MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

三代目は女子高生

2018-10-12 18:08:10 | OV
一日1本任侠映画を見ていく企画
本日の一本は、昨日記事にした「二代目襲名:明日香 絡み合う愛欲と復讐」があまりにも酷かったので
お口直しにエロ×任侠作品を・・・

ってことで未見の山を漁ってみたら、いつ購入していたのか覚えていないのですが
このDVDを見つけたオールインの作品なんで多分大丈夫だろうと

葵つかさの名前ってそういやなんだかSNSでストーカーされたとかされんかったような記憶が甦ってきましたが
でも日本の警察も凄いよねweb上で強迫した人間を捕まえちゃうんだから
どっかの国の映画みたいにおバカって言えるのは大坂府警だけかな

私はAV見ないので葵つかささんて、お初の人だとおもっていたのですが
見終わってallcinemaで彼女のフィルモグラフィーに「女囚701号 さそり外伝 第41雑居房」と言うのを見つけて
この作品は”さそり”ということで見てるし、確かどっかにDVDもコレクトしてるはずである

今作では葵つかささんは一つの画面に収まることはありませんでしたが
一人二役に挑戦したエロティックヤクザドラマでしたねぇ、それも性格も生活も正反対な幼児期
両親の離婚で離ればなれになった双子の役

十八歳の誕生日を迎えたというのに、学校ではイジメられ、
母親は男に夢中で子供には無関心という境遇の女子高生・瑠璃
そんなわけで日常のストレス解消にはネットアイドルとして自己解放していたのだが、
そんな彼女に両親が離婚した際に父方に引き取られた双子の姉・桜子から突然連絡が入って
何と一ヶ月だけお互いの家を入れ代わろうというのだった

強引な桜子に押し切られ、仕方なく彼女の自営業だという父親の家にいってみると、
何とそこはヤクザの一家で、しかも桜子は三代目組長だったのだ
驚く瑠璃だったが、実の父親や組員たちの暖かさに触れてゆくうちに・・・って

もうお分かりのように角川映画のヒット作で最近橋本環奈でリメイクされた「セーラー服と機関銃」と
同じく角川さんの「二代目はクリスチャン」の二作品をパクったと言うか、オマージュしたと言うかみたいなノリのドラマでした

ラストに機関銃おもいっきりぶっぱなすンですが、できればシュマイザーにして欲しかったし
腰が決まらなくてもちょびっと諸肌脱いだ晒し姿で剣戟も見せてくれると
もう少し決まったOVになるんだろうけども、ないものねだりしても仕方がないのかな

敵対する組織の親分にホリケン。さん、最近の彼とはちがい結構シリアスに悪親分を演じてられました
葵つかささんとの濡れ場もあったりしてかなりな儲け役
AV女優さんとしては葵つかささんはアイドルっぽいルックスをされていますので
彼女にはまってwebでどうこうっちゅうことをしたくなるご仁がいても・・・なんとなくわかるような
でもストーカーは絶対あきまへんでェ~

2012年製作、日本OV、オールインエンターテインメント作品
藤原健一監督作品
出演:葵つかさ、森山翔悟、水原香菜恵、稲葉凌一、ホリケン。、佐藤良洋
コメント

二代目襲名:明日香 絡み合う愛欲と復讐

2018-10-11 04:14:11 | OV
エロス×任侠 新シリーズここに誕生!!生と死を分かつ極限のバイオレンスと、情熱的SEXが絡み合う!!
飛び交う銃弾、踊る剣閃、蠢く陰謀―渾身のアクションと濃厚なSEX描写の連続!!


