つれづれ さくら日和

充電しながら、のんびり更新しています。
いつも覗きに来てくださって、ありがとうございます。

「功名が辻」第17回「新しきいのち」

2006-05-01 12:46:39 | TV・ ドラマ・映画・音楽
一豊と千代の間に待望の赤ちゃんが誕生しました。
旭が副田甚兵衛と再婚しました。
謙信との戦に北国へ出向いた筈の秀吉が、戦わずして戻ってくると言う事態。
信長の怒りを買う。
・・・・・というお話でした。

出産間近になった、千代のところへ一豊の母・法秀尼と、千代の育ての親・きぬが訪れ、産まれて来る子のためにたくさんの産着を縫っている。
遊びに来た堀尾いとさんも、千代に輪をかけて大きなお腹を抱えて、一足早く中村としさんのところで男の子が産まれたと言う。
自分も負けずに男の子を産むのだと、気合が入っている。

信長はこの前年5月の長篠の合戦後、越前の一向宗徒を虐殺し、その本願寺と一時的に講和。
その後、織田家の家督を嫡男信忠に譲り、安土城築城が始まった。

転戦につぐ転戦と、信長の命により安土城の普請に駆り出され、帰宅もできない日々を送っていた一豊が久しぶりに千代のもとへ帰ってきた。
産まれて来る子の名前は、秀吉の文字を一字貰って「秀豊丸」にしよう、と言う。
女の子の名前は考えていない、というより、産まれて来る子は男の子以外考えていない、という様子。
では女の子なら私が名前を付けます、と千代。
「・・・よね」
平凡な名前だと少し不満げに一豊は言うが、母・法秀尼に、
「乱世の世、平凡に生きられる以上の幸せはない」
とたしなめられる。

今の時代であっても、まずは一人男の子を、と言う考えは根強い。
ましてやあの時代では一刻も早くお世継ぎを、と言うことで、男の子を望む考えは今の何十倍(どのくらいに書いていいのか分りませんが)も強かったのだろう。

同じく長浜に戻った秀吉は、副田甚衛門に旭と結婚するように命ずる。
初めは強気な口調だったが、途中からは涙を流しながら、妹は可哀想な女子なので幸せにしてやって欲しい、と懇願。
ここまで言われては副田も逆らえない。
実はこの涙こそ秀吉の天下無双の調略なんだそう。(秀吉談)

秀吉のそんなところから、感動的な場面に遭遇しても、これは本当に思っていることなのか、演技なのか、猜疑心が出てしまう・・・のは、私だけ?

長浜に帰ったのだからと、秀吉と一豊は半兵衛を見舞いに行く。
労咳の病状はだいぶ進んでいるようだった。

半兵衛は遺言としてこんなことを言った。
最大の敵は中国の毛利だが、それを潰すまで10年は掛かる。
それまでは自分は生きていないと思うので・・・
その前に上杉謙信が動き出して、柴田勝家のいる北国に入っても、秀吉は力にならないように、ということだった。

千代のもとに久しぶりに六平太が現れた。
北陸の上杉と中国の毛利の様子を見に行っていたのだという。
そして、これからの一豊の大事は、秀吉と勝家が対立した時だ、と千代に忠告する。
光秀も含めて、織田の重臣たちの中でも勢力争いが起きるであろう、ということなのだ。

千代の産む子は女子がいい。
男子だったら、戦に出るようなことがあった時の千代は悲しむから、そんな顔を見たくない。

そんな話をしている時に、千代の陣痛が始まる。

何でこういう一大事という場面にいるのがいつも一豊でなくて六平太なんだろうね~。まったく。

産まれてきたのは女の子だった。
六平太が、家に帰る事の出来ない一豊たちにこのことを伝えに走った。
女の子が産まれたと言うことに、嬉しいながらも落胆の色は隠しきれないような一豊だった。
そういう時代なんでしょうね・・・。
結局一豊が我が子「よね」と初対面するのは、この一年も先のことだった。
再・そういう時代なんでしょうね・・・。
本当に大変な時代ですね。(しみじみ)
その間に旭と副田の婚儀が成立する。←でもないか。
旭が落ち着くまではと、秀吉から出陣も免じてもらっていた副田だったが、旭が抜け殻のようだ、と千代に相談にやってくる。

