MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑

2019-01-18 19:33:57 | 邦画
一日一本時代劇を見ていく企画
何となくその企画の25%を消化した時点で
やっぱ私個人的に最初はそんな風に思ってはいませんでしたが
段々企画の方向性がある程度の見えて来たようで
やっぱりB級と言うか、殆どZ級の塵芥(ごみ)映画が好き過ぎて・・・
っていうのがよくわかったような

という事で本日の一本は石井輝男がその道を拓いたと言うか
時代劇製作の殿堂と言う自負のある東映京都撮影所に
マッパの女優さんたちを集合させてエロ時代劇絵巻を撮影したとして
フィルムには女優さんたちの赤い腰巻きがスクリーンにひらめいたのに反して
東映京撮ではスタッフたちのストライキの赤旗がひらめいたとか・・・

しかし、映画はお客さんが入ってなんぼですから
斜陽の淵からの救世主となるような金脈を当時の撮影所長の岡田茂が
こんなおいしいものをのがすはずもなく・・・
組合と折り合いつけて脈々と作ってる訳でして
その中でも特にエログロの極致といわれるこの作品
流石にBS・CSの深夜枠でもOAされないのね

「牛裂きの刑」の副題がついてはおりますが、なんと標題の「女刑罰」を見世物風に
紹介をしつつ脈絡のない二つのエピソードを並べた80分の尺のオムニバス映画
っていうことで"牛裂きの刑"をクライマックスのケレンとして
よくまぁ1976年にしてはここまでやるかっていう様な
上半身と下半身を裂断させ内蔵ホルモンを垂れ流す絵を見せてくれる

長崎奉行のキリシタン弾圧のお話ですから拷問の数々に合理性を持たせております
この長崎奉行演じてるのは汐路章さん、
演技巧者ですので残忍さがもう突き抜けていて
さもあらんて見てるこっちも拷問の残酷さとグロさ、そしてこういった映画のエロさも実に納得させられてしまうのよね

大体ヤモリだかイモリだかを喰いちぎったり、女体をじっとり舐めまわしたり
もう水を得た魚のような演技でして
実際後味の悪い映像とプロットなんですが汐路章さんの怪演に助けられているとは

っていうか、後半のエピソードも実際には川谷拓三さんと橘麻紀さんのお二人の
あっけらかんとしたキャラクターがこれまた救いのないお話しを昇華させてくれているんですね

東映名物のこういった一連の作品を見ていくっていうか
もう一度いい機会として見直していくのもよいかっていうことで・・・

1976年製作、日本映画、東映作品
牧口雄二監督作品
出演:風戸佑介、内村レナ、汐路章、岩尾正隆、疋田泰盛、丸平峯子、増田美紀、真鍋美保、荻窪明美、川谷拓三、橘麻紀、八木孝子、城恵美、木谷邦臣、北村英三、若林美津恵、野口貴史
コメント

徳川の女帝 大奥

2019-01-17 23:45:54 | 邦画
1988年日活製作、ロッポニカ配給の一般映画
日活のロマンポルノがその役目を終えて、日活もロッポニカとして
一般映画製作にその舵を再び切るには切ったのですが
やっぱ自社製作し、それをロッポニカとして配給するにはロマンポルノで得た資金では苦しかったようです
ロッポニカ×にっかつっていうのもその活動は1年で終焉を迎えてしまうのは必然ってことだったのかも知れない

そんな中でロッポニカとして製作された唯一の時代劇
という事で一日一本時代劇を見ていく企画の本日の一本に・・・
ってやっぱ個人的にはちゃんとした時代劇を語るって言うのも大事だとは思うのですが
それではわたしらしくない
ってことで、どうしてもこっちとかあっちの時代劇を選定してるようなきがするけど
時代劇っていっても間口は結構広いのよね

一応濡れ場のある一般映画ってことでエロ感は結構薄い割りには
エロチック作品に往々にして見られる女優層の厚さは言うに及びませんが
この作品なんと言っても男優陣の層が実に厚い

