子育てにキラッと魔法をかける ろっこのブログ 「ろこ はうす」

育児、カウンセリング、不登校、引きこもり、箱庭
キャラクトロジー心理学、痛み、体質改善、
新潟県長岡市青葉台

家族の心と身体のホリスティックケア 子どもに幸せな世界をプレゼントする

2021-12-31 07:17:39 | カウンセリング、セラピー
子どもの人生が幸せで、豊かなものになるには?


私は息子をなくしていますが、

それから自分自身どう生きていったらいいのか分からなくなり、

まずは自分を癒すために様々なセラピーを受け、勉強を重ねてきました。

最初は普通のカウンセリングを受けに行きましたが改善せず、

箱庭療法に通いました。

私は学生時代から深層心理に関する本を読んでいましたので、

自分に必要なのではないか、と直感的に思ったのです。



箱庭療法を受け、ようやく外にも出られるようになり、

様々なセラピーを学ぶために東京や名古屋、松山などに行きました。

学んでいるうちに分かったのが、

赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる時から5,6歳までの体験が

その後の人生に常に影響し続けていくということです。


そのことから、まずは子どもをサポートしたいと思い、

長岡技術科学大学の側に マインドフル子育てひろば「にじの森」を作りました。

ここでは親子さんと共に遊びながら、子育ての相談にのっています



学びの途中で「キャラクトロジー心理学」に出会い、

キャラクトロジーを学んでから、自分の心の問題や生きづらさが解決していきました。

お腹の中にいる頃からの体験が、どんな風に大人の今、

影響を受けているのかが分かり、解決の手立てを見出せたのです。

そのことから、どんな風に子どもに関わっていったらよいのかが

分かるようになりました。


今までの経験と知識を活かし、

お子さんや親御さんをサポートできる方法をコツコツと増やして来ました。


まずは親が幸せでないと子どもも幸せになれません。

ご自分のこころのしんどさを解決していきましょう。




通常のカウンセリングとは異なる、こころの深いところから

問題を解決していく「セルフアウェアネススキルSAS」を使ったカウンセリングや

バッチフラワーレメディを使ってしんどい感情を癒すためのカウンセリング

などを行っています。動物の不調にもお勧めです。


子どものサポートには箱庭セラピーがお勧めです。

子どもだけでなく、実は大人も深いところに色々なネガティブな感情が溜まっています。

ですが、日常の中ではなかなか気づけません。

その深いところに溜まっている感情を表現させてあげることで、

心の深い部分を開放していきます

また、親子の絆を深める親子ワークや

自分を表現する遊びなどを通して、自然な形でサポートをしています。




スピリチュアルヒーリングは子どもにも親にも動物にもお勧めです

日本ではヒーリングはまだまだ一般的ではありませんが、

イギリスでは普通に行われ、保険がきく場合もあるのです。

風邪をひいてなかなか治らなかったり、

入院中のお子さんにもご依頼があればヒーリングしています。

パニックになりやすい時などにも。



バッチフラワーレメディカウンセリング・・今のしんどい感情、

例えばイライラが止まらない、不安、悲しみが強い、眠れない、

パニックっぽくなるなどの感情がバランスがとれるように

植物のエネルギーがサポートしてくれます。

ブレンドしたレメディを3週間分プレゼント(レメディは非売品です)

植物のエネルギーなので副作用は全くありません。

授乳中のママやお子さん、動物の感情のサポートにもお勧めです。



どれか一つというよりも、併用して様々な角度から自分を癒していくことが

お勧めです。

ぜひご活用くださいね。


ウェブサイトからのご予約はこちらから

https://www.reservestock.jp/page/reserve_form_month/13301








コメント

赤ちゃん

2021-02-16 07:57:48 | 子育て
かつて国際インファントマッサージの教室をやっていたのですが、
メインは2か月〜5、6か月の赤ちゃんが対象です。

