Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

ゴーン is  gone!! されど、ゴーン氏がやった日産労働者への人権侵害を忘れない。

2020年01月03日 | 海外の話題

フランスの公共放送「フランス2」は、ゴーン元会長がレバノンの首都ベイルートに到着したあとの様子を伝える初めての写真だとして、同氏が夫人とワインを楽しんでいるところをニュース番組の中で取り上げた。いい気なもんだよ、全く。

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

人気ブログランキング

 

 

 パスポートを偽造していたら、有印公文書偽造・同行使罪。

 そうでなくても確実に出入国管理法違反で絶対に違法。

 ゴーン氏は今回は完全に確実に日本の刑罰法規を破って、国境も破りました。

 ゴーン氏は、パスポートを何冊も持っていたんじゃなくて国際的闇社会のルートから手に入れた気がしますし、レバノンかフランスの外交特権を利用したり、どっかからプライベートジェット機を持ってこさせたんだと思いますが、ま、とにかく、日本の司法機関は彼に逃げられちゃいました。

 蓄財をしまくったゴーン氏にとっては、15億円の保釈金没収なんて屁でもなかったみたいですから、1500億円くらい納めさせておいて、それでも彼は逃げたでしょうから、それを国庫に入れて何か刑事被告人たちの人権保障に使えばよかったですね。

 いやはや、2019年の年の瀬に本当に苦々しい事件で、私は大晦日に、ある所にこう書きました。

 

 

『年の瀬に、お金持ちならなんでもやりたい放題の、不愉快なニュースです。

もちろん、無断で海外に脱出すれば、保釈は取り消しになりますが、ゴーン氏は国外逃亡を続けるのでしょう。

偽造のパスポートを用意して誰かの小型ジェット機で逃亡したんでしょうね。

もちろん、有罪率99.8%で、なかなか保釈しない人質司法と呼ばれる日本の刑事司法はひどいですよ!

でも、保釈条件は国との約束です。

それを反故にして、こんなやり方で永久に裁判も受けないのは、卑怯千万だと思います。

弁護団は知らなかったと声明を出すに決まってますが、同じ弁護士として不愉快ですね。

https://www.sankei.com/…/affairs/news/191231/afr1912310006-…

 高額報酬で業界では名高い?弘中弁護士。ゴーン氏が彼らに何千万払っているのか何億なのか知らないけれど、自分が雇った弁護士たちに逃げたらどうなるのか日本の法律について質問しないで、ゴーン氏が逃走を実行しただなんて話があるのかしらん。

 

 

 

 もちろん、有罪率99・8%、起訴まで何週間も何か月も保釈申請を認めず、弁護士立ち合いなくして密室で自白の強要し放題の日本の刑事司法は真っ暗闇ですから、そのことがゴーン氏から国際的に知られて、日本に国際世論の外圧がかかるのはむしろいいことだと思いますよ。

 でも、このゴーン氏逃走で、それでなくても厳しい日本の保釈率が一時的には少なくともさらに下がったり、保釈条件が厳しくなったり、日本にいる刑事被疑者・被告人の人権保障状況は悪くなるでしょうが、ゴーン氏はそんなことは知ったことじゃないわけです。

 なにしろ、ゴーン氏が日産に乗り込んできてやったことって、コスト削減と称して、日産の労働者の首を斬りまくり、労働条件を悪化させまくり。なのに経済界もマスコミももろ手を挙げてコストカッター・ゴーンを称賛したわけでしょう。

衝撃のカルロス・ゴーン逮捕。しかし物言えぬ日産の取締役たちも会社法上の責任を免れない。

 

 

 で、ハゲタカゴーン氏は、ルノーが日産をちゃっかりせしめた見返りに巨万の報酬を得た。

 今回の事件の容疑はそれに飽き足らずに、嘘の報告書をでっち上げたり報告をそもそもしなかったりして、さらに日産からお金を搾り取っていたという話です。

 その真偽を明らかにする刑事裁判、いったいどこで開くんですか。

 

 

 日本の労働者の人権を踏みにじってきたゴーン氏が、自分の権利は声高に主張。

 もちろん、刑事被告人としての人権は人権ですから、それを主張する権利は当然あるわけですが、人としてはどうかと思いますよ、全く。

 

 

 

今回の記事は、昨年特別講義に私を呼んでくださった青山学院大学の白井邦彦先生にメールをいただいて議論している中でインスパイアされました。

白井先生、ありがとうございました!

