22日発売の洋画DVD2作品の話をしたいと思います。

ヴィレッジ(初回生産分のみ限定仕様) PCBP-51425
ヴィレッジ(初回生産分のみ限定仕様) PCBP-51425
両作品ともミステリーなのですが、まず初めにシックス・センスサインでおなじみのM.ナイト・シャマラン監督のヴィレッジから。

掟によって外との接触を隔絶したペンシルヴェニア州のとある村で、青年ルシアスが入ってはいけない森に入っしまったことから、忌まわしい出来事に村人が見舞われる。やがて隠された村の秘密が明らかになってゆくという話。

どうも難しいことをやろうとして失敗している印象です。秘密は明らかにされるのですがどうも爽快感が無い。シックス・センスで少々退屈気味に観ていて、最後切替すのとはかなり違う!怖いミステリーなのでしょうが怖くない!
役者さんの実力にかなり救われています。そう、この作品役者さんが凄い!サインホアキン・フェニックスエイリアンシリーズシガニー・ウィーバー戦場のピアニストエイドリアン・ブロディの他にもウイリアム・ハートブレンダン・グリーソンなど超豪華な実力派俳優陣。コアな洋画ファンにはたまらないのでは…。
個人的にはブライス・ダラス・ハワードがかわいくて良い!

評価(70点):


シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション TSDP-33969
シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション TSDP-33969

次にスティーヴン・キング原作(秘密の窓、秘密の庭)のシークレット ウインドウ

ある日ミステリー作家モート・レイニー(ジョニー・デップ)の所に自分の作品「秘密の窓」を盗作しただろうとシューター(ジョン・タトゥーロ)という男がやってきます。身に覚えの無いモートを執拗に追いまわすシューター。やがて彼を見たもの達が次々と命を落していくというサスペンスミステリー。

観終わった感想はとにかく最後に至まで観ているのが辛かった!話の流れ構成をもう少し何とかならんもんかなと…。アメリカ人が感じる怖い部分が私には理解できませんでしたね。
良いところといえば、ジョニー・デップは演技うまいですね。これだけは救いですね
特典に付いていた未公開映像に最後のシーンが入っていたが、CGは少しお粗末だし、ストーリー的にも使わなくて良かったと私も思いました。

評価(60点):

かなり、キツメに批評していますが、2作品とも好きな人は好きな作品に思えます。
コメント

「いま、会いにゆきます」の話

2005年06月27日 16時52分03秒 | 邦画
昨日、いま、会いにゆきますのDVDを観ました。

『いま、会いにゆきます』スタンダード・エディション SDV-15191D
『いま、会いにゆきます』スタンダード・エディション SDV-15191D

映画生活の平均満足度が87.6%(188人中)と高いのもあるのですが、竹内結子さん主演の映画のDVDは全て購入していることもあり、この作品もさっそく買いに走りました。

これは良さそうだなと思う映画があると、なるべく情報を入れないよう気を付けています。(私は人ごみが嫌いなので映画館で観ることは稀です。)ですから原作を読むのも作品を観た後になる事が多い。

この作品もほとんど予備知識の無い状態で観させてもらいました。だいたいの場合、観はじめるとストーリーの予測を行います。序盤で三つ位のパターンが浮かびましたが、その一つに見事にハマッてしまいました。
普通なら話がパターンに流れていく過程で「なんだ!みえみえのストーリーじゃん!残念!」と思うところなのですが、この映画、特に失望を感じることなく最後まで観ることができました。
これは凄いことではないでしょうか

ストーリーは、秋穂巧(中村獅童)とその息子佑司(武井証)の前に死んだはずの妻澪(竹内結子)が現れる。彼女は記憶を無くしていて、しかも梅雨が終わるといなくなってしまう。巧と澪の過去とリンクして話が進んでいきます。

序盤を観た段階ではラブストーリーだというのは分かるのですが、SFかファンタジーかミステリーか判断しかねます。まあファンタジーというのが一番近いかな?(奇跡のストーリーだそうです)
中盤では巧の視点で話が流れます。この時点で主役は中村獅童かなと思わせといて、終盤で一機に澪の視点の話に変わり、やはり竹内結子が主演なのかな?と。
ベタですが、やはり最後の澪視点のシーンがよかったかな!
余韻を残してORANGE RANGE「花」に繋がるのもとても心地よかったです
悪い点はあまり目立たない映画でした!

獅童の演じる巧は難しい役だと思うのですが、彼は立派にこなしています。気性の荒いキャラのイメージがあったのですが、こんな役もできるのかと関心します。(完璧とは思いませんが…。)
また、YOUさんがこの映画で小学校のやさしい先生という、高感度が上がりそうなおいしい役で出ています。(最近おいしい役多いですね!)