2か月の赤ちゃんが先輩赤ちゃんの真似を一生懸命していて、
教室が終わる頃(1か月間)にはだいぶ進歩?していたのを思い出しました。
すごく微笑ましかった。

お母さんだけでは教えられないことを
赤ちゃん同士学んでいたように感じました。

インファントマッサージの教室では
その瞬間の赤ちゃんのニーズに応えながらやるので、
マッサージを習う間
みんなバラバラのことをしているのです。
赤ちゃんのニーズが全て同じってあり得ないですから。

ですが、不思議と、最終日はほぼみんな揃うのですから、
赤ちゃんも何かしら察知していたんでしょうね〜
ちょうど赤ちゃんとママの相互作用の交流が
上手くいく頃なのです。

インファントマッサージの教室では
赤ちゃんとお母さんが早期にコミュニケーションが出来るように
その方法を教えています。
お母さんから一方通行ではなく、相互作用というのが
とてもとても大切なのです。
子どもが親と繋がっていると実感出来るかどうかが、
その子の人生に大きく関わっていきます。
(私は今は忙しく、教えていませんが、オススメです)

今、子育てのための講座を組み立てています。
いろいろ思い出しながらまとめています。
まずは、お母さんの気持ちを整える方法から始めます。

ちなみに、最近の研究で
お父さんの影響もお母さんと同じようにあるそうです。
受精1か月以上前から、お父さんの心身も整えることが大切だということでした。




コメント

クリスマスの祝福

2020-12-13 09:30:40 | 子育て
あっと言う間に今年ももう終わりですね。

コロナ禍の中で、子育ても大変だったことでしょう。
マスクをつけて勉強って、辛いし、酸素を十分取り込めるないので、
免疫力も落ちてしまいますよね。
でも、そこに不安や恐れを抱くとなおのこと免疫力が落ちてしまいますので、
自分の幸せや喜びの方を意識してみましょう。

もうすぐクリスマスですね🎄
皆さまのお幸せをお祈りしています✨

昨日、勉強していたら
疲れてフト絵を描きたくなりました。
「クリスマスの祝福」
また来年にじの森で会おうね。
コメント

子どものセラピー講座 開催しました!

2020-11-30 06:33:37 | カウンセリング、セラピー
この渾沌時代から新しい時代を創っていける子ども
子ども達のこころからの幸せを願って

この10年以上ずっとそこを目指し、学び、模索して来ました。
失敗ありつつも、新しい世界を創りたいと願って来ました。
マインドフル子育てひろば「にじの森」もその一環です。
息子が亡くなった後の私の希望✨でもありました。

11月22日に「子どものセラピー講座」を開催しました。
松山の方と小学校教諭の従姉妹も参加してくれたのですが、時間ギリギリで目いっぱい講座をやっていたので、すっかり写真を撮るのを忘れてしまいました。
でも、記念すべき第一歩✨
これからやりたい、と今自分を癒やし続けてくれている人もいて、私の希望を繋いでくれます。自分を癒やし続けていなかったら出来ない仕事です。私も続けています。



子どもの心が幸せでなかったら、日本の明るい未来も来ない。
なぜなら、子どもの頃に心の奥に押し込めたものは、どこかで本人が気づかない限りずっと残り続け、成長するにつれ更に大きくなるから。

障害のある子も遠慮なんかしなくていいし、自分がダメな存在だと思わなくていい。そのユニークさを使って新しい未来を創って行って欲しい。
自分が出来ないところは、周りからのサポートを待っているのではなく、自分からどんどん求めていって欲しい。
重度の子どもは私の息子のように、ただ生きるを楽しめばいい。それが周りを幸せにするから✨ 私はすごく幸せでした。
もちろん障害がない子も。でも、障害がある、ない、の線引きって必要あるのかなぁ、と個人的には感じる。

最新の科学では、海馬でニューロンの新しい生成が行われていて、環境や経験次第でどんどん良い方にも変わっていけると分かっているのです。
それも、自分の意識次第で。
だからこその、子どもの心なのです。
そして、親が深いところから幸せなら、子どももその幸せを無意識のうちに内側に持つのです。

子どもの内側が変わっていけば、日本の未来は絶対良くなる。と信じています。

写真は「異質なものがハートで繋がっている世界」箱庭
コメント

にじの森の片づけ 来年4月にまた会おうね!

