経済学・統計学 オンライン指導のエコールゼミ

大学院・編入試験、公務員試験他資格試験、統計検定、卒論・単位取得対策等

統計学・経済学指導いたします(英語可)

2020-01-20 21:24:09 | 経済統計

統計学なら大学の教養から専門のレベルに対応します。統計検定は1級まで指導可能です。

また、経済学なら、ミクロ・マクロ入門、大学の単位取得・再履修(首都圏私大多数実績あり)あるいは資格試験対策(公務員、中小企業診断士試験、公認会計士試験等)に対応します。

大学院入試(慶応等)や社会人MBA(早慶・外国大学)の指導経験もあります。


テキスト(例):                           

「確率統計」はの非常に基本的な教科書です。説明が簡潔でくどすぎず、本文はわずか140ページで基本的なところはおさえ、問題中心に理解を深める工夫がされています。とにかく初心者のうちは分厚い本はかならず挫折します。問題や事例がもう少し多様性・具体性あればさらに面白いのですが、気になるほどではありません。高校数ⅠA(できればⅡBまで)の知識があれば、週一回×3~5ヶ月くらいでマスターできます。

「ミクロ経済学」は武隈ミクロとも呼ばれる入門編の代表格です。外国人著者のものとしては、古くはサミュエルソン「経済学」、最近(というほどでもない)ではマンキュー「経済学」があり、これらは世界的スタンダードとなっただけあって名著で、英語できれば原著をおすすめします。こちらも週一回×3~5ヶ月くらいといったところでしょうか。

また、これらのベースとなっている数学(微分積分・線型代数)や統計ソフト(R)も指導可能です。英語も問題ありません(TOEIC950点)。

                      

こちらは応用編です。

「多変量解析入門」はタイトルどおり多変量回帰に絞った専門書です。また、「計量経済学」は統計学の経済学への応用です。

どちらも上記基本レベルの教科書の理解が前提となります。

その他の応用分野としては、サプライチェーン(EDI標準化・バーコードRFID等)・数理ファイナンスに対応可能です。


テキスト(例):              

この2冊は数理ファイナンス関連でどちらも似たようなものですが、最初の「金融工学」は文庫本ながら、前半は関連する確率統計知識の解説、後半は二項定理→連続型→ブラックショールズまで到達するという突貫工事にもかかわらずなかなかすぐれた本です。

短期(1回~)・Skype利用・集団指導(~5名程度)対応可能です。詳しくは studyguide119@gmail.com へご連絡ください。

 

 

コメント

【スピーキング】 TOEFL模試問題 04-04

2020-01-20 21:13:15 | 日記

YouTubeにTOEFL試験練習問題がたくさん公開されています。

TOEFL Speaking Practice Test 4

今回はこの動画の Question 3 を解説します。時間は 9:20~14:23 の箇所です。

TOEFL用語でいうと integrated question と呼ばれます。integrateとは「まとめる」という意味です。

まず最初に文章(passageといっています)を読みます。次に講義を聞きます。この問題では以下のような内容です。

パターンはほとんど文章で専門用語が説明され、講義でその具体例が2つ(か3つ)挙げられます。

 文章: 記憶には二種類 ー 顕在記憶と潜在記憶

 講義: 顕在記憶⇒昨日何を食べたか、 潜在記憶⇒ハイウェイで見た車の広告

そして、問題は下記のとおりです。

Using the example of the car advertisement, explain what is meant by implicit memory.

 

それでは実際に問題を解いてみましょう。

最初に文章を読み、キーワードを抜き出します。

 テーマ→ memory, explicit and implicit

 説明1→ explicit = conscious + intentional

 説明2→ implicit = no conscious but remaining

次に講義を聞いて、キーワードを抜き出します。

 例1→ explicit: what you ate last night

 例2→ implicit: ad on billboard of the car named panther

表にして対比すると以下のようになります。

Passage Conversation
memory, explicit and implicit two examples
explicit = conscious + intentional explicit: last night's dinner
implicit = no conscious but remaining implicit: ad on billboard of the car named panther

 

会話を聞いた後、30秒の時間で話す英語のイメージを作ります

Passage Conversation

[1] The passage tells that

there are two types of memories, explicit memory and implicit memory.

[4] The professor in the lecture shows

two examples.

[2] The first one,

explicit memory is conscious and intentional.  You know well you remember them.

[5] The first one is

last night's dinner. you remember clearly what you ate last night. It's an example for explicit memory. 

[3] The next one, 

implicit memory is not conscious, but it's still remaining as memory.

[6] The next one is

the advertisement on the billboard of the car named "Panther". It's an example for implicit memory.

People don't remember clearly about the billboard. When asked an animal starting with the letter "p",   many of them answered it's a panther.

