1日1話・今日の話題の燃料

これを読めば今日の話題は準備OK。
著書『誇りに思う日本人たち』
『ビッグショッツ』
『黒い火』ほか

12月14日・ポール・エリュアールの詩心

2018-12-14 | 文学
「忠臣蔵」赤穂浪士の討ち入りの日、12月14日は、天文学者ティコ・ブラーエが生まれた日(1546年)だが、詩人ポール・エリュアールの誕生日でもある。

ポール・エリュアールは、1895年、フランスのパリの北、サン=ドニで生まれた。本名はウジェーヌ=エミーユ=ポール・グランデル。父親は不動産屋で、ポールが13歳のころ、一家はパリへ引っ越した。高等中学校の学生だった17歳のころ、結核にかかり、ポールはスイスのダヴォスにあるサナトリウムに入院した。そこでひとつ年上のロシア人少女ヘレナ・ドミトロヴニェ・ディアコノヴァと知り合った。ポールは恋に落ち、ヘレナのことを「ガラ」と愛称で呼んだ。二人はランボーやアポリネールなどの詩をいっしょに読み、ポールはガラへの愛をテーマにした詩をたくさん書き、18歳の年に処女詩集『最初の詩集』を自費出版した。
サナトリウムを退院した彼は、19歳で第一次世界大戦に召集され、従軍したが、軍の休暇中にガラと結婚。第一次大戦後は、アンドレ・ブルトンやトリスタン・ツァラたちのダダイスム運動に加わり、エリュアールが29歳のころ、ブルトンが『シュルレアリスム宣言』を発表しシュルレアリスム運動をはじめると、これにも参加し、運動の機関誌である「シュルレアリスム革命」の編集にたずさわった。
妻のガラは、シュルレアリスム運動の仲間であるサルバドール・ダリと恋仲となり、エリュアールは35歳でガラと離婚した。
そのころ、ヨーロッパに高まってきたファシズムへの反対運動にポールは加わり、内戦中のスペインの村ゲルニカにドイツ軍の空爆がおこなわれると、詩「ゲルニカの勝利」を書いた。第二次世界大戦がはじまるとふたたび従軍し、除隊後はレジスタンス活動にはげんだ。エリュアールが作詞した反ナチス・ドイツの歌は印刷され、連合軍側の飛行機によって空からまかれ、レジスタンスの人々に広く愛唱された。
戦後はヨーロッパ各国を講演してまわり、抑圧からの解放と、人間愛をうたった詩を発表した。そうして1952年11月、心臓発作のため、パリのすぐとなりのシャラントン=ル=ポンで没した。56歳だった。

シュールレアリスト画家ダリの美神ガラの前夫はどんな詩を書いたのかしら、とエリュアールの詩を読んだ。表現が平易で、フランスらしい。洒落ている。たとえば……

「学校のノートの上
 勉強机や木立の上
 砂の上 雪の上に
 君の名を書く(中略)

 きらきら光る形の上
 色彩の鐘の響きの上
 自然界の真理の上に
 君の名を書く(中略)

 立ち戻った健康の上
 消え失せた危険の上
 思い出のない希望の上に
 君の名を書く

 一つの言葉の力によって
 僕の人生は再び始まる
 僕の生まれたのは 君と知り合うため
 君を名ざすためだった」(「自由」安藤元雄訳『フランス名詩選』岩波文庫)

(2018年12月14日)



●おすすめの電子書籍!

『世界文学の高峰たち 第二巻』(金原義明)
世界の偉大な文学者たちの生涯と、その作品世界を紹介・探訪する文学評論。サド、ハイネ、ボードレール、ヴェルヌ、ワイルド、ランボー、コクトー、トールキン、ヴォネガット、スティーヴン・キングなどなど三一人の文豪たちの魅力的な生きざまを振り返りつつ、文学の本質、創作の秘密をさぐる。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com

コメント

12月13日・田山花袋の衝撃

2018-12-13 | 文学
12月13日は、眼・視覚障害者の守護聖女「聖ルチア」の日で、詩人ハインリッヒ・ハイネが生まれた日(1797年)だが、作家、田山花袋(たやまかたい)の誕生日でもある。

