1日1話・今日の話題の燃料

これを読めば今日の話題は準備OK。
著書『誇りに思う日本人たち』
『ビッグショッツ』
『黒い火』ほか

10月24日・松前重義の背骨

2018-10-24 | 歴史と人生
10月24日は、イタリアの芸術家、ブルーノ・ムナーリが生まれた日(1907年)だが、日本の政治家、松前重義の誕生日でもある。

松前重義は、1901年10月24日、熊本の嘉島で生まれた。細川家につかえた武士の子孫で、父親は村長、母親は医者の娘だった。
中学時代から柔道に熱中した重義は、医者になろうと考えたが、母親に医者になるのを反対され、東北帝国大学の工学部電気工学科に進み、逓信省に入省した。
逓信省の役人時代、松前はプロテスタントの内村鑑三の知己を得て、正しいと信じる道を突き進み、教育によって豊かで平和な国を作ろうという志を立てた。
逓信省の松前は、当時雑音の多かった装荷ケーブル方式の電話線を、みずから改良した無装荷ケーブルに変え、長距離電話も明瞭な音声でやりとりできるようにした。
日米開戦の直前、40歳で逓信省工務局長に就任。戦時下で、後の東海大学となる航空科学専門学校、電波科学専門学校を作った。
若いころ、米国フォード社のベルトコンベア式の工場を視察し、その生産性の高さを知っていた松前は、戦時下の日本工業の生産能力を調査し、政府が発表する数字とは雲泥の差の惨憺たる数字を得た。こんな日本には米国を敵として戦争をする能力がないと結論。米国の工業生産統計の数字を天文学的なでまかせだと言い張る東条英機首相と対立した。東条は、米国の工場でも、日本や中国と同じく管理の観念がなく工員たちが意味なく右往左往しているはずだと信じていたらしい。
松前は、日増しにデマゴーグを強めてくる東条内閣を早く倒し、戦争を終わらせなくてはと、官僚や政治家、軍人などに説いてまわった。賛同した倒閣派はみな弾圧を受けた。
松前にも尾行がつき、食事にチフス菌が盛られ、暗殺者が仕向けられたが、彼はなんとか生きぬいた。そこへ召集令状が届いた。松前は42歳の高等官。本来召集されないはずの立場で、彼はあらゆる手を尽くして召集解除の運動をしたが、東条首相の圧力に役人も軍人も逆らえず、松前は出征をまぬかれなかった。
松前は最下級の二等兵として配属され、わざわざ弾薬を積んだ船に乗せられ、玉砕必至の激戦地行きを命じられたが、機転と人徳によって彼は奇跡的に生きて帰国した。43歳のとき、敗戦の2カ月前にようやく召集解除となった。
戦後、松前は、公職追放、追放解除をへて、51歳の年に社会党から衆議院議員に当選し、政治家となった。生涯学習を奨励し、民間ラジオ放送局の立ち上げや、スポーツを通じた国際交流に尽力、ソ連のモスクワに野球スタジアム、オーストリアのウィーンに日本武道館を建設した。ロサンゼルス五輪で金メダルをとった柔道の山下泰裕は松前の愛弟子で、山下が高校生のとき彼を見出し、山下の祖父と相談の上、東海大学の相模高校に転校させたのだった。松前は1991年8月に没した。89歳だった。

海軍の試算によると、松前のように、東条英機個人の私怨を晴らすために無理な召集を受け、合法的な処刑を仕組まれた者は72名に及ぶという。

いま、日本に松前重義の生きた全体主義の時代が再現されつつある。デマゴーグと弾圧、そして合法的な処刑の時代である。集団狂気の時代である。それでも松前や彼の協力者たちのように正気を保ち、長いものに巻かれずに生きる、ブレない背骨をもちたい。
(2018年10月24日)



●おすすめの電子書籍!

『誇りに思う日本人たち』(ぱぴろう)
同胞として誇るべき日本人三〇人をとり上げ、その劇的な生きざまを紹介する人物伝集。松前重義、緒方貞子、平塚らいてう、是川銀蔵、住井すゑ、升田幸三、水木しげる、北原怜子、田原総一朗、小澤征爾、鎌田慧、島岡強などなど、戦前から現代までに活躍した、あるいは活躍中の日本人の人生、パーソナリティを見つめ、日本人の美点に迫る。日本人ってすごい。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com

コメント

10月23日・ジャニー喜多川の握手

2018-10-23 | ビジネス
10月23日は、「サッカーの王様」ペレが生まれた日(1940年)だが、事業家のジャニー喜多川の誕生日でもある。いまをときめくジャニーズ事務所の総帥である。