太字や斜字の部分はメモに付け足す内容です。

 太字: ほぼすべての問題で使う常套句

 斜字: メモで抜き出したキーワードを文章にもどすために付加した部分 ⇒ 英文作成能力が問われます

最初のうちは上の表のように書いてみた方が慣れるにはいいと思います。

 

[1]⇒[6]の順番で話します。学生の会話の問題のときのように[1]⇒[4]⇒[2]⇒[5]⇒…と進むこともできますが、対比が難しい場合ありますので、この順番で話すのが無難です。

このメモは110語あります。ゆっくりはっきり60秒話すとだいたい90~100語です。この場合少し早く話すか、少し内容を削るか(青字の部分)となります。

 

繰り返して速くできるようになったら、書かずに頭の中で作業するようにします。

本番での準備時間は30秒しかありませんからたいへんですが、時間をかければ慣れていきます。

コメント

【英作文】 2018都立入試

2020-01-20 18:11:28 | 日記

2018年は、one thing I'm enjoying studying で出題されました。

ある受験生は「日本史」で答えることにしました。興味のある年代を説明することにして、

・身分制度のある江戸時代の生活

・遣唐使で中国に行った平安時代

と続けました。

I'm enjoying stuyding Japanese history.

I'm interested in Edo period when people lived in different classes.

I'm also interested in Heian Period when some people went to China to study.

詳しくは解説動画をご覧ください。 

 

 

コメント

【スピーキング】 TOEFL01-03

2020-01-18 13:32:23 | 日記

YouTubeにTOEFL試験練習問題がたくさん公開されています。

TOEFL Speaking Practice Test 1

今回はこの動画の Question 3 を解説します。時間は 5:04~9:29 の箇所です。

TOEFL用語でいうと integrated question と呼ばれます。integrateとは「まとめる」という意味です。

まず最初に文章(passageといっています)を読みます。次に会話を聞きます。この問題では以下のような内容です。

 文章: 大学が学生に一学期間の企業就労体験を要件として課すことにする。

 会話: そんなことやっても役に立たない、と言っています。

そして、問題は下記のとおりです。

The woman expresses her opinion of the university's new policy.

State her opinion and the explain the reasons she gives for holding that opinion.

 

それでは実際に問題を解いてみましょう。

最初に文章を読み、キーワードを抜き出します。

 大学の要求→ working experience

 理由1→ leadership and organizational skills

 理由2→ relationship

次に会話を聞いて、キーワードを抜き出します。

 意見→ disagree

 理由1→ basic tasks, typing, filing

 理由2→ other univ. do the same, students>jobs

表にして対比すると以下のようになります。

Passage Conversation
working experience disagree
leadership and organizational skills basic tasks, typing, filing
relationship other univ. do the same, students>jobs

 

会話を聞いた後、30秒の時間で話す英語のイメージを作ります

Passage Conversation

[1] The passage tells that

the university will require students to have working experience.

[2] However, the woman in the conversation

disagrees with it.

[3] To begin with, the passage explains that

the students will get leadership and organizational skills.

[4] On the other hand, she argues that

the students will do only basic tasks such as filing and typing.

[5] Next, the passage adds that

They can build relationship with the company, which helps them to find a job.

[6] In contrast, she claims that

other universities also do the same.

In addition, the number of students is greater than that of jobs.

太字や斜字の部分はメモに付け足す内容です。[1]⇒[6]の順番で話します。

 太字: ほぼすべての問題で使う常套句

 斜字: メモで抜き出したキーワードを文章にもどすために付加した部分 ⇒ 英文作成能力が問われます

最初のうちは上の表のように書いてみた方が慣れるにはいいと思います。

繰り返して速くできるようになったら、書かずに頭の中で作業するようにします。

本番での準備時間は30秒しかありませんからたいへんですが、時間をかければ慣れていきます。

 

 

コメント

【英作文】 2019都立入試

2020-01-18 00:43:24 | 日記

これは2019年3月都立入試の英作文問題です。四角の箱の中に英語の文章を三つ書きます。

Youtube版はこちら

 

I have started to do (完了形)とあるので、何か最近始めたことを書きます。

 

一文目は何を始めたかをまず書きましょう。

I have started to ------- recently.

たとえば、ギターを始めたのなら、

(1) I have started to play the guitar recently.

 

次に何でもいいから自分のやってるギターの説明を書きます。

たとえば、いつどれくらいの時間やっているかの説明なら

(2) I practice two hours or so on Saturdays and Sundays.

どんな音楽を弾いているかなら、

(3) I often play songs of my favorite music band.

* It's a fun to play songs of my favorite music band. とすると少し凝った表現になります。

 

これで三文できました。簡単です。

ネタは他にもあります。

・誰かと一緒にやっているか?

・周囲の人たちの感想

・将来の夢

・自分のギターの特徴:クラシック・フォーク・エレキ、値段、誰かに買ってもらった、等

 

英作文なので、「英語」の部分と「作文」の部分があります。

作文は何でもいいからネタを思いつくこと、そしてそれを英語で表現すること。

英語にしやすい簡単な日本語を思いつくことが作文のとポイントです。

 英作文の構成の仕方は次のとおりです。

・一文目: まずテーマを書く

・二文目: 説明・理由(その1)

・三文目: 説明・理由(その2)

 

都立入試は問題が変わってもこのスタイルです。

また、同レベルの英検3級英作文もこのスタイルで書けます。

さらに上のレベルも構成は同じです。それぞれの文章を段落にして語数を増やしていくことになります。

 

コメント