MOMENT

再び古巣のgooブログに・・・まさかのです

極道の紋章 第十章

2018-11-20 19:46:03 | Vシネマ
一日一本任侠映画を見ていく企企画
本日の一本は再びVシネマ「極道の紋章」シリーズの10作目です
道半ばと言うか全20作、ようやく折り返しでしょうか

てことで今回はなんと弘和会の敵地横浜に徹夫が川谷組の拠点を作るお話に・・・
タイトル前のイントロでは、いよいよ川谷組の二代目を継承した堂本組長の
継承盃の儀式の模様が描かれているのですが
川谷先代も出席されての儀式ですか
この日だけは病院から外出許可をもらったってことですか

でオープニングではクレジット後のナレーションは
全国制覇を目論む弘和会は、関西以西の拠点にすべく和歌山の竹本組を傘下に納め和歌山に進出
それを受ける形で沖田連合和歌山支部に沖田連合の行動隊長に返り咲いた高見を派遣
二代目川谷組長は隣に火がついて来てるのに実に慎重を決め込む
それを見た若頭津浪は、逆に関東進出の足がかりを作るため、
前崎を横浜に送り込んだものの

所謂拠点作りではあるものの一応は前崎一個人として
スケ(といっても前崎組若頭木村圭作の実妹の芝居での仮面夫婦)にキャバクラを出店と言う形式で横浜の一本独古の新庄組のシマ内で開店させる
と言うことからこのシリーズ二人目のヒロインとして今村雅美と言う女優さんの登場ですねぇ
やくざの妹ということと年少あがりと言う設定で姉御肌のキップをみせてくれています

一応新庄は文句を言うが個人的と言うことで矛先をおさめるが
新庄と敵対する弘和会傘下の三田組が黙ってなく新庄のシマと前崎追い出しの二兎を追って
関東一円の組織が加盟する“関東睦会"を盾に脅かしをかけてくる
津波は沖田連合本部長風間との兄弟盃の縁から"関東睦会"に対抗して
関西の各組織をひとつに纏めた“関西共友会"を設立してしまい、一歩も引かない構えを見せる

そしてこれを契機にして前崎と新庄は盃を交わし
和歌山から弘和会を追い出し、横浜では新圧を襲撃した三田を始末して
前崎は前崎組として兄弟盃の新庄組のシマを確保するのであったが

この第10弾で先代も
川谷親分は病床から帰らぬ人と・・・

さて二代目堂本組長の優柔不断が今後どうなっていくのでしょうか
徹夫は横浜と言う弘和会との最前線でどう行動隊長の役割を果たしていくのか
いよいよ後半戦に突入ですか

2009年製作、日本Vシネマ、極道の紋章製作委員会作品
片岡修二脚本・監督作品
出演:白竜、松田一三、松田優、小沢和義、今村雅美、国本鐘健、宮村優、下元史郎、川地民夫、大和武士、桑名正博
コメント

極道の紋章 第九章

2018-11-19 18:30:03 | Vシネマ
一日一本任侠映画を見ていく企企画
本日の一本は再びVシネマ「極道の紋章」シリーズの9作目です
月2本のOAですから、この企画一応12月までですので
企画が終わってからもこのシリーズは一応完結させないと血液型からもおさまらないなぁ

全国制覇を目論む弘和会は、その足かがりとして静岡の浜松の弱小組織
根岸組に肩入れし沖田連合の傘下の浜松啓心会の会長を襲撃しタマをとってしまい
啓心会に沖田連合が浜松に乗り込み根岸組を壊滅させる
それを対岸の火事と見てられない川谷組、
弘和会は更に三重に進出。それを阻みたい川谷組は、前崎を三重に送り
どこの傘下にも属さない高島組と盃を交わし、
弘和組傘下の岐阜の馬渕組を三重から追い出しにかかる

そんな中謎のヒットマンに狙われる津浪だった
前崎たちがヒットマンの身元を躍起になって洗ううと浜松の啓心会の半グレと判明
啓心会にケジメを求めた津浪に沖田連合本部長風間がけじめを約束し
なんと前作で沖田連合が破門をした高見を密偵にし
岐阜の馬渕組を内偵させて静岡の跡目争いが関わりを持ちはじめ・・・

