Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

日本という社会全体の恥。1996年まで行われていた旧優生保護法による強制不妊手術。裁判所は「旧優生保護法に基づく強制的な手術は憲法13条が保護する私生活上の自由を侵害する」。

2020年06月30日 | 法律と裁判・事件
これからもぜひ毎日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!! にほんブログ村 社会・経済ランキング      皆さんはご存じだったのでしょうか。  私は不明を恥じなければなりません。  まさか、1996年、20世紀の末まで、日本の社会のどこかで知的障害者の方などが、国から強制的に断種手術や不妊手術をされていただなんて、2018年に一人の女性が仙台 . . . 本文を読む
コメント (2)

「安倍政権の守護神」「官邸の用心棒」黒川弘務東京高検検事長の定年延長問題。特別法の検察庁法が優先され、一般法の国家公務員法は排除されるから、定年延長が違法なのは当然だ。

2020年02月12日 | 法律と裁判・事件
今日もぜひ毎日一回、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!!! にほんブログ村 社会・経済ランキング      すみません、この問題は先月から法曹界では話題になっていたのですが、黒川って人がどう悪い奴なのか(笑)、いまいちわからなくて放っておいて申し訳ありませんでした。  検察官の定年は、検察庁法で検事総長は65歳、それ以外は63歳となっていて、東京高等検 . . . 本文を読む
コメント (2)

川崎・練馬「ひきこもり」(で一括りに語られる)殺人事件。立川志らく師匠や橋下徹氏は大事なことを忘れてはいないか。

2019年06月05日 | 法律と裁判・事件
   ここ一週間、本当に痛ましい事件の連続で、ニュース番組を見るのもためらわれるような状態です。  お亡くなりになった方々、そのご遺族などの皆様に心からお悔やみ申しげます。  もう、テレビや新聞紙上で語りつくされ、「一人で死ね」是か非か論争なども起こっているそうですが、とにかく、「ひきこもり」で一括りにするな、さらには「ひきこもり」という言葉をやめろとは思います。  「登校拒否」 . . . 本文を読む
コメント (6)

【祝】澤藤先生がDHCスラップ訴訟で勝訴確定!最高裁がDHC・吉田会長の上告不受理決定。DHCらに完勝!

2016年10月08日 | 法律と裁判・事件
   私も控訴審段階から弁護団の末席に加えていただいた、健康・サプリメントのDHCと吉田嘉明会長が、一弁護士のブログである澤藤統一郎の憲法日記の記事によって名誉を棄損されたとして、最初は2000万円!最終的には6000万円!!の慰謝料を請求したDHCスラップ訴訟(スラップ訴訟は恫喝訴訟の意)。  澤藤先生のブログの中身は、現維新の渡辺喜美議員に8億円もの貸し付けを吉田会長が行なったこ . . . 本文を読む
コメント (1)

高畑裕太氏の人権も、被害者女性の人権も大事にする事件報道と、世論の受け止め方。

2016年09月10日 | 法律と裁判・事件
   同じ弁護士でも刑事弁護を中心にやっておられる郷原弁護士と、女性の人権事件を多くやっておられる太田弁護士では全くものの見え方が違うということが後に引用したブログやフェイスブックの記事でお分かりになると思うのですが、私も少しだけ感想を。  私がまず驚いたのは、高畑容疑者が不起訴処分になったとたんにテレビの報道では、高畑祐太さんとさん付けになったことです。  それまでは極悪人のよう . . . 本文を読む
コメント (16)

北海道の男の子の事件。保護責任者遺棄罪になりかねませんから行き過ぎたしつけはご用心。

2016年06月03日 | 法律と裁判・事件
   北海道七飯町の山林で行方不明となっていた小学生の男の子田野岡大和くん(7)が、2016年6月3日朝、隣の鹿部町の自衛隊の演習場で6日ぶりに見つかり、無事、保護されました。  大和くんは、5月28日、人や車に石を投げたとか何とかで、ご両親が 「しつけのため」 として置き去りにしたあと行方が分からなくなりました。 いかにもワンパク小僧。昨日まではこの写真を見ると胸が痛んで . . . 本文を読む
コメント (22)

認知症徘徊事故、家族が監督義務者の責任を負わないとする画期的な最高裁判決。そして残された課題。

2016年03月02日 | 法律と裁判・事件
   2007年12月、愛知県大府市のJR共和駅の構内で、認知症の91歳の男性が電車にはねられ死亡した事故で、JR東海は振り替え輸送にかかった費用などの賠償を求める裁判を起こし、1審と2審はいずれも家族に監督義務があるとして賠償を命じていました。  この場合、亡くなった男性が起こした事故は一種の不法行為であり、JR東海は不法行為の被害者ということになりますから、本来は男性が . . . 本文を読む
コメント (5)

DHCスラップ訴訟、被控訴人意見陳述。表現の自由の最高の価値と、それを脅かす金と力の裁判の罪。

2015年12月25日 | 法律と裁判・事件
みんなの党の代表(当時)であった渡辺喜美議員への8億円「献金」は、献金した吉田嘉明DHC会長が自ら週刊新潮に手記を書いて詳細を明らかにしたものだった。 澤藤弁護士は、その事実からの当然の、常識的な推論として、DHCには渡辺議員とみんなの党に献金するだけの理由があったのだろうと書いたに過ぎない。      みんなの党(解党)元代表の渡辺喜美・前衆院議員が、DHC会長の吉田 . . . 本文を読む
コメント (2)

澤藤統一郎弁護士に対するDHCスラップ訴訟、12・24東京高裁第1回口頭弁論の法廷傍聴へのお誘い!

