Everyone says I love you !

毎日、泣いて笑って喜んで哀しんでる、かなりラテンの血の濃い、そんな宮武嶺のエブリワンブログです!

別府市が生活保護受給者が朝からパチンコをしないように巡回調査・受給停止。これ、違憲・違法!

2015年12月18日 | 生活保護と生存権

 

生活保護「改革」ここが焦点だ!
尾藤 廣喜 (著), 吉永 純 (著), 小久保 哲郎  (著), 生活保護問題対策全国会議 (監修)
あけび書房

不況を口実にした非正規労働者の増大、そして大震災…生活保護制度が、今、根本的に変質されようとしている。その問題点を整理し、制度のあり方を提言。そして豊富な資料編。

 

 

 大分県の別府市が、今年10月の計5日間に、市職員35人が同市内の13のパチンコ店と市営別府競輪場を巡回。受給者25人を見つけて市役所に一人ずつ呼び出し、行かないように注意したのだそうです。

 そして、調査した5日間で再び見つけた受給者については、支給額の大半を1カ月分取りやめたということです。

 納税者が納得しないというのですが、この調査、少なくとも1998年から始まったそうで、35人もの職員が5日間も巡回したら1回あたりどれくらい税金の無駄使いになるかわからないのでしょうか。

生活保護から考える (岩波新書)
稲葉剛 著
岩波書店

 すでに段階的引き下げが始まっている生活保護制度。生きるための最後の砦であるこの制度がこの秋、大きな岐路を迎えている。不正受給の報道やバッシングのなか、どのような事態が起ころうとしているのか。生々しい当事者の声を紹介するとともに現場の状況を報告、いま、何が問題なのか、その根源を問う。

 

 

 おまけに、一か月分丸々生活保護費を支給しなかったそうなのですが、そんなことをしたら受給者は死んでしまいますよ。

 だって、生活保護者には貯金など許されていないのですから、生活の余裕などありません。

 あれだけ、「水際作戦」で生活保護を受給させないように努めている厚生労働省でさえ、

「やりすぎ」

と言っているのは無理もありません。

 これは、憲法が基本的人権として保障している生存権侵害として、人権侵害であり、裁判になれば必ず別府市は負けるでしょう。

 なぜ、今まで問題にならなかったのか。それは生活保護受給者が委縮しているからなのです。

日本国憲法25条(生存権)

1 すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
2 国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。

生活保護で生きちゃおう! ―崖っぷちのあなた! 死んだらダメです
雨宮処凛 (著), 和久井みちる (著), さいきまこ (イラスト)
あけび書房

崖っぷちのあなた! 死んだらダメです!  生活保護は恥ではありません。 
生活保護を利用して、安心して、前向きに生きてみませんか。 
困っている方のための分かりやすさ抜群の手引きです。 

 

 

 裁判で勝つ負けると言えば、違法でないといけないのですが、

「生活保護法に遊興費の支出を禁じる直接の規定はない」

ことを厚労省も指摘しています。

 規定がないのに、支給停止処分をすれば、法に基づかない処分ですからこれは違法です。

 別府市側は生活保護法65条に、被保護者の義務の一つとして

「支出の節約を図り」

とあるのを根拠にしているようですが、なにをもって娯楽やストレス発散にするかは、本人の幸福追求権で保障される自己決定権により自由です。

日本国憲法13条

すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。

生活保護リアル
みわよしこ 著
日本評論社

急増する生活保護者。生活保護制度を解説するとともに、取材を通して、受給者や生活保護に係わる人々の「ありのまま」の姿を描く。

 

 