将軍家斉に成田三樹夫、将軍に己の出世のために女を大奥に入れる旗本に夏八木勲、
大奥お女中に逢瀬の場を提供する生臭坊主に浜田晃という事で
実に男優さんが重量級ですから演技もしっかりしてるし艶技もちゃんとしたものを見せてくれる

女優さんでは何人か脱いでおられますが主演の竹井みどりさんが結構グラマラスだったし

西川峰子(当時)さんもでおられますが
その他の裸になられてる女優さんはよく知らないお方でした
なんと言っても白木万理、三ツ矢歌子、服部妙子のベテラン女優さんが映画を締めていて
映画としてはエロさは不足気味ですが、実に映画としては見られる作品になっていたのも事実

十一代将軍家斉って実名が出て来てましたが
竹井みどり演じる美代っていう女性は家斉の子を三人もうけて
長女は加賀百万石に嫁ぎ美代さんは晩年は加賀藩の江戸屋敷で過ごされたと言うことだったようですね

エロチック映画はどうしても女優さんで見てしまいがちですが
男優さんが一番重要だっていうことを教えてくれてる映画だったけども
にっかつ作品ではあるけど脚本や監督は東映陣なのね

チャンネルNECOでの録画したものを視聴

1988年製作、日本映画、にっかつ×ロッポニカ作品
高山由紀子・志村正浩脚本、関本郁夫脚本・監督作品
出演:竹井みどり、西川峰子、吉原緑里、白木万理、白石奈緒美、服部妙子、麻生かおり、畑中葉子、三ツ矢歌子、田中明夫、成田三樹夫、夏八木勲、川崎葉子、浜田晃
コメント

戦国 伊賀の乱

2019-01-16 23:30:31 | 邦画
一日一本時代劇を見ていく企画
本日の一本は「AVN」や「忍者狩り」で私個人的にお馴染みの千葉誠治監督作品
相変わらずのアクション忍者の低予算映画です
一応Vシネマっぽいのと尺が65分と言うことですが2009年の作品と言うことで
allcinemaさんでは公開作品になっているので
ここでのカテゴリーは邦画に・・・

見て最初に思ったのは千葉監督、相変わらずの石室と言うか洞窟での撮影でしたし
低予算っていうのもあるとは思いますが
剣戟スタントマンってやっぱ人数少ないようで
斬られる敵側の斬られ役は10人もいなかったんじゃないか
ってことでそれだけ次から次に同じ人が出て来てるようなので
血糊は斬殺SEと同時に地べたとか木の幹にぶっかけてなるたけ衣装を血糊で濡らさないようにしていた努力はかいますし

舞台背景は天正九年。織田信長軍と甲賀の連合軍により伊賀の里は第二次伊賀の乱として
攻められていた
第一次伊賀の乱で負けた織田軍は今回は負ける訳にいかないと伊賀の内部に密偵を侵入させていたことで
その密偵暗殺を上忍から命じられ、体に爆弾を巻き付下忍突破と彼を守る二人の下忍と
彼らに襲いかかる甲賀なのか伊賀なのかわからない襲撃集団との剣戟アクション忍者映画です

普通では主役に襲いかかる忍者集団には頭目が必要っていうのが常識だと思いますが
省エネ的に頭目を用いずに忍者VS忍者の肉弾せんのみに特化させたところはある意味
この作品的には成功してるわけで
作劇的には誰が裏切り者か・・・っていうミステリー要素を加味させてるんだけども
登場人物が少ないからもう最初っから先が見えてしまっていたのは御愛敬

なんだか同じプロットでの作品を千葉監督は取っ替えひっかえ作られてるようですが・・・
この映画もなんだか続編ありそうな終わりかたでしたが続編は作られていないのね

三人の忍者には合田雅吏、柏原収史、島津健太郎と言う時代劇の殺陣に耐えられる役者さんたちですから
私の好きなガーリーアクションもある意味好きですけども
男性同士の肉弾アクションに結構痺れるものですねぇ

2008年製作、日本映画、「戦国 伊賀の乱」製作委員会作品
千葉誠治製作・脚本・編集・監督作品
出演:合田雅吏、柏原収史、高野八誠、島津健太郎、宝積有香、早瀬英里奈、樋浦勉
コメント

