経済学・統計学 オンライン指導

大学院・編入試験、公務員試験他資格試験、統計検定、卒論・単位取得対策等

ミクロ経済学: 損益分岐点・操業停止点

2020-02-10 08:14:54 | 日記

ミクロ経済学基礎 目次

 

利潤=収入ー費用

利潤最大化のとき、上式の微分=0 ⇔ 限界利潤=限界収入ー限界費用=0 ⇔ 限界収入=限界費用

完全競争の場合、限界収入は一定=市場価格 ⇒ 最適生産点では、市場価格=限界費用

ただし、最適生産点で利潤は最大化するが、利益(正の値)とは限らない。

 

利潤最大化は市場価格と限界費用を比較して求まるが、損益は市場価格と平均費用を比較して求まる。

損益分岐点(A): 市場価格=平均費用 

操業停止点(B): 市場価格=平均可変費用

※損益分岐点と操業停止点の間では損失が出ているが、可変費用以上の収入があるため短期的には操業する。 

コメント   この記事についてブログを書く
« ミクロ経済学: パレート最適 | トップ | ミクロ経済学: 生産関数 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事