さんぽみちクラブ 子育ては失敗・ほろ苦さ時々喜び

小学生、高齢者を応援する人生ゲームを紹介しています。その他にも子育ての失敗や苦い経験、喜びなどを書いています。

自動車事故の被害者はお金が大変

2020年01月19日 | 人生のさんぽみち
 自動車事故の被害者はお金が大変
 
  
 車を運転していると事故に巻き込まれる可能性は
 誰でも、どこでも、いつでもあります。

 私も少し前ですが、住宅の中を走っているとき、
 一時停止のある横の脇道から軽自動車が一時停止しないで
 いきなり突っ込んできました。
 「ドカーン」と言う音と同時に車が横にずれて
 何が起こったのか??大変びっくりしました。
 一瞬あり得ない話しですが、ミサイル攻撃でも受けたかと錯覚しました。
 運転者は70過ぎの女性で、一時停止に気がつかなかった、
 と言うことでしたが、お互い怪我もなく不幸中の幸いでした。

  
 私の車は左側の側面が大きくへこみドアが破損しました。
 突っ込んできた軽自動車は煙が上がり大破しました。
 さて車の保険の話しです。
 当然私は普通に走っていた所に
 軽自動車が脇道から一時停止を無視して突っ込んできたのです。
 私に非があるとは思えません。
 ところが保険会社どうしの話しでは
 責任比率は、私が2で突っ込んできた車が8だと言うのです。
 いわゆる2:8だと言うのです。
 修理費は私の車が75万円、相手の車が125万円、
 合計200万円かかるので
 事故比率から計算して、私が出す費用は40万円だと言うのです。

 普通に住宅街を走っていて、
 横の脇道から一時停止を無視して突っ込んできた!
 その車のせいで車が破損しました。
 あなたは40万円の責任があります!
 到底納得できるものではありません。
 私は車両保険に入っていたので自己負担はありませんでしたが、
 保険代が翌年1万円以上高くなりました。

 だいたい事故の責任比率がどうして10段階なのか
 99:1とか92:8とかあってもいいのに。
 保険会社どうしの馴れ合いの産物では?と疑問も感じます。
 皆様、事故には十分ご注意ください。

コメント