牙狼之介 地獄切り

2019-01-15 03:22:13 | 邦画



一日一本時代劇を見ていく企画
本日の一本は昨日の「牙狼之介」の第二弾です
私個人的には此方の方が面白かったように思いました
ってのも西村晃さんが完全に夏八木勲を喰ってしまっていたからでしょうか

水車小屋でき○がい娘が居合いの稽古と称して真剣斬りを試される所を助けて
道場主から命を狙われようになり
犯罪者護送の唐丸籠の罪人の西村晃に亡き父の面影を見たことで
命を狙われてる唐丸籠の罪人孫兵衛たちが襲われたことで用心棒として代官所まで護衛することに

どうしてこうなったって言う点で殆ど説明をしてないのが
水車小屋で助けた少女にどうして惚れてしまったのか狼之介
父の面影を見たのはわかるもののなぜに孫兵衛を助けたのか
道場主に理由を説明すれば決闘は避けられたのでは・・・

今回は交わりそうで交わらない人間の欲望によっての復讐であり
無用の殺しあいで狼之介だけが生き残る
金山の荒野には死屍累々の死体の山
チャンバラウエスタンと言うかマカロニウエスタンの影響大ですか

衣装といいキャスティングといい結構全作と重なっており
五社さんはサラリーマンですので時間がとれんかったンでしょうか
2本撮りしたようですね
でも脚本は田坂啓から、鈴木則文・大野靖子さんに変わってるのも
脚本製作も二本同時進行だったのかな

1967年製作、日本映画、東映作品
五社英雄原案・監督作品
出演:夏八木勲、中谷一郎、天津敏、楠侑子、葵千代、藤留美子、佐藤京一、潮健児、汐路章、横山アウト、尾形伸之介、阿波地大輔、五十嵐義弘、有川正治、福本清三、織本順吉、青木義朗、西村晃 
コメント

牙狼之介

2019-01-14 19:26:20 | 邦画
一日一本時代劇を見ていく企画
本日の一本は、フジテレビ時代劇ドラマ「三匹の侍」で、
テレビ時代劇に新風を吹き込んだフジテレビ社員ディレクター五社英雄の東映映画監督作品

「三匹の侍」で肉斬SEと剣戟での剣の触れあうSEや空を斬るSEと
ちょっとしたお色気と言うか着物の裾を乱して太股チラりのお色気でTV時代劇に新風を吹き込んだ五社英雄さん
本名かどうか知りませんが
当時の邦画会社が五社協定結びスターをガッチリと囲って
邦画各社へはもちろん
映画会社が驚異を感じていたTVにも出演させない時に「三匹の侍」を製作演出して

その手腕を買われ逆に映画へはその名の通りフジテレビ社員のままに松竹で「三匹の侍」を映画化
東映では中村錦之助で「丹下左膳・飛燕居合斬り」を監督して
ある程度の結果を出したという事で
当時東映主流の任侠路線の併映作品として
東映専属になった夏八木勲主演で
”三匹”同様に流れ者の浪人を主人公にした作品

66年製作ですので時代的に劇画ブームはまだ起きてなせんので
完全に五社監督のオリジナル作品
ただし脚本は田坂啓
五社さんはフジテレビ社員のままに監督してます
一連の五社作品を東映で乱発させるのはフリーになってから

盲目の宿場問屋の女主人から、三万両の護衛を頼まれる牙狼之介
問屋場の権利を狙う紀州藩認可の役人でヤクザの仁左右衛門は
代官と組んで三万両強奪を狙う
仁左衛門に用心棒として雇われた素浪人と、宿場の女郎宿の女主人らがからんで、
三万両をめぐっての三巴、四巴の三万両の攻防戦が展開されます

そこは五社さんですから物語のティストは「三匹の侍」の1
エピソードみたいなお話しは娯楽時代劇と言うか、どことなくマカロニウエスタン風土でもあり、結構楽しめる作品になっている面白さも三分の一等ということはないので、ご安心を。