って言うような惹句にのせられて
これは一日1本任侠映画を見ていく企画にピッタリとレンタルしちゃいますよねぇ
しかし、このOVは実は”エロス×任侠”と欲張ったせいではないとおもいますが
実にアカンOVです
任侠とかエロとかというものではなくて
まず、ドラマとして完全に成立してない

主演の推川ゆうりさんって私的にはお初の人でしてAV女優さんなんでしょう
まずこの人をしゅやくに据えたのが間違い
演技が幼稚園と言うよりかは保育園に入園する以前の問題
OVとかピンク映画でその演技の幅を広げて来てる卯水咲流さんとのギャップが酷過ぎて
監督の遊山直奇も苦労されたに違いないけど
おっぱいだけは実に見事

日本人の男の役者さんって言うのは刑事とヤクザを演らせたらみんな見事に演じられる
って言うのを聞いたことがありますが
それは嘘でしたって言うような見本市状態って言うのもあるんですが珍しスギでしょう
まともにヤクザを演じきれてないってのが・・・

もうひとつのがウリであるエロチック描写にしても推川ゆうりのよさが全く伝わらない
卯水咲流もとんだ作品に出演したようなって言うか、ある意味気の毒としか言いようがない

よくまぁこんな作品を作ったもんだ
こんな作品は作っちゃいけないし
コレを世にだしてお金をとってはいけない作品
どんな地雷でもどこか誉める(-_-)とかひとつくらいはあるものもンだが
これは何処にもないからねぇ
本当に卯水咲流が気の毒に感じる映画

2018年製作、日本OV、オーパス作品
遊山直奇脚本・監督作品
出演:推川ゆうり、卯水咲流、大野亮、瀧川拳
コメント

雀神

2018-10-05 04:01:59 | OV
10月1日のチャンネルNECOでの深夜枠ミッドナイトシアターでOAされていたものを
ACしておいたのをHDDから視聴
ここんとこと言ってもまだ4日しか経過してませんが
一日1本エロチック作品を見ていく企画を休止しておりますので
ここは普通に記事にしておきますが、最近洋画のエロチックと思って見た「聖なる飼育」が
あまりにもエロチック作品ではなかったので
私の体質的にはエロチック作品を毎日見ていくってって言うのもある意味私自身にとってもいい企画だったのかも知れない

と言うことで2010年にDVDリリースされた「雀○」シリーズの何本目かはわかりませんが
「雀神」と言う作品を見ました
なんだろうなつい昨日だか一昨日だか歌舞伎町で起こった事件と言うか事故と言うか
8階から飛び降り自殺した若いお姉ちゃんが下を歩いていた男性にぶつかるって言うのが
ありましたが、まさにそれとまるっきりおんなじ状況と言うかシチュエーションから始まる麻雀ドラマです
現実では飛び降りたお姉ちゃんは亡くなられ、下にいた男性は脊髄骨折の重症とかですが
こちらは架空の世界ですから落ちたお姉ちゃんは下の男がクッションに
ってことで無傷、男は頭から多少血を流した程度

飛び降りた女の名前は"中"と書いて"アタル"
なかなか不幸な人生を歩いて来たようで高校時代は重病の母親の面倒をみつつ学校ではいじめられっこ
同じいじめられっこの男子同級生といじめられた後で体を重ねてしまう
その彼は当選金1億円の宝くじ1枚をアタルに渡して翌日東京に逃げていった

アタルも母親の死をきっかけに東京にでて来たものの最初の男は売れない役者志望の男を食わせてやっていたり
次の男はミュージシャンたっての願いで会社の金を三千万横領してきたら起きたらお金と一緒に消えていた
ッテコトデノ飛び降り自殺だったんですが
当たった男がこれまた酷くて裏麻雀士だったんですね、打てないからとアタルに㈹打を頼むと
なんと麻雀がはじめてなのに勝ってしまう

家に連れ帰っての麻雀指導が始まり
更にピロウトークでアタルの不幸のお話が語られ
結局会社に返すべく裏麻雀大会で優勝賞金1億円で返そうと・・・
その大会で一番強い奴を見たアタルは心に動揺が
それはJKの時にいじめられたもの同士の慰めとしてのセックスであったのだが
彼に貰ったくじは1億当選券だったが時効でお金をもらい損なっており

アタルは彼を見ると自分の中の不幸が更に助長されるからと臆病に・・・
彼氏は彼氏で初体験から調子が上向きアタルはあげ万と2認識しているので勝てないと・・・

結局つばめ返しのサマワザを使おうとするんですが
アタルの元々彼はしゅやくをつかみ、3000万懐胎はそれ以上売れて金をかえしに
所謂あげ万物語が暗いMAXで展開されて

って竹本アニキとアタルの因縁もあるンですが
アタルと寝てる竹本アニキにはあげ万効果は???

