1日1話・話題の燃料

これを読めば今日の話題は準備OK。
著書『芸術家たちの生涯』
『ほんとうのこと』
『ねむりの町』ほか

7月16日・アムンセンの甘露

2024-07-16 | 歴史と人生
7月16日は、作詞家の松本隆が生まれた日(1949年)だが、探検家のアムンセンの誕生日でもある。南極点に人類ではじめて立った人である。昔は、英語発音風に「アムンゼン」と表記されていた。

ロアール・アムンセンは、1872年、ノルウェーのボルゲで生まれた。船主、船乗りの海運業一家の四男として生まれた。母親はロアールに海の仕事でなく、医者になってほしいと願っていて、ロアールは母親の希望をいれて、医学の道を進んだ。しかし、彼が21歳のとき、母親が没すると、彼は本来の希望であった探検家の道に進むべく、大学を中退して船乗りになった。
南極探検船に乗りこみ、氷に閉じ込められて南極で越冬するなどの経験を積んだ後、アムンセンは34歳のとき、大西洋からアメリカ大陸の北をまわって太平洋に達する北西航路の横断に、人類ではじめて成功した。
北西航路の横断は、それまで多くの先人が試みて、いまだ成功していなかった快挙だった。北西航路に挑んだ英国海軍の艦隊が全滅した悲劇さえあった。
アムンセンにしても、北西航路に挑んだものの、氷にはばまれ、3度も北極圏で越冬して、3年越しでようやく太平洋側へ出たのだった。2度目の越冬の際には、アムンセンは氷の上を800キロメートル歩いて電報を打ちにいき、また同じ距離を歩いて氷に閉じ込められた船までもどったという。
アムンセンは北極点到達を目論でいたが、彼が36歳のとき、探検家のロバート・ピアリーが北極点到達を成し遂げた。これを聞き、アムンセンは自分の目標を南極点に変更した。
38歳でノルウェーを出航したアムンセンは、1911年12月、39歳のときに人類初の南極点到達を達成した。そして、年が開けた翌年の1912年1月には、一人の犠牲者も出すことなく帰還した。
55歳のころ、新聞社の招きでアムンセンは来日している。
そして、1928年6月、北極で遭難したイタリアの飛行船を捜索するため、アムンセンはフランス製の飛行艇で飛び立ち、そのまま行方不明となった。55歳だった。
捜索がおこなわれ、飛行艇の一部が海で発見されたが、機体やアムンセンらの遺体はいまだに発見されていない。

科学の進んだ現代に生きているわれわれは、南極点到達の方法に関して、アムンセンよりもずっと優位な状況にある。日本人の高齢者たちが嬉々として南極ツアーに参加する昨今である。しかし、現代人はけっしてアムンセンを追い抜くことはできない。それが人類初の快挙という事業の、時間軸上における偉大さである。
まだ誰もやったことがないことに挑む快感。それは、人間のなかのある種族とっては、命を差しだしても手に入れたい、至上の甘露なのにちがいない。
(2024年7月16日)



●おすすめの電子書籍!

『大人のための世界偉人物語』(金原義明)
世界の偉人たちの人生を描く伝記読み物。エジソン、野口英世、ヘレン・ケラー、キュリー夫人、リンカーン、オードリー・ヘップバーン、ジョン・レノンなど30人の生きざまを紹介。意外な真実、役立つ知恵が満載。人生に迷ったときの道しるべとして、人生の友人として。

●電子書籍は明鏡舎。
https://www.meikyosha.jp

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7月15日・ベンヤミンの現代性

2024-07-15 | 思想
7月15日、盂蘭盆会(うらぼんえ)のこの日は、至上の画家、レンブラント・ファン・レインが生まれた日(1606年)だが、哲学者、ベンヤミンの誕生日でもある。

