夜長姫と耳男

忌野清志郎を愛し、路上生活者支援NPO・TENOHASIの事務局長Sの日記

沢田研二正月ライブ 2020 名福東阪阪東 寡黙なROCKER 2020年1月19日

2020年01月19日 | Weblog
紅白会場でもあるNHKホールは満員。ジュリー登場と同時にオールスタンディング!コール&レスポンスが最初からすごい音量。なんなんだこの熱気は?年齢層はほとんど僕以上。バックはギター1本だけ。舞台装置ゼロ。なのに圧倒的な歌唱力で満員の観客を熱狂させてしまう。
「いつもヒット曲をあまりやらなくて、出し惜しみしているわけじゃないですけど、他にやりたい曲が多くて。でもこの正月のうちでも、戦争になるんじゃないかとかいろいろあって、出し惜しみしてる場合じゃ無いと思って、いつもよりたくさんやります」・・確かに往年のヒット曲は、危険な二人・お前にチェックイン・ダーリング・・など5~6曲やったかな。ところがどうも、昔のヒット曲をやっている時のジュリーの動きが変。どこかコミカルで欽きんちゃんみたいなんだ。それ以外の時は普通にカッコいいのに。何かを狙ってるな・・アンコールの時なんか着流し+がに股でやるんだよ。まるで公民館でののど自慢を見ている錯覚。なのに歌は圧倒的迫力のジュリー。
 往年のヒット曲以外はシリアスな曲・・原発の歌とか・・が多くて、甘いラブソングはそんなに多くない。なのにどうして9割方を占める女性陣と少数派男性陣が熱狂しているんだ?
 ジュリー71歳だそうです。
 最後の爆笑トーク。「いつも正月のライブは18時からだから身体が慣れてるんです。なのに今年は16時からなので身体が目覚めない・・と思って22時に横になったら、これが眠れるんですよ(笑)。それに、アルコール依存症でないこともわかりました。ヘタすると連続5日くらい休肝日がとれる。そして久しぶりに呑むと、これがビックリするくらい呑めるんですよ(笑)。こんなに酒強かったっけ?と思うくらい」
「ごく少数のファンと・・地球規模で考えたらほんの少しですけど、こうやって来て頂いて、仕事ができることに感謝します」
 全体的にギターの音が大きくて僕的には好みではないが、何よりもジュリーとそのファンのエネルギーに圧倒される日だった。アンコールが終わっても客が帰らない。ジュリー着流しのまま出てきて「では、関東一本締め。お手を拝借・パン」楽しい2時間あまりだった。


コメント

Baby Bump Tour 「Baby Shower」 Charamoba Special 2019.12.19.木.

2019年12月19日 | Weblog


半年くらい前から友達に紹介されてはまったChara。
初めて単独ライブに行ってきた。
すごかった・・・・ある時は幼女・ある時はマリリン・そしてソウルシンガー。
「ミルク」で泣けて、ソウルフルな「あたしなんで抱きしめたいんだろう」はまるでオーティスか清志郎。
難しい音程もファルセットも完璧に歌う超絶技巧。
ハスキーボイスなのに最後までかれない鉄の声帯。
アンコールは「優しい気持ち」とsympathy
ファンクラブ限定の小さなライブハウス。コール&レスポンスの盛り上がりもすごい。
アンコールを待っていたら、客席から「あたしなんで抱きしめたいんだろう」のコーラスが始まる。
忘れられないライブになりました。Charaさま愛してます。


コメント

One of Loveプロジェクト GIG 2019 途上国の子供たちに未来の仕事を贈るプロジェクト  2019年 6月 18日(火)

