Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

福島原発刑事訴訟 勝俣恒久被告人(元東京電力会長)が「原発安全の責任は全部現場にある」の無責任!

2018年10月31日 | 福島原発事故
   東京電力福島第一原発事故をめぐり、業務上過失致死傷罪で強制起訴された東京電力の旧経営陣3人の第33回公判が2018年10月30日、東京地方裁判所の大法廷で行われました。旧経営陣3人は、原発事故をめぐって、津波を予測できたのに対策を怠り、病院の入院患者らを死亡させるなどした罪に問われているのです。  この裁判では、被告人ら東電の元トップに過失があったのか、つまり、福島原発を襲った . . . 本文を読む
コメント (2)

東日本大震災、福島原発事故から7年。日本は前進したか。

2018年03月11日 | 福島原発事故
   そして、日本に帰ってきて問い詰められると これぞフェイク      今日、2018年3月11日は、東日本大震災と福島原発事故からちょうど七年目にあたります。  亡くなった方々に心から哀悼の意を表するとともに、遺族の方々、まだ避難されている方々、その他多くの罹災者、被害者の方々に心からのお見舞いを申し上げます。  地震と津波自体は天災であり、人間の力で避けることはできません。 . . . 本文を読む
コメント (11)

原発避難者訴訟、国と東電に損害賠償を命じる!東電と国は津波と原発事故を予測できた!!

2017年03月17日 | 福島原発事故
   福島第一原発事故で群馬県に避難した人や家族ら137人が国と東電に1人当たり1100万円の損害賠償を求めた集団訴訟の判決が2017年3月17日、前橋地裁でありました。  同様の訴訟は全国で約30件あり、約1万2千人が参加していますが、集団訴訟としては初めての判決で、福島原発事故をめぐって、国の違法性についての初めての司法判断でもあり、国や東電の過失を認めるかが大きな争点でした。 . . . 本文を読む
コメント (71)   トラックバック (1)

経産省の有識者会議。福島第一原発の廃炉費用が総額2兆円のはずが年数千億、数十年かかる見込みに=計数十兆円?(涙)。

2016年10月25日 | 福島原発事故
   東京電力の福島第一原子力発電所の廃炉費用などを検証している国の有識者会議が2016年10月25日に開かれました。  この会議は、福島原発事故の賠償や廃炉の費用をどう賄うかを検討するため、経済産業省が設置したもので、25日の会合では、廃炉費用について、国による費用の見通しが示されました。  それによりますと、溶け落ちた核燃料の取り出しなど困難な作業にかかる費用を計上すると、 . . . 本文を読む
コメント (5)   トラックバック (1)

福島原発事故で掛かる除染・廃炉・損害賠償などの費用のうち、国民の負担額が4兆2千億円を超えた

2016年08月29日 | 福島原発事故
   福島原発事故でかかる費用のうち、国民の負担額が昨年末までで4兆2660億円以上になることが時事通信社の調査でわかりました。  さっそく、記事の全文を引用します。 負担額4兆2000億円超す=福島原発事故で国民転嫁―除染・廃棄物費用など 時事通信 8月29日(月)7時16分配信  東京電力福島第1原発事故で掛かる除染や廃炉、損害賠償などの費用のうち、国民の負 . . . 本文を読む
コメント (25)

枝野官房長官は2011年3月13日に炉心溶融の可能性を認めていた。東電の第三者検証委員会調査は誤り。

2016年06月21日 | 福島原発事故
   やはり、民進党を貶めるための罠だったようです。  東京電力が福島第1原発事故当初、原子炉の核燃料が溶けるメルトダウン=「炉心溶融」が起きていたのに、炉心溶融と言わずに「炉心損傷」と過小評価の説明をしていたことが明らかになっています。 島原発事故のメルトダウン隠し。東電の清水社長が炉心溶融という言葉を使うなと指示を出していた!      この問題に . . . 本文を読む
コメント (31)

福島原発事故のメルトダウン隠し。東電の清水社長が炉心溶融という言葉を使うなと指示を出していた!

2016年06月16日 | 福島原発事故
   東京電力が福島第1原発事故当初、原子炉の核燃料が溶けるメルトダウン=「炉心溶融」が起きていたのに、炉心溶融と言わずに「炉心損傷」と過小評価の説明をしていたことが明らかになっています。  この問題について同社が原因調査を依頼していた第三者検証委員会が 「当時の清水正孝社長が『炉心溶融という言葉を使うな』と社内に指示していた」 との報告書をまとめたことがわかりました。 & . . . 本文を読む
コメント (16)