この問題の本質は、日本政府も日本の財界もマスコミも、ゴーン氏のやり方を良しとして手放しで称賛して、日本に暮らす人々の財産が失われ、人権が侵害されようとも、一顧だにしてこなかったということなんです。

だから、何十年もゴーン支配が続いて、その中で違法行為があったのではないかということになっているわけですから。

他方、日本の暗黒司法でもがいているのは、ものすごい辣腕弁護団なんて雇うことができようもないような、日本に暮らす、彼よりもずっとお金のない日本人や外国人の被疑者・被告人たちですよ。

このことは、また別に銘記すべきです。

ブログランキング1位を本気で狙っています!よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

人気ブログランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

 

ゴーン被告はどうやって日本から逃亡したのか 飛び交う諸説
<figure class="media-landscape has-caption full-width lead">Carlos Ghosn pictured in 2018</figure> <figure class="media-landscape has-caption full-width lead">Image copyrightAFP
かつては自動車産業界の大物だった男は、日本で英雄的な立場についた後、同国内で最も有名な刑事被告人の1人になった。そして今、国外逃亡中の身となっている。そのカルロス・ゴーン被告は、いったいどうやって日本を脱出したのか。本当に楽器ケースに身を潜めたのか。特殊な専門チームが集められたのか。民間警備会社も関与していたのか。果たして……?</figure>

億万長者で日産自動車の元会長で、金融商品取引法違反などの罪で起訴され保釈中だったゴーン被告(65)は、今年4月にも開かれる初公判に向けて、数カ月かけて準備を進めていた。少なくとも、日本当局はそうだと信じ込んでいた。

ゴーン被告は昨年3月、保釈保証金10億円を納付し、逮捕から108目に一度保釈されたものの、昨年4月に新たに会社法違反(特別背任)の疑いで再逮捕され、再び勾留された。そして同月下旬、保釈保証金5億円を納付し保釈された。

保釈の条件には、ゴーン被告の住宅の入り口を、カメラで24時間監視することが含まれる。また、使用できるパソコンは弁護士事務所の1台に限定され、携帯電話も1機に制限されるなど、通信面で厳しい制限も課された。海外への渡航も禁止されていた。

そうした中で中東レバノンへ逃れたしたゴーン被告は、日本に赤恥をかかせ、自分の弁護団を困惑させることとなった。昨年の大晦日に発表した声明でゴーン被告は、正義から逃げたのではなく「不公平と政治的迫害から逃げた」と説明した。

被告の主任弁護人を務める弘中惇一郎弁護士は31日、レバノン渡航の知らせを受けて間もなく、「報道されている以上のことは知らず、寝耳に水という状況でとてもびっくりしている。今後、情報が入れば裁判所に提供していきたい」と記者団に述べた。

そもそもゴーン被告はどうやって日本から脱出したのか。これが差し迫った疑問だ

楽器ケースに隠れ出国?

レバノンのテレビ局MTVは、ゴーン被告は、楽団になりすました準軍事的組織の協力を得て、保釈時に認められていた都内の住居を後にしたと報じた。

この報道によると、この楽団はゴーン被告の自宅で演奏後、ほどなくして楽器ケースに隠れたゴーン被告を地方空港へと運んだという。これが本当であれば、身長165センチとされるゴーン被告にとっても窮屈な状態だった可能性がある。

地方空港からプライベートジェットに乗って日本を出国したゴーン被告は、トルコを経由してレバノン入りしたとMTVは報じている。この説を裏付ける事実の提示はなかったが、当然この話はソーシャルメディア上で直ちに広まった。