 小野市が2013年に制定した条例を批判した

生活保護受給者等のパチンコギャンブル禁止監視条例 生存権の行使さえ肩身が狭い社会では誰も生きられない

でも書きましたが、生活保護法27条第1項は、

「保護の実施機関は、被保護者に対して、生活の維持、向上その他保護の目的達成に必要な指導又は指示をすることができる。」

と規定しながらも、同条第2項、第3項では、

「前項の指導又は指示は,被保護者の自由を尊重し,必要の最少限度に止めなければならない。」

「第一項の規定は,被保護者の意に反して,指導又は指示を強制し得るものと解釈してはならない。」

と規定しています。

生活保護:知られざる恐怖の現場 (ちくま新書)
今野晴貴 著
筑摩書房

高まる生活保護バッシング。その現場では、いったい何が起きているのか。自殺、餓死、孤立死……。追いつめられ、命までも奪われる「恐怖の現場」の真相に迫る。



 これらは、生活保護の実施機関である地方自治体が受給者に対し、必要以上の指導又は指示を行い、受給者のプライバシー権や自己決定権(憲法13条)が損なわれることがないように、指導又は指示の濫用を防止するための規定です。

「人間の尊厳に相応しい生活の根本は,人が自ら生き方ないし生活を自ら決するところにある」

のです(学資保険事件 福岡高裁判決)。

 このように、生活保護等の受給者は、基本的人権として憲法25条の生存権とともに、憲法13条後段によりプライバシー権・自己決定権を保障されているのですから、受給者に給付された金員の使途を過度に制約することは、憲法25条及び13条に違反しています。 

 

 

 生活保護者に倫理的・道徳的にパチンコを自粛しろというべきかどうかでも、議論があるところです。

 まして、巡回して監視するだの、生きられるぎりぎりのお金しか支給していない生活保護費を一か月も停止して、法的制裁を加えるだのというのは言語道断です。

 よって、別府市の巡回調査、生活保護費停止処分は違憲・違法であり、ただちに中止されるべきです。

How to 生活保護 生活保護法改定対応版―申請・利用の徹底ガイド〈2015‐16年版〉
 
現代書館

累計10万部を超える定番書!
2014年7月に施行された初めての本格的生活保護法「改正」(申請の様式化、扶養義務の強化、等)に対応した全面改訂版。基準額変更と他法・他施策の変更、法改悪に対する対応を盛り込んだ生活保護利用の、2015年4月(一部7月)改定の新基準額に対応した最新版です!


健康で文化的な最低限度の生活(1) (ビッグコミックス)
柏木 ハルコ 著
小学館

新卒公務員の義経えみるが配属されたのは福祉事務所。

えみるはここでケースワーカーという生活保護に関わる仕事に就くことになったのだが、そこで生活に困窮した人々の暮らしを目の当たりにして――



別府市にも、生活保護たたきに喝さいを上げるネット世論にも、事は基本的人権の問題だという意識が弱すぎます。

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品

 

 

「生活保護者が朝からパチンコはよくない」 別府市の「巡回」「支給停止」にネットで称賛相次ぐ

   大分県別府市がパチンコ店など市内の遊技施設に「生活保護受給者」がいないか巡回調査し、見つけた受給者の支給額を減額していた。ネット上では「どんどんやれ」「当然ですな」と称賛の声が巻き起こっている。

   今から2年前にも、生活保護費の不正受給やギャンブルへの使用を禁止した「小野市福祉給付制度適正化条例」が兵庫県小野市で施行されたことで、多くの賛辞が寄せられた。

  • 「人権侵害」との指摘も上がるが…(画像はイメージ)
「人権侵害」との指摘も上がるが…(画像はイメージ)

「市民感覚からすると、受け入れられないでしょう」

   別府市の調査は、2015年10月の計5日間、市職員35人が市内にある13のパチンコ店と市営別府競輪場を巡回。見つけた生活保護受給者25人を一人ずつ市役所に呼び出して注意し、次の巡回で再び見つけた場合は1か月分支給額を大幅に減らした。

   市によると、こうした調査は少なくとも25年前から年1回のペースで実施されていた。巡回する時間帯は10時頃から16時頃まで。3回以上見つけた受給者については、2か月にわたって支給額を減らした。

   これまで大きな問題は起きておらず、「パチンコ店からも苦情は来ていない」という。ただ、その調査内容自体は12月15日の市議会で初めて外部に明かされ、16日付け朝日新聞電子版に報じられた。