2019年06月18日 | Weblog
One of Loveプロジェクト。渋谷マウントレーニアホール。
なんと最前列が取れた。ステージまで1メートル。
夏木マリ・斉藤ノブの夫妻が中心に行っているプロジェクト。
エチオピアの子どもたちに学校や文具を贈る活動。去年は首都から車で1時間の所に水道・文具を贈った報告。
送る方が元気をもらうという話ばかりで、現地はどんな状況でどんな支援が必要で、どんなプラスとマイナスの効果が出たかというのは語られないが、サイトを見たらもっとわかるのだろうか。
続いてTOSHI-LOW登場。「これむちゃくちゃアウェイでしょ、だってChara、CHABOときてんだから当然Charでしょ、またはチャゲでしょ」と笑いを取って4曲。ブラフマンの曲もソロバージョンで。「ライブはみんなで作るもの。この雰囲気、早く帰りたい」と客を挑発していい感じに暖めたところでChara登場。
生Charaは初めて。すごい存在感。目の前2mのところでキーボードを弾いてTinyTinyTiny、あいのうた、しましまのバンビ。隣の女性は口に手をあてぎながら涙。やさしい気持ちはものすごいソウルフル。いっぺんで魅了された。
そしてCHABOさん。Yesterdayとか珍しい。ティーンエイジャーは70にならんとする今歌うのが一番カッコいい。
コメント

忌野清志郎ロックンロールショーファイナル

2019年05月04日 | Weblog
忌野清志郎ロックンロールショーファイナル。
なんで武道館じゃないんだ馬鹿野郎。
野音のキャパじゃファンクラブ先行を逃したらチケット取れるわけないだろ(実際全部落ちた)。
ということで、チケット無しで野音へ。
しかも、命日の5月2日だと思って行ったらやってない!なんで4日なんだ!

日比谷野音はチケットがない人が数百人、外で待っていた。

札幌のOさんが学生時代、チケットないのに当時の彼とRCの野音ライブに行って外で聞いたという話を思い出す。
たしかに、いい雰囲気ですよ。
それなりに音は聞こえるし、声援も送るが・・・
これでファイナルなんて、べいびいずの馬鹿野郎
野音の空が綺麗。
コメント

つながりのレシピ

2019年04月11日 | Weblog
青年劇場「つながりのレシピ」紀伊國屋サザンシアター。
 定年退職した男。自宅で小さなパン屋を営んでいた妻をガンで亡くし、酒浸りの生活をおくっていた。嫁いだ娘がそれを見かねて「お父さん、パンを焼いて。お母さんの遺言だから」と言い出した。しかもそのパンは「ホームレス」支援団体に渡して配ってもらう、という。「なんでそんなことやらなきゃいけないんだ!」と叫んだ男は・・・

 TENOHASIの夜回りで配るパンを焼いている「池袋あさやけベーカリー」の物語をベースに舞台化。真面目で笑いどころのない芝居だったらどうしようと心配していたが、大いに笑って泣ける楽しいステージだった。

 1番笑ったのは、「元ホームレスと一緒にパンを焼くなんて」と憤然とする男が、支援団体の代表に「アパートに引き籠もっていると酒浸りになっちゃうんです」と言われて、思わず缶ビールを持つ手が止まったシーン。それまで全く別世界だと思っていた「元ホームレス」と自分との共通点を発見した瞬間。男はそれから「元ホームレス」「精神障害者」1人1人にぐいぐいと質問して、「順調に問題だらけ」の世界にはまっていく。
 次に笑ったのは、いろいろな事件の末「もうパンは焼かない」と宣言して再び引き籠もった男のところに、知的障害のある愛すべきじいさんが突然やってきてノックするシーン。渋々中に入れたらじいさんにっこり笑って「入ってもいいですか?」「もう入ってるじゃないか!」。なんだか妙におかしかった。じいさんをやったのは入団50年の大ベテランでパンフレットではとってもカッコいい人なのだが、ホントに可愛いじいさんになっていた。
 パン作りのシーンがあまりにリアルで、「パン生地にみえるあれは何を使ってるんだろう」とか、「唯一の欠点はオヤジギャグを連発するしょうもないオヤジが登場しないところだ」とかいろいろ考えたりした。
 
 自分達にとってはいつもやっていることが舞台上で展開しているので、それだけでも笑えてしまう。だから逆に「一般の観客にはどう映るのだろう」「この物語に普遍性を感じられるんだろうか・・・」と気になった。誰かにじっくり聞いてみたい。
コメント

忌野清志郎 ロックン・ロール・ショー 日比谷野外大音楽堂 Love&Peace 2019年5月4日 ~FINAL~買えません(;。;)