一方でゴーン被告の妻キャロル氏(54)はロイター通信に対し、楽器ケースに隠れたという話は「フィクション」だと述べた。キャロル氏は、夫がどのように日本から逃れたのかについて詳細を明かすことは拒否した。

ゴーン被告がスパイ映画さながらの変装をするのは、あながちあり得ない話ではない。昨年3月の保釈時には、報道陣を撒くためにマスクをつけ、作業員姿に変装して東京拘置所を後にした。しかしすぐにゴーン被告だとばれ、メディアで笑いものにされた。保釈から数日後、弁護団は「未熟な計画」だったとして謝罪した。

ゴーン被告の役割

複数報道によると、東京からベイルートまでのゴーン被告の逃亡劇は、数週間から数カ月にわたって綿密に計画されていたとされる。

<figure class="media-landscape has-caption full-width">Carlos Ghosn leaves prison in disguise in MarchImage copyrightGETTY IMAGES
米紙ウォールストリート・ジャーナルは、多数の匿名情報筋の話を引用し、ゴーン被告の逃亡計画を実行するために、慎重に実行チームが集められたと報じた。報道によると、このチームには、ゴーン被告を自宅からイスタンブール行きのプライベートジェットへと運んだ日本国内の共犯者も含まれる。ゴーン被告はイスタンブールを経由し、昨年12月30日早朝にベイルートに到着した。</figure>

飛行機の位置をリアルタイム表示するサイト「フライトレーダー24」では、プライベートジェットのボンバルディア チャレンジャーが、ベイルートのラフィク・ハリリ国際空港に昨年12月30日午前4時過ぎに到着したことが確認できる。到着後、ゴーン氏は妻キャロル氏と面会した。キャロル氏はベイルート生まれで、この逃亡計画に深く関与しているとウォールストリート・ジャーナルは報じている。

複数報道によると、ゴーン被告を自宅からこっそり連れ出す際に民間警備会社が協力していたという。

英紙フィナンシャル・タイムズによると、この民間警備会社は数カ月にわたってゴーン被告の逃亡を計画し、複数のチームに分かれて異なる国々で活動した。この計画に詳しい人物2人が、日本国内の支援者の協力を得て準備が進められたと証言したという。

フィナンシャル・タイムズは、ゴーン被告が出国した地方空港について、関西空港だったとしている。ゴーン被告は保釈中、居場所を監視するための電子タグの装着は義務づけられていなかったという。

ゴーン被告に近い2人の人物の話としてロイター通信が報じたところによると、プライベートジェットの操縦士ですらゴーン被告が搭乗していることを知らなかったという。

ゴーン被告が保釈中に行方をくらませ、日本を出国するという計画の裏で動いていた重要人物は、妻のキャロル氏だったと複数メディアが報じている。ゴーン被告の弁護団によると、キャロル氏とゴーン被告は昨年12月24日、1時間以上会話をしていた。夫妻は保釈条件として、面会や連絡を取り合うことを禁止されていた。

これについてゴーン被告は2日、声明を発表し、「私の妻キャロルや他の家族が、私の出国に役割を果たしたと推測する報道があります。こうした推測は全て不正確で間違っています。私は独りで出国の準備をしました。私の家族は全く何もしていません」と表明した。

ゴーン被告がレバノンに到着した後、キャロル氏はウォールストリート・ジャーナルに対し、夫との再会は「自分の人生の中で最高の贈り物」だったと述べた。一方で、関与が疑われている逃亡計画については言及しなかった。

キャロル氏は昨年6月、BBCの単独取材に応じ、「夫を取り返したい。私のそばに居てほしい。私は夫が無実だと分かっている」と述べたほか、当局はゴーン夫妻を「脅し、自尊心を傷つけた」と語った。

<figure class="media-with-caption">
ゴーン被告は罪状について繰り返し否定している。</figure>

3つのパスポート

ゴーン被告がレバノン入国時に使用したパスポートについては、複数の疑問が残る。被告はブラジル、フランス、レバノンの3カ国のパスポートを持つが、日本の弁護団はすべてのパスポートを国内で預かったままだ。