まさかの小沢和義の沖田連合復帰とはねぇ
岐阜の馬渕組長に倉石功
なんと前作の弘和会尾沢の暗殺が引きづっていたとはねぇ

他組織の跡目相続をめぐっての内部抗争と言うか分裂を避けるために
川谷才蔵は徹夫の跡目を見送って二代目に堂本を指名したのだった・・・

白竜が殺しをするときにあいくちと拳銃をつかい分けてるようでして
怒りが薄い場合は拳銃を
怒りが強いときには九寸五分ってことでしょうか・・・
そのへんが気になるんだけどねぇ

あともうひとつ気になるのはジャケットに刷られてる二ツ菱の代紋って
川谷組の紋章ではなくて沖田連合の紋章ですよね
これってどうなんでしょう?

2009年製作、日本Vシネマ、極道の紋章製作委員会作品
片岡修二脚本・監督作品
出演:白竜、松田一三、松田優、小沢和義、倉石功、国本鐘健、宮村優、下元史郎、川地民夫、大和武士、桑名正博
コメント

極道の紋章 第八章

2018-11-17 19:48:09 | Vシネマ
一日一本任侠映画を見ていく企企画
本日の一本はVシネマ「極道の紋章」シリーズの8作目です

九州小倉の一本独古の親分牧原の命を救ったことから
彼の口利きで破門が解かれ再び川谷組の若中に返り咲いた徹夫
若中ですから執行部の会議には出られないものの
天王寺のシマと彼の子分たちは津浪から返還され彼のしのぎも回り始めた頃

シマが隣接する川谷組系芝村組と沖田連合系高見組はしのぎをめぐって兼ねてから子分同士での小競り合いが絶えなかった
高見組が芝村のシマ内でシャブをさばいてることからその紛争に拍車がかかり
遂に高見組から死者がでた事により、争いの沸点は最高潮に達し
川谷組若頭・津浪にケジメを迫る、沖田連合本部長風間だったが、
津浪は戦争も辞さない構えでそれを突っぱねる
そしてシャブは川谷組同様御法度のシャブ売買が紛争の原因であるといい

内輪をしっかりと監督監査するようにいい放つ
それを聞いて風間は高見を問いただすとシャブのしのぎをあっさりと認める高見
この高見には小沢和義が演じてるんですが
いつものように狂気の演技はおさえてるもののその存在感は見事ですねぇ
ちょっぴりゆうこと聞かないやんちゃな性格って言うのが実に似合ってる

そんな時、実は高見のけつを叩いて川谷vs沖田連合の戦争の火種を大きくしようと画策してる沖田連合の執行幹部がいて
関西を火のの海にしようとしていたのはなんと関東の雄・弘和会が送り出してきた尾崎という幹部でして
彼はなんと沖田にシャブを流し、その足で前崎に取り入ってきたのであるが
徹夫はその動きにきなくささを感じたのかぬらりくらりの対応力です

そんな中芝村親分が命を狙われる
川谷親分は再び心臓発作で入院するわで、川谷組はある意味内憂外患の状況の中で
二代目組長の話も執行部では出てくる始末
弘和会の尾崎になんと清水アキラ
こずるさの演技が秀逸でしたが結局命を津浪に奪われるのね

そんな弘和会の企みから戦争の回避に至った津浪に風間が二人だけの兄弟盃を提案し
二人は兄弟に・・・
そして川谷組の二代目をと言うことから津浪は徹夫を再び若頭補佐として執行部に復帰させる

小沢弟と清水アキラの曲者二人の演技が見ものの回でしたねぇ

2008年製作、日本Vシネマ、極道の紋章製作委員会作品
片岡修二脚本・監督作品
出演:白竜、松田一三、松田優、小島加可奈子、志賀勝、高杢禎彦、伊丹幸雄、三夏紳、国本鐘健、宮村優、下元史郎、川地民夫、大和武士、桑名正博
コメント