ヴァルター・ベンディクス・シェーンフリース・ベンヤミンは、1892年、ドイツのベルリンで生まれた。一家はユダヤ系で、父親は以前フランスのパリで銀行家をしていたが、ベルリンでは骨董商をしていた。家は裕福で、ヴァルターは3人きょうだいのいちばん上だった。
フライブルク大学、ベルリン大学、ミュンヘン大学などで学んだヴァルター・ベンヤミンは、28歳のとき、『ドイツーロマン主義の芸術批評の概念』を出版。以後『暴力批判論』『ドイツ悲劇の根源』『一方通行路』『複製技術時代の芸術』『パサージュ論』などを書き、ボードレールの詩集や、マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』などのフランス文学をドイツ語に訳した。
1933年、ナチス党を率いるヒトラーがドイツ首相になり、ユダヤ人への迫害が強まると、40歳だったベンヤミンはフランスのパリへ逃げた。
1939年、ベンヤミンが47歳のときに第二次世界大戦がはじまり、彼は敵国ドイツの人間だという理由で一時収容所に入れられた。
翌年にはドイツ軍がパリに迫ると、ベンヤミンは脱出。ルルドをへてマルセイユに行き、スペインへ向かった。彼は米国のビザを手に入れていて、表向きは中立国だったスペインを経由して米国へ渡ろうと考えていた。そして彼はフランスとスペインの国境を越え、カタロニアの国境の街、ポルボウに入った。
当時のスペイン・フランコ政権は、ユダヤ人難民を含む外国人旅行者の通行を拒否し、彼らを国外退去させる命令を下した。スペインの警察官によって、フランスへ強制送還される旨を説明されたベンヤミンは、みすみすナチスの手に落ちるよりは、と、モルヒネの錠剤を大量に飲み、自殺した。1940年9月のことで、48歳だった。自殺ではないとする暗殺説も存在する。

ベンヤミンは言っている。
芸術作品は昔から原理的には複製可能だった。大昔には鋳造と刻印だけが複製の手段だったのが、印刷、写真、映画と、どんどん複製技術は進歩してきた。芸術作品の「いま」「ここで」しかないという一回性が、複製では失われることになる。印刷技術や映画の発達によって、複製が作られるようになると、場所を選ばず、時を選ばずにたくさんの人が鑑賞できるようになった。芸術作品の展示の可能性が大きくなった。そのかわりに、作品にそなわっていたオーラ(アウラ)が、複製品では失われてしまった。
「芸術作品の複製技術は、芸術に対する大衆の関係を変化させる。たとえばピカソにたいしてきわめて保守的な態度を示す大衆が、たとえばチャップリンにたいしては、きわめて進歩的な態度をとる。そのばあい、進歩的な反応の特色は、作品を見て味わうよろこびが、専門的な批評家としての態度と直接かつ密接に結びついているところにみられる。(中略)観客はいわば試験官である。だが、きわめて散漫な試験官である。」(高木久雄、高原宏平訳「複製技術の時代における芸術作品」晶文社)
ベンヤミンの論理は、時代の状況を危機感をもってよく観察し、考察した結果なのだろうけれど、それが現代にもよく通じる普遍性を獲得している。
(2024年7月15日)



●おすすめの電子書籍!

『オーロビンドとマザー』(金原義明)
インドの神秘思想家オーロビンド・ゴーシュと、「マザー」ことミラ・アルファサの思想と生涯を紹介。オーロビンドはヨガと思索を通じて、生の意味を追求した人物。その同志であるマザーは、南インドに世界都市のコミュニティー「オーロヴィル」を創設した女性である。われわれ人間の「生きる意味」とは? その答えがここに。

●電子書籍は明鏡舎。
https://www.meikyosha.jp


コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7月14日・久米宏の達成

2024-07-14 | ビジネス
7月14日は、画家、グスタフ・クリムトが生まれた日(1862年)だが、アナウンサー、久米宏の誕生日でもある。高視聴率を誇ったテレビ番組「ぴったしカン・カン」「ザ・ベストテン」「ニュースステーション」の司会者である。