旭はいったいどうしたいのだろう。
千代はもとはといえば元の夫を死に追いやった責任のある自分が旭のところへ行っても・・・と言うと、副田は、ねね様から千代に相談するように、と言われたのだという。

千代はとにかく旭に会うことにした。
そして、自分の父も戦で死に、母は目の前で斬られたのだということ。
その後も様々な困難があったことを話した。
自分の子供のことを思い出しながら、こんな風にも言うのだった。
乱世の世にいる者は、誰でも辛いのではないか。
赤子のように泣きたい時に泣き、
怒りたい時に怒れば、明日を生きる力も湧いてくるのでは。

影からそっと見守っていた副田は、自分がそれを言うべきであった、と言い、旭に優しく寄り添うのだった。

尾張で野良仕事をずっとしてきた旭には、武家社会のことは分からないことだらけで、戸惑いと、窮屈な気持ちで一杯だったのだ。

よねが生まれてから一年も経って、やっと一豊は帰ることが出来た。
父親と初対面のよねは、大泣き。
この泣き顔、これでもかって言うくらいの泣き顔でした。
心より笑わせていただきました。よね姫様

その後、二人で坂本城の光秀のところへ出向く。
光秀の妻、お槙が千代に会いたかったそうなのだ。
そこで会ったのは、幼い頃の姿しか見たことのない、末娘お玉だった。
とても美しく成長していたことに、千代は驚きを隠せない。

秀吉の母の登場以来、人の初登場のシーンのBGMが結構気になる私であります。

お玉のBGMはこんな感じ。
記憶にないんですが、多分、成長した姿の千代に一豊が出くわすシーンもこんなBGMが流れてたんでしょうね。

信長は古きもの、幕府のしきたり、神仏も全て捨て去ろうとしている、という光秀に千代は問いかける。
どこが好きで親方様にお仕えになっているのか?

信長は、人の上に立つ才能を持った人。
人の上に立つには迷いがあってはいけない。
その迷いがないのだ、と光秀は言う。

迷いがあるのが人なのでは。
迷いこそ人の情、と千代は光秀に言うのだった。

信長の妻、濃もそれを心配していた。
何も恐れず、傷の痛みも分らない者に民の心は付いてこない。
民の心が離れては、敵はまた生まれて来る。
人の心を忘れてはならない。
誰にも言えないことを言うのが自分の役目、と濃は意を決して信長に忠告するのだったが・・・。

上杉謙信と戦うのは北国に援軍を出すのではなく、近江に誘い込んでから、という秀吉の提案も受け入れられず、信長は即刻秀吉に北国に出陣するように命令する。
何故そうならないようにもっと強く親方様に言えなかったのか、と半兵衛は秀吉に言うのだが、それは到底無理な様子、半兵衛様もお察しくださいね。

そうだ、という事で、北国には出向くものの勝家を怒らせて、戦う前に「帰れ!」という言葉を言わせてしまう、秀吉たち。
勝家がそう言ったのだから、とさっさと帰ることに成功するのだが、これが信長を怒らせてしまうことになる。

猿め~

六平太曰く、これでみんなの首が飛ぶことになるよ。
って、どうなってしまうんでしょう!! 


