goo

付記

夕べの舞台、宮尾さんの復帰・・・?にゃったけど、夏公演(「戦慄」)を観ていたので、あんまり深刻に脚のことを心配していなかったのにゃが、実際のところ、どうだったのにゃろう?
思えばくまさん♪の本格復帰も「白鳥の湖」にゃったなあ・・・(神奈川県民ホールの初日の熱気は独特だった)
もしかして全幕ものというプレッシャーの方が大きかったのかな??

カテコは楽しかったし、珍しいものが見れたけど、実は最後にもう1度幕が開くかと思っていたのよねえ・・・。
最後に美味しい所をくまさん♪が持って行ったことになっちゃった。(簡単にそうできてしまうところがくまさん♪の凄いところの1つにゃんだが)
結果は概ね満足だけど、「まだまだ精進が足りんよ」という、ディレクターからの厳しい教えでもあったのかしらね~。

前は宮尾さんってジークフリートのよーに、結構天然なキャラクターなのかと思っていたにゃが、最近はそうでもないような気がしてきた。実の所はもっとしたたかで、くまさん♪並に負けん気が強いのかも・・・。ますます有望だわにゃ(笑)。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

白鳥の湖

KバレエのBプログラム、「白鳥の湖」。
2日のうち、くまさん♪は出演されず、もっぱら若手王子の大売出し?公演。

猫はかなり悩みつつ(2日とも行ければよかったのだけどねえ)今日を選択。

怪我から復帰後、初めての王子役の宮尾さん。何年か前に猫は宮尾さんのジークフリートを観ていて、ころっと騙されてしまいそうなヘタレ加減がツボだった・・・(ヒドイ表現ですねえ)。最後のオデット姫の絶望が手に取るように分かるのが良かったのにゃ。
でも今回はそれほどヘタレては居なかったにゃあ。全体の王子様加減はUPしていたようにも思えたが。そしてこれは勝手な想像だけど、本番前にお稽古を頑張りすぎたのかな?とも思えた。
でもま~今回は「祝」王子復帰で安心した・・・。

で、オデット/オディールの松岡さんがまた素適で!
猫はすごく大きい白鳥も、小さい白鳥もしっくりこないのにゃが、なんだかちょうど良い大きさなのが第一点。白黒のメリハリが第二点というところなのにゃが、どちらも満足~~。
今日のオデットはどちらかというと、最初から悲劇の結末を予感しているよーな感じにゃったな・・・。王子と出合って結婚の約束を取り付けてもあまり嬉しそうではなく・・・とても不安感に満ちた様子に思えた(結果として王子が裏切るわけで、その予感は正しいのだ~)。その分ラストシーンの意味合いが濃くなるので、ぐっときた・・・(うるうる)。

あ、あと今日の橋本ベンノも中味が詰まっていて濃かったにゃあ。彼が出てくると雰囲気がとても明るくなる。明るくなっていたといえば、家庭教師もそうにゃが。どちらもキャラが立っているというのは、やはりKの特色のひとつでしょうか。

で、トピックスといえば、カーテンコール。最後にくまさん♪が舞台に登場して挨拶したのにゃが、そでに引っ込むとき、白鳥のよーにはばたきながら消えていった。まだフランツのキャラが残っていたのかどうだか分からないけど、あんなに陽気なカテコのくまさん♪は初めて見た(よっぽど機嫌がよろしかったのでしょうね~)


データリンク
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

コッペリア

後日・・・といいつつ、書いていなかった感想。
追加分の「コッペリア」。

思いつくまま(すでに記憶が・・・orz)