企業経営者に認められる場合がある複製パスポートをゴーン被告が所持していたのかは、分かっていない。レバノンで発効された外交旅券を所持していた可能性があるとの報道もある。

仏紙ル・モンドは、ゴーン被告は身元を示すなんらかの身分証明書を使ったとしている。また別のメディアは、被告がフランスのパスポートあるいは別人になりすました偽造パスポートを使ったのではないかと報じている。

ゴーン被告の広報担当者はフィナンシャル・タイムズに対し、同被告がフランスのパスポートを使ってレバノンに入国したと述べた。しかし、どのように日本を出国したかについては明かさなかった。

レバノン外務省の政治問題担当のガディ・フーリー氏は、ゴーン被告がフランスのパスポートとレバノンのIDを使って同国に入国したと、フィナンシャル・タイムズに述べたという。

NHKは2日夜、関係者の話として、元会長はフランスから旅券を2通発行されており、逮捕当初は弁護団が保管していたものの、逃亡当時はフランス旅券を1通所持していたと伝えた。

朝日新聞によると、ゴーン被告が日産の役職を解かれて日本の在留資格の証明書を失い、入管法の規定で旅券の携帯義務が生じたため、弁護団が保釈条件の変更を請求した。東京地裁は昨年5月、中身が見える鍵付きの透明ケースに入れたフランス旅券1通の携帯を被告に認めたという。ダイヤル式ロックの番号は弁護団が管理し、被告には伝えていなかったという。

<figure class="media-landscape has-caption full-width">Image shows a portrait of Carlos Ghosn on a publicity billboard in his support on a street in BeirutImage copyrightAFP
ゴーン被告の逃亡によって恥をかかされた日本では、ある政治家が、同被告はどこかの国家の支援を受けていたのかという疑問を投げかけた。また、前東京都知事の舛添要一氏はツイッターで、フィナンシャル・タイムズの記事を引き合いに、「レバノン政府がゴーンの希望が叶えられるように支援していたことは、この点からも裏付けられる。国家の関与がなければ、これだけの逃走劇は不可能だ」と述べた。</figure>

レバノンで育ったゴーン被告は、同国内に物件を所有している。現在も国民的人気があり、成功者として称えられ、切手になったこともある。

<figure class="media-landscape no-caption full-width">Image shows Carlos Ghosn on a Lebanese postage stampImage copyrightLIBANPOST</figure>

ロイター通信は2人の人物の話として、ゴーン被告の勾留中、駐日本レバノン大使が毎日、同被告を訪問していたと報じた。レバノン大使はこれまでのところ公に反応していない。

レバノン政府は、ゴーン被告の逃亡への関与を否定している。

サリーム・ジャリーサーティ内相は、「レバノン政府は、レバノンに来るという(ゴーン被告の)決断とは全く関係がない」、「入国時の状況について我々は知らない」と米紙ニューヨーク・タイムズに述べた。

一方、フーリー氏はフィナンシャル・タイムズに対し、レバノン政府は「(ゴーン被告)の身柄引き渡しを要請していた」が、今回の逃亡については政府は関与していないと述べた。

フランスとトルコも、今回の逃亡計画を知らなかったとしている。

レバノンは、日本と犯罪人引渡し条約を結んでいない。そのため、今後ゴーン被告の公判が開始されない可能性がある。

日本政府は2012年~2016年度だけでもレバノンに、計約210億円相当の開発援助を提供している。それだけに今後、ゴーン前会長の引渡しを要求することが予想される。

しかし、そもそもこれほど有名な刑事被告人がいったいどうやって日本国外に逃亡できたのか。日本は今後、その疑問に答えていかなくてはならないだろう。

(英語記事 How did Carlos Ghosn escape Japan?

