まずはバランス 映画「ベストキッド」より

2010-10-03 18:22:13 | 日記
最近、映画「ベストキッド」を観ました。
上映されているジャッキーチェンのものではなく、昔の作品です。


以前に何度か観たことがありましたが、とても好きな映画ですので、改めて観てみました。


通信教育で空手を習うダニエル君ですが、転入した高校で同級生達のいじめにあいます。


ダニエル君なりに対抗しようとしますが、火に油を注ぐようなもので、
同級生達数人に追いかけられ、囲まれて殴られらり、蹴られたりします。
そこを助けたのが、初老の空手の達人・宮路さんです。


宮路さんに空手を教えてくれるよう頼むダニエル君でしたが、宮路さんは始めは断ります。
しかし、諸々の出来事があり、宮路さんは空手を教えてくれることになりました。、



宮路さんの空手稽古は、車のワックスがけ、床磨き、壁のペンキ塗り、
など空手とはほど遠いものでしたが、実は、
それらの動きが空手の防備をする練習だったのです。


「こんなことやってられないよ!」と言い出すダニエル君に、
突然、宮路さんは突きや足蹴りを出し、ダニエル君は反射的にそれら防ぎました。
そのことにダニエル君自身が驚いているシーンが、私はとても好きです。



その後、水辺にユラユラと浮かぶボートの上に立って、空手の防備練習をしました。
その時にダニエル君が言います。


「早く突きや蹴りの練習をさせてよ。」


そこで、宮路さんは言いました。


「まずはバランスが大事だ。バランスがあれば何事もうまくいく。
バランスが無ければ何もうまくいかない。」



私が子どもの頃は、この会話は何となくでしか聞いていませんでしたが、
今回、ハッと気付かされました。


ダニエル君が言った言葉は、誰もが持つ欲求だと思います。
すぐにこれをやりたい。早く知りたい。すぐに結果が欲しい。
早く成果に出したい。


ですが、宮路さんはバランスが大事だと教えます。
バランスを保つには、常に足元に気を配りなさい、ということなのだと思います。




教育においても、やはり同じです。


子どもが努力していると、本人はすぐに努力の成果が欲しくなります。
その努力を知っている大人も、すぐに成果が出たように伝えたくなります。


ですが、子どもに注目させるべきは、今のバランス、
引いては心のバランスがしっかりしているかどうか、なのかも知れません。


そのことをきちんと伝えるためには、
自分自身のバランスがしっかりしているかどうかですが、ここが難しいところです。


まずは、座禅、でしょうか・・



----------------------------------------------------
■小学生の算数基礎学習
  反復学習.net

■見方を変える動画サイト
  Howcang(ハウキャン)


ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログへにほんブログ村


コメント