2010年製作、日本OV、シネポップ作品
奥渉脚本・監督作品
出演:佳山三花、竹本泰志、吉本輝海、金子弘幸、菅野達也
コメント

世にもエロスな物語~背徳に溺れる女たち~

2018-09-30 03:46:11 | OV
一日1本エロチック作品を見ていく企画
今日の一本はCSのチャンネルNECOで
8月の深夜枠ミッドナイトシアター枠でOAされた「世にもエロスな物語~我慢できない女たち~」と言う作品がありましてこのブログにもアップしておりますが
実は9月の頭に「世にもエロスな物語」って言うのだけ見てて”こいつは先月に見たやつ”って早とちりしてまして録画し忘れていた

今日も見るものが無くて・・・CSのチャンネルをガチャガチャしてたのよ
そしたら副題が見えるじゃないですか「~背徳に溺れる女たち~」って
で、これは違うという事で慌てて録画しつつのリアルタイム視聴しました
前作と同じような三話オムニバス構成チャンネルNECOの方で2018年製作っていってるのでそうしておきますが
どこで製作したのかもまるっきりわかりません

第一エピソードは「昭和背徳物語」と主役の牧原れい子さんの表題
牧原れい子さんってお方エロチックOVとかで拝見したことがありますが
実にちっパイなのよね、もうかなりのお年かと思われますが

昭和テイストのお話としては
病気のって言っても不治の病、医療費と新薬のために
男の甘言に乗っかって夫のために身を任せる切ない女心を・・・って言うか
実は病で夫婦の営みにも餓えていた飢えを満たしていたのか?って言うような終わりかたと
見るのは私だけ?


第二話は「女郎宿」って松嶋友里恵、冬木舞の連名
劇中で召集令状で戦地に向かう男との情愛を描いてるのでれまた昭和のお話
夫のために身を売る羽目になったゆりえ奥さま
そのまんま松嶋友里恵さんが演じてます

これまたちっパイな女優さん
で戦地にいく男との情愛と大金持ちに身請けされ・・・
監督・脚本の貞邪我って言う人、”身請け”のことを”水揚げ”っていってるんですけど
”水揚げ”は女郎さんについた最初のお客さんが行うこと
この場合目かけかなにかは知らないが女郎の借金を肩代わりしてやるのは”身請け”でして”
決して”水揚げ” とは言わない

でこのゆりえを陰になりひなたになって助けるベテラン女郎に冬木舞さん

でこのかたはかなりなおっぱい美人さんでした

三話目は私もよく存じ上げてる風間ゆみさんが主演の「未亡人刹那情欲」
昭和40年くらいのお話になるのかな
ロマンポルノとかで山本監督がよく作っていた「未亡人下宿」からコメディ部分を取り除いたような感じ

デカパイは見て楽しむものだと教えてくれる風間ゆみさんのおっぱい演技が実に見事という事で
お後がよろしいようで・・・

2018年製作、日本OV?
貞邪我脚本・監督作品
出演:牧原れい子、松嶋友里恵、冬木舞、風間ゆみ
コメント

東京地下女子刑務所 CHAPTER4・エリア∞(インフィニティ)

2018-09-28 22:36:55 | OV
一日1本エロチック作品を見ていく企画
今日の一本は「東京地下女子刑務所」シリーズ第四弾です。

今作の主演はAV女優の杏堂怜さん、この方私には始めましてのお方ですけども
OV出演ではこのOVの越坂康史監督の監禁シリーズ「39時間」に出演されてるようですが、まだ未見の山につんどいて見てない、このエロチック企画で掘り起こしていかねばですね

杏堂怜さんってなんだろうなぁ、こう言ったエロチックOVでも主演をはれる容姿ではないけど
おっぱいのちっパイ度はベリグーですが、私は「乃梨子の場合」と言う作品で主演されてて今作では助演の女優さん西山真来さんのちっパイと言うよりはあるかなしかのちっパイが好きではありますが
杏堂怜さんのパイおつは乳頭乳暈が手頃で本体も柔らかそうでしたが、西山真来さんと比較しちゃいけないんだろうけど演技はもう学芸会