くまさん♪フランツ
全体元気にゃった。3幕のソロのピルエットが派手になっていた・・・。前からだったか?衣裳も変わっていたのね。
はしごネタはわりと大人しかったのだ。高速で幕に向かってバックするところは笑えたが。
コッペリウスの家に忍び込んで、見つかるまでの所、人形のマネをしているコッペリウスの頭をはたいていた~。かなり大きな音がして、思わずコッペリウスとオードリーの春日がオーバーラップしてしまった(笑)。しかしキャシディさん、痛くなかったんだろうか・・・。
1幕の上手(かみて)で、2人の女の子の手相を見ていた・・・ような気がする(最近手相ネタの芸人も居ますね~)。

神戸さんスワニルダ
踊り自体は全然問題ないのにゃが、ちょっと思い切りに欠けたかにゃ~。あんまり強気なところが感じられないというか、ぽわぽわしたスワニルダだった。
コッペリアのまねをする、人形のところは大変に良かったかと。
考えてみるとスワニルダって、2幕までと3幕は人が変わったよーに雰囲気が変わるから、その辺の切り替えは難しいのかにゃあ?

音楽のこと
CDにゃどで音楽単体で聴いていると、ちょっと単調に感じる部分が多いのにゃが、そういう中でもはっ!とさせられるメロディはあるな~。プロローグの出だしのメロディは(多分)コッペリウスの憧れを表現したもので、この部分が流れると、つい、しみじみしてしまう。
あと演出にもかかわる部分にゃけど、3幕は原曲とかなり違った構成なのだにゃ。初演の頃から、それまでに知っていた曲(「祈り」も曲が違うような気がするし、「あけぼの」なんて踊りもあった気がする)がなくて、???になっていたのだが。最も原曲?は終盤がごたついた感があって、あまりすっきりしていないから、それと比較するとだいぶ整った感があるかと。フランツとスワニルダのパ・ド・ドゥも凄く変則的で、コーダが全体のコーダに混ざっているような・・・(でもよくできていると思う)。大団円ってこのことだと毎回感じる。

心残りといえば・・・インパクトのあるという噂の、遅沢神父が見れなかったのが残念・・・


データリンク
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

何やってんだろ?

昨日の雑誌事件もそーだけど、シゴトも謎。

たま~に現地調査のシゴトが入るのにゃが、なぜか天候に恵まれない。まだ夏じゃないのに30℃とか、冬の雨の日とか・・・
今日もそーだった。なんでこんなにいきなり冷え込んだのだか・・・。
釣りに行くでもにゃいのに朝5時前に起きるなんて、猫には大事件なのに、さらに7時から9時までは吹きっさらしの場所で立ち続け、その後は16時までバスに乗りづくめ。しかも混んでて座れない・・・その間のまとまった休みは40分。(トイレ位は行けるけど、ホントにそれだけ水も飲めない)もちろん早朝手当なんてもんも付かない。

労働基準はずれまくりだろ~~!(怒)

これがまだ自分の担当の仕事ならまだしも、手伝いなんだな。アルバイトが集まらなかったからって(こんな過酷なバイト、人が来るわけがない)。
本来の自分のシゴトは仕方がなく前倒ししたわにゃ。それでも間に合わず客先に頭下げて・・・ああ、後が恐ろしい。

でも、何が一番嫌だったかって、
その後Kバレエの「コッペリア」を観にいくことになっていたことだわにゃっ。万全の体調で観たいのに~~!
(よりにもよって、なんで今日だったんだ~)

観る前になんか食べておこうと思ったのだけど、全然食欲もなくて、でも途中で空腹になったら、それも嫌だしと、どーにかこーにかついばみ、にゃんとか会場にたどり着き、その時点でもう倒れるかって感じだったけど・・・

バレエを観たら観る前より元気になってました~~!!!
行ってホントに良かった!

でもやっぱり帰宅したら疲れが出たので、感想は後日・・・
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

わたしって

電車に乗る前に売店で、今日発売の「女性自身」を買って、中味をざっと確認し、もしかして間違えたかしら?と思い(一応出版社も覚えていたけど)、乗り換え駅で「週刊女性」まで買ってしまったワタシって・・・ばか?・・・(涙目)
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