旅行の写真とか、法律とか会計とか、医療とか日常生活とか、随時掲載

旅行の写真とか、法律とか税務とか、医療とか日常生活とか・・・ 

社会不安障害 千葉市の心療内科 椿森クリニック

2014年11月24日 | 日記
社会不安障害 千葉市の心療内科
症状や特徴


 例えば、会社の会議でプレゼンテーションをしなければならなくなったり、結婚式でスピーチを頼まれたしすると、誰もが緊張します。しかし、会議の前から準備のことを考え、失敗するのではないか、人から笑われるのではないかとのプレッシャーを抱えてしまうことがあります。また実際にプレゼンテーションの場面になると、身体のふるえが生じて、心臓はばくばくし、声も上ずってしまってしまうことがあります。

 このように、通常の緊張の度を越えて、他人から悪い評価を受けることや、人目を浴びる行動への不安に対して強い苦痛を感じたり、身体的な症状が生じて日常生活に支障をきたすようになる場合を社会不安障害(SAD:Social Anxiety Disorder)と言います。

 具体的には、会議での発表、会議での発言、人前での行為や会話、偉い人との面談、受験等の場面において、顔が熱くなる、動悸がしたり息が苦しくなる、手足や全身、声が震える、めまいがする、パニック発作が生じる等の症状がでることが多いです。

当院での治療方針


 社会不安障害は、内気や恥ずかしがりやといった性格の問題ではなく、精神療法や薬物療法によって症状が改善する心の病気です。薬物療法は、不安な患者や身体的な症状が出ることを抑えることを目的として行います。

 当院では、抗不安作用や抗うつ作用のあるSSRIを用いることがあります。ただ、効果が現れるまで少し時間がかかることから、最初は抗不安薬を併用することもあります。また実際の会議での発表時の症状緩和を目的として、頓服のお薬を処方させていただくこともあります。

 患者様との診察の中で、自らが不安感を感じてしまう認知パターンを修正したり、呼吸やリラックス法、不安時の対処方法を相談していく認知療法や、段階的に少しずつ不安症状を生む状況に身を投じて身体を慣らしていく行動療法も併用することがあります。

最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。