旅行の写真とか、法律とか会計とか、医療とか日常生活とか、随時掲載

旅行の写真とか、法律とか税務とか、医療とか日常生活とか・・・ 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ローマ・エトルリア博物館(ヴィラ・ジュリア国立博物館)

2014年08月11日 | 日記

バリベリーニ広場から電車を乗り継いでボルゲーゼ庭園の端っこにあるヴィラ・ジュリア国立博物館へ。ここは教皇ユリウス3世の別荘として16世紀に作られた建物で、いまはエトルリア博物館になっています。

 


建物はヴィニョーラが設計したもので、初期バロック建築です。正面は四角ですが、中に入ると半円形の巨大な回廊があり、壁はポンペイの遺跡に描かれている、古代ローマの邸宅にあったような画で飾られ、天井部はこれもローマ的な、青空に木々にとまっている鳥やら、木陰から顔を覗かせている天使やらが一面に描かれた大胆なもので、庭に出ると思ってすぐこの回廊を目にした誰もが意表を突かれて驚かされます。


庭の先には建物が延長された中庭があって、ギリシャ風の小さな舞台があります。ここでは夏の夜、いくつかの野外コンサートをやっているみたいです。聞きたかったなあ。舞台がおわりかと思ったら、壁の向こうは三層ある大きなテラスになっていて、意外な空間の出現にビックリさせられます。さらにその向こうにも壁に囲まれた中庭有り。この庭園の設計にはヴァザーリも加わっているらしい。法王がみんなを招いて、ビックリさせて喜んでいた様子を彷彿させるユニークな別荘建築になっています。


その庭園の外に建てた新しい建物とヴィラ・ジュリアの2階を利用して、イタリア全土で発掘されたエトルリア文明の美術品、工芸品を展示してあるのですが、展示品の多くはエトルリアがローマに同化される以前の紀元前6~7世紀、つまりいまから2500年以上前という恐るべき昔の、非常に高度な文明の存在をよく伝える厖大なコレクションです。壺の色や、人物像のアルカイックスマイルから、ギリシャ文明の影響をかなり強く受けていることがよくわかります。
エトルリア文明について知りたければ、ここに来れば事足りるでしょう。


コメント   この記事についてブログを書く
« 世界の首都、ローマ | トップ | 救命救急情報を一括管理する... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事