1日1話・話題の燃料

これを読めば今日の話題は準備OK。
著書『芸術家たちの生涯』
『ほんとうのこと』
『ねむりの町』ほか

11月13日・スティーヴンソンの情熱

2019-11-13 | 文学
11月13日は、女優の大原麗子が生まれた日(1946年)だが、小説家、スティーヴンソンの誕生日でもある。『宝島』『ジキル博士とハイド氏』の作者である。

ロバート・ルイス・バルフォア・スティーヴンソンは、1850年、英国スコットランドの首都エジンバラで生まれた。父親は灯台を建築する有名な土木技師だった。
幼いころから胸が弱かったロバートは、エンバラ大学で工学を学び、法科に移って弁護士の資格をとったが、結局文筆家になった。
20代で『驢馬の旅』などの紀行文を発表した彼は、27歳のとき、仏国パリで既婚の米国人女性、ファニー・オズボーンと知り合った。たちまち二人は恋に落ちた。が、やがて夫人は米国カリフォルニアにいる夫のもとへ帰っていった。
米国の太平洋側にいる夫人には夫と二人の子どもがあり、大西洋のこちら側の英国にいるスティーヴンソンには健康とお金がなく、二人の恋はおよそ成就しそうもなかったが、スティーヴンソンの情熱はかえって燃え上がった。
彼はなけなしの所持金をかき集め、弱いからだを引きずって大西洋を渡り、北米大陸を汽車で横断し、生活をぎりぎりまで切り詰め、ほとんど瀕死の状態で米西海岸にたどりついた。そして29歳の彼は、夫と別れたファニーと結婚した。このあたり、スティーヴンソンの情熱もすごいけれど、こんなぼろぼろの貧乏男といっしょになった奥さんの覚悟も負けず劣らずすごい。
妻と妻の二人の連れ子をともなって英国へ帰った彼は『宝島』『ジキル博士とハイド氏』を書き、一躍、流国作家となった。が、健康はひどい状態で、医師に転地療養をすすめられた。37歳のとき、父親が没すると、スティーヴンソンは、母親と妻子をヨットに乗せて英国を離れ、太平洋のサモア諸島に住み着いた。
サモアでは、創作のかたわら、本国の植民地政策により現地の人々が苦しんでいるのを目の当たりにし、本国の新聞へ植民地の惨状を訴える投書をし、論陣を張った。
現地の人々からは「ツシタラ(語り部)」と呼ばれ、慕われたスティーヴンソンは、1894年12月、脳卒中により、没した。44歳だった。
彼の遺体は、現地の人々によって山の上まで運ばれ、山頂に葬られた。

高校時代、洋書『Treasure Island(宝島)』を買って以来のスティーヴンソン・ファンである。拙著『名作英語の名文句』の1、2の両方でスティーヴンソンを取り上げた。

スティーヴンソンの文章は、不要な修飾語をできるかぎり取り払って、なるたけ簡潔に、歯切れよく書くところが美点で、夏目漱石も言っている。
「西洋ではスチヴンソン(Stevenson)の文が一番好きだ。力があって、簡潔で、クドクドしい処がない、女々しい処がない。スチヴンソンの文を読むとハキハキしてよい心持だ。」(「予の愛読書」『漱石全集 第二十五巻』岩波書店)

からだが弱かったのに、ものすごい情熱家で、正義感が強くて、スティーヴンソンは、
「健康なる魂は、ときとして不健康な肉体にも宿る」
という見本である。
(2019年11月13日)



●おすすめの電子書籍!

『ここだけは原文で読みたい! 名作英語の名文句』(越智道雄選、金原義明著)
「宝島」「風と共に去りぬ」から「ハリー・ポッター」まで、英語の名作の名文句(英文)を解説、英語ワンポイン・レッスンを添えた新読書ガイド。

『ここだけは原文で読みたい! 名作英語の名文句2』(金原義明)
「ジキル博士とハイド氏」「ガリヴァ旅行記」から「ダ・ヴィンチ・コード」まで、英語の名著の名フレーズを原文(英語)を解説、英語ワンポイン・レッスンを添えた新読書ガイド。第二弾!


