さんぽみちクラブ 子育ては失敗・ほろ苦さ時々喜び

小学生、高齢者を応援する人生ゲームを紹介しています。その他にも子育ての失敗や苦い経験、喜びなどを書いています。

男は人生で3度だけ泣いていい

2019年04月30日 | 人生のさんぽみち
男は人生で3度だけは泣いていい

  懐かしい?昭和の時代、近所のおじさんが
  「男は人生で3度だけ泣いていい」と
  教えてくれました。
  3度というかその3つのときは泣いてもしょうがない
  と言うことだったようです。
  当時の一般論だったのかそのおじさんの個人的な
  見解だったのかは分りませんが。
  逆に言えば、
  男はそう簡単に泣くもんじゃない、
  苦しさも厳しさも乗り越え家族を守るものだという
  昭和の男像があるような気がします。
   

 ではその3度とは何だったのでしょうか?
 一つ目は「両親が亡くなったとき」
 二つ目は「全財産の入ったお財布を落としてしまったとき」
 だそうです。
 今は、全財産の入ったお財布を持ち歩くなんて考えられませんが。

 さて三つ目は何でしょうか。
 これが大変興味深いのですが、
 「お袋の作ったお弁当を忘れたとき」なのだそうです。
 その当時、母親の作ったお弁当はそれだけ大事なものだと
 幼いなりに自覚したものです。
 昭和の時代の懐かしい思い出です。

   

  さんぽみちクラブでは、家族で
  新しい感覚の人生ゲーム、ボードゲームを手作りしています。
  「楽天ショップ・さんぽみちクラブ」でご紹介しています。
  シリーズその6 「防災対策ゲーム」






コメント

救急車が近くにいる

2019年04月29日 | 子育ての苦い経験・喜び
 救急車が近くにいる

  上越新幹線が停電になり3時間停車で大混乱。
  大勢の方がご苦労されたことと思います。
  キャンセルされた方は、宿に予約がある時など
  キャンセル料も発生してしまいどうされるのでしょうか?
  お疲れ様です。

 私がある年の1月3日早朝、お腹に激痛が走りました。
 ふつうの痛みではなく、大変事が起こっていると、
 妻に助けを求めました。
 1月3日なのでいくつもあたったのですが
 病院も受け付けてくれません。
 やむを得ず救急車をお願いしました。
 救急車が到着しバタバタと乗り込みました。
 妻と幼い子ども2人も一緒に行く羽目になりました。
  
 私はとにかくお腹が痛く、吐きそうだし必死にこらえていました。
 そんな時次男が、ずっと救急車の窓から外を眺めていました。
 ず~と眺めているので、
 妻が「どうしたの?」と聞いてみると、
 次男が、「お母さん、救急車が近くにいる。サイレンが聞こえる」と。
 妻は私が苦しんでいるので、笑う場面では無いと思ったそうですが、
 笑ってしまったそうです。

 次男はバタバタと乗り込んだし、乗り込んだときは
 サイレンが鳴っていなかったので、気がつかなかったようです。
 次男は自分が降りたとき、自分が救急車に乗っていたので
 とても驚いたそうです。

 私は、尿道結石でした。
 いや、痛いのなんのって・・・
 今となっては次男のかわいい思いでの話しです。


  さんぽみちクラブでは、防災対策ゲーム(シリーズその6)など
  新しい感覚の人生ゲーム、ボードゲームを手作りしています。
  「楽天ショップ・さんぽみちクラブ」でご紹介しています。
  シリーズその6 「防災対策ゲーム」






コメント

10円玉の苦い思い出

2019年04月28日 | 人生のさんぽみち
 10円玉の苦い思い出

  少し前の話ですが、
  珍しく電車で出かける用事がありました。
  失業中の時、経済的に厳しい状況なので、
  電車賃は、かき集めた小銭、10円玉を使いました。
  あんまり10円玉ばっかり入れると、切符の販売機が
  詰まっちゃうかな~ と考えているとき、
  ・・・・!!! えっ・・・・・
  突然大昔の記憶、小学校6年生の記憶がよみがえりました。


  
 6年生のころ、友達数人で高麗川に釣りに行く早朝、
 駅で切符を買う時のことです。
 魚釣りに行く時は、いつも始発の電車(1番電車)で
 行ってました。
 初めて一緒に行くことになった友達が、
 全て10円玉で切符を買おうとし、
 切符の販売機が詰まってしまいました。  
 そのため、その友達が切符を買うのが大幅に遅れ、
 すいている始発に乗り遅れてしまいました。
 その結果混んでいる2番電車に。
 みんなでその友達に、「人の迷惑考えろよ-」とか、
 「10円玉ばっかり普通入れるか?」などと
 そうとう文句を言いました。
 黙ってその友達はきいていました。
  
