さんぽみちクラブ 子育ては失敗・ほろ苦さ時々喜び

小学生、高齢者を応援する人生ゲームを紹介しています。その他にも子育ての失敗や苦い経験、喜びなどを書いています。

熊本県の温浴施設「ピースフル優祐悠」 新型コロナで公表 情け人のためならず

2020年04月10日 | 人生のさんぽみち
 熊本県の温浴施設「ピースフル優祐悠」
  新型コロナで公表 情け人のためならず


  

 熊本県にある温泉施設「ピースフル優祐悠」が
 3月26日に新型コロナの感染者が利用していた事を発表しました。
 利用しているお客様の安全を第一に考え、
 感染者を増やしてはいけないという勇気ある決断だと思います。

 しかし公表後27日の午前中まで苦情や誹謗中傷が
 300件近く合ったそうです。
 さらに従業員の家族が出勤の停止を求められたり
 お子さんが保育園から受け入れを拒否されたりなどが
 あったそうです。

 しかしその後状況が変化し
 「熊本地震の時、入浴支援してくれたこと忘れていないし、忘れない」
 「何度か泊まったけどいい施設だ、再開したらまた行くから」
 などの励ましや応援の意見が多数寄せられたそうです。


  

 昔の人は良く言ったものだと思います。
 「情け人のためならず」
   自分のためにも人のためにも努力していれば、
   いつか巡り巡って自分の所にもその優しさはかえってくる

 「捨てる神あれば 拾う神あり」
   世の中心ない言葉を浴びせる人もいるけど
   その行動を認め励ます人も必ずいる

 「ピースフル優祐悠」は27日には、
 保健所の立ち会いで消毒作業を終了し、
 ウイルス検査をした従業員と利用客は全員陰性だったそうです。
 勇気ある決断、従業員の努力、応援する皆さん
 私はとても励まされました。
 ありがとうございます。
 元気に再開してくれることを心から願っています!

コメント

血圧計を叩いたらなおった!

2020年04月09日 | 健康のさんぽみち
 血圧計を叩いたらなおった!

  

 毎朝血圧を測り一喜一憂しています。
 血圧が高いときは
 やれ昨日は塩分を取り過ぎたとか
 運動不足だったとか
 職場でストレスを感じて影響が出た
 妻の小言に疲れたなどなど
 血圧がほどよい数値だと
 よく眠れたのが良かったとか
 食事のバランスがよかった
 妻が珍しく優しかったなどなど

  

 その血圧計、壊れました。
 電機屋さんで一番安いのを買ったのですが、
 電池を交換しても、うんともすんとも言いません。
 あきらめかけたとき・・・・
 そうだこういうときは原始的な方法?
 たたくとなおるかも知れないと思い数回たたきました。
 反応無し
 さらに数回たたくと・・・復活しました!

 接触が悪かったのか原因は分りませんが
 とりあえず動き出したので
 新しい物を買わずに済んだので良かったです。

コメント

緊急事態宣言 これで新型コロナに勝てるのか?

2020年04月08日 | 人生のさんぽみち
 緊急事態宣言 これで新型コロナに勝てるのか?

   

 昨日緊急事態宣言が発行されました。
 7都府県に出され埼玉県も対象県になりましたが、
 その内容が分りません。
 国と都で内容が違う事から
 それぞれの対象県で出すのかと思いましたが、
 どうやって埼玉県の内容を把握するのかわかりません。
 そうだ、埼玉テレビでやっているのではと思いつけてみると
 演歌が流れていました・・・・?

 国の出した内容が基本なのだろうと思い直しました。

  

 緊急事態宣言が出され何が変わったの?
 今までの自粛要請が法的に根拠をもつものになったと言う事で、
 内容的にそれほど変わらないようです。
 私は「緊急事態宣言」と大騒ぎしていたので、
 全ての仕事、店は禁止され外出は全て禁止、
 2週間の食料を買い込み
 電気ガス水道も時間制限される。
 生命の必要な仕事だけ外出許可が認められるくらい
 厳しいものかと思っていました。
 これは前代未聞の大変な事だ、と身を引き締めていたところ
 緊急事態宣言の対象県が7都府県のみ、
 スーパーもコンビニも銀行も開いているし
 宅急便も通常配達だし
 理髪店も、レストランまで開いているそうです。
 散歩もいいという事で・・・・
 不要不急ではない外出がこんなにたくさんあるなんて
 私と国がこうも違うとは驚きました。


 これなら流行りだした当初に
 3密対象店を閉鎖し所得を保障、
 外国旅行禁止にすれば良かったのでは?
 と思ってしまいます。

 市中感染が広がり、医療崩壊しつつある今
 この程度の事で新型コロナに勝てるのか不安が広がりました。

コメント

82歳の方に「お若いですね!」と言われた

2020年04月07日 | 人生のさんぽみち
 82歳の方に「お若いですね!」と言われた

   

 先日スーパーに行ったとき
 高齢者の男性に声をかけられました。
 「すみませんこのイチゴの値段はいくらですか?
  小さい字が見えなくて・・・」と。
 その後少しお話しすると
 とてもイチゴが好きだけど
 値段が高くてなかなか買えないのだそうです。
 もう少し少量で値段が安いとありがたいとおっしゃっていました。
 分るような気がします。
 その後としの話になり男性は82歳とのこと。
 私の両親も87歳ですよとお話したら

 その男性は
 「87歳ですか!元気でお若いですね~」とすごく驚きました。
 「とても87歳とは思えない。」と言うのです。

  
 どうも話がずれているような気がしたので
 再度私の両親が87歳です、と言うと
 その男性は「ああっ あなたが87歳じゃないのですか」
 ・・・・・・
 私は老けてみられる事もありますが
 いくらなんでも87歳に見えるのか?と少しがっくりきました。
 そりゃあ87歳だったら元気で若く見えるよな~と。

 
コメント

こんな時だからこそ子どもを励ます言葉を

2020年04月06日 | 子育ての苦い経験・喜び
 こんな時だからこそ子どもを励ます言葉を

 新型コロナの影響で学校の休校が広がり
 先の見えない不安が増しています。

 こんなときだからこそ
 子どもを励ます魔法の言葉「おしいね」をいっぱい
 お子さんに言ってあげると良いと思います。


  

 我が家でも子どもが小学生のころいっぱい言ってあげました。
 何か子どもが行動しているとき
 そう、何でも良いのです
 例えば、縄跳びでつっかえたとき、鉄棒に挑戦しているとき
 漢字を間違ったときなどなど
 「おしいね!」「おしかったな~」と言ってあげると
 「おしい? よ~し」と
 子どもは俄然やる気を出し頑張るのです。

  

 「おしい」と言う言葉には
 「もう少しで、できそうだよ」
 「がんばっているな~(共感している)」
 「お父さん(お母さんは)は応援しているよ」と言う
 意味も込められているようで
 我が家では、特におしくなくてもたくさん使い
 「子どもを励ます魔法の言葉」となっていました。


 こんな時だからこそ笑顔が少しでも広がる時間や空間を
 お子さんと共有できたらいいなと思います。
コメント