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com

コメント

11月12日・エリザベス・スタントンの反発

2019-11-12 | 歴史と人生
11月12日は、体操選手ナディア・コマネチが生まれた日(1961年)だが、社会運動家、エリザベス・スタントンの誕生日でもある。米国ではじめて女性参政権を訴えた女性である。

エリザベス・キャディは、1815年、米国ニューヨーク州のジョンズタウンで生まれた。父親は弁護士で、エリザベスは11人きょうだいの8番目の子だった。
当時の米国では、多くの女の子は正式な学校教育を受けなかったが、エリザベスは男女共学のジョンズタウン学校へ通い、ラテン語、ギリシャ語、フランス語、英作文、数学、宗教学、科学などを学んだ。成績優秀で数々の賞をとった彼女は、16歳で学校を卒業すると、さっそく男女差別に直面した。彼女より成績の悪かった男子の同級生たちがつぎつぎと大学へ進学していくのに、大学は女子を受け入れない。エリザベスは仕方なく私立の女学校へ進んだ。
学校を出た彼女は、ヘンリー・スタントンというジャーナリストと知り合い、彼女が25歳のとき、二人は結婚した。彼らの結婚式の際、司祭が花嫁に尋ねる誓い、
「夫にしたがうことを誓いますか?」
は削除された。こうして彼女の名は、エリザベス・キャディ・スタントンになった。
スタントンは、新婚旅行先で知り合ったルクレシア・モットといっしょに、集会開催の新聞広告を打ち、1848年7月、ニューヨーク州セネカ・フォールズで婦人の権利についての集会を開いた。これは、世界ではじめての女性の権利のための集会だった。つまり、人類はそれまで、女性に権利があるなどと考えたことがなかったのだった。
その集会で、32歳のスタントンは、女性の参政権を要求する「女の独立宣言」を読み上げた。女性の参政権の要求は、彼女の夫や、同志のモットさえも考え直してやめるようにと勧めたほど、当時としては革命的なものだった。
スタントンが46歳の年に、南北戦争がはじまった。
南北戦争が北軍の勝利に終わると、奴隷が解放され、すべての市民に参政権が与えられることになった。しかしそれは男性の市民で、依然として女性には参政権がなかった。
スタントンはスーザン・アンソニーらとともに、女性のための週刊の機関誌「レボリューション」を創刊し、全国女性参政権協会(NWSA・ National Woman Suffrage Association)を設立した。そうして、スタントンは、27歳から44歳までに7人の子どもう産み、子育てをしながら、ずっと女性の権利獲得のために活動を続けた。
スタントンは、1902年10月、心不全のため、ニューヨーク市の自宅で没した。86歳だった。その18年後の1920年、女性の投票権を認めた憲法修正第19条が批准された。

専門の米国現代史を勉強中、女性解放運動(ウーマン・リブ)の延長線上でスタントンを知った。日本の女性に参政権が与えられたのは、戦後、米国を中心にした連合軍総司令部の指導のもとであって、日本女性の参政権の源をたどれば、スタントンに行き着く。
現代の日本女性は、投票したり、選挙に立候補したりする権利は、生まれつきの権利としてもっているものと考えているかもしれないけれど、じつはスタントンのような先駆者たちの不屈の努力が山のように積み重なって、ようやく実現されたものである。先人の苦労をくんで、せめて選挙の際には、投票所まで足を運びたい。
(2019年11月12日)


●おすすめの電子書籍!

『女性解放史人物事典 ──フェミニズムからヒューマニズムへ』(金原義明)
平易で楽しい「読むフェミニズム事典」。女性の選挙権の由来をさぐり、自由の未来を示す知的冒険。アン・ハッチンソン、メアリ・ウルストンクラフトからマドンナ、アンジェリーナ・ジョリーまで全五〇章。人物事項索引付き。フェミニズム研究の基礎図書。また女性史研究の可能性を見通す航海図。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.jp

コメント

11月11日・ルネ・クレールの音

2019-11-11 | 映画
11月11日は、『バカの壁』を書いた脳解剖学者、養老孟司(ようろうたけし)が生まれた日(1937年)だが、映画監督ルネ・クレールの誕生日でもある。

ルネ・クレールは、フランスのパリで、1898年に生まれた。本名はルネ=ルシアン・ショメット。父親は石鹸屋で、ルネには2歳年上の兄がいた。
中央卸売市場のある、にぎやかなレ・アル地区で育ったルネは、哲学を学ぶ学生になったが、18歳のとき、第一次世界大戦に際し、衛生兵として従軍し、救急車の運転手となった。
戦場で見た惨状と恐怖に強い印象を受けた彼は、せき髄を負傷し、除隊した。そうしてパリにもどった彼は、戦後、左翼系の新聞の記者として活躍しだした。
そのころ、「暗い日曜日」を歌った歌手ダミアと知り合い、彼女に歌詞を提供するようになった彼は、ダミアの勧めで、22歳のころ、撮影スタジオを訪ねた。それが縁で、いく本かの映画に出演することになった。このとき使った芸名が「ルネ・クレール」。
ジャーナリストの仕事のかたわら、映画雑誌の編集や、映画監督のアシスタントをしていたクレールは、26歳のとき、チャンスを得て短編「眠る巴里(パリ)」で監督デビュー。
続いて短編「幕間」を発表。これは、出演マン・レイ、マルセル・デュシャン、音楽エリック・サティという前衛作品で話題を呼んだ。ここまでが無声映画時代。
そして、32歳のとき、トーキー第一作「巴里の屋根の下」を発表。トーキーをはじめて使いこなしたと言われるみごとな演出とともに、同名のシャンソンも大ヒットし、クレール監督の名は世界に鳴り響いた。日本でも、西城八十が訳詞した「巴里の屋根の下」が大ヒットした。以後、「ル・ミリオン」「自由を我等に」「最後の億万長者」「幽霊西へ行く」などを発表した後、第二次世界大戦に際しては、米国ハリウッドへ移り、「奥様は魔女」「そして誰もいなくなった」などを撮った。
戦後、フランスへ戻り、「沈黙は金」を発表。
その後「悪魔の美しさ」「夜ごとの美女」「夜の騎士道」などの名作を撮り、62歳になる年にはアカデミー・フランセーズの会員となった後、1981年3月、パリの西郊外にあたるオー=ド=セーヌ県の自宅で没した。82歳だった。