五社監督お得意のチラりお色気のキャット・ファイトもありましたねぇ二組も・・・
また狼之介が斬った佐藤京一演じる聾唖の素浪人が飼っていた子猿が最後まで絡んでくるのね

日本映画専門チャンネルで録画したものを視聴
本編はVHS、DVD共に未ソフト化作品

1966年製作、日本映画、東映作品
五社英雄原案・監督作品
出演:夏八木勲内田良平、遠藤辰雄、宮園純子、富永美沙子、佐藤京一、西田良、阿波地大輔、青木義朗、織本順吉、汐路章、武智豊子
コメント

合葬

2019-01-13 21:06:47 | 邦画
一日一本時代劇を見ていく企画
本日の一本は柳楽優弥、瀬戸康史、岡山天音の若手俳優が演じる"彰義隊"に殉じた
若者三人の映画
先々月だったかCSの衛星劇場でOAされたものを録画したものを視聴しました

っても"彰義隊"の上野戦争の表現はあるものの剣戟シーンは実に皆無
松竹が配給してるので松竹映像のスタジオでのセットや、江戸の町並みのオープンセットがしっかりと作られててて一応時代劇としての外観は整っています
が若手俳優という事で武士の役所でしたがなんと2本差しが落とし差しだったのが誠に残念
武士の刀は下げ緒止めでの帯で止めてしまうのはヤクザか新選組員である
元々新選組の隊員は町人百姓だし

武士は刀身の半ばまで差していたのが普通です
更に原作がなんと歴女のハシリである杉浦日向子さん
彼女の漫画は読んだことはありませんが、生前某国営放送で毎週末
江戸の庶民のお話しを拝聴してまして
江戸次代については相当詳しいお方

杉浦さんの原作にあるんだったら納得ですが
この時代御府内である深川に娼婦がいたとは思えないんですよ
私の浅薄な知識では・・・
御府内では所謂政府承認の吉原以外では娼婦はいなかったと
大木戸外に岡場所は存在していたけど
深川みたいな所謂都心のようなところに花魁がいたとは
たとえいたとしてもあのような花魁言葉は使ってはいませんでしょ

若手俳優ですから剣戟シーンがないっていうのもありですよね
カラー作品ではあるのですがトーンを緒として映画の雰囲気を作ってるのは理解できるのですが
それにしても夜のシーンは暗すぎてちょっと見づらかった

時代に翻弄される若者三人の生き方死にかたは
いつの時代でも同じですよね・・・っていう映画なんでしょうか

2015年製作、日本映画、「合葬」製作委員会作品、松竹配給
杉浦日向子原作、小林達夫監督作品
出演:柳楽優弥、瀬戸康史、岡山天音、門脇麦、桜井美南、井之脇海、高山侑子、藤原令子、隆大介、飴屋法水、峯村リエ、小市慢太郎、りりィ、オダギリジョー
コメント

日本統一

2019-01-13 03:06:00 | 邦画
ついにオールインエンターテインメントの人気作品「日本統一」が
この1月から「日本統一劇場」として日本映画専門チャンネルで月2本づつOAされます
なんだかNetflixだったかHuluでも配信されてるようですし
更にDVDーBOXもⅡまでが発売されてるみたいだし・・・

オールイン作品ですから大体二月に1本の割合でリリースされてるので、
現在シリーズ31作品ですから、第一作品リリースから5年も経過してるんですね
そういうことでオールイン作品のファンとしては現在この「日本統一」と「制覇」は毎回見逃せない作品のひとつですが
なぜだか今まで「日本統一」をブログで記事にしたことはありませんが
今回の日本映画専門チャンネルでのOAがいい機会と思って記事にしていこうとおもいまして
リアルタイム視聴しました

現在31作品でこの2月に32がリリースです
月2本OAで15ヶ月、つまり来年の4月までOA可能ですが後7本で完結になってしまう計算ですが・・・

横浜の不良氷室と田村が地元のヤクザに喧嘩を売って、二進三進もいかなくなり
二人して乾分たちの身の安全を図って神戸に逃亡する
横浜で二人を追い詰めたヤクザになんと哀川翔
最初は闇金で組を仕切ってるのは川原英之ですか
なんかずーっと見続けてるうちに氷室に心酔仕切ってるのンでまさか敵対更に
哀川翔にまでぞんざいな口をきいいてるンで5年前のことはもう殆ど覚えてないんですね

