ミドリガメの雪国日記

ポッキーの後継者ヒョードル、後輩ガメのかめっぱち、カメのいる暮らしは楽しいよ!

「ミドリガメの雪国日記」へようこそ

◇ ごあいさつ ◇

共に2008年生まれのアカミミガメ、ヒョードル(オス)、かめっぱち(メス)との日々をつづっています。

  


◇ お 礼 ◇

2014年3月末日をもって、ブログ村のランキングから撤退いたしました。今までたくさん応援ポチをいただき、ありがとうございます。
なお、過去記事に貼られたブログ村(カメ)バナーのリンクは生きておりますが、クリックしていただいてもランキングには反映されませんのでご了承ください。


最新記事は ↓ こちらから

ろーたす家的ミドリガメの飼い方 ~エサの与え方~

2009-09-19 | ミドリガメの飼い方(エサ編)

ミドリガメブログを書いていると、ときどき飼育に関する質問や相談のコメント、メールをいただきます。
こんな初心者がアドバイスなどとは僭越至極なのですが、我が家なりのまとめを残しておくのも悪くないと思い、ブログ上で書いてみることにしました。

 参考記事:(「ろーたす家的ミドリガメの飼い方 ~必要なのは水と陸~」

不定期連載「ろーたす家的ミドリガメの飼い方シリーズ」、第2回はエサ編です。


  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 

飼い主の頭を悩ませることのひとつがエサの量と種類です。

基本は配合飼料だけで十分。我が家ではテトラレプトミン(通称レプ)をメインにしています。
ここでは便宜上、配合飼料を指してレプと書かせていただきます。

子ガメを迎えて最初にすることは、レプに慣れさせることでしょう。>粒の小さい「ミニ」から始めます。
とにかくレプだけを与え、他のエサは一切やらない(とくに美味しいものは厳禁)。
水槽に少量のレプを入れてやり、10分ほど放置します。そして食べなかったエサは回収する。これを1日2回繰り返し、食べるのを待ちます。
皇帝は初日からレプを食べ、ぱちも2日で根負けしました。

子ガメのうちは食べるだけあげてよいと聞きましたので、半年ぐらいは1日2食でたっぷり与えました。多少不安もありましたが、結局ある程度食欲が落ち着いたのは、半年を過ぎてからでした。

エサの適量について。
飼育書には「頭の大きさぐらいの量」とありますが、よくわからないのも事実です。
カメによって食欲には波があるようなので、我が家ではやや多めにあげて、残したエサは回収するという与えかたになっています。
ただし、ややメタボ気味の場合はエサを控えるなど、工夫が必要なようです。
いずれにしても「適量」というのは、試行錯誤で掴むしかない気がします。
飼い主はどうしても「エサの適量」で思い悩みますが、多くのカメ飼いさんを拝見するにつけ、愛情をもって接し、観察していれば、その人の与える量は大きく間違っていることはない。というのが我が家の印象です。

レプ以外の餌についても触れておきます。

ミドリガメは雑食性ですから、魚、肉はもちろん野菜や果物まで、いろいろなものを食べます。もちろん個体差で食の好みもありますし、子ガメのうちは肉食傾向があると言われ、まったく野菜に興味を示さないカメもいます。

先に書いたように、基本的にはレプを食べていれば栄養の心配はないと思いますが、目先を変えたいとき、食欲がないときに役立つのが「活き餌」です。

我が家で試した活き餌は、小赤(金魚)、タニシ、昆虫(ダンゴムシなど)です。
魚類はたぶん何でも好むでしょうが、できるだけ淡水魚を与えるほうが心配ないかと思います。
肉類では脂の多い豚や牛を避け、鶏のササミ、レバー、砂肝あたりがおすすめです。
さらにエビやレバーはカメの大好物ですので、与えるにしても、常習性注意です。

目先の変わったおいしい食事は、人間でも嬉しいもの。たまになら、贅沢させてあげるのもいいかな、と思っています。

・・・ほんと、カメでも人でも、健康に良いものって、あまりおいしくないのよね;

 

 

    special thanks バナー製作:ノラドラさん

     

いつも応援ありがとうございます。ぽちっとワンクリックしていただければ、励みになります!!

コメント (18)