はじめて「巴里の屋根の下」を観たときの鮮やかな印象は忘れられない。パリの下町情緒をコミカルに、詩情豊かに描くなか、音と映像の組み合わせの妙にハッとさせられる瞬間がつぎつぎと出現する。「サウンドトラック付きの映画はこうやって作る」というお手本である。現代観てもなお新鮮な歴史的傑作。映画ファンは必見である。

「日本のルネ・クレール」伊丹万作監督(伊丹十三の父)は言っている。
「私たちがクレールにとてもかなわないと思うのは多くの場合その技巧と機知に対してである。クレールほどあざやかな技巧を持つており、クレールほど泉のように機知を湧かす映画作家を私は知らない。」(『ルネ・クレール私見』青空文庫)
(2019年11月11日)


●おすすめの電子書籍!

『映画監督論』(金原義明)
古今東西の映画監督30人の生涯とその作品を論じた映画人物評論集。監督論。人と作品による映画史。チャップリン、溝口健二、ディズニー、黒澤明、パゾリーニ、ゴダール、トリュフォー、宮崎駿、北野武、黒沢清などなど。百年間の映画史を総括する知的追求。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.jp


コメント

11月10日・マルティン・ルターの暴露

2019-11-10 | 思想
11月10日は、コピーライターの糸井重里が生まれた日(1948年)だが、宗教改革を起こしたマルティン・ルターの誕生日でもある。

マルティン・ルターは、1483年、現在のドイツのアイスレーベンで生まれた。
マルティンは19歳のとき、エルフルト大学に入った。彼は法律を学んだが、現実生活が不安定なものに思われ、しだいに神学と哲学にひかれていった。
1505年の夏、当時21歳のルターが大学へもどろうとしていると、その途中、彼のすぐそばに、雷が落ちた。恐怖に襲われ、彼は叫んだ。
「お助けください、聖アンナ。わたしは修道士になります」
聖アンナは、聖母マリアの母親である。これがルターの回心で、以後、彼は修道士になり、カトリックの修行を積み、29歳のころには大学の神学部教授になった。
しかし、ルターの悩みは深かった。教会の教えにのっとって神を愛すると言いながら、その実、わが身の平安と幸福ばかりを望んでいる自分の二面性に苦しんだ。そんな折も折、ドイツの大司教が、贖宥状を大々的に販売しはじめた。
「それはちがうだろう」
とルターは思った。そして彼は考えぬいた末、神による罪の許しや救い(福音)は、カトリック教会の言うように、きびしい戒律による生活を送ったり、善行を積んだり、ましてや贖宥状を買ったりして得られるものではなく、心から神を信仰し、ひたすらイエス・キリストに自身をゆだねることで、無条件に与えられるものだ、という結論にいたった。この考えが「福音主義」である。
1517年10月、33歳だった彼は、ウィッテンベルクの教会の扉に、ラテン語で書かれた「95カ条の意見書」を貼りだした。これは、教会側の贖宥状販売に対する抗議文で、ここから宗教改革、プロテスタントがはじまった。
ルターは、「聖書中心主義」「万人司祭主義」を唱え、聖書をドイツ語に訳し、一般の人々に聖書を広めた後、1546年2月、胸の痛みを訴えた後、脳卒中を起こし、故郷アイスレーベンで没した。62歳だった。

「それはそうだろう」と思われることでも、まわりが黙っている状況では、なかなか言いだしにくいものだ。たとえば、2013年9月にアルゼンチンで、日本の首相が、
「福島(の原子力発電所)はアンダーコントロールである(管理できている)」
と笑顔で言ってのけたとき、日本人でそれをほんとうだと思った人は、おそらくひとりもいなかったろう。そのころの連日のマスコミ報道によって、福島では放射能汚染水が地中や海に漏れだし、止めようとして止められないでいるのを、みんな知っていた。
おそらく、あのとき、首相は味をしめたのにちがいない。世界に向けて大ウソをついて五輪を引っ張ってこれるなら、もう何をやってもいいのだとたかをくくったのだろう。

思っていることと、言うことばとを、ぴったりくっつけて、離れないようにしておくことは、人間としてとても大事である。ただ、それには相当の勇気がいる。
付和雷同しやすい、ことなかれ主義の日本人の国民性を考えると、ルターの偉大さが再認識される。
(2019年11月10日)


●おすすめの電子書籍!