田山花袋は、明治4年12月13日(西暦1872年1月22日)に当時は栃木県だった、現在の群馬の館林で生まれた。本名は田山録弥(たやまろくや)。父親は元武士で、録弥が4歳のとき、警視庁所員となり、一家は上京した。
録弥が5歳のとき、父親が西南の役に従軍して戦死した。
録弥は9歳のころから足利や東京で丁稚奉公をした後、12歳のとき、漢学塾に入った。漢詩漢文のほか、和歌や西洋文学にも親しむ少年だった。
18歳のとき上京し、19歳で文豪・尾崎紅葉の門下生となった。
出版社の校正係をしながら田山花袋の名で小説を書いた。
彼が32歳のときにはじまった日露戦争では、軍所属の写真班で従軍記者として働いた。
日露戦争の終わりごろから「露骨なる描写」を標榜する自然主義の小説を書きだし、勤めていた出版社から創刊された雑誌「文章世界」の編集主任となった。
35歳のとき『蒲団(ふとん)』を発表。生々しい描写が当時の人々に衝撃を与えた。
田山花袋は自然主義文学の中心とした活躍し、『生』『妻』『田舎教師』『一兵卒の銃殺』などを書いた後、1930年5月、喉頭ガンのため、東京の自宅で没した。58歳だった。

田山花袋の代表作『蒲団』を昔読んだ。登場人物がみんなものすごくまじめなのに驚いた。物語は、主人公の妻子ある中年の小説家である時雄が、女性の内弟子にひそかに思いを寄せている。その欲望を隠して、女弟子の恋愛問題に師匠らしくえらそうに説教するというような話である。終わりのほうに、女弟子が使った蒲団をとりだし、顔を押しつけてにおいをかぎ、泣く場面があって、こんな感じである。
「性慾と悲哀と絶望とが忽(たちま)ち時雄の胸を襲った。時雄はその蒲団を敷き、夜着をかけ、冷めたい汚れた天鵞絨の襟に顔を埋めて泣いた。」(『蒲団』青空文庫: http://www.aozora.gr.jp/)
現代に読むとピンとこないけれど、このおぞましい感じが、当時の世相を衝撃をもって走り、これをきっかけに日本文芸界に、自然主義文学の嵐が吹き荒れることとなった。
ずっと後の時代に、石原慎太郎が『太陽の季節』で、主人公がペニスを障子に突きたてて破る場面を書いて世間を騒がせ、村上龍が『限りなく透明に近いブルー』で女を回転させる乱交シーンを描いて話題を呼び、と、こうしてみると、新しい世代の宣言というのは、つねに衝撃的な性表現をもって高らかになされるものだとわかる。
(2018年12月13日)



●おすすめの電子書籍!

『小説家という生き方(村上春樹から夏目漱石へ)』(金原義明)
人はいかにして小説家になるか、をさぐる画期的な作家論。村上龍、村上春樹から、団鬼六、三島由紀夫、川上宗薫、江戸川乱歩らをへて、鏡花、漱石、鴎外などの文豪まで。新しい角度から大作家たちの生き様、作品を検討。読書体験を次の次元へと誘う文芸評論。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com

コメント

12月12日・小津安二郎の純

2018-12-12 | 映画
12月12日は、画家エドヴァルド・ムンクが生まれた日(1863年)だが、映画監督、小津安二郎の誕生日でもある。

小津安二郎は、1903年、東京の深川で生まれた。父親は、海産物を扱う老舗商家の番頭で、安次郎は5人きょうだいょ上から2番目。上に兄、下に弟妹がいた。
10歳のとき、三重の松阪へ家族とともに引っ越し、安次郎はそこで育った。
小さいころから絵を描くのが得意な安次郎は、10代のなかばごろから映画を観、外国製のカメラをいじるハイカラな少年だった。彼は商業高校へ進もうとしたが受験に失敗し、18歳で松阪の尋常高等小学校の代用教員になった。1年ほどで代用教員を辞め、今度は親戚の紹介で松竹の蒲田撮影所に撮影助手になった。
21歳のとき、徴兵されて長く兵役につくのを避けるため、小津は一年志願兵を志願して入隊。仮病を使って演習をサボりながら、予定通り1年で除隊し、撮影所に帰ってきた。
小津は、サイレント映画「地蔵物語」「灼熱の恋」を撮った大久保忠素の下で助監督となり、シナリオを書き、23歳のとき監督に昇格した。ちょうどそのころ、撮影所の時代劇部門が京都へ移転し、蒲田に残った小津はもっぱら現代劇を作った。
小津もはじめはサイレント映画を撮っていたが、32歳ごろからトーキーを撮るようになり、55歳のころモノクロからカラー作品に変わった。
カメラを低く人物の目線で構え、登場人物を真正面から撮った独特の構図で、親子関係、娘の嫁入りなど同じテーマの映画を小津は延々と作りつづけた。
小津の映画はなかなかヒットしなかったが、真珠湾攻撃があった年の「戸田家の兄妹」あたりからヒット作が出るようになった。太平洋戦中は軍部に協力して南方で映画撮影に取り組み、シンガポールで敗戦を迎えた。
戦後の小津は毎年一作を発表し、日本映画界を代表する巨匠として知られた。「晩春」「東京物語」「秋刀魚の味」など、いまなお名品とたたえられる作品群を撮った後、ガンのため東京の入院先で、1963年12月12日の満60歳の誕生日に没した。