2019年04月08日 | Weblog
恒例の清志郎追悼ライブ。最初は毎年必ず行ってたんだけど、途中で「この構成はどうなんだろう?」と思うことが何回かあって、ここ数年ファンクラブの更新も怠っていた。
そしたら2018年はお流れ。2019年は、と思っていたらFINALだって!しかも会場は日比谷野音!?
Babysめ~~!ファンクラブ先行じゃ無けりゃチケット取れるわけがない~~、なんでたった10年でファイナルなんだ!!(怒)。
気を取り直してe+とかあちこちでトライしたが、当然のように玉砕。
5月2日(木)は日比谷公園野外音楽堂の外で音だけ聞かせて頂きます。Babysめ~~!
コメント

劇団銅鑼 「花火鳴らそか ひらひら振ろか」

2019年02月19日 | Weblog

2013年の「からまる法則」がTENOHASIの活動をモチーフにしていたので、そのご縁で招待して頂いた。
それまで観ていた銅鑼の芝居は基本シリアスでもちろん真面目で、正直言って面白みにはいささか・・・というのが俗物の私の印象。
佐藤文雄さん・・「からまる法則」では路上生活者支援団体「かけはし」のリーダーだった・・が今回は認知症と言うことだけ聞いていた。愛嬌のある役者さんなので、そこは楽しみだったが・・・
すごくよかった。びっくり。
長崎のお盆。花火の音に呼ばれてあの世から戻ってきた人たちと犬・それが見えちゃう認知症老人・花火の音を聞いたから認知症老人と同じく帰ってきた人たちが見えちゃう引きこもりチックな女性・見えないから「認知症だから、何か見えてるんだよ。あんたもそれに合わせてるんだろ」と目の前の説明不可能な事態に合理的な解釈を与えようとする家族やお手伝いさん。
いやあ、笑った笑った。どんどんヒートアップするすれ違いのドラマ。
特に、犬がいい。「犬だって言うんですけど、ふつうに人間に見えるし、日本語話してるし!!」という引きこもり女性の叫びの通りで、暴走(笑)。
最後に花火をみんなで振って「ここで終わりか」と思ったらもう一山あったのも洒落てる。
再演を期待。

認知症老人と、あの世から帰ってきた犬です(笑)
コメント

野音リベンジ のん&スーパーヒーローズ&仲井戸麗市 クラブチッタ

2019年02月14日 | Weblog
のんと、CHABOのライブ。
CHABOが「のんとやるって言ったら、オジサンたちが羨ましがること。いいだろ~~」
去年豪雨で中止になった野音のリベンジライブ。
クラブチッタだからオールスタンディングかと思ったら、前半分は椅子席で、腰痛オヤジにやさしい(笑)。

☆のんシガレッツ
「ドカドカうるさい」のイントロでのんとバンドが登場!
01.スーパーヒーローになりたい
02.へーんなのっ
さすが初の自作曲。パンクのノリがぴったり。すごく楽しそう。この人はテレビでお嬢さんを演じているよりもこっちがいいんじゃないか。
 物販にあった茶色のリストバンドは「私たちからのバレンタインチョコ」と言うが、なのに500円とるんかい!
03.正直者がゆく
04.あることないこと
 何か楽しい曲
05.エイリアンズ 
 バラード系になるとちょっと不安定さが・・・ギターもちょっと・・・
06.蒼い灼熱 
 あまりにも暑かった夏に書いた曲だそうだ。
07.タイムマシンにおねがい
 たたきつけるこの歌がぴったり
08.さぁいこう
09.RUN!!!