千代の二人の義母が揃って針仕事での登場。
何だかしっとりと美しい光景だな、と思いました。
現実ではあんな風にはいかないかな~とか、また余計なことを考えてみたりしていました。
なかさんとか、あんな感じのお義母さんがちょっと混じってくれた方が、より現実的ですねー。


「功名が辻」公式HP

毎度、千代の生まれ故郷です。「滋賀ガイド」




ジャンル:
ウェブログ
コメント (32)   トラックバック (18)   この記事についてブログを書く
« 初・向日葵、そして「人間性... | トップ | 我が家にスキャナーが♪ »
最近の画像もっと見る

32 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちわ! (bluestar1719@cocktaillght)
2006-05-01 13:08:13
>これは本当に思っていることなのか、

演技なのか



秀吉は"人たらし"ですからねぇ・・

自分の思い通りにするためには

泣くし土下座するし・・。

これで出世してったといえるんぢゃ

ないですかぁ?ワタシが三傑のうち

秀吉に好感を持てないのはその辺り

なんですが・・この時代には仕方の

ないところなのかな。



姑と義母が揃って針仕事・・

いいシーンでしたよね。



当方のTBURLは

http://tb.plaza.rakuten.co.jp/bluestar1719/diary/200604300001/

こんにちは~♪ (ミチ)
2006-05-01 15:03:10
あの義母さんと叔母さまが揃うシーンは現実ではありえないほどの(笑)ほのぼのしたシーンでしたよね。

でもあのふたりこそいつも千代を支えてくれるステキな言葉をかけてくれますよね~!

今回もなかなか感動的なセリフでした。

あとは、副田氏がとてもイイ人そうなので安心しましたよ!
Unknown (LUVLUV)
2006-05-01 16:35:19
さくらこさん、こんにちは!



>これは本当に思っていることなのか、演技なのか、猜疑心が出てしまう・・・のは、私だけ?

私もです。この人本心から言っているのかな~とつい疑ってしまうんです

あの人の心を掴む術があったから出世したのですよね。



>女の子が産まれたと言うことに、嬉しいながらも落胆の色は隠しきれないような一豊だった

わかりやすい一豊さまの反応でしたそういう時代だったからこそ六平太の言葉に余計に感動です。



信長怒ってましたね~。怖い怖い。
こんにちは♪ (まゆまゆ)
2006-05-01 17:11:10
お玉登場のBGM、そうそう、そんな感じでしたね。

とってもキラキラしてました☆



濃姫、いいこと言ってましたよね。

でももう信長は誰にも止められない……。

お怒りのご様子、わたしも怖かったです~
Unknown (「感動創造」)
2006-05-01 17:20:34
さくらこ さん



いつもありがとうございます!



懐かし世代ですか!(笑)



こうやってブログを通じて

みなさんと共感し合えるのって素晴らしいですね。



BGMとは、さすがさくらこさん!

するどい視点ですね。

なるほど~!

そんな見方もできるのですよね。

参考になります。



さて、来週は、いかがなりますか!

楽しみです!
佐久間良子GJ!! (劇団たぬき)
2006-05-01 18:51:45
さくらこさん、こんにちはぁ~♪



【さくらこさんトコの今週のなるほど】

「感動創造」のコメントと重複するようですが、

>秀吉の母の登場以来、人の初登場のシーンのBGMが結構気になる私であります。



なるほどねェ~ たしかに角度を変えた見方だなぁ~(⇒なかが初登場したときも言ってましたね、さくらこさん)



それと

>千代の二人の義母が揃って針仕事での登場。

何だかしっとりと美しい光景だな、と思いました。



僕は、このシーンはすごく「なごみ」を感じました。。何か上手く言えないんですが、すごく「いいシーン」でした



また、法秀尼がいいこと言うし。。

「乱世の世、平凡に生きられる以上の幸せはない」

ってね



これを佐久間良子が言うから、また「深~み」があっていいんでしょうねェ~
Unknown (りっきー)
2006-05-01 18:54:48
さくらこさん、こんにちは!

お玉の登場、まさにキラキラな感じでしたね!



僕はBGMは意識して聞いていなかったのですが、そのイメージがぴったりだったのではないでしょうか。



お玉さんは上品な感じがして、とても華やかに見えましたね。

今で言えば、神戸に住むお嬢様、といったところでしょうか・・・。
こんばんはー! (あむろ)
2006-05-01 22:04:06
さくらこさん、こんばんは♪



現実には絶対に(笑)いないであろう、やさしい法秀尼と叔母。

特に法秀尼の言葉はジーンときました。



bluestar1719さんへ (さくらこ)
2006-05-01 22:41:47
こんばんは~!