 

 

日産ゴーン逮捕、不正報酬分の50億円あれば社員8千人の解雇は不要だったとの指摘も
文=編集部 ビズジャーナル

 

逮捕されたカルロス・ゴーン容疑者(写真:ロイター/アフロ)

 日本はおろか世界にまで激震が広がった、日産自動車会長のカルロス・ゴーン容疑者逮捕の一報。かつて経営難を乗り越えたことで称賛を浴びたゴーン容疑者だが、強引な経営策に内外から不満の声が噴出していた点に改めて注目が集まっている。

 東京地検特捜部が金融商品取引法違反(有価証券報告書の虚偽記載)の疑いでゴーン容疑者と同社代表取締役グレッグ・ケリー容疑者を逮捕したのは11月19日。日産は逮捕直後にニュースリリースを掲出し、内部調査による不正行為の判明や、これまで検察当局に情報提供・捜査の面で全面協力を行ってきたことを発表した。また、ゴーン容疑者、ケリー容疑者それぞれの役職解任を取締役会で提案すると明かした。

 ゴーン容疑者はフランスの自動車会社ルノーで役職を持つ傍ら、1999年に同社と日産の業務提携によって日産の最高執行責任者(COO)に就任。「日産リバイバル・プラン」を発表し、人員削減を含めたコスト削減を次々と断行して日産の業績を劇的に回復させた。

 経営の立て直しを評価される一方、“数字重視”の改革に疑問を唱える声も少なくない。自動車ジャーナリストの遠藤徹氏は、毎日新聞の取材に「彼が来てから国内販売網はズタズタにされ、売れそうな車種以外は切り捨てられた」と答えている。また、ゴーン容疑者は2014年3月期決算が予想を大きく下回った際、日本人トップの志賀俊之COOを事実上の更迭。17年9月に国土交通省から検査不備を指摘された際も、対応を西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)に丸投げした。自己保身に走り首尾よく立ち回る姿には、「責任逃れ」との指摘が相次いだ。

 ジャーナリストの井上久男氏はウェブメディア「現代ビジネス」で、ゴーン容疑者の逮捕について、日産とルノーの関係性に言及している。ルノーの筆頭株主であるフランス政府のエマニュエル・マクロン大統領は日産との経営統合に意欲を見せており、井上氏は「日産の西川CEOは、経営の独自性が維持できなくなるとして、これ以上ルノーの支配が強まることを嫌った」と指摘。このままルノーCEOでもあるゴーン容疑者とゴーン派のケリー容疑者が失脚すれば、西川社長が日産の取締役会で大きな権限を持つことになる。

 ゴーン容疑者らの逮捕直後に開いた会見で、西川社長は「クーデターではない」と強調した。しかし、今回の一件をめぐっては、強引な舵取りを見せたゴーン容疑者への不満の爆発や、今後の日産の経営を見定めた上での逮捕劇という見方が強い。強権者への不満と経営をめぐる利害関係が見え隠れしており、単純に“ゴーン容疑者らの不正”という言葉だけでは片づけられない様相を呈している。

「ゴーンの奇跡」のまやかし
 また、逮捕を転機に、かつては称賛された「ゴーン流改革」「ゴーンの奇跡」に対する懐疑的な見方も広がっている。

 ネット上では、「コストカッターとして冷酷な首切りをやりながら、自分は莫大な不正蓄財をやっていたのか」「そもそもゴーンのやったことは“日産版ショック・ドクトリン”にすぎない。経営陣と労組の争いに外から入ってきて、2万人のリストラと5つの工場閉鎖を断行したんだから」「『日産の業績を奇跡的にV字回復させた』と言われるけど、その陰に大勢の解雇者がいることに納得できない」という声があがっており、「もし松下幸之助が生きていたらなんて言うだろう?」と、業績が苦しいときでも従業員を解雇しない方針だった“経営の神様”と比較する声も見られる。

 また、横浜合同法律事務所はツイッターで19日に「2009年2月9日、カルロスゴーンの記者会見で、国内で約8000人もの非正規労働者が解雇されました。いわゆる『派遣切り』です。今もこの派遣切りの撤回を求めて、5人の原告が労働委員会でたたかっています。不正された50億円があれば、派遣切りはなかったのではないでしょうか。怒りしかありません」と投稿し、1400以上のリツイートを記録している。


