雷神の街歩き

高電圧機器を点検しながら東京の街を歩いています。
雷神の見た街の片隅の電気設備を紹介するページです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

甘夏みかんの木が沢山の実をつけました。

2020-02-11 17:24:43 | 日記
日常は都会の片隅で暮しておりますが、郊外にささやかな1軒家があり、時々移動して良い空気を吸っています。
庭に植えた甘夏みかんの木が、今年も沢山の果実をつけました。
食すると結構甘くジューシーで、近所にお配りすると喜ばれます。

また、甘夏みかんの隣に、金柑(きんかん)の木もあります。
この土地は、柑橘類が合うらしく、きんかんも沢山の実をつけました。
しかし、きんかんは黄色に熟した頃に、小鳥か来てついばんでしまいます。

今年も寒い冬ですが、春の草花の代わりに、甘夏みかんや金柑の黄色が小さな庭を賑わせています。

            

            


            

            

            

コメント

雷神、井の頭公園の桜を見る。

2019-04-23 14:26:55 | 日記
今年の桜シーズンもあっと云う間に通り過ぎました。
今ではすっかり葉桜に姿を変えています。

この季節は例年、都内の公園や川岸の桜の名所を訪ねて写真に納めています。

今年は吉祥寺の「井の頭公園」を訪れました。

ここは交通の便が良く駅から近いので、平日でも多くの花見客で賑わっていました。

池からボートで岸の桜を眺めるのも素晴らしいでしょうが、岸から池越しに見る桜も見事です。

また、日頃生活をしている身の周りにも桜の木があり、目を楽しませてくれます。
そこで地元の川岸や商店街に咲く桜も写真に納めました。

            
            井の頭公園の桜

            

            

            

            

            

            
            猿江橋から見るスカイツリーと桜

            
            商店街の桜

            
            芭蕉庵の屋上の芭蕉像と桜

            
            小名木川水門(奥)と桜



コメント

雷神、大相撲一月場所の千秋楽を観戦する。

2019-01-29 16:44:46 | 日記
今場所は、横綱・稀勢の里の引退と、他の二横綱も怪我による途中休場などでさびしい土俵になりました。
それでも両国・国技館は、連日「満員御礼」の垂れ幕が下がり、館内・外ともに大勢の人で熱気あふれる賑わいです。

また今場所は天皇、皇后にとって平成最後の観戦もありました。

千秋楽で関脇・玉鷲が人気力士遠藤を下し、13勝2敗で34歳での初優勝を遂げました。

昨年九州場所で優勝の関脇・貴景勝は、結びの一番で大関・豪栄道に一方的に押し出され、大関昇進は見送られました。

            

            
            初の賜杯を手にする玉鷲

            
            千秋楽の協会挨拶

            
            琴奨菊と千代翔馬の取組み

            
            嘉風と大奄美の取組み

            
            逸ノ城と正代の取組み

            
            貴景勝は結びで豪栄道に敗れた

            
            「優勝力士額」 昨年の九州場所優勝の貴景勝

            

            

            
            「出世力士手打式」 新に番付表に載る若手力士達

コメント

雷神、2019年新春の動物園を歩く。

2019-01-06 12:32:17 | 日記
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

今年の干支(えと)は亥(イノシシ)です。
イノシシの写真を撮ろうと井の頭動物園に行きました。

2頭のニホンイノシシが、急造のオリの中で飼育されていました。
この2頭は、2018年7月生まれのメスです。2018年11月に青森県から来たそうです。
まだ幼いせいか猪突猛進の表現からはほど遠く、神経質そうで、カメラの方には中々近寄ってはくれません。

今年も良い年であることを願って、初詣を兼ねて浅草寺に廻り、実物の干支とは掛け離れた「絵馬のえと」も撮りました。

            

            

            

            

            

            

            

            


コメント

雷神、東京ヤクルトスワローズ対横浜DeNA戦を観る。

2018-08-26 16:47:39 | 日記
最近打撃好調のヤクルトスワローズと、DeNAベイスターズの3連戦が神宮球場で始まりました。
2戦目の25日(土)に観戦しましたが、連日満員御礼が出るほどの大盛況です。

試合は、DeNA筒香が29、30号と2本の豪快なホームランを放ち追い上げましたが及ばず、ヤクルトが9対7と乱打戦を制して勝利しました。

当日は「信州なかのナイター」として、長野県中野市が自然豊かな場所としてスクリーンに紹介されました。

中でも東京ヤクルトスワローズの応援歌としてすっかり定着した「東京音頭」が中山晋平の作曲であること、また中野市の出身であることをはじめて知りました。

また「州なかの」を音楽の街として、久石 譲、高野辰之、中山晋平など著名な音楽家の出身地として紹介し、試合前に久石 譲の娘さんの麻衣さんの独唱もありました。

            

            

            

            

            

            

            

            

            

            


コメント