そして芝居の方は西山真来さんとちょっと出ではありますが堀田眞三さんが締めてくれてます
エリアも0から∞(無限大)に拡大してまして
今回の地下刑務所は東京地下男子刑務所
男子刑務所の所長が一応女子ってのが納得がいきませんけども

“エリア88”を探っていたジャーナリストが、地下刑務所を管理する組織によって抹殺される。
だが、彼の取材記録が入ったSDカードが死ぬ前に偶然“接触”した地下アイドルの範子と言うことで
組織は範子と彼女のストーカーファンを一緒に拉致して秘密を守ろうと
東京地下女子刑務所ではなく、凶悪レイプ犯兄弟へ慰問コンサートを開いてくれと依頼し、
彼女を地下男子刑務所へ移送して彼ら凶悪犯のレイプ凌辱の餌食に・・・

しかし、この現状を良しとしない組織の秘書西山が自分を愛してる社長の愛を信じ
範子の身代わりになってという、シリーズ初の展開です・・・

ヒロインは地下アイドルと言っても一応“アーティスト系”であり、
プロデュースしてくれてる作曲家と肉体関係にあり
さらにストーカーにも執拗に狙われていたりと、現実の時流とシンクロする要素もあったりしますが
身を犠牲にして助けられたにも関わらず、ヒロインは己の保身に走りますし
身を犠牲にした秘書は永遠にレイプ凌辱の無限地獄におかれたままということでして
ラスト大ボスの堀田真三さんを登場させて来てますので
ようやくシリーズを終わらせるようですね

2016年製作、日本OV、ニューセレクト作品
越坂康史脚本・監督作品、深澤浩子共同脚本
出演:杏堂怜、西山真来、夏目大一朗、安藤ヒロキオ、福谷孝宏、小林麻祐子、白井光浩、堀田眞三
コメント

東京地下女子刑務所 CHAPTER 3・エリア0〈ゼロ〉

2018-09-27 13:06:03 | OV
一日1本エロチック作品を見ていく企画
今日の一本はこないだ再見した古川いおりさんも2で出演されていた「東京地下女子刑務所」シリーズの第三弾を

202X年、日本で死刑が廃止される。だが、その為に激増した凶悪囚人を収監すべく、東京の地下に巨大な刑務所が建造されたのだった。
そして地下刑務所は1~78まであり、女囚の手に余る者は極秘刑務所エリア88に変更されて行く
で、そんな女囚シリーズの三作目、再見ですが・・・
1作で樹花凛と言うAV女優を知り、2作目は私ご贔屓の古川いおりという事で見続けて来ましたし
一旦エピソードがキャラクターが違ってもシリーズものは見たら最後まで見続けないと気がすまなくて
という事でこのブログでも記事にしておこうと三作目もこの一日1本エロチック企画の埋め合わせにと記事にしました

極秘刑務所もエリア88から98にそして今作は更にすすんでエリア0ですか
主演女優さんはAV女優の川越ゆいさん、この方初見ですがオルスタックからリリースされてる
「くノ一忍戦帖」の3作もこのブログにアップしております
ってか川越ゆいさんってちょっとポッチャリ体型ですねぇ

犯罪者の姉を持った事で就職もきまならない桃子
友人からアルバイトとしてデートクラブの男性を紹介された男が殺され
殺人の濡衣を着せられ、東京地下女子刑務所に収監されて・・・
このただ殺されるだけに出演されてる川連廣明さんとは・・・って思いますが
後半にそれなりな設定で再登場してくるのね

前作はエリア98の内情を潜入捜査する内容でしたが・・・
今作は普通の女の子が、更生施設“エリア0”に送られて、先に犯罪を犯して収監されてた育ての姉に出会うというお話に
姉役にはベテランAV女優のあやなれいさんとは、1作目にも女囚で出演されてましたねぇ
その時の役名は忘れてしまいましたが、エリア88から回されてきたっていうから
主要キャラクターは変われども、彼女のキャラクターは同一人物ということかと
思わせるような内容のオチではありましたが
同一キャラなら今作で死んじゃいましたねぇ

