そらママのひとりごと

季節の花を求めて愛犬と
気の向くまま足のむくまま出歩いています。

石山観音

2021年04月14日 | 三重県

御衣黄桜を見た後来た道を戻らずそのまま車を走らせ、

R25に入る、途中石山観音に寄ってきた、

ここには数回来ている、丁度春のお参が行われていた、

近くのお寺の住職さんが来られているようです、

元々雨乞いの為にまつられたらしい、鎌倉時代後半のもの、

阿弥陀如来像、地蔵菩薩立像、聖観音立像と西国三十三カ所などの

断崖物が40体ほど掘られている、痛みの激しい物は新しいものに、

変わっている、

このような石段を上がっていく、およそ1時間ほどで全てまわることが出来た。

また駐車場の奥から下に降りると小川があり、そこに地蔵2体と梵字が3体掘られいる、

以前来たときより随分整備されていた、少し新しいものだろうか?

痛みが殆どみられなかった。

駐車場辺りには八重桜が見頃を迎えていた。

 

 

 

 

コメント

緑色の桜 御衣桜

2021年04月13日 | お花 植物

緑色の桜が咲いていると聞いたので行って来ました、

御衣黄と言う名前の桜です、ネットで調べてみると、

車で30分程の所です、

入って直ぐの所に白い花が咲いていました、利休梅のようです、

奥に進むと

 

少し分かりづらい所に緑色の桜が咲いていました、

丁度大仏殿の入り口辺りに植えられて6年ほどだそうです、

初めて見ました、少し調べて見ると江戸時代から知られているようです、

まだ2~3分咲きのようです、

暫くすると薄い黄色になり真ん中がピンク色になるそうです、

見頃は後1週間ほど先になるでしょうね、

伊賀の地は少し寒い、尾鷲、南伊勢町では満開のようです、

八重桜も2~3分咲きです、

 

 

青紅葉が綺麗でした、

 

またドライブがてら出かけようかなぁ~

「御衣」とは、貴族の着物のこと意味します。緑色の花びらが、平安時代の貴族の衣服の「萌黄色」(モエギイロ)に近いことが由来です。ネットより

                伊賀市富永1238番地

                  新大仏寺

コメント (1)

昨夜の夕食

2021年04月12日 | 生活

珍しい桜は後日UPしますね、

昨日は自宅を9時半に出てドライブ、しっかり歩きました、

買い物をして帰宅したのは15時少し前でした、一人遊びも楽しいです。

昨夜の夕食を、鰹のたたき、新ジャガの煮物、

トマトとキムチのナムル風、暖かい簡単お寿司、

本当なら、大葉とレモンをちらすのですが、ないからこれで良しとします、

 

トマトは適当な大きさに切って、キムチと混ぜあわせます、

その上にゴマ油を入れてかき回せて刻みのりをのせる、

 

新じゃがとタマネギ、にんじんを豚肉で煮る、砂糖、醤油は

少なめにしました、

新じゃがのほくほく感が美味しかったです、

 

 

酢飯の上に桜エビがあったので、軽く火をとうし、

ジャコと一緒にのせました。(カルシュームたっぷり)

簡単料理でしたが、お野菜たっぷり摂れました。

 

コメント (2)

ウオーキングシューズ

2021年04月10日 | 生活

毎日ウオーキングをしている、

同じ靴では、飽きてくる、

ネットで新しい靴を買った、靴屋さんで買うより格安だった、

少し、くすんだピンク色を、足下だけでも若返るかなぁ~

今日はこの靴を履いて珍しい桜を見に行ってきます、

綺麗に咲いているといいのですが~

田舎の山道をドライブ

コメント (6)

クレマチスが~

2021年04月10日 | お花 植物

もう10年以上この時期になると咲いてくれるクレマチス、

お隣との境のフェンスに絡ませていた、2Mはあったかなぁ~

去年思い切って剪定した結果なのだろうか、全く新芽が出て来なく、

枯れた枝だけになってしまいました、

根から抜きました、

咲かないと寂しいものです、

生なるものはいつか終わりが来るのでしょうね、

元気に咲いていた画像がありUPしました、

 

コメント