ジャニー喜多川は、本名をジョン・ヒロム・キタガワといい、1931年に、米国カリフォルニア州ロサンゼルスで生まれた。父親は高野山の僧侶だった。
太平洋戦争中は、彼の一家は日系人の強制収容所に入れられていたこともあった。
戦後、ロサンゼルスの高校に入り、高校卒業後は、ロサンゼルス市立カレッジに進んだ。
19歳のとき、歌手の美空ひばりが米ロサンゼルス公演をおこなった際、ジョンは公演を手伝い、美空ひばりとその関係者の知遇を得た。
ジョンは21歳のとき、来日し、米国大使館員となり、通訳助手や朝鮮戦争の戦災孤児の対応などに従事した。日本の上智大学に入った喜多川は、24歳のころ、音楽のバンド活動をはじめ、31歳の年に芸能プロダクションを興した。
喜多川の愛称である「ジャニー」から、会社の名前をジャニーズ事務所とし、彼は若い少年をスカウトし、歌やダンスの練習をさせ、アイドル歌手として売り出すビジネスをはじめた。ジャニーズ事務所からは、フォーリーブス、郷ひろみ、田原俊彦、近藤雅彦、シブがき隊、少年隊、光GENJI、SMAP、嵐、などの大スターたちが輩出し、喜多川は芸能界、放送業界に隠然たる力をもつジャニーズ王国を築き上げた。日本芸能誌史に残る大プロデューサーである。

ジャニー喜多川は、なかなか魅力的な人らしい。
たとえば、田原俊彦がまだデビュー前の高校生だったころ、週末になると甲府から電車で上京してレッスンに通ってくる田原の交通費はすべて喜多川がもち、さらに、田原が帰る際には新宿駅までかならず自分で見送りにいったという。
あるいは、SMAPの中居正広がリズム感が悪いので、喜多川みずからがカスタネットをたたいて、マンツーマンでレッスンした。

ジャニーズ事務所のアイドルグループ、KAT-TUNの亀梨和也が、テレビの歌番組で明かした逸話も興味深かった。
「オレが悪かったんですけど」
と前置きし、亀梨は以下の内容を語った。
あるとき、KAT-TUNがステージを務めている最中に、亀梨が歌か踊りを忘れてしまった。ステージを降りた後で、亀梨はKAT-TUNの同僚に食ってかかった。
「ああいうときは、うまくフォローしてくれよ」
すると同僚は、こう答えた。
「おれは自分のことでいっぱいいっぱいなんだよ」
「なんだよ、それは」
とつかみあいになりかかった。そこへ、わきで見ていたジャニー喜多川が手を差しだした。亀梨に握手を求めて、こう言った。
「仕事でけんか? かっこいいね」
身内による暴露話だから、多少の脚色はあるだろうけれど、なかなか味わい深い話である。
(2018年10月23日)


●おすすめの電子書籍!

『新入社員マナー常識』(金原義明)
メモ、電話、メールの書き方から、社内恋愛、退職の手順まで、新入社員の常識を、身につまされる具体的な実例、驚きのエピソードを交えて解説。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com

コメント

10月22日・キャパのセンス

2018-10-22 | 芸術
10月22日は、大女優、サラ・ベルナールが生まれた日(1844年)だが、写真家ロバート・キャパの誕生日でもある。

ロバート・キャパは、1913年、ハンガリーのブダペストで生まれた。本名はフリードマン・エルネー・エンドレ。ハンガリーでは、日本と同様、姓名の順に書くので、彼のファーストネームはエンドレである。ユダヤ系の家系で、母親は婦人服の仕立屋を経営していて、父親はそこの裁縫師だった。エンドレは男ばかりの三人兄弟のまん中だった。
エンドレは早くから政治やジャーナリズムに目覚め、ギムナジウム(中高一貫校)の生徒だった17歳の年に、ゼネストのデモに加わって逮捕された。卒業後は、ドイツ・ベルリンへ行き、写真通信社に暗室係の助手として勤務しだした。19歳のとき、ロシアの革命家トロツキーがデンマークのコペンハーゲンにやってきたとき、エンドレは社命を受け、小型カメラをポケットに隠し持って駆けつけ、演説中のトロツキーを撮影した。この写真は、トロツキー本人が生存中に発表されたトロツキーの唯一の肖像写真となった。
エンドレが20歳になる1933年にナチス党のヒトラーが首相になると、はげしくなったユダヤ人迫害から逃れ、エンドレはフランス・パリへ脱出した。
パリで彼は2歳年上の女性ゲルダ・ポホリレスと出会い、恋に落ちた。ゲルダはドイツ生まれのユダヤ系の金髪美女で、二人は同棲し、エンドレが写真をとり、ゲルダがキャプションをつけて通信社に売り込む、あるいはゲルダも写真を撮るなど、チームを組んで仕事をするようになった。写真をもっと高く売るため、彼らは「ロバート・キャパ」という架空の人物を作り上げ、その有名な米国人カメラマンが撮った写真だとして売り込みはじめた。こうしてロバート・キャパが誕生した。
スペインで内戦がはじまると、キャパとゲルダは戦場へ乗りこんだ。このとき撮った戦場の死を象徴する写真「崩れ落ちる兵士」が雑誌に掲載され、23歳のキャパの名前は一躍世界に鳴り響いた。翌年、ゲルダはスペイン戦線で味方軍の戦車にひかれて死んだ。
ひとりになったキャパは、その後も戦場カメラマンとして、第二次世界大戦の連合軍に同行しノルマンディー上陸作戦の写真を撮り、パリ解放を撮り、戦後は写真家集団「マグナム」を結成し、第一次中東戦争を撮った。1954年5月、第一次インドシナ戦争に取材に行き、ベトナムの戦場で地雷を踏み爆死した。40歳だった。