世界の中心で愛をさけぶ」とよく比較されると、どこかで書かれていましたが、私も雰囲気は似ていると思いますね。邦画が好きな方には、良いんではないでしょうか?

評価(80点):

いま、会いにゆきます~あの六週間の奇蹟~ REDV-63
いま、会いにゆきます~あの六週間の奇蹟~ REDV-63

追記1:竹内結子さんが結婚してしまいました中村獅童なんか大嫌いだぁ~
追記2:今度、ドラマでもやりますが、そのままではちょっと難しい気がするのですが注目です
コメント

「ココニイルコト」の話

2005年06月24日 17時37分16秒 | 邦画
映画生活の平均満足度が84.89%(47人中)と世間の評価は高いのに、私の中では今一歩という作品がたまにある。長澤雅彦さんの監督デビュー作、ココニイルコトもそんな作品です。

ココニイルコト BCBJ-1062
ココニイルコト BCBJ-1062

主演は波少年ニュースステーションで名を馳せた真中瞳さん。相手役の男性にNHK大河ドラマ新撰組や月9エンジンに出ている境雅人さん。その他には笑福亭鶴瓶さん、島木譲二さんなどが出ています。
また、同名のテーマ曲を歌っているのは、スガシカオさんです。(この曲と最相葉月「なんといふ空」がこの映画の元になっているそうです。)

東京の広告代理店に勤めるコピーライターの相葉志乃(真中瞳)は、ある日、上司との不倫が奥さんに見つかり手切れ金を受け取り、大阪支社へと飛ばされます。そこで同じ日に中途採用された前野(境雅人)と出会い、変わってゆくというラブストーリー。

真中さんの女優初主演作。どこか人生あきらめているOLを演じているのですが、どうみても私にはそれは演技がうまいのではなく、ただ演技が出来ないのがそう見えているだけのようにうつります。(真中さんが悪いというのではなく、最初から演技の上手い俳優さんはいないでしょうという事最近見かけないががんばって欲しい
真中さんはこの作品でキネマ旬報新人女優賞を受賞したそうです。

終盤、雪の中でのシーンがあるのですが、この時の映像はとても綺麗で好きです。女優真中瞳を一番美しく撮れている場面だと感じました。(DVDの表紙のシーンですよ

DVDを購入して観た時には気付かなかったのですが、前野の妹役でNHK朝のドラマわかばの原田夏希ちゃんが出ています。(最初見た時は朝ドラの前だったので…。

監督の長澤雅彦さんですが、よくよく調べてみると私が好きな作品に数多く携わっているのが分かりました。Love Letter(監督岩井俊二)のプロデューサーをしていたり、はつ恋(監督篠原哲雄)の脚本、自身の監督作としては13階段ソウルなどがあります。
私は卒業という映画が結構好きでDVDも持っているのですが、その話はまたの機会に…。

評価(60点):
コメント (1)

「東京ゴッドファーザーズ」の話

2005年06月23日 16時30分43秒 | アニメ

つい最近、東京ゴッドファーザーズを観たんです。

東京ゴッドファーザーズ JDD-35659
東京ゴッドファーザーズ JDD-35659

今敏監督の前作、千年女優は観たのですが、これがどうも良くなかったのでDVDを買い控えていました。結果的には、千年女優よりはおもしろかった。
DVDを購入していたとしても、まぁガッカリとまではしなかったでしょう。買わなくて良かったとも感じてはいますが。

3人のホームレスがある日赤ん坊を拾ってしまい、親を探し届ける途中でいろんな事件に巻き込まれるという話です。

作画や動画は、とてもクオリティーが高く、動きも良く素晴らしい。ビジュアルに関して言えば文句なし。ストーリーに関しても細かい所まで煮詰めている感がありました。
ただ、この話を素材に選んだのはどうでしょう?アニメでやる意味がどこかあったのでしょうか?もしかして実写だったら、カンヌ辺りの国際映画祭で上演されて審査員特別賞(あるのかな?)ぐらい貰えそうな気がする。
あと、役者の方が声優をされているのですが、ギン役の江守徹さんとハナ役の梅垣義明さんのセリフが何を言っているのか聞き取れない。江守さんはセリフが舞台口調のせいなのか抑揚が絵と合っていない気もします。(セリフが口と合っていない訳では無い梅垣さんはテンションが低い時のセリフがこもってしまっているように感じました。
もしかしたら音響に問題があったのかとも思いましたが、ミユキ役の岡本彩さんのセリフは問題なく聞けた。(私は数年前から岡本彩さんが結構お気に入りなのだが、ミユキの声が岡本さんだと気付いたのは、これを書こうと調べた時点ですので私的感情は入っていません。)