2020-11-30 06:16:36 | マインドフル子育てひろば にじの森
今年はコロナの影響があり、7月からの開催でしたが、
県外から私の心理の勉強仲間が入れ替わり立ち替わり遊びに来てくれて
賑やかな森でした。



昨日、森の片付けをしました。
雪が積もると除雪車が来ない場所のため、森は閉鎖になります。
また来年4月に会いましょう

ケンカもありました。
ケンカの時は、大人が「謝りなさい!」と言って子どもが謝ったとしても
子どもは納得していないことが多いですし、心にモヤモヤを残します。
子ども自身が考えられるような言葉をかけてあげると、
子どもはちゃんと自分で考えて答えを出すことが出来ます。
コメント

自由と放任は違います

2020-11-05 06:24:26 | 今月の予定


こちらのブログをしばらくご無沙汰してしまっていました。

今年になってからずっと書いていなかったにも関わらず、
変わらず読んでくださっている方がいらっしゃるんだなぁと、ありがたい気持ちです。

今年はコロナの影響で6月まではにじの森をお休みしていました。
その後再開し、楽しく活動していました。

にじの森では、私は極力子どもの自由を保証しています。
ですが、それを放任と間違えて受け取る方がいらっしゃるかも知れないと思い、
ちょっと違いを書いておこうと思いました。

イギリスで自由な教育を実践していたニイルの言葉に、次のようなものがあります。
「子どもに関する真理はひとつしかない。それは、愛され、自由であり、自分自身であることが許されるなら、誰しもが攻撃性が少なく、裏表のない、誠実さと思いやりの心にあふれた、善良で、平和で社交的な人間になることだ。」

私はにじの森で、このことを大事にしているのです。
実際、子ども達は遊んでいるうちに自分自身を取り戻していくように見えます。

自由を保証するということは、何でもしていいよ、ということではありません。
森でもトラブルがあった時は、気持ちを聞き、こちらの気持ちも話し、その上で子どもの内側から出て来る答えを待ちます。
それは放任とは違って、心を遣うことです。



先日、今年最後のにじの森を終えました。
参加してくださったママから、感想が届いています。ありがとうございます。


息子はもうすぐ3歳になりますが発達がゆっくりで、集団で遊ぶことやルールの中で遊ぶことはまだまだ難しい状況です。
公共の場では周りの方に迷惑がかからないよう、そして息子が楽しく遊べるよう注意しながら過ごしますが、そのバランスが崩れていないかと周りの目を気にしながら過ごしています。子どもを持つ皆さんも同じだと思いますが、どうしても周りの目が気になります。
にじの森ではろっこさんご夫婦が息子をまるごと受け入れてくださり、息子はいつも自分のやりたいことをして自由に森の中で過ごさせていただいています。ときには森の外に散歩に出てしまうこともありますがそれもOK!息子のペースで散歩をして、散歩に満足したら森に帰ってきて、好きな時間にご飯を食べて。座っていることが苦手なので歩きながらご飯を食べてしまうこともありますがそれもぜんぜんOK!危険なこと以外何をしても良く、親も周りを気にせず安心して息子のペースで遊ばせることができる貴重な場所だと思っています。
また、にじの森では竹をのこぎりで切らせてもらったり、ハンモックに寝てみたり、おがくずを触ってみたりと、にじの森でしかできない体験がたくさんあります。このような新しい遊びを通して、息子が楽しみながら少しずつ成長していけるようにと願っています。
そして、ろっこさんは私が前向きになれるよう息子を応援してくれる言葉を毎回かけてくださいます。悩みを聞いていただいたり、アドバイスをいただいたり。ろっこさんの言葉に私は毎回元気をもらっています。
今年は、今回で最後となりましたが来年も参加させていただきたいと思っています。来年はにじの森で息子がどんな遊びができるのか、とても楽しみにしています。
コメント

今年一年ありがとうございました!