過去3回、役員報酬トップに
 逮捕容疑では、ゴーン容疑者はケリー容疑者と共謀して、10年度から14年度の5年分の報酬を約50億円過小申告していたという。東京商工リサーチの調査によると、ゴーン容疑者は上場企業の1億円以上の役員報酬の開示制度が始まった10年3月期決算から9年連続で1億円以上の役員報酬を得ている。16年5月に日産の傘下に収めた三菱自動車工業からも、18年3月期に2億2700万円の役員報酬を受け取っている。18年3月期は2社合計で9億6200万円で、これは同年度の11位に相当する。

 累計額は過去9年で合計90億900万円(日産が9回で87億8200万円、三菱自が1回で2億2700万円)。過去最高は17年3月期の10億9800万円で、これは1億円以上の役員報酬を受け取った役員の歴代30位に該当するという。さらに、09年度(10年3月期)、10年度(11年3月期)、12年度(13年3月期)には年度別で役員報酬トップに立っている。

 かねて高額報酬に対する批判に反論してきたゴーン容疑者だが、その代償は大きそうだ。
(文=編集部)

ニュースサイトで読む: https://biz-journal.jp/2018/11/post_25613_2.html
Copyright © Business Journal All Rights Reserved.

 

ブログランキング1位を本気で狙っています!よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

人気ブログランキング

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 


コメント (9)   この記事についてブログを書く
« 2020年、謹賀新年! I... | トップ | トランプ米大統領が「自衛」... »
最新の画像もっと見る

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
新年の抱負? (suterakuso)
2020-01-03 15:04:26
ゴーンはブラジル生まれ、レバノン育ち、フランスで高等教育を受ける、ブラジル、レバノン、フランスの多国籍人、という私たちからみると極めて特殊な来歴の人物のようですね。この来歴と彼の「成功」との関係は、やはりこれから解き明かされていってほしいことだと思います。

ゴーンを端緒として見つめられるべきことは沢山あると思います。

・日本の人質司法
・日本政府の間抜け振り
・日産の経営陣
~次の記事には盛大な「おまいう」とクソ腹が立ちました~
日産幹部「それ見たことか」 保釈判断に疑問の声も
https://www.asahi.com/articles/ASMD05FMGMD0ULFA00J.html
・ゴーンがなぜ多国籍企業で重用されるのか
・多国籍企業の「CEO」の報酬の源泉
・レバノンという国
~一部世代にだけ、内戦が起きた悲劇の国としてだけ知られている国の現在の実態…「忘れられた国」の問題…「中東」問題~
・フランス政府(あるいは「国際社会」)の建前と実際
~ルノーの最大株主はフランス政府~

記事中に「闇」という言葉がありますが、これらの背後にはやはり深い闇が潜んでいるように感じます。そして、それらを見つめていくことは、私たちをニヒリズム(哲学的に肯定的な意味が与えられてない意味での)へと誘うことでもあると思います。話題を変えますが、昨年中村哲さんが殺害されたアフガニスタンもまた「世界に忘れられた国」と言われることの多い国でした。中村さんに感銘を受けるのなら、中村さんの死をふくめ、私たちが「闇」に直面した時こそ、やはり、私たちは肯定的な力を振り絞っていかなければならないと思います。そうしないと彼らの死を浮かばれないものにしてしまうと思います。
[山高ければ谷深し] (バードストライク)
2020-01-03 20:13:58

ども〜。
あけまして おめでとうございます。
年初から更新 ハイペースですね w
ランキング1位を目指して「本気」ですね!

ある面胸がすくような脱出劇ではあるものの、ネットではゴーンが日産従業員や下請けに対して行なった冷酷な悪行や、弘中弁護士の落ち度が指摘されないまま(むしろ、人権派弁護士らが弘中氏を擁護している)なので、非常に片手落ちだと不愉快に思っていました。
それをズバリと指摘しているのは、さすが、管理人さんだね!