キャパはピントがブレた、臨場感のある戦争写真だけでなく、画家のピカソや、女優のイングリッド・バーグマンなど、交友のあった著名人の肖像も撮っていて、そういうピントの合った写真も味わいが深い。

キャパが書いた『ちょっとピンぼけ(Slightly out of Focus)』を若いころに読んだ。
「もはや、朝になっても、起上がる必要はまったくなかった。(中略)私には時間など問題ではなかった。有り金といえば五セントのニッケル貨一枚きり──電話のベルでも鳴って、誰かが昼飯に呼んでくれるか、仕事の口でもくれるか、すくなくとも金でも貸してくれそうな話でもないかぎり、ベッドを離れるつもりは毛頭なかった。」(ロバート・キャパ著、川添浩史、井上清一郎訳『ちょっとピンぼけ』文春文庫)
ユーモアのセンス。二枚目だったキャパは、バーグマンほか数々の美女たちとつぎつぎと恋をし、いつもモテモテだった。魅力的な男というのはいるものだ。
(2018年10月22日)


●おすすめの電子書籍!

『ねずみ年生まれの本』~『いのしし年生まれの本』(天野たかし)
「十二支占い」シリーズ。十二支の起源から、各干支年生まれの性格、対人・恋愛運、成功のヒント、人生、開運法まで。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com

コメント

10月21日・江戸川乱歩の遺産

2018-10-21 | 文学
10月21日は、ダイナマイトを発明したアルフレッド・ノーベルが生まれた日(1833年)だが、推理作家、江戸川乱歩(えどがわらんぽ)の誕生日でもある。名探偵・明智小五郎、怪人二十面相、少年探偵団の生みの親である。

江戸川乱歩は、1894年、三重の名張で生まれた。本名は平井太郎(ひらいたろう)。武士の家系で、父親は役所の書記係で、太郎はその長男だった。一家は父親の転勤にともない、引っ越しが多かった。
押川春浪の冒険小説や、黒岩涙香の探偵小説を愛読していた太郎は、中学を出ると、東京の早稲田大学に進学した。政治経済学部で学び、大学卒業後は、貿易会社、古本屋、ラーメン屋などさまざまな職業を転々としながら探偵小説を書いた。
29歳のとき、雑誌に投稿した『二銭銅貨』で作家デビュー。米国作家エドガー・アラン・ポーに漢字をあてた奇抜なペンネームで、欧米の探偵小説や科学、心理学をよく研究し、少年愛、女装、人形愛、残虐趣味など独特の趣味性を加味した推理小説を書いた。
推理作家として活躍しながら、探偵小説誌「宝石」の経営にたずさわり、日本探偵作家クラブを立ち上げ、私財を投じて推理作家の登竜門である江戸川乱歩賞を創設するなど、日本の推理小説の隆盛に尽力した。
晩年は、動脈硬化、パーキンソン病にかかりながらも、口述で著作を続けたが、1965年7月、クモ膜下出血のため、没した。70歳だった。
作品に『D坂の殺人事件』『屋根裏の散歩者』『人間椅子』『鏡地獄』『一寸法師』『陰獣』『押絵と旅する男』『黒蜥蜴(くろとかげ)』などがある。

はじめて読んだ乱歩作品『押絵と旅する男』の味わいは忘れられない。冒頭の一文から乱歩独特の猟奇の世界へすっと読者をさらっていってしまう傑作である。椅子のなかに人間が潜んでいて、すわった人を感じるという『人間椅子』の触覚の味わいは、川端康成の『眠れる美女』に通じる異常さで、しびれた。