久米宏は、太平洋戦争中の1944年、埼玉の浦和(現在のさいたま市)で生まれた。
早稲田大学の政経学部に入学した久米は、学生時代は演劇サークルに入り、舞台に打ち込んだ。同大の同学年の同じサークル仲間に、後に政治家になる田中真紀子や、俳優になる長塚京三がいた。
23歳の年に、久米は大学を卒業し、テレビ局のTBSにアナウンサーとして入社した。このときTBSを受験して不合格になった学生に、後にアナウンサーになったみのもんたがいて、彼らは面接試験会場で顔を合わせたという。先に面接を終えた久米はみのに「お先に」と声をかけて帰ったらしい。
演劇出身なのにあがり症だったという久米は、体調をくずしたり、結核になったりして、順風満帆のスタートを切ったわけではなかったが、31歳のとき「料理天国」「ぴったしカン・カン」などにレギュラー出演し、しだいに知名度と人気を高め、34歳になる年には生放送の歌謡番組「ザ・ベストテン」の司会を黒柳徹子といっしょに務め、絶大な人気を誇るようになった。
35歳のころ、テレビ局を退社。フリーのアナウンサーとなり、「久米宏のTVスクランブル」などをへて、41歳のとき、それまでになかった、新しいタイプの報道番組「ニュースステーション」のメインキャスターに就任した。
明るく軽薄で率直。スマートでユーモアに満ちた知的な久米の司会進行。わかりやすい説明、一目瞭然の演出によって、「ニュースステーション」は、それまで視聴率とは縁のなかった報道番組としては異例の高視聴率をたたきだす革命的な番組となった。
55歳のとき、同番組を降番。番組は「報道ステーション」と名を変えて古舘伊知郎が引き継いだ。以後も久米は、ラジオやテレビで活躍していた。

久米宏は、それまでニュースなど見なかった多くの日本人たちに、ニュースや報道にも興味をもたせるという、ほとんど不可能とされていたことを成し遂げた人である。

「ニュースステーション」の放送がはじまるすこし前に、久米宏は雑誌のインタビューを受けていた。インタビューで彼は、今度はじめる報道番組について、ずばり、中学生を視聴者に想定した、中学生が見ておもしろいニュースをやる、と明言していた。
日本の一般の大人は、中学生なみ、かもしれない。

久米宏は「ニュースステーション」がはじまったころ、同番組でいっしょにキャスターを務めていた小宮悦子にこう頼んだそうだ。
「24時間、番組のことを考えてくれる? そうでないと、トップになれないから」
こうした関係者の熱烈な献身があってこその君臨だった。

早稲田大の久米宏と、立教大のみのもんたが同い年生まれ。早稲田の後輩のタモリは、ひとつ年下。戦中、戦争直後の混乱期に生まれた人たちが、テレビに一時代を築いた、と言える。
(2024年7月14日)



●おすすめの電子書籍!

『アメリカ・コミュニティー事典 上巻』(金原義明)
独立前から現在まで北米のコミュニティー(生活共同体)数百団体を紹介。宗教的、世俗的集団を網羅。米国史研究者必携。四〇年間の研究の成果、ここに結実。

『アメリカ・コミュニティー事典 下巻』(金原義明)
独立前から現在まで北米のコミュニティー(生活共同体)数百団体を紹介。宗教的、世俗的集団を網羅。米国史研究者必携。四〇年間の研究の成果、ここに完結。