その後ブログのご機嫌はいかがでしょうか。

秀吉の人たらし、泣かせて見せようホトトギスですね~。

本当に人の気持ちの中に入っていくのに長けていたんですね。



後ろ向いてってしているみたいなところがちょっと気になりますね。

彼は彼で、そういう処世術を見につけていかねばならない苦労があったのかも。



針仕事をしている義母二人。

素敵なひと時でしたね。

だんな様が長い留守でも、千代は幸せ、安心ですね。
ミチさんへ (さくらこ)
2006-05-01 22:49:58
美しい義母様たちですね~。

(正確にはきぬさんは義母というのではないんですね)

どちらもいつも千代にとって素敵な言葉かけをたくさんしてくださっていますね。

千代もそんな二人の言葉をどんどん吸収して賢い女性になっていくような気がします。



あと、六平太も心強い存在ですね。

お~い、一豊さ~ん、がんばって~。



副田さま、いい感じじゃないですか。

好きですね、ああいう優しい人。

このままずっと幸せでいて欲しいんですけどね~・・・。

←ミチさんにおまけです。

これからの季節、日焼けに注意ですよ。

コメントを投稿

TV・ ドラマ・映画・音楽」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

18 トラックバック

功名が辻第十七回「新しきいのち」~幻の城!安土城~ (「感動創造カンパニー」城北の部屋!仕事も人生も感動だっ!)
たった二年の命でした・・・安土城
「功名が辻」第17回 (ミチの雑記帳)
「新しきいのち」 今回の歴史的トピックは安土城の建設と上杉勢が北陸へ攻めてきたこと。 転戦に次ぐ転戦で一豊は留守がちだけど、出産準備に余念がない千代。長浜はただいま出産ラッシュ{/heartss_pink/}{/heratss_blue/} まず一番手は中村一氏家に男の子が! ...
功名が辻17お産は女の戦(いくさ) (ぱるぷんて海の家)
先週は駆け足というか全速力で長篠の戦いをすっ飛ばしていったせいでもあるまいに、今週やたらと前回からの解説が多かった。 と言うか、解説だけでメインはホームドラマ千代物語です。 しかし歴史的にはこの天正1年からの10年間は信長にとって怒濤の如き時間 ...
『功名が辻』 第17回 ~新しきいのち~ (LUVLUV.COM)
一豊夫婦に女の子が誕生しました そして久し振りに半兵衛さまのご登場です。 お腹の大きい千代。いとの「お産は女の戦であります」と言う一言重いですね。何がなんでも跡継ぎの男の子を!というプレッシャ―が想像を遥かに超えて凄かったのが伺えます。 一豊が ...
功名が辻 第17回 (まゆまゆの缶詰)
第17回「新しきいのち」 今回のメインは千代の出産と旭の再婚問題。 ホームドラマの回が続くわねえ……。 まずは祝{/star/}千代さまご出産♪ 生まれたのは女の子。よね、と名付けられました{/hiyo_s/} 産気づいたのは1人お散歩の途中で、ふと現れた六平太とお話 ...
秀吉と勝家、相容れない2人・・・~功名が辻・第17話~ (りっきーのブログ日記)
 今日の功名が辻は、秀吉と柴田勝家の決裂が決定的となった、北陸遠征のお話が出ていましたね。  数年前の大河「利家とまつ」では、六平太役の香川照之さんがいい味を出していましたが、今回はどちらかと言うとあまり深くは取り上げていませんでしたね・・・^ ...
功名が辻・第17回「新しきいのち」 (劇団たぬきの元気が出るブログ)