神戸で後にオヤジとなる小沢仁志演じる川谷との出会い
龍征会というグループをたちあげ、横浜に置いてきた乾分を召集して
川谷が傘下組員である大組織侠和会から反目されたものの
川谷に助けられ、氷室たちが侠和会傘下のヤクザになるまでのお話を
オールインの常で最初は千葉真一、梅宮辰夫とかちょい出しで
劇場公開作品だったのですね

「日本統一」2作目以降から愚連隊から氷室も田村も侠和会に属するヤクザになって
侠和会の権力争いや他組織との抗争を経て日本統一に向かっていく訳ね

そのためシリーズ全体を通してみればこのシリーズのプロローグのようなお話といっても良いのだけども劇場公開を
そして人物紹介を兼ねての89分の尺なのでいつものオールインにしてみればかなり長い
劇場公開されれてるのでこのブログでのカテゴリーは邦画にしてあります

2013年製作、日本映画、アドバンス作品
山本芳久監督作品
出演:本宮泰風、山口祥行、小沢仁志、誠直也、古井榮一、岡崎二朗、川村亜紀、勝矢、愛甲猛、ハチミツ二郎、白竜、哀川翔、梅宮辰夫、千葉真一
コメント

情炎お七恋唄

2019-01-10 21:24:18 | 邦画
一日一本時代劇を見ていく企画
本日の一本は日活ロマンポルノから、殆どのロマンポルノ時代劇で主演をはられていた小川節子さんの映画

身長とお顔立ちから時代劇に起用されたようですが
現代劇はたった2本ですかねぇ

八百屋お七は江戸時代に実在した人物で
巷間伝わってるように恋しい人に会いたいがために町に火をつけて・・・
っていうお話
火事で避難した寺で眉目秀麗の寺小姓の吉三に恋をしてしまい
再び火事になれば恋しい吉三に逢えるっていう儚い女心のお話を

予算の関係からかこの作品では吉三と出会う避難の原因は洪水ですが
避難した吉祥院でお七が寺で見る蝋燭の焔と火焔不動の火焔が譬喩になっているんですか
クライマックスの火事に繋がる明喩ですか

寺小姓って言うとあれですよね派手な格好してるのは
女人禁制の坊さんの夜伽専門で所謂暗黙の公認事実ですが
それがお七と情交していたってことは吉三ってバイセクシャルだったのね

映画的には質屋の息子との縁談を前半に絡ませていますが
当時の結婚事情を描いて子特に女子は親に忠義であり祝言に文句を言えんかった
そんな時代の町人家族での家父長制度を描出して
自己の愛に身を捧げる女のささやかな反抗心っていう構図をもってきていたようですね

お七が火をつけた時の町人たちの右往左往する群衆
お七が刑場に引き出される時の群衆
刑場に集まり矢来越の見物人と実にエキストラの人数が半端ねぇ
日活としては結構お金は使ってる時代劇です
って日活大道具社員さんたちの組んだ野外セットに室内セット
時代劇はお金がかかる訳でして

おんなじように作ってるピンク映画の一本の予算300万じゃ太刀打ちできなせんよね

ってことで髷をつけた時代劇はこんなエロチックな作品も時代劇ってことで
この時代劇を見ていく企画も幅広く作品も選べるようですね

1972年製作、日本映画、日活ロマンポルノ作品
小原宏裕監督作品
出演:小川節子、森竜三、浜口竜哉、高見由紀、牧恵子、長弘
コメント

子連れ狼 三途の川の乳母車

2019-01-09 21:04:11 | 邦画
一日一本時代劇を見ていく企画
本日の一本は若山富三郎の拝一刀の子連れ狼第二弾です

なぜか柳生烈堂が画面に出て来ない作品
前作「子連れ狼 子を貸し腕貸しつかまつる」での伊藤雄之助さんの姿は
明石柳生の別式女に黒鍬衆の頭が前作での裏柳生の二人の討ち死にの回想会話の中で出て来るだけですか