●電子書籍は明鏡舎。
https://www.meikyosha.jp

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7月13日・ハリソン・フォードの飛行

2024-07-13 | 映画
7月13日は、評論家の堺屋太一の誕生日(1935年)だが、米国の映画スター、ハリソン・フォードの誕生日でもある。

ハリソン・フォードは1942年、米国イリノイ州のシカゴで生まれた。父親はドイツとアイルランド系の血をひく元俳優の広告マンで、母親は東欧ユダヤ系の元ラジオ声優だった。
少年時代にボーイスカウトとして活動したフォードは、ウィスコンシン州のリポン・カレッジに進み、哲学を専攻したが、大学生時代に演劇熱にとりつかれ、西海岸へ行き、その方面の仕事をさがした。
そうして、22歳のころ、コロンビア映画と契約し、晴れて映画デヴューを果たした。
その後、映画の端役をしたり、スタジオや映画人たちの自宅を改築改修する大工仕事をして生計を立てたりしていたが、31歳のころ、、フランシス・フォード・コッポラ製作のジョージ・ルーカス監督作品「アメリカン・グラフィティ」に出演したのを契機に出演作に恵まれるようになる。
そして35歳のころ、同じくジョージ・ルーカス監督の「スター・ウォーズ」で主役を演じ、この大ヒット作の成功により、世界的なスターとなった。
以後「スター・ウォーズ」シリーズのほか、SF映画の金字塔と呼ばれる「ブレードランナー」、「インディ・ジョーンズ」シリーズ、「推定無罪」「パトリオット・ゲーム」「逃亡者」「エアフォース・ワン」「6デイズ/7ナイツ」などに主演し、現在も活躍を続ける、ハリウッドを代表する映画スターである。

映画「スター・ウォーズ」のなかで、みごとな宇宙船操縦術を見せるハン・ソロ船長を演じたハリソン・フォードは、劇中、キャリー・フィッシャー演じるレイア姫と恋仲になるのだけれど、実生活でも彼らはそのころ交際していたそうだ。フォードは当時子持ちの既婚者だったにもかかわらず。

ハリソン・フォードの魅力は、油汚れとかほこりまみれとかが似合う男らしさ、そして人間くささ、だろうか。みてきたハリソン・フォード彼の出演作品はどれもよかったけれど、なぜだか「6デイズ/7ナイツ」が強く印象に残っている。
これは、南太平洋のタヒチのあたりへ旅行に出かけた、アン・ヘッシュ演じる米国の女性編集者が、ハリソン・フォード演じるパイロットの操縦する観光客用チャーター機に乗り、悪天候のせいで、2人を乗せた古いプロペラ機は無人島に不時着してしまう。
2人は、けんかしたりしつつも、協力してなんとか島から脱出をはかるのだけれど、そうこうしているうちに恋仲になってしまう、さて、二人の脱出と恋の行方やいかに、というような話なのだけれど、このおんぼろ機を操るパイロットという役柄が、「スター・ウォーズ」中の彼の役柄とだぶって、なんだかしっくりくるのである。
聞けば、ハリソン・フォードは実生活でも飛行機を操縦するパイロットだそうで、飛行機で人命救助したこともあれば、みずから操縦する飛行機で来日したこともあるそうだ。
なるほど、しっくりくるわけである。
飛行機の操縦はすごい快感でそうだが、ハリソン・フォード、飛行機の似合う男である。
(2024年7月13日)



●おすすめの電子書籍!

『映画男優という生き方』(原鏡介)
世界の男性映画スターたちの生き様と作品をめぐる映画評論。ヴァレンティノ、マックイーン、石原裕次郎、シュワルツェネッガーなど男優たちの演技と生の真実を明らかにする。


