箕面市立西南小学校

大阪府箕面市瀬川3-2-1
TEL072-722-7782
FAX072-722-2677

水溶液マスター認定試験「水溶液Xをさがせ!」(理科)

2018年12月04日 14時08分42秒 | お知らせ

6年生は理科「水溶液の性質とはたらき」の学習をしています。

身の回りの水溶液について、何がとけているのか?どんな仲間に分けられるのか?(性質)、どんなはたらきがあるのか?実験を通して学習してきました。

さて、これまで学習したことが身についているでしょうか?

今日は、単元の終わりにこれまで学習してきたことを活用するために、「水溶液マスター認定試験」が行われました。

これまで学習してきたことは、「秘伝書ノート」にまとめています。

A~Fの6つの水溶液の中に、なぞの水溶液が1つ含まれています。

なぞの水溶液Xは見つかるでしょうか?

「においでわかるかな?」

リトマス紙を使って・・・。「酸性かな、アルカリ性かな?」

わかったことは、どんどんメモをしよう。

水溶液を蒸発させたり、金属を入れたりしたら、わかるかな?

各グループごとに、これまで習ったことを思い出しながら、役割を分担し意欲的に実験をすすめていました。

さて、水溶液Xは?正解は、「酢酸(お酢)」だったようです。

5,6年生の理科の学習では、観察・実験を多く取り入れながら進めています。

今後も子どもたちの興味・意欲・関心を高めるための工夫を行っていきたいと思います。

 

 


習字の授業(5年生)

2018年11月29日 11時48分30秒 | お知らせ

5年生の習字の時間の様子です。

月に1回、ボランティアの方に来ていただき教えてもらっています。

今日は「夢」をかきます。

4つの部分に分かれていることやそれぞれの書き方のポイントについての

お話がありました。

「筆のかたい人はいませんか?」

「かたいときは、こうすればいいよ。」

とのアドバイスに真剣に耳を傾ける子どもたち。

1回目をかき終わったところで、みんなで、気が付いたことを発表しあいました。

「上に空白があるので、もう少し上から書いたらいいね。」

「はらうときに、かすれているところが惜しい。」

たくさんの気づきがありました。

そして、2回目は1回目にかいた字を見て注意するところを意識しながら、書きました。

子どもたちは大変、集中して取り組んでいました。

お正月に書初めにチャレンジできるといいですね。


アイデアメニューコンテスト(食育)

2018年11月26日 14時07分36秒 | お知らせ

 11月24日は「和食の日」でした。

 「和食の良さを知ろう」というタイトルで給食室前に掲示をしています。

「なにが入っているでしょうか?」

天然素材を使った「だし」は香りがよいので、においであてよう。

というコーナーです。

多くの子どもたちが、ここでにおいをかいでいました。

「かつおぶし」「こんぶ」「にぼし」「干ししいたけ」が入っていました。

また、箕面市では「アイデアメニューコンテスト」を実施しており、

今年で9回目となりました。

たくさんの応募の中から7作品が入賞しました。

しかも、7作品のうち5作品がなんと、三中校区の児童の作品でした!

西南小から入賞(特別賞)した児童は、表彰式後に

「このコンテストをきっかけに、箕面市の子どもたちに食育の大切さを知ってもらえたら。」

コメントし、聞いていた大人たちから「お~。」という歓声が沸きました。

ちなみに、最優秀賞の賞品は地元箕面で収穫された食材でした。

給食では、市内の6年生が考えた給食メニューが登場しています。

冬は風邪をひきやすくなりますが、野菜をたくさん食べて元気に過ごしましょう。

 


白杖体験(4年生)

2018年11月22日 18時20分38秒 | お知らせ

4年生が総合学習で、視覚障害者の方のお話を聞き、白杖体験を行いました。

白杖を持っている人を見かけたら、どう声をかけたらいいか、どうお手伝いをしたらいいかを教えてもらいました。

10本ほどのペットボトルも全て手で触った形でわかるそうです。

たくさんの工夫をしながら生活されているようすに驚いていました。

続いて綜合メディカルさんに白杖体験をさせていただきました。

はじめに、白杖や点字ブロックについて教えてもらいました。

一人ずつ白杖を使って、点字ブロックの上を歩きました。

途中で急に自転車のベルが聞こえてきてびっくりするみんな。

不安や怖さも感じました。

後半はペアで介助の仕方を体験しました。

「段差があるよ。」「ゆっくり気を付けて。」

など相手を気遣いながらやさしく声をかけて介助していました。

 


高齢者体験(4年生)

2018年11月22日 17時40分25秒 | お知らせ

4年生の総合学習の時間に、ナルク箕面のみなさんに来ていただき高齢者体験を行いました。

ゴーグルをつけたり、手足には重りをつけたりして、高齢者の方がどのように感じておられるのかを体験しました。

 

思うように手足が動かせなかったり、見え方が変わって文字を読み取るのに苦労したりしていました。

この体験を通して、初めて気がつくことがたくさんあり貴重な体験となりました。

ふりかえりでは、

「お家でおばあちゃんのお手伝いをしたいです。」

「高齢者の方にどんな助けがいるかがわかりました。」

「おじいちゃんおばあちゃんたちの大変な思いがわかりました。」

などといった感想がありました。