極道の紋章第七章

2018-11-16 20:40:29 | Vシネマ
一日一本任侠映画を見ていく企企画
昨日より再会したVシネマ「極道の紋章」シリーズの7作目です

6作目の最後で驚愕の川谷組を破門になった徹夫
物語は破門になった1年後から始まります。
彼は九州小倉の居酒屋で皿洗いの日々を送っていたのだった

その小倉では、古参の牧原一家と、新興勢力の誠真会の対立が続いており、
牧原一家若頭の室井は牧原一家の組員数が新興勢力の誠真会の半分以下と言うことに危惧感を抱き
牧原親分に沖田連合との連体を申告するものの
戦争になればやたら若い者の血が流されると沖田連合との盃には難色を示して
あくまで新興勢力の誠真会との話し合いを若頭の室井に求めるものの

若頭の室井は勝手に沖田連合の風間に加勢を頼み、九州侵攻に色気を感じている風間は当然のように兵隊を送ってきた、
誠真会も黙っているはずもなく、川谷組の若頭津浪に加勢を頼むのだが・・・
津浪は難色を示すのだった
今回は徹夫のひっそり身を寄せている九州を舞台にある意味沖田連合と川谷組と代理戦争に なっていくような展開

と言うことでいつもの川谷組と沖田連合の皆さんの他に
九州牧原一家総長に志賀勝、その若頭に高杢禎彦
敵対する新興勢力の誠真会の会長に伊丹幸雄
徹夫が皿洗いをする小料理屋の大将に三夏紳、その娘で徹夫に恋心を抱く小島可奈子と
結構豪華な顔ぶれが加わりますし
あんまり女優さんの出演がないオールインエンターテインメントに小島可奈子と
女優さんの質のよいかたが出演されてくるのですが

九州を舞台に再燃する津浪と風間の駆け引きをメインに
牧原一家の総長と若頭との権力闘争に徹夫が巻き込まれ
牧原総長の命を救ったことで
牧原の口利きで川谷組から破門を解かれる徹夫

絵にかいたようなコウモリのような誠真会の会長の行動と
牧原のタマを狙った若頭との関係から風間から九州から手を引かせ九州に楔を打ち込んだ津浪
今回もめでたしめでたしの展開でしたが
やっぱ志賀勝はその存在感だけで物語と言うか画面を締めてしまうのね

2008年製作、日本Vシネマ、極道の紋章製作委員会作品
片岡修二脚本・監督作品
出演:白竜、松田一三、松田優、小島加可奈子、志賀勝、高杢禎彦、伊丹幸雄、三夏紳、国本鐘健、宮村優、下元史郎、川地民夫、大和武士、桑名正博
コメント

極道の紋章 第六章

2018-11-15 23:22:27 | Vシネマ
一日一本任侠映画を見ていく企画
今まで江波杏子さん追悼を兼ねて「女賭博師」シリーズを一昨日
この企画を含めて一応は17作品を完全に見終わりましたので
現在日本映画専門チャンネルで定期的に連続OAされていてシリーズ5でこのblogでも休止していましたが
本日より再会していこうと思いますのでシリーズ6作目からです

天王寺のシマ内で小倉組があくどいしのぎをしてることを巡って、
争いが勃発した徹夫の前崎組と小倉組。
小倉組の組長に新井康弘が演じており、おいしい方へなびき保身を図る
まるでコウモリのようなキャラクターとしてナイスなキャスティングですねぇ
津浪(白竜)を通り越して川谷会長直接に話をつける小倉によって
一度はまとまりかけた二つの組だったが、大手をふって悪徳しのぎをする小倉に
腹を据えかねた前崎に惚れて組員になった元谷口組の村井は
堪忍袋の緒を切らして小倉組の若頭を弾いてしまう

それによって小倉組組長は沖田連合本部長の風間に盃を求めたことから、
遂には沖田連合vs川谷組の一大抗争に発展する予兆もはらみ・・・・
前崎組、川谷組そして警察の三つ巴の村井捜索にも関わらず村井は見つからない
村井の行為に関して親分の命令に反したと言うことで徹夫は謹慎になり
それを怒った村井はなんと津浪に銃口を向けてしまう
津浪は一命をとりとめるものの・・・
村井は津浪に見つかり彼のあいくちの一撃に倒れてしまい

その事から沖田連合との戦争も回避されて小倉のシマは川谷に吸収されるものの
津浪に子分がチャカ向けたことの責任から徹夫にはなんと"破門"の処分が下される・・・

倉見誠の一途な親思いの作品でしたし、散りかたも見事でしたが
徹夫にはふとしたことで非情に生きていく津浪のルーツが組み込まれていて
結構面白い回でしたねぇ

2008年製作、日本Vシネマ、極道の紋章製作委員会作品
片岡修二脚本・監督作品
出演:白竜、松田一三、松田優、新井康弘、倉見誠、木村圭作、国本鐘健、宮村優、下元史郎、川地民夫、大和武士、桑名正博
コメント