班目春樹元原子力安全委員長独白。福島原発事故「あんな人を総理にしたから罰が当たったのではないか」

2016年03月14日 | 福島原発事故
   旧原子力安全委員会の委員長だった班目春樹氏のロングインタビューがフジテレビで行われたのが話題になっています(今なら動画でご覧になれますが、突拍子もない、笑っちゃいけないところで笑うので、こちらが心配になるくらいです)。  いずれ削除されてしまうと思うので、記録のために記事にしておきます。  さて、班目氏といえば、今の田中俊一原子力規制委員会委員長と同じく特異なキャラで、原子力 . . . 本文を読む
コメント (10)

甘利明氏の原発スラップ訴訟「日本なんてどうなってもいい」。番組から逃げ空席を映されたら「名誉毀損」

2016年03月09日 | 福島原発事故
  スラップ訴訟とは恫喝訴訟と呼ばれています。相手を脅して、言論の自由を封殺することが目的の威嚇訴訟です。      自分の後援会つくりを任していた千葉県の建設会社がURともめたことへのあっせんを求められ、事務所全体で1200万円ものお金を受け取ったという疑いが発覚している甘利明元経済再生担当相。    最近はTPP交渉で目立っ . . . 本文を読む
コメント (11)   トラックバック (1)

福島原発事故、東電の旧経営陣3人を強制起訴へ。指定弁護士たちが有罪に持ち込める可能性は?

2016年02月26日 | 福島原発事故
   福島第一原発の事故をめぐり、東京地検は告発された勝俣恒久元会長のほか、武藤栄(65)、武黒一郎(69)の両元副社長の3人について、2013年9月、 「事故の予測は困難だった」 などとして不起訴処分にしました。  しかし、検察審査会は2014年7月に「起訴相当」と判断し、再捜査した東京地検は再び不起訴としたものの、検審は2015年7月、起訴するべきだとする2度目の議決をしまし . . . 本文を読む
コメント (17)

福島原発事故による自主避難者への初の賠償命令。東電に3000万円の支払いを命じる画期的判決。

2016年02月19日 | 福島原発事故
   福島第1原発事故の避難者が国や東電に損害賠償を求める訴訟は各地で起こされており、2016年2月には全国15地裁・地裁支部で係争中の原告団が全国連絡会を結成しました。  原告の数、およそ1万人。  その中で福島原発事故後、福島県から京都市に自主避難した元会社経営者の男性ら一家5人が 「事故の影響で精神疾患になり、仕事も失った」 などとして、東電に計約1億8千万円の損害賠償を . . . 本文を読む
コメント (5)

丸川環境相、緊急記者会見で「除染基準、根拠ない」全発言を撤回。大臣も辞任しなさい。

2016年02月12日 | 福島原発事故
   丸川珠代環境相が2016年2月12日夜、さきほど、環境省内で緊急記者会見を開き、国が東京電力福島第1原発事故に伴う除染の基準値としている「年間被ばく線量1ミリシーベルト」について「何の根拠もない」などと語ったとされる問題で、発言撤回を表明しました。  この発言は7日に長野県松本市で講演した際のもので、民主党政権時に決めた数値について 「何の科学的根拠もなく、時の環境相が決 . . . 本文を読む
コメント (7)

ロンドンブーツ1号2号の田村淳さん「福島原発事故、都合の悪い歴史を塗り替えるな」。

2016年01月10日 | 福島原発事故
   日刊スポーツに、ロンブー淳さんの ロンブー淳 原発問題。都合の悪い歴史こそ残そう という見事な正論が載っています。 実際に足を運ぶ事の大切さ… あくまでも僕が行って感じた事なので、参考までに読んでみて下さい。 色んな意見があった方が自然な事なんだと、思いながら読んでくれると嬉しいです。 https://t.co/KHnijCbWYc — 田村 . . . 本文を読む
コメント (8)

国が、福島の住民の生活圏からたった20m離れただけの森林の除染は全部あきらめた。

2015年12月21日 | 福島原発事故
   NHKの今朝の報道によると、福島第一原発の事故のあと、各地で行われている除染を巡り、国は住民の生活圏から離れた森林について、除染を行わない方針を固めたというのです。    東北地域の森林地帯は膨大ですから、いずれにせよ除染は無理だと思っていました。    また、除染といってもこっちにある放射性物質をあっちに動かすだけで、セシウムやストロンチウムなどの放射性物質が . . . 本文を読む
コメント (12)   トラックバック (1)

国連気候変動会議(COP21)が開かれるパリに貼ってあったポスター。世界はフクシマを忘れていない。

2015年11月30日 | 福島原発事故
  「人類の、そして未来の人類のために、世界の国々が参加する新しい枠組みを作るために、日本も大いに貢献したい」  安倍首相は、COP21に参加するため、フランス・パリに向けて2015年11月29日に羽田空港を出発する際、日本としても参加国の間の合意形成に貢献したい考えを表明しました。  30日に行われる首脳会議で、安倍首相は、途上国への温暖化対策支援を2020年までに現在の年間1兆 . . . 本文を読む
コメント (24)