●電子書籍は明鏡舎。
https://www.meikyosha.jp

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

7月12日・ヘンリー・ソローの夢

2024-07-12 | 思想
7月12日は、デザイナー、石岡瑛子が生まれた日(1938年)だが、米国の思想家、ヘンリー・ソローの誕生日でもある。

ヘンリー・デイヴィッド・ソローは、1817年、米国マサチューセッツ州のコンコードで生まれた。ハーヴァード大学を卒業した後、教師になったが、当時の生徒に体罰を与えるやり方に反発して辞職した。彼は鉛筆製造人、紙やすり製造人、測量、大工、ペンキ塗りなど、お金が必要になると、その都度いろいろな職についた。
28歳になる年の独立記念日(7月4日)に、彼はコンコードの町から南へ2キロメートルほど行ったウォルーデン池のほとりの森に小屋を建て、それから2年2カ月のあいだひとりで暮らした。そのときの生活記録が『ウォールデン(森の生活)』で、彼が37歳のとき、出版されると、この本はベストセラーとなり、米国が世界に誇る古典となった。
有名になったソローには、原稿の依頼や、講演の依頼が舞い込んだ。
ソローは、ラルフ・エマーソンや、ブロンスン・オルコットといった超絶主義者の仲間たちと親交を結んだ。そして彼は奴隷制に反対し、奴隷制や戦争に反対して税金の納付を拒否して投獄された。
生涯独身を通したソローは、南北戦争中の1862年5月、結核のためコンコードで没した。44歳だった。翌年、リンカーン大統領が奴隷解放宣言をおこなった。

ソローが『ウォールデン』を書いた約百年後、行動主義心理学者のB・F・スキナーが理想のコミュニティーを描いた小説『ウォールデン2』を書いた。
その小説を読んだキャスリーン・キンケイドたちが、ヴァージニア州にツイン・オークス・コミュニティーを創設し、彼女はコミュニティーの初期の実録である『ウォールデン2の実験--ツイン・オークス・コミュニティーの最初の5年間』を書いた。
その邦訳が『ツイン・オークス・コミュニティー建設記』であり、こうしたコミュニティー運動について書かれたのが『コミュニティー 世界の共同生活体』である。

友人のエマーソンは、ソローについてこう書いている。
「彼は、ロンドン一帯から収集されたニュースや名文句をいらいらしながら聞き、自分ではいくら慇懃であろうと努めても、こういう小話のたぐいは彼を疲労させました。そういう連中はすべてたがいに真似をし合っているだけで、しかも雛型はちっぽけなものでした。どうして彼らはできるだけはなれて生き、ひとりびとり自立した人間になることができないのでしょう。」(酒本雅之訳「ソーロウ」『エマソン論文集』岩波文庫)

ウォールデンの森での独り暮らしを総括して、ソローは言っている。
「わたしはわたしの実験によって少なくともこういうことをまなんだ──もし人が自分の夢の方向に自信をもって進み、そして自分が想像した生活を生きようとつとめるならば、彼は平生には予想できなかったほどの成功に出あうであろう。彼は何物かを置去りにし、眼に見えない境界線を越えるであろう。新しい、普遍的な、より自由な法則が、彼の周囲と彼の打ちに確立されはじめるであろう。」(神吉三郎訳『森の生活』岩波文庫)
ソローたち超越論主義者たちは、他人の気がしない。
(2024年7月12日)



●おすすめの電子書籍!

『ツイン・オークス・コミュニティー建設記』(キャスリーン・キンケイド著、金原義明訳)
米国ヴァージニア州にあるコミュニティー「ツイン・オークス」の創成期を、創立者自身が語る苦闘と希望のドキュメント。彼女のたくましい生きざまが伝わってくる好著。原題は『ウォールデン2の実験』。B・F・スキナーの小説『ウォールデン2』に刺激を受けた著者は、仲間を集め、小説中のコミュニティーを現実に作って見せたのである。

『コミュニティー 世界の共同生活体』(金原義明)
ドキュメント。ツイン・オークス、ガナス、ヨーガヴィル、ロス・オルコネスなど、世界各国にある共同生活体「コミュニティー」を実際に訪ねた経験をもとに、その仕組みと生活ぶりを具体的に紹介する海外コミュニティー探訪記。人と人が暮らすとは、どういうことか?


●電子書籍は明鏡舎。
https://www.meikyosha.jp

コメント
  • X
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする