MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

闇の法執行人4~6話

2017-12-29 02:09:59 | TVドラマ
一応TVコンテンツとしてRIKI・PROJECTが製作した全6話のドラマですが
どっから見てもVシネマの枠で収まってますよね
そんな「闇の法律執行人」が製作会社の一つであるCSのチャンネルNECOの
年末一気見特集と言うことで28日全然6話完全版OAされました
前半の1~3話までは9月だかにみちゃってます
更にこの22日日同じく製作会社の一つであるアスミックエースから
3本分DVDも発売されましたし

力さんのVシネの「極サギ」を引きずったような作品になっていますよね
相変わらずの横浜が舞台になってるようですし
主人公の力さんは元弁護士で10年前詐欺事件を起こし服役をへ経ての探偵さん、
正義感の塊でものすごくウザい新人女性弁護士に岸明日香
元○マル暴刑事で暴力団との癒着で今は生活安全課刑事の山口祥行
の三人が、脇を固めるキャストもスタッフもVシネでのお馴染みの面々という面子で
更に後半の監督にはあの小沢アニキが監督してますし

第4話:恩師の墓標に捧ぐ
高校時代の恩師に偶然出会い
彼が土地に絡む詐欺にあっており、かつ認知症の奥さんを抱え
介護疲れから無理心中を・・・っていうのが発端で
詐欺事件の黒幕でその姿を誰も見たことがないというところから透明人間のKIDと言うことで
巨悪と言うよりは土地に絡んでの詐欺グループを陥れて恩師の仇を討つというお話が
そのエピソードの展開に渡辺裕之と竹内との確執という元恋人も登場するし
その元恋人の母親が実は食堂"かしを"のおばさんと言うことも浮き彫りにされ
高校時代の恩師には深水三章、
なんと山口を嵌めたヤクザの親分に小沢和義、この小沢弟と力さん高校の同級生で深水先生の教え子だったんですか


第5話:哀しみの向こう側
何とこのエピソードでは間宮夕貴さんが主演に・・・
それも詐欺師と言う役所でのご出演ですが、生き別れの兄がいて
10年前まだ弁護士だった力さんが詐欺被害にあった中小企業工場主の
これまた土地取引が絡む自殺事件の兄妹
兄から妹探しを依頼されるものの、堅気の兄さんなのに首に蝶々の入れ墨
そうですね岸明日香さんの出番がだんだんと少なくなっていたりで
小沢アニキはもて甘しキミだったのかなぁ
別のヤクザ組織の親分に榊さんがご出演
そしてついに出ました政界のドンで小沢アニキ

第6話:裏切りの果てに眠れ
小沢弟が詐欺師軍団に襲われる
さらに詐欺の被害者組織に政界の黒幕で渡辺裕之弁護士が顧問の要請を受けて
そして全話の集大成として詐欺師軍団の黒幕KIDに迫る力さんですが
先にヤクザに親分小沢弟が詐欺軍団の悪巧みにはめられ
銃弾をぶちこまれ半死半生状態に・・・
そこに山口刑事が
一方力さんはようやくKIDにたどり着きまその正体を
ってもう前エピソードで見え見えでしたが
実は詐欺軍団の得た資金は実は
小沢アニキの政治資金だったってオチでしたが
結局巨悪は暴けどもその実逮捕に至ってないわけで

と言うことで続編作られそうな終わりかた2でしたが
小沢アニキの監督と言うことで小沢弟と山口が楽しそうに演じていたのがいいですねぇ

なお、アスミックエースより2018年2月に後半の3作のDVDが発売されるようですね

2017製作、TVドラマ「闇の法執行人」製作委員会作品
小沢仁志出演・監督作品
出演:竹内力、岸明日香、山口祥行、渡辺裕之、小沢和義
コメント

大馬鹿代#1

2017-10-24 23:25:16 | TVドラマ
カテゴリーをどうしようかと思ったのですが・・・
竹内力さんの芸能生活30周年記念事業としてJ:COMとアスミック・エース、
CSチャンネルNECOを運営する日活が共同で
竹内力企画製作として2本のドラマシリーズに1本のヴァラエティをOAしてまして
私はチャンネルNECOに加盟してますので
先月は「極サギ」を彷彿とさせるドラマと言うか、Vシネマの「闇の法執行人」前半3話を見ましたが

今月はなんと竹内力さんが魁夷なヒロイに取り組んでいるドラマ
「大馬鹿代」の#1をリアルタイムで鑑賞しましたが
大体1話85分の連続ドラマにようです
明日は#2のOAがあります
竹内力のVシネマ”カオルちゃん”シリーズの女性版と言うか、カオルちゃん的には
やっぱりあの力さんの白目芸でしょうか
女と言うことで白目剥くのはかなり控え目ではありますが
カテゴリー的にはVシネマと言ってもいいんでしょうけども一応初公開メディアが有線TVのオリジナルと言うことで"TVドラマ"にしておきます