☆CHABO SUPER BAND
10.I LIKE YOU /のん & 仲井戸麗市
のんは、矢野顕子が好きで聞いていたら清志郎とのデュエット「ひとつだけ」にはまって清志郎のファンに。この曲が好きだとは渋い。
 そしてメンバー登場。
11.CISSY STRUT
12.よォーこそ
13.上を向いて歩こう
14.ロック・アンド・ロール・ミュージック
 のんが再び登場
15.デイ・ドリーム・ビリーバー with のん 
 おお、これをやるか!チャボ上手。のんには、ちょっとキーが低いかも・・・
16.わたしはベイベー with のん 
 のんが矢野顕子に曲を依頼したら、びっくりするくらい清志郎っぽいのを書いてくれたそうだ。
17.毎日がブランニューデイ
 これはCHABOと清志郎の久しぶりの共作曲。最後が決まらなくて考えていたら清志郎が電話してきて、「できた。『100%以上の幸せを感じる』を3回繰り返し、最後は『365%完全に幸せ~』」「いいね!」となったそうだ。「計算が合わないけど」と笑っていた。清志郎もこの曲の時はとっても楽しそうだったな。
18.君が僕を知ってる/withのん(飛び入りコーラス)
そしてもう一つの共作、と言って鳴ったあのイントロ。そして途中からのんが参加して大盛り上がり。
ENCORE
19.ストレート街道/のんシガレッツ
20.雨あがりの夜空に/のんシガレッツ & CHABO SUPER BAND
21.朗読 「Knock Knock 」/のん & 仲井戸麗市
最後にポエトリーリーディングなんてイカしてる。
前半はのんのパワー。後半は二人の清志郎への敬愛が伝わってきて、クラブチッタの上の方に清志郎が居るような感覚だった。
いいライブだった。また行きたい。
のんのアルバムを買う。
コメント

jizue&元ちとせ ビルボードライブ東京 

2019年02月04日 | Weblog
精神福祉国家試験終わった記念に、ビルボードライブ東京。

一昨年前にビルボードライブ東京に行ったとき、こんなおしゃれな店はおじさん1人で行くと寂しさ倍増であることが身にしみていたので、今回は女性と2人で。同僚ですが(笑)。
今回、コンビニで発券してから電話で整理番号を発行してもらう仕組みであることを発見。一昨年は違ったけどなあ。もっと早く発券すればよかった。
整理番号54番。ステージ向かって右側の3列目になった。
同僚さんの提案でコース5500円を頼む。確かにこっちの方がコスパは高い。
jizueはフュージョン系。小顔ひげ面のギターとってもいい。ツーブロックのドラムがいい感じに音を減らしてカッコいい。ピアノは女子~という感じ。乗れます
ストリングスと共に登場の元ちとせは、「わだつみの樹」・コラボの「シンラ」ともう一曲。チーちゃん節でもっとジャズにした方がいいかもと思うけど。ちなみにハイヒールも減点。はっきり言っておばちゃんっぽい。裸足で歌ってた頃が良かった、と思うオジサン。
後半は再び4人。
試験終了記念のライブとしてとてもよかった -->
コメント

沢田研二 70YEARS LIVE 「OLD GUYS ROCK」 武道館

2019年01月21日 | Weblog
沢田研二 武道館ライブ。
知り合いの知り合いから「絶対に空席にしたくない。無料でいいからいける人募集」というお知らせが回ってきた。
清志郎も尊敬していたジュリーだ。
精神保健福祉士国家試験直前だったけど、有り難く行かせていただいた。

武道館に入ると・・・ステージ裏まで客席。清志郎の「完全復活祭」以来だ。
あれ? ふつうなら有る大型のディスプレイがない。
それどころか、ドラムセットもキーボードもない。
いったいどうやってライブをする?・・・

現れたのはジュリーとギターの人だけ。
たった2人で武道館。なんてロックなんだ。

ジュリーは白髪・サンタ髭・不思議な衣装(スカートが紫)。こういうホームレスのおじさん居るよな・・・
歌い出したら圧倒的。となりのおねえさん(たぶん私と同年代くらい)が「きゃ~~~~!」と絶叫。

ジュリー、一曲終わる度に客席を見舞わしながら手を振って「ありがとうね、ありがとうね」。
「今回のツアーは全63公演、今日で千秋楽の予定でしたが,代替公演が2つ追加になって・・・全て私の責任ですm(._.)m」とおおげさなほど深々とお辞儀。
とっても腰の低いロックスター。

「懐メロはやらない」という、清志郎と共通するロックスターで、「カサブランカダンディ」以外は初めての曲。
「我が窮状」という曲が印象に残ったのであとで調べてみた。「憲法第九条」を「窮状」にかけたプロテストソングで、安倍さんの御膝元でも忖度せずに熱唱していたそうだ。しかも10年前から。

改めて思う。ステージング・曲・みてくれも含めて、ジュリーって、なんてロックなんだ。
コメント

ロミオとジュリエット

2018年12月04日 | Weblog
宮藤官九郎脚本のロミオとジュリエット。
ひたすら面白くて笑えて真剣にシェイクスピア。
森川葵、少女の(14歳の設定!)の気まぐれさと一途さを表現して可愛い。
クドカンの「できるだけ、まんまやる!」という宣言そのままなんだけど、演劇の楽しさが満ちあふれている。