2019-12-31 14:15:51 | 子育て


今年一年大変お世話になりました。

力及ばない面もありましたが、私なりにベストを尽くした一年でした。

今年は、特に子ども達が自分自身に力を取り戻せるように

箱庭セラピーに力を入れて来ました。

ひとりの子どもの存在を大切にしたいと思っています。

また来年もよろしくお願いいたします💖

にじの森だけではなく

Life Light Love 子ども研究所としても、

赤ちゃんからお子さんの看取りまでを様々な方法でサポートしております。
コメント

箱庭セラピー 考

2019-12-12 12:00:39 | カウンセリング、セラピー



息子を亡くして私自身が不調だった時に

箱庭療法を受けに2年ほど通いました。

その経験もあり、子どものセラピーに箱庭を採用しました。

にじの森で思い切り遊び、心に残ったもやもやを箱庭で解消する。

パニックやかんしゃくがひどい時などはヒーリングが助けになると思います。



特に心の不調がないお子さんでも

親が気づいていないところで何かしら抱えていたりもしがちです。

特に何もなくても、心のメンテナンスに

お子さんを連れて来られる方もいらっしゃいます。

楽しく遊べて心のメンテナンスになります。



4歳くらいから

箱の中の砂を投げたりしなければ可能です。

不登校などのお子さんにも最適だと感じます。



お申し込みはこちらへ
(年内はいっぱいです)

080-5479-3533(中村)






箱庭 考

ごく幼い子どもはまず徹底的にネガティブな部分や死と再生を表現したのち、だんだんダイナミックになる。すると現実が変化していく。

少し成長した子どもは、ストーリーの中にネガティブを表現しつつ、自分で自分を助けるストーリーを表現していく。これってセルフアゥエアネススキルの最終部分なのだ。見ていて、すごい!となる。まさにワクワクとする(私の方が)。
このストーリーがまたそれぞれに面白く、みんなクリエイティブだなぁと感心する。
大人はこのクリエイティブな部分に気づかずにいることが多い。もったいない。

時にものすごくコアな部分の表現をする。私の方が、なるほど~こういう感じなのね、と勉強になることが多々ある。
例えば、心の奥深くにある聖なる部分を表現したり。何があっても平和な部分。これまたすごい!と私はひとり感心する。

日常で優等生を演じている子は、ものすごい分離を表現するので、私の胸が痛む。

子どもって、自分のマスクセルフ(仮面の部分)を無意識に知っていて、それを表現したのち、ローワーな部分を表現する。
一旦全部フィギュアを棚に戻すのが驚く。

大人の表現はまず、今のご自分の立ち位置が表現される場合が多い。それを見て、私は今の感じを伺ったり、こんな風に今後日常で取り組んでいくことができる、ということをお話する。
ニーズカードを引いていただくと、これまたピッタリのテーマが現れる。続けていくと深い部分が表現される。

なんだか、立ち会う私は、壮大なドラマを見ている気分になる。



コメント

違う視点で子どもに接する

2019-11-28 09:27:49 | 子育て

こんにちは~

新潟県内はいよいよ冬に突入なのでしょうか?

恒例の?お天気に晴れマークが一週間に一度、みたいになって来ましたね。




さて、お子さんが自分が学校で苦手なことがあり、

その事で自信がないんだ、って言ってきたらどうしますか?

