箕面市立西南小学校

大阪府箕面市瀬川3-2-1
TEL072-722-7782
FAX072-722-2677

6年生 三中体験入学

2017年11月30日 20時39分41秒 | 子どもたちの活動

お隣の三中へ体験入学に行ってきました。体育館で、先輩たちがあたたかく出迎えてくれました。

南小の6年生も一緒です。

各教科に分かれて体験授業へ出発です。

中学校の授業がどんな感じなのか、少し緊張気味な様子。

数学では脱出ゲームに挑戦中。グループで協力して謎を解いていきました。

英語では、クリスマスにちなんだ課題にチャレンジしていました。

Good job!!とたくさんほめてもらっていました。

国語はペアの子とまずは自己紹介。握手をして少し緊張もほぐれた様子。

社会では、人物あてクイズで盛り上がっていました。

 

技術家庭科はコンピュータ室で作業中。ステッカー作りをしました。

音楽はピアノを囲んで声出し。しっかり声が出るようになっていました。

美術では和菓子をのせるお皿作り。編み込む作業を丁寧にがんばっています。

 

理科はイカの解剖をしました。驚きの連続でした!

体育館では体育の授業が行われていました。ボール集めゲームに夢中でした。
続いて部活動見学へ。

気になっている部活動を自由に見学させてもらいました。


授業や部活動の様子を知ることができました。


6年 イングリッシュタウン

2017年11月29日 17時39分03秒 | 子どもたちの活動

昨年度に引き続き、今年度も6年生を対象に「イングリッシュタウン」が開催されました。

市内の英語助手の先生が40名近く集まり、実施されました。

全員がパスポートを持って、グループで16個のお店をまわります。

英語助手の先生たちが、お店の店員です。

緊張しながらも、楽しんで、英語で会話をする様子が見られました。

お店に行くと「センテンスカード」がもらえます。

それを集めて、並べかえると・・・。

センテンスの完成です。どのグループもすべてのお店をまわれたようです。

後半は、インタビューゲームです。

6年生の子どもたちが、積極的にインタビューしています。

6年生の感想より

「ALTの先生たちがすごくおもしろかった。GTのビデオに出ている先生がいて、なんだか有名人に会っているみたいだった。」

「サインをもらう時、たくさんの人にもらえてうれしかった。」

「本当にお金を使って、銀行にたくさん行って、本格的で楽しかった。英語が使えた。」

「インタビュータイムは、ALTの先生たちの好きな食べ物、出身地、好きなスポーツが知れました。中には、初めて聞くような国名が聞けて、勉強になりました。」

最後に全員で英語で歌をうたってしめくくりました。

人間アーチを通って帰っていく6年生の表情は笑顔でいっぱいでした。

楽しみながら、英語が活用できる2時間となりました。

 

 

 


なわとびチャレンジ

2017年11月29日 16時00分00秒 | 子どもたちの活動

今年も体育委員により「なわとびチャレンジ」の呼びかけがありました。

目的は、「集団で楽しく運動に取り組もう」です。

体育朝会でも、各学級ごとに大縄の練習をしました。

25分休みの実施で、参加を希望したチームは48チームでした。

3日間にわたり記録会を行いました。

今年は、スポーツ推進委員さんにもご参加いただきました。

ご協力ありがとうございました。

寒くなってきましたが、子どもたちは休み時間に大縄をはじめ、外で元気に遊ぶ姿が見られます。

風邪やインフルエンザに負けない健康な体づくりを心がけていきたいですね。

 


5年 校外学習

2017年11月29日 14時34分29秒 | 子どもたちの活動

5年生は、校外学習として「エキスポ シティ Orbi 大阪」と「朝日新聞 大阪工場」の2か所に行きました。

オービィー大阪では、五感を使って、行ったことのない大自然を体感しました。

動物たちの生態や生き方にも発見がいっぱいでした。

朝日新聞社では、新聞がロール紙の状態から始まるところを知りました。

また、印刷の方法やインクのにおい、どのようにして新聞が届けられるのかなど、たくさんの工夫があることを知りました。

子どもたちは、今日の見学・お話を聞いて、家に届いている新聞が、どの場所の輪転機で作られているか、わかりますよ。

ご家庭で、子どもたちに聞いてみてください。


秋田県由利本荘市より

2017年11月28日 17時36分52秒 | お知らせ

本校に秋田の由利本荘市より教育専門監が来られました。

3年生の理科「明かりをつけよう」の単元において、担任と一緒に授業(ティームティーチング)を行っていただきました。

めあては、「どんな物が電気を通すだろう」です。

身近なものが電気を通すのか、まず、予想して・・・。実際に、実験器具「マイテスター」で調べます。

子どもたちが、生き生きと理科学習に取り組む様子が印象的でした。

最後に、秋田からのおみやげ、「金色の折り紙」と「銀色の折り紙」が電気を通すのかな?という問いかけで、授業は終わりました。

正解はわかりますか?

研究会の最後に、正解を教えていただきました。「銀紙は電気を通すが、金色の折り紙は通さない」です。

今回の研修を活かして、子どもたちの興味・関心を高める授業づくりに努めていきたいと思います。