エリア0は、新興宗教の教祖ひろみが、女囚だけでなく女看守たちまでも支配する刑務所だった
ヒロインは実は処女ってことで、ミサと称して“教祖”とのレズを強要され、
それに刃向かうと禊と称して水責め&ムチ打ち!という罰が与えられる、
囚人5人が全裸でのレズ乱交シーンが今作の目玉シーンだったンですねぇ
大変よろしいシーンだったじゃないでしょうが、ヒロインにポッチャリがなんとも悩ましい

セックスそのものにトラウマを抱えるヒロイン像にヒミツがあったり
川連廣明が実は・・・でヒロインが密命を帯びてって言う終盤の種明かしも意外でした
男の看守に凌辱されないのも今までとは違っていたし変化球でしたねぇ色んな意味で
次作「エリア∞」にはどう繋がっていくのかな

2016年製作、日本OV、ニューセレクト作品
越坂康史脚本・監督作品
出演:川越ゆい、あやなれい、若林美保、松井理子、宇野ゆかり、海野あかり、吉原麻貴、川連廣明
コメント

検事 持田知香

2018-09-25 03:34:11 | OV
これも旧作をレンタル
一日1本エロチック作品を見ていく企画用にレンタルしてきたものです
これに「クワンティコ」全部で14本と旧作を3本で3000円で多少のお釣りが来ましたが
オールインエンターテインメントから2011年にDVDリリースされたエロチックOVだったようですが

女検察官・持田知香(矢吹杏)の元に舞い込んできたホストによる女性客集団レイプ事件
容疑は強姦を否認するもなぜかはっきりとしない被疑者、
女生として、また検事として許しがたき罪に知香は被疑者が否定もせずにいるので毅然と起訴する事を決める
そして三年の刑期を過ぎた4年後にお話は飛び
この事件を引き金に、被害者・被害者家族・容疑者・ホスト仲間と・・・様々な登場人物の思いが交錯し、

そして遂には・・・
ってことで検事に反感をもった容疑者が恨みを晴らそうと検事を拉致監禁し
凌辱の限りを尽くすお話かと思わせといての
まさかのツイストな映画となっていましたねぇ
監禁ってソー来るか、そこがオールインな訳だよねぇオールインの得意分野じゃねえかよ
全く裏切られたけども・・・

矢吹杏さんAV女優さんですので台詞が棒でどっから見ても検事に見えないけども
冤罪の容疑者となるとkojiがしっかりと映画を締めてくれていましたが
矢吹杏さん二度の濡れ場ですが濡れ場以外はホントに見るに耐えないのがねぇ

しかしプロットは先にも書きましたが女検事を拉致監禁して凌辱してしまう映画かと思いましたが
実際には女を酔わせたホストクラブのホストたちが集団レイプし、かつそのレイプをビデオ撮影しての口塞ぎだったのが
集団レイプした女たちは極道が経営するキャバクラのお姉ちゃんたちで
その落とし前として極道に襲われホストたち男性が監禁される映画でして
それに極道が件の刑期を終えた無一文のKojiに300万円要求してきたものの
検事を襲うものの冤罪を晴らそうということで何も告げずに検事に別れるけども、
被害者の父親に刺されて・・・

映画は終わってしまいますよねぇ
監禁の結末も冤罪の容疑も何もも解決しないで映画も終わってしまいます
あとは鑑賞者一人一人が結末をそれぞれ考えろって言う突き放し

こういった放置プレイな終わりかたは私の好きな終わりかたですが
何せ学芸会以下のドラマでしたのでこのエンドマークの先を考える意欲も失せているのでして・・・
そう言う意味で検事に対しての凌辱監禁のOVではないということと
監禁そっちのけの終わらせ方でしたねぇ

