ミドリガメの雪国日記

ポッキーの後継者ヒョードル、後輩ガメのかめっぱち、カメのいる暮らしは楽しいよ!

「ミドリガメの雪国日記」へようこそ

◇ ごあいさつ ◇

共に2008年生まれのアカミミガメ、ヒョードル(オス)、かめっぱち(メス)との日々をつづっています。

  


◇ お 礼 ◇

2014年3月末日をもって、ブログ村のランキングから撤退いたしました。今までたくさん応援ポチをいただき、ありがとうございます。
なお、過去記事に貼られたブログ村(カメ)バナーのリンクは生きておりますが、クリックしていただいてもランキングには反映されませんのでご了承ください。


最新記事は ↓ こちらから

長くても短くても。それが皇帝ヒョードルとかめっぱち

2010-07-27 | ミドリガメの飼い方(性別編)

ミドリガメの性別については、去年簡単な見分け方(特徴)に関する記事を書きました。

  コチラ→「ろーたす家的ミドリガメの飼い方~カメの性別~」

 

オスメスの区別で、一般的にわかりやすいのは爪とシッポです。
実際、飼い主さんがメスと信じていたカメさんの写真をワタシが拝見したら、「えっ、爪が長い! 間違いなくオスじゃん(゜∀゜;) 」てなことが2度ほどありました。
  ♪そう、そこのアナタ、アナタのことですヨ(≧ω≦)


今回たまたま、それぞれの特徴がよく出た写真が撮れたので、改めてここに記録しておこうと思います。
ご自宅で飼育のミドリガメさんの性別がわからないとおっしゃる方は、参考にしてみてください。


皇帝のシッポ。




ぱちのシッポ。



ご覧の通りまったく違いますね。
踊りの傾き方が逆方向なのは、たまたまです。性差とは関係ありませんw



お尻のボリュームも、このとおり。

皇帝は薄く。




ぱちは はみケツ。





一番わかりやすいのが、爪の長さです。

皇帝の爪。
長いのは前足だけです。




そして、ぱちの爪。





ちなみに、1年前にほぼ同じアングルで撮ったぱちの手がこちら↓




ベッドから手を出して寝るのは、小さいときから変わりません(^-^)





    special thanks バナー製作:ノラドラさん

       

いつも応援ありがとうございます。ぽちっとワンクリックしていただければ、励みになります!!

 

     付録:ろーたすの館     


誕生日でした。

先週ね。

ん?

誰がって?

ワタシ ワタシ ww


ムスメから。


チチから。



・・・年は公表しませんよっ!!

コメント (23)

ろーたす家的ミドリガメの飼い方 ~カメの性別~

2009-10-06 | ミドリガメの飼い方(性別編)

ミドリガメブログを書いていると、ときどき飼育に関する質問や相談のコメント、メールをいただきます。
こんな初心者がアドバイスなどとは僭越至極なのですが、我が家なりのまとめを残しておくのも悪くないと思い、ブログ上で書いてみることにしました。

 参考記事: 「ろーたす家的ミドリガメの飼い方 ~必要なのは水と陸~」
        「ろーたす家的ミドリガメの飼い方 ~エサの与え方~」
        「ろーたす家的ミドリガメの飼い方 ~カメはきれいな水が好き~」

不定期連載「ろーたす家的ミドリガメの飼い方シリーズ」、最終回は性別編です。


  *  *  *  *  *  *  *  *  *

 

じつは先日ある方からメッセージを頂戴し、その方の飼っていらっしゃるカメさんを拝見にブログを訪問させていただきました。
ぱちと同じ時期に迎えられたという、とってもかわいいカメさんだったのですが・・・

ハッキリした女子名前で、見た目が完全男の子!(@@)

・・・う~ん。 女の子??? でも、爪が・・・;

コメントのやりとりをした結果、どうやら飼い主さん、性別を勘違いしていたらしいということが判明しました。

というわけで、幸い(?)♂♀両方飼っている我が家、改めて、性別の違いによる特徴を検証してみましょう。

 

* 体の大きさ

  ♂の甲長は最大で20センチ近くまで、♀は30センチぐらいまで成長するとのこと。もちろん個体差はあるでしょうが、間違いなく♂の方が小柄です。

 

*  爪

  ♂の爪はとんでもなく長くなります。爪切りをされる飼い主さんもいるようですが、我が家では自然に任せています。どうしても切られる場合は、獣医さんにお願いするのが賢明と思います。



 
* シッポ

  ♂のシッポは太く、総排泄孔が先端寄りです。
  生後半年を過ぎた頃から、シッポに性別差が表れてきました。また、皇帝が初めて男の子の証を出しているのを目撃したのも、この頃です。>シャレにならないデカさです;


* 腹甲

  一般的に、♂の腹甲はわずかに凹んでいるといわれます。
  ところが我が家の場合は、皇帝の腹甲が平らで、♀のぱちの方がわずかに凹んでいました。そのため、かなり小さい頃からぱちは♂なのではないかと思っていたのです。
  つまり、凹んだ腹甲=♂説、我が家には当てはまりませんでした。

 

♂でも♀でも、それぞれとても魅力的なカメたち。偶然にも両方飼うという幸運に恵まれ、その違いを楽しむことができるのは飼い主冥利に尽きます。

ほんと、カメのいる暮らしは、楽しいよ!!

 

  

    special thanks バナー製作:ノラドラさん

       

いつも応援ありがとうございます。ぽちっとワンクリックしていただければ、励みになります!!

コメント (26)