極道の紋章 第伍章

2018-11-01 21:17:13 | Vシネマ
一日一本任侠映画を見ていく企画
本日の一本は相変わらずのVシネマ「極道の紋章」5作目を

大阪豊中で地元の龍神会と神戸の沖田連合のチンピラ同士が
女をめぐってのケンカから龍神会の組員が沖田連合のチンピラを殺し
それを端緒に関西制覇を狙う沖田連合の大阪進出の足掛かりとして豊中に事務所を構えられてしまった川谷組の津浪は川谷組の窮地を救うべく、津浪はある絵図を画策する
しかし、沖田連合本部長の風間は、強硬な姿勢で、津浪に対抗してくる。

白竜演じる津浪に対抗してくる沖田連合がはじめて登場してきましたね
役者は白竜と互角と言うことで本部長の風間に桑名正博、特攻隊長に大和武士と言った布陣
この二人が最後まで津浪と徹雄を苦しめるのか・・・

関西の二大組織が大阪豊中を血の海と化す戦争がをはじめてしまうのか・・・・!?
そんな時川谷組の若頭補佐であるの松田優ところに布施博が訪ねてきて
沖田連合との拮抗に川谷組の援助を求めてくる
松田優は急遽滋賀に赴き
ってことで今回倉見誠が元谷口組をの組員として子分にしてくれと来ていたり
木村圭作も徹雄の子分として参加して来てるのね

と言うことで豊中と大津で沖田連合×川谷組の拮抗に陥って二進三進もいかない緊張状況に
そんな時豊中で川谷組の国本鐘健が沖田連合に撃たれ
息づまる緊張感が一瞬崩れそうに・・・

お互いが豊中から大津から引くことで痛み分けを図るものの
納まらないのが布施博ってことで
今回は松田優がフューチャーされた回でしたねぇ
今後は大阪を挟んで地方都市でのシマの取り合いが沖田連合がと展開していく予感

2008年製作、日本Vシネマ、極道の紋章製作委員会作品
片岡修二脚本・監督作品
出演:白竜、松田一三、松田優、布施博、倉見誠、木村圭作、国本鐘健、宮村優、下元史郎、川地民夫、大和武士、桑名正博
コメント

極道の紋章 第四章

2018-10-31 18:11:11 | Vシネマ
一日一本任侠映画を見ていく企画
本日の一本は白竜と松田一三W主演の「極道の紋章」の4作目を
相変わらずのBS日本映画専門チャンネルからの録画視聴です

川谷組のシマ内で無断で賭場を開いていた飛田組の長谷部
津浪と徹雄は落とし前をつけろと賭場に徒こむと
同時に飛田組の若頭黒田も急を知って駆けつけて詫びをいれるが
なんと津浪はケジメとして飛田組と言うか黒田のシマである天王寺をもらう

そしてその天王寺を徹雄に任せるのであり実質的に徹雄の前崎組の誕生である
前作に引き続きチンピラ幸田が徹雄から盃をもらい
今作では活躍を見せてくれてるものの都合2作でFOしていくのね

前崎組を立ち上げた徹雄はシマ巡り中に神社を見つけてお参りすると
なんと飛田組の黒田と出会い、お互い代紋違いを承知で親交を深めていくものの
徹雄は2目作で川谷組を絶縁になった谷口が柿沼組の親分と交流しているのを目撃し
それを知った津浪は、柿沼組と先代同士で縁組みしている飛田組を傘下に治めるための絵図を描く
が飛田組の黒田もまたさまざまな対抗を図りお互い引くに引けない因果の中で
津浪は忠道会から川谷組の傘下に納まった清水が飛田組の若頭補佐との兄弟盃に目をつけ
事態収拾のため、徹雄に黒田暗殺の指令を与えるものの・・・