2011年製作、日本OV、コンセプトフィルム作品
山鹿孝起監督作品
出演:矢吹杏、星優乃、Koji、堀之内秀樹、一条ひかる、猪瀬孔明、那波隆史、岡田謙
コメント

東京地下女子刑務所 CHAPTER 2・エリア99

2018-09-22 17:15:17 | OV
一日1本エロチック作品を見ていく企画
今日の一本はAV女優さんですが、ピンク映画、エロチックOVでもその演技力で
今や数々のこういった作品に出演しており
私の女優さんDDの琴線に触れまくっている古川いおりさんが主演のこの作品ですが
何回目かの視聴になります

"202X年、日本の治安は極度に悪化、膨大な囚人を収容するため、 政府は東京の地下に 巨大刑務所を建設、その運営を民間に委託していた。"
と言うスーパーで始まる「東京地下女子刑務所 CHAPTER 2・エリア88」の
正式続篇OVに当たる立ち位置の作品ですが
前作のヒロインである樹花凛さんは設定上死んだことになっていますが
続編という事で一応回想場面で登場はされますが、お話としては別ストーリー

今回ヒロインを演じている古川いおりさんは麻取の役なのね、
前作のヒロイン高校化学教師である雪が製造したとされる合成麻薬摘発のため、
極秘監房"エリア99"に潜入捜査する女捜査官
そこで彼女を待ち受けていた数々の拷問と刑務作業と称して行われる性的行為って展開ですが

こう言ったOVの所謂目玉シーンとなるはずの刑務官による陵辱の様を延々と描いてるってのも結構単調で、いくらAVではなくエロチックOVの古川いおりフアンでも
わずか75分の尺がかなり永く感じられる

前作との話は違っていても前作からの女囚としてあやなれいさんが
前作の話の発端となったレイプJKの福咲れんさんとかの役所が繋がってるのですが
前作の記憶はこう言った作品の常であまり記憶に残ってないけども、
作品的には女囚同士のいじめとか乱闘がないのでこの作品は盛り上がらない

愛奏演じる刑務所長のサディスティックな怪演技が今回の目玉かなぁ
この作品2015年に製作されていますが古川いおりさんの演技が世間的に評価されはじめたのが2016年ですがこの作品でも古川さんの演技力は安定して見てられますねぇ

映像的には女囚さんたちが全裸で吊るされているシーンが多いので、
所謂規制の問題をふんどしならぬエプロンみたいなのを腰に巻いてるのが見ていて辛い
直接セックスに繋がらなければヘアヌードの暈しは不要だと思うけども
Rー15のレイティングの問題に抵触するんですね

一応潜入捜査官としての古川さんのお話は完結していますけども
大元の黒幕が逮捕にいたってないのでこのシリーズって続いていくんですね


2015年製作、日本OV、ニューセレクト作品
越坂康史脚本・監督作品、 深澤浩子共同脚本
出演:古川いおり、あやなれい、青山真希、愛奏、福咲れん、むかい誠一、樹花凜、野間せいし
コメント

最凶バッド・ガールズ

2018-09-19 19:53:40 | OV
一日1本エロチック作品を見ていく企画
今日の一本は18日のチャンネルNECOの深夜枠でOAされていたものの
録画視聴です

ある意味ちっとも「最凶」じゃない映画じゃなかったドラマでしたが
こんなん作ってていいのかな今まで2軒有った大手レンタル店にも導入されなかった意味が
わかる作品って言うのの見本みたいな・・・

二つの不良少女グループが対立してる町って設定なのに、
お互いに頭一人に取り巻きが二人の、二グループ併せても6人しかいない
さらに主演が当時AV女優さんですのでヒロインにしてもまるっきり不良性感性差の無さ
オープニングでの頭同士のタイマン勝負にしても迫力が全くない
これってどうなんでしょうか?どこから見ても最凶のイメージがこっちに伝わって来ない

そんな町に外から第三勢力として新たな不良少女グループがやって来て
男を誘って美人局のしのぎをはじめて第三勢力と女同士の三つ巴の抗争が始まる展開。
で、この第三勢力の目的ってのが、この町に君臨している
「伝説のヤンキー」ってのがいて、この町で不良少女抗争を激化させれば伝説のヤンキーが出てくるだろうと考えたわけで、
そいつに復讐しようと自分の不良少女を利用して第三勢力を作らせて・・・って事なんで