『思想家たちの生と生の解釈』(金原義明)
古今東西の思想家のとらえた「生」の実像に迫る哲学評論。ブッダ、道元、ルター、デカルト、カント、ニーチェ、ベルクソン、ウィトゲンシュタイン、フーコー、スウェーデンボルグ、シュタイナー、オーロビンド、クリシュナムルティ、マキャヴェリ、ルソー、マックス・ヴェーバー、トインビー、ブローデル、丸山眞男などなど。生、死、霊魂、世界、存在、認識などについて考えていきます。わたしたちはなぜ生きているのか。生きることに意味はあるのか。人生の根本問題をさぐる究極の思想書。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.jp

コメント

11月9日・野口英世の欠落

2019-11-09 | 科学
11月9日は、ゴロ合わせで消防庁「119番の日」。この日は、サッカーのデル・ピエロが生まれた日(1974年)だが、細菌学者、野口英世の誕生日でもある。

野口英世は、1876年、福島県の、現在の猪苗代町で生まれた。生まれたときの本名は、清作。彼の家は貧しい農家で、清作には姉と弟がいた。生後半年足らずのときに、清作は囲炉裏に落ちて、左手を大火傷し、指が手にくっついてしまった。
清作が14歳のころ、周囲の募金活動により手術費用が工面され、外科手術を受け、左手の指が使えるようになった。このときの感激が、彼をして医学の道を志さしめた。
20歳の年。上京するにあたり、家の柱に彼はこう彫りつけたという。
「志を得ざれば再び此の地を踏まず」
左手の手術をしてくれた医師のつてで、東京に住む歯科医を頼り、学資を捻出してもらい、21歳のときに医師の免許を取得した。そして、22歳になる年に、北里柴三郎が所長を務めていた伝染病研究所に就職した。このころ、本名を「清作」から「英世」に改名。ここに野口英世が誕生した。
24歳のとき、渡米。ペンシルベニア大学の医学部で助手となった。そして27歳のとき、ロックフェラー医学研究所に移籍した。
野口英世は、ずらりと並んだおびただしい数の試験管に同分量の試験薬を短時間で注入するなど、膨大な分量の実験を正確に、疲れを知らず続けるハードワークで業績をあげ、34歳のとき、梅毒スピロヘータの純粋培養に成功したと発表し、世界をあっと言わせた。彼はそのころから何度もノーベル賞候補になった。
彼はロックフェラー財団の研究チームの一員として、中南米やアフリカへおもむき、当時流行していた黄熱病の研究に励んだ。そうして野口自身も黄熱病にかかり、1928年5月、芸在のガーナのアクラで没した。51歳だった。
伝染病で死亡した患者の遺体は、現地で火葬される決まりだったが、ロックフェラーの鶴の一声でルールは変えられ、野口の遺体は金属製の密閉された特注の柩に収められ、米国へ運ばれてニューヨークの墓地に丁重に葬られた。

野口英世は細菌学の学者であり、手作業で実験データを積み重ねた時代の研究者だった。彼の没後、細菌よりもっと微小なウイルスの研究が進み、野口が発表した学説のかなりの部分が、ひっくり返されている。とはいえ、そんなことは科学、医学の世界では日常茶飯事であって、新事実の発見も、前人の研究成果があった上での成果なのだから、野口英世の偉大さを現代の科学の物差しで測ってはいけないと思う。

野口英世の出世物語の興味深いのは、周囲に無心して集めた学資を、遊興で散財し、また援助に頼り、そのお金をまた遊びにつかい、また無心して、を繰り返しているところである。上京する際、小学校時代の教頭が用立ててくれた、当時の一般の月給取りの年収の1年分にあたる金額の学資を、上京後ほんの1、2カ月でつかいきってしまったというから、その派手な遊び方もさることながら、その神経の太さにかえって感心する。そういう大胆に欠落した部分がないと、大事業というものは成らないのかもしれない。
(2019年11月9日)


●おすすめの電子書籍!

『大人のための世界偉人物語』(金原義明)
世界の偉人たちの人生を描く伝記読み物。エジソン、野口英世、ヘレン・ケラー、キュリー夫人、リンカーン、オードリー・ヘップバーン、ジョン・レノンなど30人の生きざまを紹介。意外な真実、役立つ知恵が満載。人生に迷ったときの道しるべとして、人生の友人として。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.jp

コメント