徹雄は個人的に固辞するが、その心境を察した幸田が黒田のタマをとりにいくものの
返り討ちにあい
黒田と徹雄はお互いの心境を察しての命のやり取りを・・・

どうやら徹雄を頂点にのしあげるために津浪は地盤の大阪を磐石にするために色々と画策してきていたのですね
地盤がなんとか固まり今回の功績により
徹雄と清水はなんと若中の位置のままついに執行部の一員に
津浪の野望は着々と・・・

脚本もどうやら片岡修二が書いてるようですが星座の蘊蓄はどこから引用してきてるのかなぁ

2008年製作、日本Vシネマ、極道の紋章製作委員会作品
片岡修二脚本・監督作品
出演:白竜、松田一三、松田優、伊吹剛、川地民夫、梅宮哲、唐沢民賢、藤タカシ、宮村優
コメント

極道の紋章 第三章

2018-10-30 05:57:52 | Vシネマ
一日一本任侠映画を見ていく企画
本日の一本は、白竜、松田一三W主演のVシネマ「極道の紋章」3作目を
相変わらずのBS日本映画専門チャンネルからの録画視聴です

白竜演じる川谷組若頭津浪の"策士、策に溺れる"度合いが半端ないほどに決まる作品ですので川谷組は殆どなにもせずに再びシマを拡張していくお話に・・・
そんな折、津浪が第一作で壊滅に追い込んだ堀田一家の残党が
堀田組を裏切り1人川谷組の幹部に収まっていた川谷組の若中を射殺したことにより、

旭西会若頭柳田を演じる加納竜は堀田組の幹部と義兄弟の縁から
そのヒットマンを匿ってるとの情報を得て
同じ旭西会で政治山の堀田真三にゆさぶりをかける津浪の勢いがすごい
津浪が、そして川谷組が選んだ道とは・・・こちらは相手を揺さぶるだけで旭西会同士を対立させて、最後に残った一人と戦って完全に"漁夫の利"をえるの事だった

堀田真三の小心者の演技と、加納竜の義を重んじる極道の対比が物語を面白くしているのですが
情報を聞き出し、さらに相手側に情報を流させる元堀田組の生き残りの若者が
松田一三の男伊達に惚れて子分にしてくれというオマケまでついてくるのですがこれも次回作への伏線になっていくんですね
堀田一家と対立していた忠道会の幹部の下元史郎演じる清水が幹部理事にしっかりと納まっていましたねぇ
今後彼の川谷組の立ち位置はどうなっていくのやら

最初に書かなくちゃいけなかったんですが
川谷組の川谷親分から行儀見習いとして預けられ今では津浪組の若頭にまで出世していた徹雄が
二代目の跡目問題の事もあって、津浪からの進言から
川谷の若中として再度盃直しをして、しっかりと川谷組の執行部幹部会にも口は出せないまでも出席できるようになって
津浪は着々と徹雄を二代目へと押し上げる算段をしているんですね

内には徹雄が二代目に
外では着々と権謀術数の策を弄して川谷組の地盤を築いていく白竜演じる津浪
こういった策士、策を弄する役所は「首領への道」と同じ役所ではあるものの
白竜の任にあったキャラクターとして定着していってるのも事実ですねぇ
このシリーズの面白さはそこにあるんですねぇ

2007年製作、日本Vシネマ、極道の紋章製作委員会作品
片岡修二脚本・監督作品
出演:白竜、松田一三、松田優、梅宮哲、唐沢民賢、宮村優、下元史郎、加納竜、堀田眞三、川地民夫
コメント

極道の紋章 第二章

2018-10-29 21:42:51 | Vシネマ
一日1本任侠映画を見ていく企画
本日の一本は白竜と松田一三がW主演の「極道の紋章」シリーズ第2弾

前作では大阪の堀田一家を潰しそのシマを手にいれたものの
そのシマを沖田連合が半々に仕切っていこうと呈示されるものの
それを蹴る白竜演じる川谷組若頭津浪だったが
帰りの車に川谷組組長・川谷才蔵の突然の入院の連絡が入り

一応の命をとりとめるものの川谷は組の今後を憂い
二代目を津浪にと薦められるが、津浪は自分は組長の器ではないと固辞する
そんな中、才蔵の長男純一は頭がふさがっており、これ以上の昇格はまだまだ先だと
そういう意味で苛立って純一の苛立ち暴走は止まることを知らず、
同じ釜の飯を食った兄弟として育った徹雄は極道としての"義理の道"を純一に説くのだが
純一の暴走は止まらずに
津浪の兄弟である辰巳一家を相手に戦争に向かうものの