今回は、千代・一豊夫婦に待望の「子」が誕生♪ ドラマが始まって、千代のおなかはもう大きくなってましたねェ~びっくりでした(驚) それにしても、法秀尼・きぬ叔母。 千代にとっての「2人の母」ともいうべき存在。さすがに落ち着いてるし、本当にベテラン ...
功名が辻 第17回 (ななさんにトラックバック(仮))
{/shootingstar/}オープニング 信長は長篠の合戦で日本一の騎馬軍団と云われた武田軍を打ち破りました。 最大の脅威を排した信長はその後本願寺勢力との戦いに集中したそうです。 それと並行して新たな拠点、安土城の築城を始めました。 安土を中心に多方面作戦を ...
功名が辻 第17話 (くつろぎ日記)
千代の懐妊からもう一年近く経ったことになりますね。その間一豊はめったに帰る事 もできず、久しぶりに帰って千代のおなかに驚いていました。産婦の不安な時期に 帰れなくてさぞ心配だったでしょう。でも千代はいいですね。一豊の母もきぬおばさま も来てくれ ...
「功名が辻」17話 (ルビーとダイヤモンド)
千代に女の子の赤ちゃんが誕生しました。名前は よね姫。 平凡な名前だなという感想
ドラマ・功名が辻 ~第17回~ (いわぴいのドラマ日記)
 ついに千代も人の親になってしまいましたか・・・。なかなか子供が出来なかっただけにやっぱり感慨深いものがありますよねぇ。男の子を期待していた一豊にしてみたら、ちょっと拍子抜けだったかもしれませんが、その拍子抜けするほど平凡な「よね」と名づけられ ...
大河ドラマ 「巧名が辻」 新しきいのち (雨ニモマケズ 風ニモマケズ)
最近写真を貼り付ける暇があまりありません・・・。 それにしても、長篠の戦も簡単な扱いでした。 関が原まで合戦は簡単に扱うなんてことないですよねぇ?? さて、今日は念願の子どもが生まれるんですね。
信じる夫がいて、愛しい子がいて、雨をしのげる屋根がなければ、わたくしは生きていけません。 (Song To The Siren)
【信じる夫がいて、愛しい子がいて、雨をしのげる屋根がなければ、わたくしは生きていけません。】 ~『功名が辻 第17話』より~ 『功名が辻』、第17話「新しきいのち」が放送されました。 千代と一豊に、待ちに待った赤ちゃんが生まれましたね! 女の子でした。 ...
「功名が辻」第十七回 (日々“是”精進!)
第十七回「新しきいのち」天正4年2月。臨月の千代は、法秀尼ときぬとともに長浜で過ごしていた。そこへ、安土城築城に駆り出されていた一豊が、秀吉の共として戻って来る。一豊が千代との束の間の団欒を楽しむ一方で秀吉は、病の床に伏せる半兵衛を訪ねる。半兵 ...
功名が辻:第17回「新しきいのち」 (食う♪読む♪歩く♪)
復活しました…いえ、一豊さまではなく我が家のインターネットの話です。 さて、千代
【功名が辻】第十七話 (見取り八段・実0段)
お命の持ち帰りこそ、功名の種でございます。何だか、すっかり決まり文句になっちゃって。。。あまり好きじゃないんだけど。このセリフ。今さらですが、実際の千代はどうだったか知らないけれども、このドラマの千代は一豊の「功名」なんて、それほど願っていない ...
『功名が辻 第17回「新しきいのち」』を観た (TV視聴室)
しかし、妊娠~おなか大きな千代~出産、は、えらく早かったなぁ。ちょっち描写に物足りなさ感が残りましたね。まぁ、一豊が留守だから、仕方ないけど。
功名が辻(17) (☆゜\'・:*:.。真夜中の星の庭。.:*:・\'゜☆)
功名が辻 第17回 「サナトリウム系 vs ワイルド忍者」 サイドストーリーだけを寄せ集めたような回が続きますね。 一豊が歴史の表舞台に出てくるのはまだまだ先なので、 仕方ないのだろうけど……。 旭の再婚、千代の出産がメインの今回。 再婚した旭の話相手を ...