力さん初のヒロインはやっぱどっからみても要望魁夷ですよね
いつか女性から男に変わっての悪退治ドラマとさせるのかと思ってましたが
劇中銭湯に行って女性に混じって入浴してますので今作のキャラクターは女性なんですねぇ

過去の記憶のない大馬鹿代の過去も次第に解き明かされいくのでしょうかね
1回目はなんか娘がいたようでしたが・・・彼女は死んだのか生きているのか?
プロットとしては張とヤクザが出てくるのね
そんなヤクザに力さん仲間の松山鷹志に勝矢
お二人とも藝達者ですから硬軟両方一つの作品で演じ分けられるから
面白さが生きてくるんですねぇ

力さんも得意のアクションを封印して
ヒロインのアクションは要望魁夷を逆手にとっての所謂両手ぶんまわしとか
唐竹割りみたいな、変身ヒーロードラマでの怪獣のようなアクションですか

大体スナックのママさんが男と一緒に温泉逃避行の後を受けて
ママさんの実子とは言えJKならいざ知らず、いやJKでも絶対にあかんのに
JCがお店に出て来てお酒は呑まないとは言え接客しちゃあかんやろ
いくらドラマでも・・・

でも何となく惹かれるんだよね大馬鹿代のキャラクターに
明日もまた見てみるか

2017年製作、日本ドラマ、大馬鹿代製作委員会作品
宮坂武志脚本・監督作品
出演:竹内力、西本まりん、工藤綾乃、原幹恵、遠野なぎこ、松山鷹志、勝矢
コメント

闇の法執行人1~3話

2017-09-04 17:32:56 | TVドラマ
6月からJ:COMのプレミア放送でOAされた竹内力主演のドラマと言っても
1話70分前後の所謂Vシネマ的な作風って言うか
J:COM製作での自社コンテンツなのでドラマ枠にジャンルわけしましたけども
どっから見てもVシネマですよね

ちょっと感じるのは4作でシリーズ終了となった横浜を舞台に弁護士が
新人女性弁護士と悪を粉砕していく「極サギ」を引きずったような作品になっていました
今度の力さんは弁護士資格を剥奪され、所謂私立探偵稼業に堕ちた男を
持ち前の正義感の強さゆえにゆえに、効率主義の弁護士事務所をやめた新人弁護士の女
元○暴刑事で、長年のやくざとの裏悪事がバレて、閑職に追いやられた刑事
の三人がひょんなことから出会い瑣末な事件を発端にし、ついに巨悪へと戦いを挑んでいく
姿を6話連作で描いていくようですね

主人公を元弁護士を演じるのはVシネの帝王・竹内力
正義感の塊の新人女性弁護士に岸明日香
元○暴刑事に山口祥行と云うことでドラマと言っても明らかにテイストはVシネ
ってのも脇を固めるキャストもスタッフもVシネでのお馴染みの面々
で全6話完結の前半3話を製作に加わってるチャンネルNECOで9月1日にOAされたものを録画視聴

第1話:過払い金請求のカラクリを探れ! 
大手消費者金融が過払い金請求から新人弁護士の成美と龍崎が出会い
雲隠れした消費者金融社長を探すため奔走する中で窓際刑事ともに共闘していくと言うことで
シリーズの人物紹介とそれぞれの過去の人間関係を紡いでいく
渡辺裕之と竹内との確執も浮き彫りにされ
多分にシリーズを通して巨悪退治と彼との対決がメインシノップスなんでしょうね

第2話:俺、野球しかやってこなかったんです
借金保証人として闇金業者に追われる元プロ野球選手の藤堂に何と本宮泰風さん
もうこれだけで嬉しくなっちゃいますし
城明男が迫真の演技
そうなんですよね山口さんだけでなくそれぞれのエピソードにも力さん一家の方々の出演が目立ちます
成美を演じる岸明日香さんよく見るとあんまりにじんじゃないからか
役柄としてグラビアで見せてくれてるおっぱい封印しての演技
スーツ姿がウリをかくして
口うるさい女をうざいほどに演じてくれてます

第3話:もうヤクザってオワコンじゃねえの?! 
やくざの事務所がゲバラ一味に襲われて、さらに振り込め詐欺の受けコを成美がつかまえたことから
龍崎の事務所でもある食堂が、ゲバラ一味という集団に襲撃され、店主かなえが大怪我を負い敵討ちのため、龍崎は"金"を武器に動き出すのだが
この食堂と竜崎の関係があきらかにされるおまけ付き
はみ出しと言うか元○暴刑事の山口が楽しそうに演じているのがいいですねぇ

力さんも、あのカオルちゃんシリーズの白目芸を封印してるのもいいですねぇ

2017製作、TVドラマ「闇の法執行人」製作委員会作品
仰木豊脚本・監督作品
出演:竹内力、岸明日香、山口祥行、渡辺裕之
                          

4~6話はあのOZAWA(小沢仁志)が監督として力さんとタッグを組むとか
やっぱドラマの枠をこえてVシネマですよね
コメント