あれこれ書きましたが映画生活の投稿を見ていると私とまったく正反対の意見を述べている方がいました。
私が点数を付けるとしたら60~70点くらいかな?以外に点数高いと思いますけど、どうですかね

千年女優(通常版) BCBA-1547
千年女優(通常版) BCBA-1547
コメント

「海猿」の話

2005年06月22日 15時38分42秒 | 邦画
本日は、土曜日にフジテレビ地上波で放映される海猿の話をします。

海猿 スタンダード・エディション(初回生産分のみ限定仕様) PCBG-50678
海猿 スタンダード・エディション(初回生産分のみ限定仕様) PCBG-50678

今年の2月、期待しないで購入したDVD。しかし、その内容は予想に反して期待を裏切る大変おもしろい作品となっていました。話は海上保安庁の潜水士訓練生達の成長の物語です。恋あり友情あり挫折ありのストーリーは飽きることなく観ることができました。

主演は映画LOVE SONG陰陽師伊藤英明くん、恋の相手役にドラマやCMにひっぱりだこの加藤あいちゃん(かわいらしいね)、仲間の候補生に海東健くん、伊藤淳史くん(ちびノリダーも大きくなった!)など。そして劇場版「踊る大捜査線」のスタッフ。つまらない分けがなかった

ダイブマスターのライセンスを持つエリート仙崎(伊藤英明)と落ちこぼれの工藤(伊藤淳史)がバディ(相棒)を組んで序々に友情が芽生えていく所やライバル三島(海東)との(子供っぽい)争い、そして、(最初は海猿と馬鹿にしていた)環菜(加藤あい)との恋物語、この辺りがいい
教官である藤竜也さんの演技も渋い

伊藤淳史
くんはストーリー上次からの海猿には出られないから残念だねとおもっていたら、しっかりドラマの電車男をGETしてます。抜かりないね!!(主役はエルメス役の伊東美咲さんですが)

この作品(観た人は分かると思いますが)、最後まで観ると、あぁ続きを作るつもりなんだなというのが分かるようになっています。私はまさか次にドラマが来るとは思いませんでしたが!!2006年春には映画の2作目も決定しているようで楽しみ、楽しみ

評価(80点):

追記:DVDが発売されてから地上波放送するまでがあまりにも速すぎるだろう確かにドラマをやるんでその前にってのは分かるけど、DVDを高いお金払って購入しているユーザーの事も少しは考えてほしいのさ、ねぇフジテレビさんねぇポニーキャニオンさん
コメント

「2005年4月期ドラマ」の話

2005年06月21日 15時52分37秒 | ドラマ
2005年春のドラマが最終回を迎えます(あるものはもう迎えた)。ということで今日は4月期の主なドラマについてあれこれ言いたい。

anego-アネゴ-(日テレ):以外に好きなのがこのドラマ。野田奈央子役の篠原涼子は、本当に色々な役がこなせる役者になりました。私が黒沢(赤西仁)ならば5年後と言わず即決でアネゴと結婚するのだが…。(10歳年上だけど料理上手いし綺麗だし)

瑠璃の島(日テレ):最初の数回とラストだけ観ました。私にはちょっと辛かった。

夢で逢いましょう(TBS):ひたすら矢田亜希子頼みかと思っていたが、最後には盛り返してはいる。



汚れた舌(TBS):初回を観て終わりました。

タイガー&ドラゴン(TBS):たいが~!たいが~!じれっタイガー!!とういことで、毎回、古典落語を元に話が展開していくこのドラマ。視聴率に関わらず若い人には、好評のようで。(長瀬岡田のツートップがでてりゃあねぇ!!)私は、宮藤官九郎の脚本は好きなので満足!

あいくるしい(TBS):世代を問わず支持を得ようと作ってはみたが、今ひとつ失敗したような…。出ている役者さんは、みんな上手いのにねぇ。

エンジン(フジ):視聴率20%超えは、さすが木村拓也という感じです。小雪岡本彩上野樹里など、私好みの女優も数多く出演してるし…。始まったときは、あぁやっちゃったかなとも思いましたが、なんのなんのちゃんと修正して来ています。

離婚弁護士2~ハンサム ウーマン(フジ):2作目ということでこの作品も安心して観られます。何か3作目は既定路線かな!?