2015年12月23日 | 法律と裁判・事件
私が尊敬する澤藤統一郎弁護士が、「健康」サプリメントで有名なDHC吉田会長から訴えられたDHCスラップ訴訟の控訴審。 東京高裁での口頭弁論第一回期日が明日クリスマスイブの2015年12月24日に行われます。 超有名ベテラン弁護士で(ひそかに私は日本最高と思っている)、第一審で完勝しておられる澤藤先生でさえ、この口頭弁論に多数の傍聴人が詰めかけていただけると、非常に心強いとおっしゃっています . . . 本文を読む
コメント (13)

6月1日より自転車のルール変わります!危険運転14種類、摘発2回で講習1回。スマホしながら運転は?

2015年06月01日 | 法律と裁判・事件
警察庁HPより      2015年6月1日より、改正道路交通法が施行されました。  改正道交法では、主に自転車の交通ルール違反や自転車での悪質な運転者への対策強化が盛り込まれており、注目すべきは自転車の運転車に対して14項目の違反対象を設け、これらの違反を3年以内に2回以上繰り返すと自転車利用者に講習の受講を義務づけられていることです。  適用されるのは14歳以上で . . . 本文を読む
コメント (1)

「週刊文春」の1ページ目に謝罪広告命じる画期的な判決! 自民元候補・元女優への名誉毀損で東京地裁

2015年05月28日 | 法律と裁判・事件
   これは異例ですが、素晴らしい画期的な判決です!  暴力団組長と交際していたなどと週刊文春に報じられ、2013年の参院選への出馬辞退を余儀な くされたとして、元女優の田島美和さん(51)が文芸春秋に1650万円の賠償などを求めた訴訟の判決で、東京地裁の倉地真寿美裁判長は2015年5月 27日、440万円の賠償と謝罪広告の掲載を命じました。  判決で倉地真寿美裁判長は 「関係者 . . . 本文を読む
コメント (8)

最高裁が親の監督・賠償責任認めず 「子どもの蹴ったボールよけて転倒死亡」事故で「偶然なら免除」

2015年04月09日 | 法律と裁判・事件
よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです! 人気ブログランキング にほんブログ村     親の目の届かないところで幼い子どもがした行為で、他人がけがなどを負ったとき、親がどこまで賠償責任を負うべきかについて、最高裁判所は、2015年4月9日、 「子どもの行為が通常なら危険がないもので、偶然起きてしまった事故の場合には、原 . . . 本文を読む
コメント (12)

地下鉄サリン事件から20年 中川死刑囚の母「でも、昔に戻ってくれました。だから本当に覚悟しています」

2015年03月15日 | 法律と裁判・事件
 オウム真理教の元幹部で、地下鉄サリン事件などにかかわった中川智正死刑囚が獄中で俳句を作り続けている。題材は、幼少期の回想から自らの死を見つめたものまで。裁判では罪を全面的に認め、涙を流した男の繊細さをうかがわせる作品もある。      25年前、東京で弁護士になりたてだった私は、「坂本一家を救う会」の主催した集会で舞台に立って、坂本一家救援のための演劇に出させてもらいま . . . 本文を読む
コメント (2)

最高裁で敗訴が確定した東京大空襲訴訟が問いかけたもの 戦争被害を国民は受忍できるのか

2013年05月09日 | 法律と裁判・事件
   1945年(昭和20年)3月の東京大空襲の被害者や遺族ら130人余りが「軍人やその遺族などには補償があるのに、空襲の被害者に援助がないのは不当だ」と主張して、国に謝罪と賠償を求めて提訴していた東京大空襲訴訟で、最高裁判所は2013年5月9日までに原告の上告を認めない決定を出し、被害者や遺族の訴えをすべて退けた判決が確定しました。  この東京大空襲では、米軍機が東京の浅草など住宅 . . . 本文を読む
コメント   トラックバック (3)

発達障害でひきこもり30年の殺人事件 一審判決を破棄して減刑 障害に無理解な裁判員の問題点も

2013年02月26日 | 法律と裁判・事件
ひきこもり支援ガイド[単行本] 森口 秀志(著), 川口 和正(著), 奈浦 なほ(著) 全国で百万人といわれ、大きな社会問題となった「ひきこもり」。行政の窓口で対応してくれるのか?民間の支援団体にはどんなものがある?専門家や医療機関に相談したいのだが?こう した種々の疑問に答える、ひきこもり本人や家族の立場にたった、ガイドブック決定版。全国各地で活動する約140の団体と個人を紹介、うち代表的な . . . 本文を読む
コメント (5)