明石柳生の別式女の頭の松尾嘉代が美しく素敵でしたし
別式女の女たちが皆さんお美しいお方を揃えてらっしゃる
プロデューサーとしての勝新太郎の資金繰りの力量と映画製作への情熱が凄いなー
これだけの美人たちが手を変え品をかえして拝一刀に次々と襲うものの
簡単に排除されるし、なんと乳母車のからくりを使って今作では大五郎も何人かを倒す
父子揃って冥府魔道に生きてる証しと言うことか

今作は前作をしのぐスプラッターであり切り株映画
顔面削がれる、手足切断と言うか斬断です
更に手鉤でぐっさぐっさ

明石柳生の次に現れる弁天来の三兄弟が実にすごい
こんな連中が幕府にの使いと言うことですからやっぱ原作の劇画自体も荒唐無稽と言うことか今回も原作劇画作家の小池一雄が脚本も書いているので
拝一刀の500両の刺客仕事はこの弁天来三兄弟が刺客対象ですので
クライマックスのケレンはこの三兄弟との対決ですが

この映画自体、拝一刀に降りかかる柳生の刺客との死闘の剣戟のそれぞれの対決にも見応えある趣向を宍戸大全が考え抜いた演出してるのでもう拝一刀の殺陣自体がケレンでもあったりして・・・

また500両は乳母車にいれていたのですね
旅籠での番頭の掌返しが実にいい

1972年製作、日本映画、勝プロダクション作品、東宝配給
三隅研次監督作品
出演:若山富三郎、富川晶宏、松尾嘉代、岸田森、小林昭二、新田昌玄、三島ゆり子、鮎川いづみ、大木実
コメント

沓掛時次郎 遊侠一匹

2019-01-08 19:20:38 | 邦画
一日一本時代劇を見ていく企画
本日の一本は加藤泰を語るには欠かせない時代劇
そして中村錦之助の東映最後の作品になったような

渥美清演じる身延の朝吉の立て板に水の仁義口上からはじまる。
渥美清さんのべらんめぇ口調の仁義口上は実にテンポがいい
66年の作品という事でまだ”寅さん”の”と”の字もない時代
彼の達者な芸が生かされたオープニングですね

更に丁度東映さんが新しい金脈の着流し任侠路線に舵を切った頃ですから
オープニングでの時次郎の私闘でいきなりの
スプラッター
そして斬音のSE
そうか着流しヤクザ映画でも初期の頃はこのSEなかったし
錦之助さんの気迫と渥美清の軽妙酒脱の演技と台詞回し
後半は東映の女優さんではない東宝の池内淳子さんの
千々に乱れる女心の繊細さ
見事なアンサンブルでした

長谷川伸原作では前半の渥美清のエピソードはありませんが
コレが後半の時次郎が岡崎二郎に見せるやくざの本質であり、一本差しを捨てさせる要因への
伏線になってきてるんですね

渥美清を弄ぶ遊女の三原葉子さんも実にいいんです
その対比としての弓恵子さんの役所と実に脚本も原作にない部分でやくざのエゴを描いてる見事な脚本もうまい

東千代之介も時代劇衰退の波を被った一人でしょうね
錦之助に拮抗するキャスティングだったのね
お二人とも感慨無量だったんじゃね

錦之助さんの殺陣にはやっぱ尾形伸之介さん
しつこく時次郎を狙うやくざのお一人でした

主題歌にはフランク永井さん
橋幸夫ではなかった

1966年製作、日本映画、東映作品
加藤泰監督作品
出演:中村錦之助、池内淳子、中村信二郎、東千代之介、弓恵子、那須伸太朗、志賀勝、結城哲也、小田部通麿、三原葉子、香月涼二、西田良、尾形伸之介、阿波地大輔、岡崎二朗、阿部九州男、清川虹子、明石潮、渥美清
コメント