小津安次郎は納得するまで、同じ演技を何度も何度も繰り返させる監督で、笠智衆も若いときから小津には何度も何度もやり直しをさせられて、最後にはようやくOKが出るのだけれど、その前とどこがちがうのかまったくわからないと言っていた。

小津監督の映画を、長らくおもしろいと感じなかった。ただ、たとえば尾道の家の前を通りかかった近所の人が、開いている窓から家のなかの人へ話しかけてくる、そういった小津作品にでてくる昔の日本の風俗には驚かされた。
派手な立ち回りやショッキングな暴力シーンなどがない、日常を淡々と描く小津監督の世界が、近年ようやくおもしろいと感じられるようになった。おそらく監督が美しいと思うものだけを画面に収め、見たくないもの一切を排除した、純粋映画とでも呼ぶべきものを小津は目指したのだ。それは、最初から最後までジェットコースターに乗ったようなハリウッド映画とは対照的な作り方で、お金のかかったカーチェイスや爆破シーンもないけれど、そこには見るべきものがたしかにある。
(2018年12月12日)



●おすすめの電子書籍!

『映画監督論』(金原義明)
古今東西の映画監督30人の生涯とその作品を論じた映画人物評論集。監督論。人と作品による映画史。チャップリン、溝口健二、ディズニー、黒澤明、パゾリーニ、ゴダール、トリュフォー、宮崎駿、北野武、黒沢清などなど。百年間の映画史を総括する知的追求。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com

コメント

12月11日・モーリス・ルブランの恋

2018-12-11 | 文学
12月11日は、細菌学者ロベルト・コッホの誕生日(1843年)だが、作家モーリス・ルブランの誕生日でもある。「怪盗ルパン」の生みの親である。

モーリス・マリー・エミール・ルブランは、1864年、仏国ノルマンディー地方の古都、ルーアンで生まれた。ルーアンの学校をへて、ドイツやイタリアに遊学したモーリスは、フランスのパリ出て法律の勉強をした。しかし、これを途中でやめ、警察詰めの事件記者となって雑誌に記事を書いたり、犯罪小説などを書いたりするようになった。
ルブランはもともと純文学志望だったらしいが、30代のころまでは、ぱっとしない、売れない作家、ジャーナリストだった。
ルブランが40歳のころ、英国ではコナン・ドイルが書いた名探偵シャーロック・ホームズ・シリーズが人気を博していたが、ある編集者が、これをヒントに、似たような探偵小説を雑誌に書くよう、ルブランにすすめた。
ルブランは、知人をモデルにして、探偵でなく泥棒の主人公を作り上げ、短編『ルパンの逮捕』を書き上げ、雑誌に発表した。フローベールやモーパッサンのようなものを書きたいと希望し、こういうものに興味がなかったルブランは、ルパンものは一回こっきりのつもりで、話の結末をつけた。
すると、この短編が大好評で、雑誌の編集部から「ぜひこの続編を」と催促されるようになった。ルブランはこう言ってことわったという。
「物語の最後でルパンは投獄されることになった。だから、もう続きはないんだよ」
すると、編集者はこう返したという。
「そんなことは簡単だ。脱獄させればいいんだよ」(モーリス・ルブラン著、竹若理衣訳「アルセーヌ・ルパンとは誰か?」『ルパン、最後の恋』早川書房)
それで仕方なくルブランは、続きを書き、その後約30年にわたってルパンものを書きつづけた。ベストセラーとなった小説中のルパンは単なる泥棒から華麗な怪盗紳士へと成長し、弱者を救い、悪者をこらしめ、フランス国家の危機を救う大活躍をして、フランス国内はもちろん、世界中にファンをもつ小説中のヒーローとなった。
この国民的英雄の創造に対して、ルブランはレジオンドヌール勲章を授与された後、1941年11月、ペルピニャンで没した。七六歳だった。

怪盗アルセーヌ・ルパンは、少年時代以来のわがアイドルである。ルパン・シリーズはすべて読んだ。このシリーズの好きなところは、作中に恋の香りがいつも漂っているところで、「怪盗ルパン」は推理小説であると同時に、恋愛冒険小説である。女っ気のまったくないシャーロック・ホームズとは対照的である。