曲がり角の彼女(フジ):anegoと明らかにかぶっています。あとは、稲森いずみが好きか篠原涼子が好きかということだけなのだが、両方観てます。(拙者、節操が無いので!!)女性はどちらのドラマが好きなのだろうか?コメントください。

恋におちたら~僕の成功の秘密~(フジ):良くある王道のストーリーなので安心して観られます。へたくそな役者もいないし。ただ、もう一つひねりがほしかったと感じました。最終回でのどんでん返しは、決してないだろう。

アタックNO.1(テレ朝):エースをねらえ!の成功で2匹目のドジョウをねらったアタックNO.1。主演は同じく上戸彩!!最終回よりも次の3匹目が気になる。

苦しくったってぇー!悲しくたってぇー!


雨と夢のあとに(テレ朝):知り合いは割と好きだというのですが、私は録画せず家にいるときのみ観てました。良く作られている印象。桜井雨役の黒川智花は最近活躍が目立ちますが、事務所(研音)の力なのでしょうか?

ホーリーランド(テレ東):トレンディと呼ばれるドラマからは大きく外れるテレ東深夜の30分ドラマだが、今期中一番おもしろかったのでどうしても外せない。主演はエンジンにも出ている石垣佑磨、監督は平成のガメラシリーズでおなじみの金子修介。いじめられっ子の神代ユウが居場所を求めて夜の街に、自らを守る為になんと本を読んで身に付けたボクシングから「ヤンキー狩り」と呼ばれてしまう。柔道家、空手家と次々に狙われる。という話なのだが、格闘に関するウンチクがとても良い。興味のある人は、DVDも出始めているのでぜひ観てください。



参考:ドラマ視聴率ドットコム
コメント

「Mr.インクレディブル」の話

2005年06月20日 10時31分21秒 | アニメ
昨日、Mr.インクレディブルのDVDを観ました。

Mr.インクレディブル VWDS-5026
Mr.インクレディブル VWDS-5026

これまで観たピクサーの作品の中でもっとも良かった。まず、映像(CG)がとてもきれいです。これまで「人」を描いてなかったのは、良く言われる人肌の質感がCGにむいていない為だったのか?この作品に出てくる人間達(ヒーローも含め)は、リアルな人では無いものの、まるで人形アニメのような映像はとても好感がもてます。背景も良いですよ。たぶん音も(家(うち)はホームシアターでは無いので)。ストーリーも単純明快、大人から子供まで楽しめる作品に仕上がっていました。
何故アメリカ人は、X-メンなんか観てもそうですが特殊能力をもつ超人(ミュータント)ヒーローが好きなのでしょうか?しかも正体バレバレだろうというコスチュームで…。
ファインディング・ニモに騙されたという方もこの作品なら大丈夫ではないでしょうか?

評価(80点):
コメント

「キューティーハニー」の話

2005年06月17日 13時26分44秒 | 邦画
最近やっと、キューティーハニーのDVDを観ました。

キューティーハニー スタンダード・エディション VPBT-12216
キューティーハニー スタンダード・エディション VPBT-12216

昨年度は、CASSHERNデビルマン鉄人28号忍者ハットリくんと和製特撮ヒーロー物のオンパレード。

日本映画界もハリウッドに負けじとやっと重い腰をあげたかと思ったのも束の間、その内容は惨敗といって等しいものでした。ちゃちなCG、どうしようもないストーリー。(CASSHERNのCGに関して言えば秋葉パソコンでよくあそこまでやったと誉めたいのだが…)

最大の要因は、やはりお金なのだろうか?世界の中で日本ほど漫画やアニメ、ゲーム等のコンテンツに恵まれた国は無いというのに…。

このキューティーハニー、少ない予算の中であの手この手で工夫を凝らしている。(1コマずつの撮影を繋ぎ合わせて、実写アニメもどき?をしてみたり)やる気はわかるのだが、もう少しなんとかしてほしかったのが正直な感想!!

及川ミッチーが突然歌いだしたのには笑った!(ファンの方ごめんなさい

最初に聞いていた評判が悪かったので、そこまで酷いとは感じなかった。なんか微妙な批評になりましたね!?監督はエヴァンゲリオン庵野秀明、主演は佐藤江梨子

評価(70点):

キューティーハニー コレクターズ・エディション(初回限定生産) VPBT-12217
キューティーハニー コレクターズ・エディション(初回限定生産) VPBT-12217

メイキング・オブ・キューティーハニー VPBT-12067
メイキング・オブ・キューティーハニー VPBT-12067

追記:空中元素固定装置の設定がIシステムやらに変わっていた。自分としては黄金やダイヤモンドをウジャウジャ出す空中元素固定装置の方が設定としておもしろかったのではないかと思う。
コメント

人気ブログランキングへ

人気ブログランキングへ