パスポートについて。
> 弁護側は昨年5月、「旅券不携帯で入管難民法違反になる」として条件変更を地裁に請求。地検は海外逃亡の恐れが高いとして反対意見を出したが、地裁は2冊あるフランスの旅券のうち1冊を鍵付きケースに入れて携帯し、鍵は弁護団が預かるとの条件で請求を認めた。

 弁護団の弘中惇一郎弁護士は逃亡発覚直後、全ての旅券は預かったままだと明らかにしたが、2日、「地裁と協議して鍵付き旅券を所持していた経緯を失念していた」と釈明した。

 日本出国の際は不正な手段が使われた疑いが強く、この旅券が使われた可能性は低いとみられるが、レバノン政府当局者は、フランスの旅券で合法的に入国したとしており、この旅券が使われた可能性がある(引用終わり)


「フランスのパスポートが2冊ある」←??
「1冊はゴーン氏が持っていることを忘れていた by 弘中弁護士」←???

こんなこと、あるんでしょうか?


ゴーンの前妻・リタ夫人の書いた本を持っていた。
彼女はゴーンとの間に子どもを5, 6人もうけており、家庭では夫を立て、子どもらの教育に腐心している様子を書いたものだが、つまんないので途中で放棄。

愛と信頼で結ばれた、素晴らしい家族像を描いていたようだが(なんせ途中放棄なので、たぶんね)、その10年後に2人は泥沼の離婚劇を繰り広げた。
リタ前夫人はゴーンの暴力と浮気をぶちまけ、彼女の言い分を信じるならば、ゴーンはトンデモ・モラハラ夫なのであった(医師に「リタは精神病」と偽診断書を書かせたり、車輌事故で殺されそうになったり、全力の慰謝料不払い工作をされたり)。

あの本代、返せ!!!

Unknown (ラベンダ)
2020-01-03 21:53:36
私もゴーンは嫌いな部類ですが、一応。

まずはいつもの弁護士叩きに勤しむ恥知らずの産経記事
「「世界に恥さらした」…出国のゴーン被告、検察の懸念的中 裁判所も動揺」
(https://www.sankei.com/smp/world/news/191231/wor1912310018-s1.html)

そしてその有力な(というより当たり前の)反論としての記事(亀石倫子さんのツイッターで知りました)
「逃亡後のゴーンが明かした日本への「復讐計画」」
(https://toyokeizai.net/articles/amp/322811#click=https://t.co/EKGKzHpM5l)


どうしてこんな簡単なこと(被告の人権問題や弁護士の役割)を皆理解できないのか(有力な左翼側にも徐々に浸透しているのが実に嘆かわしい)。

ちなみに私は日本の人権状況が酷いことは迷わず頷けますが、だからといって海外(特にヨーロッパ先進国)の人権状況を盲信してません。


イギリス
「乳児虐待の罪で服役中の父親、他の受刑者に襲われる 英国一荒れた刑務所で」
(https://news.biglobe.ne.jp/international/0829/tec_180829_4591745340.html)

「塀の中の不満爆発 待遇改善求め大暴れ 英バーミンガム刑務所」
(https://news.yahoo.co.jp/byline/kimuramasato/20161217-00065585/)


フランス
「フランスをビビらせる東京拘置所。フランスの刑務所は?」
(https://news.yahoo.co.jp/byline/puradonatsuki/20181203-00106324/)


以上が、世界で最も人権保護に積極的な「人権先進国」の刑事施設及び司法の人道的処遇です。まあ日本はこれらの国々のやり方を見習い真似すべきだと普段から言われているわけですね(勘違いされるかもなので言いますが、日本は明確な人権後進国です)。
Unknown (怒りの日)
2020-01-03 22:54:44
あけましておめでとうございます。今年も時々投稿させていただければと思います。
この問題に関しては、ゴーン氏がやってきたこととは別問題として、やはり「人質司法」と言われる日本の「前近代的で人権無視の司法業界全体」への警鐘と捉えるべきと思いますね。
籠池夫妻もそうでしたが、ゴーン氏についても、拘束しすぎ、制限しすぎ、やりすぎです。ゴーン氏や籠池夫妻を日本の社会が一定期間、死刑にしてきたようなものです。
だから、犯罪人引き渡し条約をアメリカと韓国の2ヶ国としか結べないのでしょう。死刑制度もさることながら、「無罪の者にも実質的な刑罰を与えてしまう、日本の司法業界並びに日本の社会」に対して、世界中からノーが突きつけられているのだと思われます。
あけましておめでとうございます (ゴメンテイター)
2020-01-04 00:41:59
あけましておめでとうございます。