恋する怪盗紳士ルパンの結婚は悲劇に終わることが多い。小説のなかで彼は何度か結婚しているけれど、彼の奥さんになった女性は、出産時に亡くなったり、結婚してすぐ修道院に入ってしまったり、ピストルで撃たれて死んだりしていて、ルパンは幸福な結婚生活をなかなか送ることができない。そういう、悲劇的な側面が、泥棒稼業の裏打ちになっていて、それがルパン・シリーズを強くしているのだろう。
ルパンは晩年、バラを栽培して余生を送った。ホームズは晩年は養蜂である。その辺も英仏で対照的で興味深い。
(2018年12月11日)



●おすすめの電子書籍!

『世界文学の高峰たち 第二巻』(金原義明)
世界の偉大な文学者たちの生涯と、その作品世界を紹介・探訪する文学評論。サド、ハイネ、ボードレール、ヴェルヌ、ワイルド、ランボー、コクトー、トールキン、ヴォネガット、スティーヴン・キングなどなど三一人の文豪たちの魅力的な生きざまを振り返りつつ、文学の本質、創作の秘密をさぐる。読書家、作家志望者待望の書。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com

コメント

12月10日・寺山修司の縁

2018-12-10 | 文学
12月10日は、詩人・伊藤静雄が生まれた日(1906年)だが、同じく詩人の寺山修司の誕生日でもある。

寺山修司は、1935年12月10日、青森で生まれた(翌1936年1月10日の説もあり)。
警察官だった父親の転勤のため、修司は青森県内を転々と引っ越ししながら育った。
高校を出て上京し、早稲田大学の国文学科に入学。大学在学中だった18歳のときに、第2回短歌研究50首詠を受賞。注目の若手歌人として華々しくデビューした。が、腎臓炎、ネフローゼで長期の入院生活を送ることになり、大学を退学した。
寺山は短歌創作のかたわら、ラジオドラマや舞台の脚本を書くようになり、31歳のときに、自分の劇団 「天井桟敷」を結成。寺山が脚本を書き「青森県のせむし男」「毛皮のマリー」などを上演し、唐十郎の「状況劇場」などとともにアングラ劇団ブームの中心的存在となった。評論『書を捨てよ、町へ出よう』で話題を集めた寺山は、35歳のころ、映画界に進出。「書を捨てよ、町へ出よう」「田園に死す」などを監督した。
マスコミの寵児としてもてはやされた寺山は、1983年5月、肝硬変のため入院した東京の病院で、腹膜炎、敗血症のため没した。47歳だった。

「マッチ擦(す)るつかのま海に霧ふかし身捨つるほどの祖国はありや」
歌集『空には本』にあるこの短歌は、おそらく寺山修司のいちばん有名な歌だろう。彼が22歳のころの作で、時代感覚とウィットがある。

寺山修司は亡くなるすこし前に、自分が通う大学の学園祭で講演と質疑応答をした。自分は下宿で寝ていた。夕方になって起きだして大学に行くと、もう寺山は帰った後だった。
寺山が没したとき、自分は米国にいて、帰国したときには彼はこの世にいなかった。
寺山が亡くなったのは、東京・阿佐ケ谷にある河北病院で、彼の死後、自分は河北病院のすぐ裏手に事務所を借りた。
同時代を近くで生きたが、ずっとすれちがいだった。

寺山はものごとや情報を思わせぶりに、自分に都合よく加工し、デフォルメするうさんくさいところがあって、たとえば家族の写真をわざと破ってから貼り合わせて公表したりした。短歌でも、たとえば寺山の歌に、
「向日葵(ひまわり)の下に饒舌(じょうぜつ)高きかな人を訪わずば自己なき男」
というのがあるけれど、これは「昭和の芭蕉」と言われた中村草田男の俳句、
「人を訪はずば自己なき男月見草」
の発想をいただいたものである。

なんらかの衝撃がなければ芸術はおもしろくない。そういう信条の人だった。いずれ、短歌、演劇をはじめとした多方面に新風を送った、きらびやかな芸術的才能をもった才人だった。
(2018年12月10日)



●おすすめの電子書籍!

『世界文学の高峰たち』(金原義明)
世界の偉大な文学者たちの生涯と、その作品世界を紹介・探訪する文学評論。ゲーテ、ユゴー、ドストエフスキー、ドイル、プルースト、ジョイス、カフカ、チャンドラー、ヘミングウェイなどなど。文学の本質、文学の可能性をさぐる。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com


コメント