旅行の写真とか、法律とか会計とか、医療とか日常生活とか、随時掲載

旅行の写真とか、法律とか税務とか、医療とか日常生活とか・・・ 

身体表現性障害

2014年11月27日 | 日記
身体表現性障害 

症状や特徴

身体表現性障害は、疼痛や胃腸症状、神経学的な症状がある
 身体表現性障害は、疼痛や胃腸症状、神経学的な症状がある一方、その症状の原因となる身体的な所見や異常が見つからないことが特徴です。

 心のストレスを原因として、多様な症状を呈することがあります。頭痛や腰痛等が生じ、周囲からも見ると患者様は激痛で苦しんおられ、「これはどこか身体の異常があるのに」違いないと思います。しかし、内科や整形外科等に通っても身体の異常がないということで、患者様ご自身も周囲も困ってしまうことがあります。

当院での治療方針

 患者様は多くの診療科を受診して、「異常はない」、「問題ない」と診断され、困って来院されることが多い状況です。しかし、患者様が感じておられる痛み訴えの症状は事実存在するわけですから、まずは症状を理解してお話を伺い、一緒に診断や治療を考えていくという方法をとります。

 ただ、身体表現性障害と思い込んでしまうと、実は他の病気が隠れていたという場合もありますので(特に他科に受診されていない場合)、本当に身体的疾患が隠れていないか、当院で可能な検査を実施させていただくこともあります。そして、身体的疾患の可能性がある場合には、専門の診療科にご紹介させていただきます。

 身体的疾患の可能性がないと判断できる場合は、心療内科的な治療を行うことになりますが、特に疼痛性の障害の場合には、デュロキセチン(サインバルタ)等のSNRIを処方することもあります。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。