ですが、まず、それをお子さんがお母さんに言ってくれるということが

素晴らしいなぁと感じます。

親子の信頼関係ができていなければ、

子どもはそんな風には言ってくれないのです。




箱庭に来てくださっているお子さんがそんなお悩みを話してくれました。

私は自分が子どもの頃に算数ができなくて、

親にも怒られっぱなしでした。

それで勉強が出来るようになったかというと、

全く逆です。トラウマを作っただけ。




その私の経験も話しつつ、

みんなと一緒じゃなくてもいいんだよ、

自分が今ここまでなら頑張れば出来る!というところを

先生に話してみたらどうかなぁ?と提案しました。

そのお子さんは発想力が豊かなのです。

箱庭をしながら、またユニークな遊び方をしたので、

そこに私が乗ってみたら、どんどん展開して、

面白い遊びを考えていました。

そして、自信も少し取り戻してくれたようです。

そして、最後には、先生に話してみる、と言っていました。




先生に正直に自分の今の力を伝え、交渉し、

ここまでなら頑張れる、という目標を自分で設定して実行することは、

ただ言われたままに勉強するよりは、

一見みんなから遅れているように思えても、

自分の力に確実になっていきますし、

何より今の自分をそのまま肯定して、交渉して行くという力がつきます。

それは、テストでいい点数を取るよりも

ずっとずっと人生勉強になります。

この感覚を大人になっても持ち続けることができるからです。




子どもの頃に体験したことは、大人になっても

良くも悪くも、同じようにするのです。

大人になれば自然に出来るようになるのではないのです、

残念なことに。



ですので、目先の点数がいいか悪いか、

というところに捉われないことが大事です。




2月にキャラクトロジー心理学子育て講座を開講予定です。

また追々アップしますね。

通常の子育て講座では分からない、子どもの心の仕組みを知ることが出来ますよ。







コメント

にじの森 10;30~開始します^^

2019-11-17 06:57:58 | マインドフル子育てひろば にじの森

予想外に朝方雨が降ってしまいましたので、

今回も少し遅れて開催いたします。

10:30~ 開始になります。


持ち物は みそ汁に入れる家族分の野菜、マイ箸&お椀をお忘れなく

参加費は500円+お芋代50円×人数分です。


最後の森を楽しみましょう~
コメント

17日 にじの森参加者さんへ 最終確認です

2019-11-15 14:42:33 | マインドフル子育てひろば にじの森


天気予報では17日くもり、晴れ^0^

最後の森を楽しめそうですね!

焼き芋とみそ汁をします。

火傷に注意しつつ、日頃できない経験をさせてあげてください。




持ち物最終確認です。

・みそ汁の具 家族分

(多すぎない程度に。今回は大豆アレルギーのお子さんが参加されますので、
 豆腐、油揚げ等大豆製品はご遠慮ください。)

・マイ箸&おわん


・参加費

 森の参加費(500円)+お芋一人50円×人数分(自己申告)
 ミッキーの貯金箱にお入れください。
 なるべくお釣りのないようにお願いします。

・駐車場は、左側に一列に。スペースがなくなった場合は、

 右側でスペースのあるところへお願いします。


 当日何かあった場合は 080-5479-3533へ
 メッセンジャーは見ない可能性あります。




 
コメント

いじめの構図ワークショップのご案内 11月23日(土)