何とも実に面倒なお話ですから、何も不良少女を利用しなくったって自分で直接伝説のヤンキーにタイマンはりに行けば良いだけの話ですが
そんな不良話に平行して
主人公不良少女と真面目なシェフとの恋愛と別れのお話がサイドストーリーになってて
実はこちらも盛り上がんねえお話で
ってこのサイド恋物語は主人公の佐伯奈々を脱がすだけの必然として必要な訳だったのね

でエンドクレジットではなんとかすみ果穂さんのお名前がトメで出てきてたのですが
かすみさんが出演してるシーンなんてなかったよなって一応反芻していたら
なんと監督クレジットの後にかすみ果穂さんが突然ヒロインの子分にしてくれて仁義きるシーンが加えられていまして
これって調べたら続編の「最凶バッドガールズ 流血全面抗争」に繋がっていくんですね
てこ入れって訳ですか

2010年製作、日本OV、ネクスタシーEX作品
長尾くみこ監督作品
出演:佐伯奈々、藤岡範子、川瀬忠行、冬本ジュー
コメント

華麗なるエロ神家の一族 深窓の令嬢は電気執事の夢を見るかー

2018-09-16 23:46:48 | OV
一日1本エロチック作品を見ていく企画
今日の一本は今日新宿の中古屋さんで見つけたこの作品

吉沢明歩の「メイドロイド」を生んだ、友松直之監督が、
今度はなんと男のアンドロイドの執事ロイドをひっさげて
あの「犬神家の一族」のパロディを作ってしまいましたねぇ
2011年製作と言うことですので、本家「犬神家の一族」を市川混監督がセルフリメイクしたのがこの辺りかと思って面べてみたら
セルフリメイクしたのは2008年だった

このOVのタイトルではさらに「華麗なる一族」まで頂戴してるという御念のいり様
ってか、いくらパロディにしてもタイトル長過ぎだろ
一度CSで見てるんですが中古屋さんで見つけたので
こういう作品は見つけた時が買い時、買っておかないと二度とお目にかからなかった経験が何度も
ってっことで早速視聴したんですがもうすっかり忘れてる
小澤マリアさんってすげぇ立派なタトゥーを入れておられたんですね
タトゥーは全然覚えていなかった、AV見ないから無垢な白肌だとばかり思い込んでいた

いやはやこの友松監督の感性はダイスキです、思ったよりエロ度は薄かったですけど
深窓の令嬢役の愛音まひろさんは当時AVの女優さんだと思うのですがエロオーラは薄いんですねぇ
コレが演技だったらすごい女優さんと言えるんですが
監督さんの演出の妙なんですかね

小澤マリアさんは舌ピに両耳チェーンピアスに背中のタトゥーがもうなまめかしい
その家来のくノ一に亜紗美さん、今作でもアクションコーディネートされていたんですね
今回はそんなに目立ったアクションでもなかったですよね、只小澤さんが二刀流で真横に刀振って斬るだけで・・・

亜紗美さんは今回は脱いでなかったせめて着物の合わせ目くらいからおっぱいの片鱗くらいはチラ見というくらいの演出はして欲しかった
けどやっぱりあのべろべろベロは彼女の唯一の見せ場だったのかなぁ

金田一探偵も袴に着物とおかま帽で登場しますけど宵闇探偵金田一(かねだ はじめ)さんでして
猫神家と小澤マリアの両方に仕える二重スパイならぬ二重探偵
犬を猫に代えてパスワードが"猫が三毛"とか
執事ロイドは真っ白なマスクで名前はご丁寧にスケキヨ
さらに、小澤・亜紗美に首と胴体をぶった斬られ、亜紗美さんに蹴られて
足先上にして直立してましたねぇ

パロるにしても監督さんのこだわりが随所にみられ、い笑いころげながら楽しませてもらいました

2011年製作、日本OV、「華麗なるエロ神家の一族」film partners作品
友松直之脚本・監督作品
出演:愛音まひろ、小澤マリア、亜紗美、
コメント