   調査を始めた理由について市の担当者は、「別府市は他都市に比べて生活保護の受給率が高く、遊興施設も多いです。市民感覚からすると、受給者が昼間からパチンコ店に入り浸る様子は受け入れられるものではないでしょう」と話す。

   実際、受給者が遊技施設に出入りする様子を見た市民から頻繁に苦情、抗議が寄せられていたようで、「(苦情が)来ない日はないくらいでした。今でも週に2~3回は受けています」と明かした。そのためか、朝日新聞の報道後に寄せられたメールのほとんどが市の取り組みを「励ます」ものだったという。

市担当者「人権には十分配慮していると考えています」

   また、以前から生活保護制度そのものに否定的な意見が多いネットでも

「どんどんやれ」
「これを皮切りに全国展開だ」
「当然ですな」

と別府市の対応を評価し、応援する声が湧きあがっている。

   ただ一方で、「受給者への人権侵害になるのでは」との指摘も上がっているのも事実。報道によると、厚生労働省は「調査は適切でない」との見解を示している。

   前出の別府市担当者にこの点をぶつけると、「人権には十分配慮していると考えています。受給者がパチンコを一切してはいけない、と言っているのではなく、『朝や昼間からパチンコ店に入り浸るのは良くない』というだけです。職員の巡回しない夜間については、あえて勧めませんが、(受給者が)気晴らしで行くことを厳しく咎めません。もちろん受給者にも楽しみが必要だと認識しています。ただ、出来れば地域活動やボランティアなどギャンブルとは違う部分で発揮して頂きたいとは思っていますが」との答えが返ってきた。

   実は、2013年にも今回と似たような議論が巻き起こっている。きっかけはこの年に兵庫県小野市で施行された「小野市福祉給付制度適正化条例」だ。同条例は、生活保護や児童扶養手当の受給者が過度の浪費で生活できなくなる事態を防ぐために作られ、生活保護費を不正受給したり、ギャンブルに使ったりするのを明示的に禁止する珍しい内容だった。

   支給の厳格化を目指すものと受け止められたためか、ネットでは称賛の声が比較的多かった。

 

 

よろしかったら大変お手数とは存じますが、上下ともクリックしてくださると大変うれしいです!

人気ブログランキングへ人気ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へほんブログ村

Amazon 社会・政治・法律

Amazon Kindle ベストセラー

Amazon タイムセール商品


コメント (24)   この記事についてブログを書く
« 12月17日(木)のつぶやき | トップ | 消費税の軽減税率、新聞への... »
最近の画像もっと見る