下北の聖地・本多劇場も初めて。いい芝居でした。

コメント

贋作 桜の森の満開の下

2018年11月22日 | Weblog

中三で読んで衝撃を受けた坂口安吾の最高傑作「桜の森の満開の下」と「夜長姫と耳男」
この二つを野田秀樹が芝居にした「贋作 桜の森の満開の下」があるというのを数年前に知って、ネットオークションで初演のビデオ(VHS)を買った。
若き日の野田秀樹が舞台上で跳ねる走る、ものすごいエネルギー。そして、桜の森での女との別れ。

それが再演!しかも地元の芸術劇場。
何回か見ようとと思ってネット予約したが一枚も手に入らなかった。何という人気!
当日券に並ぶしかない。気合いを入れて、朝9時に並んだら3人目。同行してくれた演劇好きTさんが4人目。
折りたたみ椅子に座ってひたすら精神保健福祉士国家試験の勉強しながら待った。
19時開演。なんと最前列左端の補助席9000円が取れた。

しかし、何なんだろう、このもやもや感。
芝居は・・・天海さんのオオアマよかった。深津さんの夜長姫も。
妻夫木君はイケメン過ぎるな。僕にとってはもっともっと凡人でちっぽけな男。だから夜長姫を恐れて鬼を彫ってしまい、女を殺してしまう。初演のビデオでは笑えるところが今回は外していたり。
古田新太は好きなんだけど、なんかちがう・・・

と、こうして書いているといろいろな場面がありありと思い浮かぶからやはり今年一番印象に残るステージ。
何だったのかな、期待が大きすぎだったのかも。
コメント

TOP HAT

2018年11月12日 | Weblog


11月12日 TheaterOrb 渋谷ヒカリエ
 
Puttin' On the Ritzで始まる豪華絢爛たるアメリカ30年代の上流階級とショービズの世界。「あ、こういうの苦手だったよな・・・」と思って一瞬後悔したが、進むにつれてどんどん引き込まれた。
タップダンスのスターがホテルで調子に乗ってタップの練習をしていると、階下の部屋からヒロインが「うるさい」と怒鳴り込みに行く。ヒロインに一目惚れしたスターはヒロインに言い寄り、ヒロインも心を開いた。でもスターの部屋はヒロインの知人マダムの再婚相手が取った部屋で、スターをその再婚相手と誤解したヒロインは、彼を愛する気持ちと既婚者なのに言い寄った彼への怒りの間で引き裂かれていく。
長野君はルックスにあんまり華はないけど、歌に説得力があった。
多部未華子は華奢できまぐれなお嬢様にぴったりだが、なによりも怒るシーンがいい。自分が既婚者と誤解されていることも知らずに脳天気に求婚した長野君の横っ面をひっぱたくシーンがすごい迫力。この人は般若さまタイプの顔で,怒った顔がこんなに似合う女優さんはいないと思う。
ヒロインの知人のマダムが再婚相手の金持ちオヤジをデブだバカだとけちょんけちょんにディスりながら「それ以外は全部好き」と言い訳のように歌っていたのに、最後に「愛してる」と抱きしめるシーンも好き。
会場は9割方女性で、みんな長野ファンなのか、ラブコメミュージカルが好きなのはやはり女性なのか?
チケットはいいお値段だったが、その価値のあるステージだった。
コメント

メタルマクベス disc2

2018年10月20日 | Weblog
at IHIステージアラウンド東京

何年か前、偶然WOWOWで松たか子・内野聖陽の初演映像を見てすごく気に入った。クドカンの脚本・メタルの生演奏・そしてやっぱりシェイクスピア!上条恒彦もすごく良かったし。
今回再演すると聞いても、キャストが違うからスルーしようと思っていた。ところがある晩酔っ払った勢いでチケットを買ってしまった。高いのに・・・

