無線のムに濁点

アマチュア無線・BCL・ユーティリィティー受信などなど デジタル絵日記

あたしゃ猟犬です-WSJT-X v1.9.0-rc2 をインストール

2018-02-28 08:52:07 | アマチュア無線

期待の DX Pedition mode を搭載した、WSJT-X v1.9.0-rc2 をインストールしました。

ダウンロードはご本家 K1JT 下記のページから。スクロールすると下方にダウンロードリンクがあります。

https://www.physics.princeton.edu/pulsar/K1JT/wsjtx.html

とりあえず、インストールして少し受信してみました。目立った変更点を記載します。

・起動時に「ベータ版なので不具合があったら報告してほしい」とのアラートが出ます。

・周波数関係その他設定はすべて引き継がれました。(念のためバックアップを)

・Setting -> Advanced タグの中に、Fox(狐、ペディション局)、Hound(猟犬、呼ぶ側)のチェックボックスがあります。

・さて、問題はここです。DXpedition mode にすると、「sprit mode を設定せよ」みたいなエラーが出ます。

・上記指示にある Radio タグに、Sprit Operation の設定があります。

None だとエラーになります。

Rig にすると、B VFO が 1KHz 低い周波数に自動設定されました。

が・・・・ Hound は Fox より上にスプリットして呼ぶはずなので、この周波数構成だと、B VFO で受信して、A VFO で送信することを想定しているようです。

ん? B VFO で呼びたいぞ・・・ 160m はそうしているので・・・ リグの設定ややこしくなる・・って感じです。(受信音を B VFO にしなくてはいけない)

Pedition mode でのテスト交信も含め、研究の余地がありそうです。

まずもって、ペディション局がペディションモードで出ているってことがどうわかるのかしらん?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ZP4KFX パラグアイと80m/FT8... | トップ | DXCC WANTED LIST 2018/03/01 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アマチュア無線」カテゴリの最新記事