2019-11-12 18:46:10 | 講座、セミナー

いじめって、現実には大人の世界にも子どもの世界にもあることだと思います。

悲しいことに。

いじめをなくそう!などというキャンペーンはあったりしますが、

実際に、ではどうしたらいいの?ということは

取り扱われていないのが現状です。

いじめの構図ワークショップでは、

どうしたらいいのかを体感していただきます。

言葉も話さず、行動もせずに、

いじめが起きたり終息したりを体験していただきます。


いじめの構図の前にまず自分自身を知るワークを体験し、

実は自分でも知らない自分に出会っていただきます

え~~、わたしってこんな風に感じるんだ!と

新鮮に感じるかも知れませんし、

ちょっぴりショックな方もいらっしゃるかも


詳しくはこちらです。

https://resast.jp/events/374221





コメント

17日のにじの森は満員になりました。来年4月にまたお会いしましょう^^

2019-11-12 18:03:18 | マインドフル子育てひろば にじの森


4月からあっと言う間の8ヶ月でした。

にじの森は17日が最後です。

冬の間は除雪車が入らない場所ですのでお休みとなります。

夏の暑さでお休みになったりで開催できない月もありましたが、

また来年の4月にお待ちしています



人生において、お腹の中にいる時から5,6歳までがとても大切な時期です。

ですが、子育てって学校でも習わないし、どうしていいか分かりませんよね。

分からないのが普通です。


来年2月、キャラクトロジー心理学 子育て1Day講座を開催予定です。

オンライン参加もありますので、遠方の方も雪が不安な方も受講していただけます。

分からないことがあれば、またにじの森で遊びながらお答えいたしますね。

通常の子育て講座とは違い、子どもの心を知り、

どうしたらいいのかを学ぶ講座です。


また後日ご案内いたします。









コメント

11月17日(日) にじの森 参加者募集です

2019-10-31 11:26:32 | マインドフル子育てひろば にじの森
こんにちは😃

次回にじに森の募集です。

今年もあっという間に過ぎ去り、とうとう森も次回が最後です。



今年最後は焼き芋とみそ汁を作って楽しみます

もう恒例のようになりましたが、

お味噌汁の具は、各家庭で家族分を野菜等お持ちください。

量は適当に。

白菜などはお子さんが手でちぎれるので、

一緒に準備する体験をさせてあげることも出来ます



*今回大豆アレルギーを持っているお子さんが参加されることになりました。

 味噌は大丈夫だそうでして、豆腐や油揚げは入れないで、野菜のみのおみそ汁にします。
 みんなで楽しく食べれればいいな、と思っています^^
 ご協力よろしくお願いいたします。

*マイお箸🥢&お椀をご持参ください*


焼き芋のお芋ははまた無農薬野菜直売所の小田原さんにお願いします。

お安くしていただいています


食べる人の分のみ代金をいただきます。50円×人数分を参加費500円と共に

ミッキーマウスの貯金箱に入れてくださいね。(自己申告です😊)

お釣りのないようにお願いします。



お申込みはこちらへ。お芋の数の関係で、7家族になったら締め切ります。

よろしくお願いします

寒い中での焼き芋はまた格別^0^

https://www.reservestock.jp/page/event_series/50167

コメント

楽しかったね 焼き芋 次回にじの森は11月17日

2019-10-27 19:16:54 | マインドフル子育てひろば にじの森


一歳から小学生まで、それぞれがやりたい遊びを楽しみました。

焼き芋をしながら、普段は体験出来ないストーブ番を(ストーブ番という名の火遊び)
堪能している子もいました。
2歳児も、お姉ちゃん達の見よう見まねで、手つきも様になっていましたよ。



森の遊びは楽しいのですが、小さいお子さんは「帰りたくない」モードになることがあります。
これってイヤイヤ期になると、みんなあるあるですよね
イヤの強さはその子その子で違いますが。
そこで、ヒントを。

残念ながら、この世に生きている限り、何事も終わりはあります。
帰りたくないんだね〜、という気持ちに共感しつつ、残念な気持ちに共感しつつ、
何事も終わりがあること、でもまた始まりもあること、などを
いろいろな体験を通して教えてあげます。
私は小さくても、落ち着いている時に話してあげます。

もちろん子どもはイヤだ!となり泣きますが、それは子どもが感情を表現しているのです。
それはちゃんと感じさせてあげる必要があるのです。
表現させてあげつつ、嫌なんだね、怒りがあるんだね、
と大人が言葉で表現してあげます。
ですが、No はNoなのです。
そこは親の方がリードする気持ちを持つことが大切です。
親は必要な場面では子どもをリードしていく。
それはコントロールとは違います。

遊びは子どもの後をついていき、好奇心を潰さないことが大切ですが、
Noをいう必要のあるところでは親がリードしましす。
子どもは泣くものなのです。泣くのは大切なことです。
感情を表現しているのです。
その時に、子ども可哀想に入らないで、
こども人生の勉強をしているんだな、というところにいるとよいです
親が信頼の気持ちをもっていると何か違って来ますよ。

一度になのにもかも出来る子どもはいないので、現実の生活を通して根気強く教えてあげます。
あらかじめ話してあげると、こどもも心の準備がどこかで出来ます。
イヤイヤ期は親がそういうものだと大らかに構えているとよいですよ。



来年二月に、キャラクトロジー心理学の子育て講座を開催いたします。
オンラインでも受けられますので、育児に悩んでいる方はおススメです。
ハウツーではなく、子どもの気持ちの根底にあるものは何なのかを知って対応出来ることを目指します。
ハウツーは親にとっては都合がいい面もあるのですが、子どもから見るとコントロールされた感が残る事が結構あるのです。その影響が思春期以降に出てしまいます。

またそのうち、詳しくアップいたします。


次回にじのもりは11月17日です。味噌汁をロケットストーブで作ります。
募集は近々いたします。



コメント