ということであまり期待もしないで行ったのだが、じつに面白くて楽しかった。
尾上松也のマクベスはぴったり。所々歌舞伎の所作を入れて拍手喝采を貰っていた。
大原櫻子は猫系の魔性美人なので、王殺しをマクベスにけしかける前半はぴったりだが、亡霊に怯えて狂う後半はちょっと違うかなと思う。
グレコ夫人の高田聖子は初演と同じ。さすがぴったりやわ~~


ぐるぐる回る劇場・大音量のメタルバンド。
やっぱり生はいいと思えるステージで、最後はスタンディングで拍手してしまうくらい良かった。
コメント

SATURDAY NIGHT ROCK SHOW CLUB CITTA' 30th Anniversary Flying KITTY Party 2018

2018年10月10日 | Weblog

10月6日(土)
クラブチッタでラプソディートリビュートライブ。
「SATURDAY NIGHT ROCK SHOW」CLUB CITTA' 30th Anniversary Flying KITTY Party 2018

クラブチッタ初めて。川崎駅直近のディズニーっぽいところだった。

セットリストはこちらから 

前半のBBD BARBE de BANDが終わり(大盛り上がり。バービーボーイズすごい)、THE RHAPSODY ONLY CLUB CITTA’BANDがステージに。


1.よォーこそ 野太いベースが響き、一気に血液が沸騰するあの感じ。衣装もメイクも清志郎そっくりさん。びっくり。一瞬本物かと思った(普段も仕草が似ているとチャボが言っていた)が、声を聞いたらワタナベイビー。
ベイビーがメンバーを紹介。
片山さんの時「お体をお大事に。お酒気をつけて」たしかに。でも音が確でやっぱりいい。
梅津さんが来られなかったのが実に残念。

2.ラプソディー feat.MAGUMI

3.ボスしけてるぜ feat.仲井戸麗市 「経済問題の歌です」大好きな一曲。でもこの頃の労働環境はまだ牧歌的。今ならクビだろう。

4.お墓  チャボが「オリジナルのアレンジでやるぜ。歌うのは奄美の歌姫」。待ってました元ちとせ登場。ちーちゃんが歌うと清志郎もちゃんと島唄。いいなあ。

5.エンジェル feat.山崎まさよし なんていい曲。角田光代が絶賛した歌詞。「ガードレール蹴飛ばして 見上げる空」

6.エネルギー OH エネルギー feat.佐藤タイジ 佐藤タイジにぴったり。

7.スローバラード feat.さかいゆう、佐藤タイジ さかいゆうの高音がステキ。

8.キモちE  fest.MAGUMI、山崎まさよし/Dr:森高千里 でました、千里ちゃん。ドラムだ! え、歌わないの??コーラスだけ???
しかし、「一番気持ちE」の比較対象が「ふとんで寝ている奴より 女と寝ている奴より 新聞読んでる奴より 音頭を取ってる奴より 条件出してる奴より 牛乳飲んでる奴より」ですよ。最初に聞いた時ぶっ飛びました。「女と寝ている奴」がキモチEのはわかる。しかし、「音頭を取ってる奴」って誰?一番気持ちE奴の次に気持ちいいのが「牛乳飲んでる奴」って?? すごい歌詞だ。

9.たとえばこんなラヴ・ソング feat.竹中直人、杏子/ Dr:森高千里 なんて豪華メンバー。大河ドラマの主演とトップアイドルの共演。

10.いい事ばかりはありゃしない 今回のメンバーで新たに録音した曲で,あとで聞いてみたがこれも実にいい。「何も変わっちゃいないことに気が付いて 坂の途中で立ち止まる」すごい詩だと思う。

ENCORE
11.雨あがりの夜空に
全員で。
リードボーカルを男ばかりが取っているのが不満。
杏子・ちーちゃん・森高さんの雨上がりも聞きたかった。元ちとせが竹中直人と肩を組んでいた。

そういえば,何かで読んだが・・・武田真治(だったか)がジンライムを注文したら清志郎が「ちょっと飲んでいい?」「飲んだことないんですか」「うん」「でも歌詞で書いてますよね、『ジンライムのようなお月様』。どうして書いたんですか」「語感、かな」

RHAPSODYって、不遇時代の清志郎の鬱屈した気持ちが込められた陰影の深い曲が多い。だからこそあんなに衝撃的で爆発的なパワーがあった。40年近く経っても全く色あせない世界。

コメント