昔、映画『黒蜥蜴』を見た。これは乱歩の原作を、作家の三島由紀夫が戯曲化し、それを映画化したもので、二度映画になったうちの、二度目のほうだった。
監督が深作欣二、音楽が冨田勲。明智小五郎役を木村功、黒蜥蜴役を美輪明宏が演じていた。黒蜥蜴がコレクションしている美しい人間の肉体標本のなかに、ボディービルをやっていた三島由紀夫本人がポーズをとっていた。

西村京太郎、森村誠一、東野圭吾、桐野夏生、池井戸潤などはみな乱歩賞作家であり、江戸川乱歩が残した遺産の大きさは計り知れない。
(2018年10月21日)



●おすすめの電子書籍!

『小説家という生き方(村上春樹から夏目漱石へ)』(金原義明)
人はいかにして小説家になるか、をさぐる画期的な作家論。村上龍、村上春樹から、団鬼六、三島由紀夫、川上宗薫、江戸川乱歩らをへて、鏡花、漱石、鴎外などの文豪まで。新しい角度から大作家たちの生き様、作品を検討。読書体験を次の次元へと誘う文芸評論。

●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com

コメント

10月20日・坂口安吾の堕落

2018-10-20 | 文学
10月20日は、フランスの詩人アルチュール・ランボーが生まれた日(1854年)だが、日本の作家、坂口安吾の誕生日でもある。

坂口安吾は、1906年、新潟で生まれた。本名は坂口炳五(さかぐちへいご)。父親は衆議院議員で、炳五は13人きょうだいの下から2番目だった。
忍者ごっこを好むやんちゃなガキ大将だった炳五は、中学生時代には授業をさぼってよく海辺で寝ていた。落第したため、東京の私立中学に編入し、東京で暮らした。
文学や思想書を読み、運動しては走り高跳びの全国大会で優勝する中学生だった。
父親が借金を残して亡くなったため、炳五は中学卒業後、尋常小学校の代用教員となり働いた。が、仏教に興味をもちだし、20歳のとき、教員を辞めて東洋大学に入り、インド哲学、仏教学などを勉強した。サンスクリット語、パーリ語、チベット語、ラテン語、フランス語などを猛烈な勢いで学んだ。
24歳で大学を卒業した後は、ポール・ヴァレリーやジャン・コトクーなどのフランス語作品の翻訳などをしながら、同人誌に小説を発表した。
敗戦直後の40歳のとき、評論『堕落論』、小説『白痴』を発表し、社会に衝撃を与えた。織田作之助、石川淳、太宰治らとともに「無頼派」と呼ばれ、一躍人気作家となった。
40代前半のころには、ヒロポン(覚醒剤)や睡眠薬などの薬物依存や、うつ病、神経衰弱を起こした。
1955年2月、脳出血のため没した。48歳だった。
作品に『桜の森の満開の下』『不連続殺人事件』『風と光と二十の私と』などがある。

坂口安吾の作品は、若いころに読んだ。仲間だった太宰治が情緒的な魔性の文章家であるのに対して、同じデカダンスの無頼派でも、坂口は知性的で高い精神性をもつ思想家だった。「堕落せよ」というけれど、坂口安吾が薦める道は困難な、とてもきびしい道である。

「戦争に負けたから堕ちるのではないのだ。人間だから堕ちるのであり、生きているから堕ちるだけだ。だが人間は永遠に堕ちぬくことはできないだろう。なぜなら人間の心は苦難に対して鋼鉄の如くでは有り得ない。人間は可憐であり脆弱(ぜいじゃく)であり、それ故愚かなものであるが、堕ちぬくためには弱すぎる。(中略)そして人の如くに日本も亦堕ちることが必要であろう。堕ちる道を堕ちきることによって、自分自身を発見し、救わなければならない。政治による救いなどは上皮だけの愚にもつかない物である。」(坂口安吾『堕落論』青空文庫)
戦後の貧しい焼け跡のなかで、こういう発言をする精神の強さは敬服に値する。
実際、中途半端に堕ちている。いよいよ坂口安吾の言う通りに時代は進んでいる。
(2018年10月20日)



●おすすめの電子書籍!

『小説家という生き方(村上春樹から夏目漱石へ)』(金原義明)
人はいかにして小説家になるか、をさぐる画期的な作家論。村上龍、村上春樹から、団鬼六、三島由紀夫、川上宗薫、江戸川乱歩らをへて、鏡花、漱石、鴎外などの文豪まで。新しい角度から大作家たちの生き様、作品を検討。読書体験を次の次元へと誘う文芸評論。


●電子書籍は明鏡舎。
http://www.meikyosha.com

コメント