24 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
嫌がらせのために使う金は惜しくないし、逆らえない相手をバッシングするのは楽しいんでしょ (L)
2015-12-18 16:53:54
 いつもながら嫌らしい話ですね。自分もパチンコに行っていてなぜかコイツは生活保護受給者だとわかり、「正義感」か磨った腹いせか市役所に文句の電話を入れているというお笑い。理屈の上では受給者の買った玉が自分のものになりうるのだからとっても良いことだろうにねえw受給者は千両箱を積み上げていて自分が養分になっていたのかしらん。
 レイさんが示したように、お金を何にどれだけ使うかは自由なのは法令でも運用でも明らか。問題があるとすれば、パチンコで稼いでいるなら差し引きの儲けをきちんと申告しろと言うことだけでしょ。でも、そんな話は聞いたことないから大数法則どおりに負けているんだろうなあ。勝てるなら保護もいらないだろうし。
 まあ、ギャンブル依存症の可能性は高いからきちんと治療に結びつけるなら見回りも全否定しないけどね。
 見回りの経費で言えば、やらされた人の雇用形態によるけど、(多少の経費+人件費)X35人X5日+内部経費(会議やら事務処理やら作文やら)だから、安く見ても200万、多分3,400万分の労働を投入しているよね。
 嫌がらせのために税金を投入することは大賛成する”市民”が気付かぬうちにますます食い物にされ不幸になるのは仕方ないのだろうな。
 元々は三井三池で転んで戦いきれず石炭産業ごと九州が切り捨てられたことに起因するんだろうけど。80年代には町の最大の産業が生保と言われたり、文字通りの蛸の足喰いで、簡保に入っては自分の指や耳やら切り落としてお金に換えるというのが横行していたんだから。
まるで時代劇の…。 (リベラ・メ)
2015-12-18 17:12:17
最近はスペシャルでしか放送されない(大河を除く)時代劇ですが、別府市のやり方は、その時代劇に登場する高利貸しの取り立ての様です。私には謎の出来事ですが、以前某タレントの母親の生活保護バッシング騒動で、“何故”“誰が”“いつ”「週刊誌に」“漏らした”のかを“何処も”「追及しない」ということです。
健康にして文化的な生活って、パチンコをやれること? (バードストライク)
2015-12-18 20:09:27
うーん・・・
支給停止はたしかにやり過ぎですが、ギリギリの生存水準の生活費を支給しているはずなのに、なぜパチンコをやる余裕があるのか ( 多分損をしているはず ) 、だったらあらかじめパチンコ代は差し引いて支給しろよ、最低賃金で真面目に働いて、家賃と社会保険支払ったら、手取りは生保以下だぞ、働いている者より生保受給者のほうがゆとりがあるなんて、おかしいだろ・・・
という声も、ありましょう。
そういう人には、どう答えたらよいか?
「 そんな安い時給で働くの、バカらしいからやめなよ。」
「 自分も保護受けたらいいじゃん。」
「 選挙、行ってる? 行かないからこんな世の中になっちゃうんじゃん。」
説得力、ありますか?
生活保護費は、何に使ってもよいのなら、飛田に行ってもいいわけ?
なんか、違うと思うなあ・・・
大阪市北部のある主要駅と大きな川に挟まれた広大な地区は、生活保護受給率が高く、駅前のパチンコ屋は大にぎわい。市内の他の地区でも、保護費支給日は、パチンコ屋が大盛況と聞く。 おかしいんじゃない?
生活保護費を、ギャンブルに使ってもらいたくない。
生活保護費を、過度の飲酒に使ってもらいたくない。( アルコール依存度もまた、高いんだ。)
生活保護費を、風俗なんかに使ってもらいたくない。
清く正しく美しく生活してもらいたいね。
これって、ベーシック・インカム方式にすれば、解決することかな?
なお、別府の市長は次世代なので、イヤだ。
生存権は権利の行使であって義務ではない! (raymiyatake)
2015-12-18 21:18:31
生活保護を受けているからって、清く正しく美しく生きる義務なんてない。

それに清く正しい生活なんて他人が決めることでもない。

健康で文化的な最低限度の生活だって同様。

人々に自由に生きさせろ!
ふざけるな (国民)
2015-12-18 21:28:03
ギャンブルやりたきゃ、自分で働いて稼いだ金でやれ。

健康で文化的な最低限度の生活にパチンコが入るか?

自由を履き違えるな。
結局は受給者本人の責任 (一国民)
2015-12-18 23:31:32
心情的には、生活保護費でパチンコをするというのは、不謹慎だと思います。許せない?!
でも、トータルすれば、ギャンブルで儲けることなどありえない、つまり損をするわけです。そうなると生活が苦しくなるのは受給者本人。他に収入も無ければ、預貯金も無いわけですから自業自得ということです。この点は、しっかりと自然の摂理(?)が働くので、本人の勝手と同時に、そんなことに監視をつけることは税金の無駄遣いということです。そんなにギャンブルに使われるのが嫌なら、信販会社の金券で、あるいは食費相当分は現物支給すればよいのでは?
と、以上、本来なら書くまでもない、この手の問題には良くある意見です。
放置と援助 (全日本酒乱撲滅粛清委員会会長・バード)
2015-12-18 23:41:17
この項にて取り上げられた受給者は、週に数回、一日数時間パチンコ屋にいたようですから、立派なギャンブル依存症でしょう。

生活保護費が手取りでいくら支給されているのか知りませんが、ギリギリの生活なら、なぜ毎日、パチンコをやりに行くお金が捻出できるのか。 ( すっごく上手でパチプロなら、保護から抜け出せるわけ。ちなみに 「 健康になるためのブログ 」主のMR.Kは、むかしパチプロだったんだって。意外な前歴、面白い!! )