川谷親分の逆鱗に触れ破門になってしまうが
その純一を昔川谷才蔵の兄貴分の手島が川谷組ご法度のシャブで釣り上げて
津浪が固持した二代目を幹部谷口をその地位にあげるために札束攻勢に・・・

そんなこんなのなかで小指をちぎって純一の破門を棚上げに嘆願したものの
筋違いとさとられた徹雄は純一と話し合うものの
彼は手島をゆすっていたために手島は刺客を放ち、その流れ弾に徹雄の妹が倒れ

ってことで今回のお話は川谷組の内部抗争
それを徹雄が一人で片付ける内容

津浪が二代目を断って"徹雄を二代目に据えると"ここから明言しちゃうんですね
ってことでこれからの布石をしっかりとコンセプトにしてきましたね
長男純一役のそ曽根悠多と嘉門洋子はここでFOしてしまうんですね
嘉門さんが出てこないのはちょっと個人的には残念んですが

2007年製作、日本Vシネマ、極道の紋章製作委員会作品
片岡修二監督作品
出演:白竜、松田一三、曽根悠多、唐沢民賢、嘉門洋子、松田優、岡崎二朗、藤原喜明、川地民夫
コメント

極道の紋章

2018-10-28 20:05:28 | Vシネマ
一日1本任侠映画を見ていく企画
本日の一本はBSの日本映画専門チャンネルで現在月二本ずつOAされてる
白竜、松田一三主演の「極道の紋章」の第一作目を
って言うのも4月からこのシリーズの"外伝"2作品含む22本を完全放送と言うことで
現在10月現在14作品を連続録画中
全作品一応発売当時といってもオールインの前会社GPミュージアムからはー本が半年くらいの割りにリリースされていたんですね
っても現在では殆ど見られなくなったってのもレンタル店にも殆ど残されていない
ある意味全作品を録画で来るのは幸せなこと

っても白竜の若頭のキャラは清水健太郎の「首領への道」とほぼおんなじ設定
ってのも・・・芸がないので白竜演じる若頭の趣味がなんと天文学
そして毎回そのエピソードにちなんでの星座の蘊蓄が述べられると言うのが売りになってるような
「首領への道」が村上和彦原作で、原作者の極道の盃事に顔を出してきて
べらんめぇ口調で口上のべるシーンがないのと
私的には清水健太郎の大見得演技よりかは松田一三のナチュラル演技と言うことで
こちらの方がやくざの首領へとのしあがっていく脇で
権謀術数の白竜のやくざとしての清濁と言うか濁々たる生き方が実にいい作品

お話としては大阪川谷組若頭の津浪は、自分達の縄張りと組織の拡大を画策するために
同じ大阪でしのぎをする忠道会との堀田一家の抗争を取りまとめると言うか乗っとりための
汚い絵図を描くのだった
それは、互いの組長の“首”を取り合いさせるというもの

川谷親分にはこの間亡くなられた川地民夫さん
そこの一人息子と一緒に育てられ極道としては一応の作法を身につけ白竜の津浪組の若頭に松田一三さん
この松田一三演じる徹夫を川谷組の組長に据え、かつ全国制覇させるのが白竜の役所になっています

そして忠道会の清水を川谷組の幹部に取り込みまして
堀田一家の親分には成瀬正孝さん、若頭に小沢仁志さんと実に豪華ですが
白竜は殺し屋を雇い堀田親分を暗殺
この暗殺者には岡崎礼、岡崎二郎さんのお子さんで将来的にはVシネマの次世代スターでしたが、事件を起こして芸能界からはFOしちゃいましたね

小沢兄とのクライマックスでの死闘でしたが・・・
小沢兄は違う役所でまた登場してきますよねぇ
川谷組の嫡男と徹夫との確執があったりして、徹夫の妹でこの嫡男のイロとして嘉門洋子さんが華を添えている

2007年製作、日本Vシネマ、極道の紋章製作委員会作品
片岡修二監督作品
出演:白竜、松田一三、松田優、曽根悠多、嘉門洋子、岡崎礼、川地民夫、高杢禎彦、小沢和義
コメント