 その友達は、今思えば父親が借金を作り母親は病弱で、
 生活は相当苦しいようでした。
 中学校でのお弁当も人から見られないように、
 隠していつもさっと食べていました。
 おそらくおかずが少なく、人に見せられなかったのだと思います。  

  
  あの時の友達は、厳しい生活の中で
  少しずつためた10円玉で、
  「やっと友達と一緒に魚釣りが行ける」と、
  喜んで来てくれたのに。
  そんな事情も子どもの頃の私には理解できませんでした。

  「・・・ごめん、あの時文句言っちゃって。」
  「再会したら、お酒を一緒に飲んでくれますか?」

  今では少しは人生経験も積み、文句を言う前に、
  どうして10円玉ばかり使ったのだろうと、
  考えられるようになりました。
  なぜ? と考えることはとても大切です。
  失業中の厳しい生活だからこそ見えてくるものがあると
  感じました。
  10円玉の苦い思い出です。

  さんぽみちクラブでは、防災対策ゲーム(シリーズその6)など
  新しい感覚の人生ゲーム、ボードゲームを手作りしています。
  「楽天ショップ・さんぽみちクラブ」でご紹介しています。
  シリーズその6 「防災対策ゲーム」

  
コメント

10連休 お子さんが具合の悪いときには救急車を

2019年04月27日 | 子育ての苦い経験・喜び
 10連休 お子さんが具合の悪いときには救急車を

  10連休っていいですね~
  私も一度くらい休みに渋滞50キロとか
  はまってみたいと。
  また、主婦(主夫)の方は連休も何もないでしょうか?
  仕事の方、主婦(主夫)の方お疲れ様です。
  
  さて10連休ですと病院も休みで困ってしまいます。
  我が家の息子達は幼い頃には喘息があったり、
  高熱が出たり、結構真夜中に救急車にお世話になっています。
  救急隊の方、救急病院の方、感謝しています。
  
   もちろん、すぐに救急車を呼ぶわけではありません。
   真夜中であっても病院をあたり探しますが、
   それでも見つからないときはお願いしていました。
   息子達それぞれ救急車を依頼し、
   そのまま10日間くらい入院、命が救われたことがあります。
  
  救急隊の方に言われたのですが、
  「幼いお子さんはまだ体も小さいので、
   一気の容態が急変するので、すぐに問い合わせして下さい。」
  と言われ、安心した記憶があります。
  安易に利用することには賛成できませんし、
  普段から子ども達の健康には気をつかうことが
  前提になるとは思いますが。
  いざというときには、子どもの命を守るために
  親として躊躇せず利用した方が良いと思います。


  10連休、事故など無いことを願っています。

コメント

子どもを励ます魔法の言葉

2019年04月26日 | 子育ての苦い経験・喜び
 「子どもを励ます魔法の言葉」

  息子が小学生のころ、学習であれ運動であれ、
  息子の集中力は出来るようになるまで持続しませんでした。
  そのたびに夫婦で、
  「息子達のそんなところはあなたに(君に)似ている」
  とお互い言いあったものです。 
  息子の良いところはお互いに「私に似たな~」と・・・
 
  息子が縄跳びの二重跳びに挑戦していた時です。
  何回か挑戦しても出来ませんでした。
  「ぼくには出来ないのかな~」と子どもがあきらめかけた時、
  「おしいね!」と言ってあげたのです。
  「えっ おしい? そうかおしいか、よ~し」と
  また頑張りだしたのです。
  息子のやる気にちょっとびっくりしました。

  「おしい」と言う言葉には、
  「頑張っているね、君ならもう少しで出来そうだよ!」
  と言う意味があるようです。
  今努力していることを肯定し、親が応援している姿勢も伝えられ
  子どもの気持ちを前向きにしてくれるようです。
   
  何も運動だけでは無くて、かけ算とかで間違った時に
  「おしいな~」と言ってあげると
  「あっそうか え~と」と繰り返し暗唱していました。
  子どもからすれば、うまくいかなくて不安がちになった時、
  「おしいね」と言う親からのメッセージは
  「君なら大丈夫だよ、お母さん、お父さんも応援しているからね」という
  安心感に包み込むようです。

  「おしい!」と言う一言は、
  我が家では子どもを励ます魔法の言葉のようでした。

  さんぽみちクラブでは、防災対策ゲーム(シリーズその6)など
  新しい感覚の人生ゲーム、ボードゲームを手作りしています。
  「楽天ショップ・さんぽみちクラブ」でご紹介しています。
  シリーズその6 「防災対策ゲーム」




コメント