パチンコをやるために、食費その他を切り詰めに切り詰めて、健康で文化的な生活を逸脱しながら、パチンコ原資を貯めているんじゃないか。そうとしか思えない。

パチンコをやるため、栄養バランスもへったくれもない食事 → 栄養失調で入院

風俗に行くため、栄養バランスもへったくれもない食事 → 栄養失調で入院

酒を飲むため、栄養バランスもへったくれもない食事 → 栄養失調で入院 プラス アルコールの害で、体のあちこちをいわしてまう プラス 醜態や暴言で、周囲の人間にイヤな思いをさせる → 最後、死 w ww

これらの人々には、「 好きに生きさせる 」と称して放置するのではなく、依存症治療なり、カウンセリングやピア・カウンセリング ( 同じ悩みを持つもの同士で、悩みを聞き合い、解決法を見つけていく) 的な場を作ったりしていくのが良いのではと思います。 ま、本人が参加するかどうかは微妙ですが。

それに、生活保護を受けることに後ろめたさを感じている人、受給を感謝している人もいるはずで、そういう人々にとっては、保護費をパチンコに使ってしまうような受給者は、苦々しい存在でしょう。

自由に生きることが、破滅につながる人も、残念だが存在する。月曜日の 東京新聞に、宮子あずさ氏 ( 評論家・吉武輝子氏の娘で、今訪問看護師 ) がこういう患者ーー依存症とか、統合失調症とかで、かつ生保受給者ーーについて、執筆している。原則は第一に患者の意思を尊重、だろうが、実態はそれでは生活も成り立たず、なだめたり、おだてたりしながら生活の改善を提案し、受け入れてもらうために、現場は悪戦苦闘の連続だそう。

この世に生きる人は、みな自立・自律できていて、自由に生きるべし、というのが、管理人さんの主張。それなりの援助が必要な人に対しても、「 放置 」が愛だと思ってるんだね。 この間の、「 みなさん、国会議員になりましょう!」(笑)の投げやりな呼びかけといい、なんか、ね。
やさしそうで、やさしくないね。
たかがパチンコで何ムキになってんだろう (タカニシ)
2015-12-18 23:46:07
そんなの、負けた時に笑ってやればいいことじゃない。もしくは本物のギャンブル依存症ならそれこそ病院かどこかで治療するべきであって、いずれにしても生活保護だから云々って話じゃない。監視する方がよほど税金の無駄だし、まるで『1984年』のビッグ・プラザーだ。そもそも「あいつは生活保護受給者だ」「なのにパチンコなんかしやがって」どうしてわかるのさ?

どうして日本人ってこうも他人の足を引っ張るのが好きなんだろう。陰湿な民族。
一国民さんへ (raymiyatake)
2015-12-19 00:11:14
>信販会社の金券で、あるいは食費相当分は現物支給すればよいのでは?

それがもう生存権の否定であり、自己決定権の侵害なんだと思います。
金券は使う段階で生活保護受給者だとわかってしまいます。



心情的に理解は進まない (K)
2015-12-19 01:11:51
・貰えない人が餓死したりしてるのに、よくもまあギャンブルに使おうなどと思えるものだ。

・人の慈悲に甘えておきながら、「ギャンブルに使う金を返還して別の人に回してあげよう」という考えを持てない自己中心的な人たちだ。

・時給1,000円で一日8時間・週20日働いても、月に16万円(手取りで12万円)にしかならず、しかも医療費は一律3割。働いている人がバカを見る社会にしてはならない。

などなど、色々な視点から反対意見が集まることは予想の範囲内。ましてや、rayさんのように「ギャンブルしたっていいじゃないか!」と擁護するのは火に油を注ぐだけで逆効果です。
【彼らだけが貰えて自分達は貰えない】というところを改善できなければ、それらは【特権】と見られバッシングの対象になり続けるのだと思います。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

生活保護と生存権」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事