年末から年始にかけて、話題の中心はゴーン氏。

法の支配からはほど遠い日本から、脱出したゴーン氏。
私にはそう思えます。

「こんなやり方で永久に裁判も受けないのは、卑怯千万だと思います。」
山口何某が不起訴となった時にも、このコメント、欲しかったですね。

日本の司法が、先進国とは到底言えない現状は、司法に携わるすべての人の責任、などとは申しません。しかし、現状を批判することなく、権力に唯々諾々と追随する姿は、見苦しい限りです。
せめて、問題点を広く伝えるぐらいのことはされたほうがいいでしょう。

日本の司法制度の歪みは

警察に「逮捕、不逮捕の裁量がある」こと、
検察に「起訴、不起訴の裁量がある」こと、
そして、裁判所が、裁判官が、決定、判決に責任を持たないことによるでしょう。

冤罪事件の責任を取った司法関係者がいるでしょうか。
愛媛の女子大生でっち上げ逮捕で、取り調べを行った警察官はクビになりましたか? 逮捕令状を発付した裁判官はクビになりましたか?

こんな日本から脱出したゴーン氏。

抵抗することなく、人の支配に屈しろとなどとは私には言えません。
Unknown (suterakuso)
2020-01-04 08:28:34
昨日コメントした時に恥ずかしながら気づいていませんでしたが、昨日、トランプの恐るべき蛮行が報道されましたね。

米軍、イラン革命防衛隊幹部を空爆で殺害 高まる緊張感
https://www.asahi.com/articles/ASN133RKTN13UHBI00H.html?iref=pc_rellink_01

まさしく「闇」が世界に牙を剥き、襲い掛かった、ということだと思います。

最新のこちらの記事にコメントしようか、それとも、そんな状況の直前に派兵が決定された自衛隊の記事にコメントしようか、少し悩みましたが、自分のコメントとの流れから、こちらにします。
誤解のないように (ゴメンテイター)
2020-01-04 09:18:50
先の私共のコメント。

「ゴーン氏のことを評価しているから」などと誤解されては困ります。

ゴーンが日産にしゃしゃり出てきたとき、「どうしてこんな人物を」と思い、高額報酬に腹立ちました。

しかし、日本の司法の悲惨な状況を論じることとは別の問題です。

「日本の司法に問題があると思いながら、ゴーンが嫌いだから脱出を非難する」というのは、
死刑制度に反対しながら「安倍を死刑に」と叫ぶようなものでしょう。

それから、「これで保釈制度の見直しが進む」という考えがあるようですが、この点は心配しています。ますますひどい司法制度へと突き進んでしまいそうです。「自白」して自白調書に署名するまで保釈を認めないなどという基準ができては大変です。まあ、現状それに近いようですが、今のところは保釈の判断は、裁判所がしているようです。

ところで、取調べの可視化はどうなったんでしょうか?
皆様 今年もよろしく (時々拝見)
2020-01-04 18:00:55
 個人的には何となく明けてしまった新年ですが。
 園遊会モドキのサクラ(費用を主催者が少しでも出してたら)を見る会や自民党議員逮捕を隠したいアベ氏としては、お年玉級の事件が起きましたね~。
 安倍保身法まで作ったのに、治安とやらはどうなってるんでしょうねえ?

 日産社員のクビきりで行った蓄財、追及するとまずいことでもあるんでしょうか?
首切りをさせたのは誰? (kei)
2020-01-09 14:49:49
https://blue-38.com/?p=15729

一年前の逮捕の時から訝しく思っていました。
首刈り族ゴーン氏のことは私も嫌いでしたが、こうなってくると検察の愚かさの方を腹立たしく思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。