野外保育 とよた 森のたまご

愛知県豊田市2010年度森のようちえん開園
公式サイトhttps://www.morinotamago.com

6月14日(水) てくてく春夏組 5回目

2017年06月15日 | 親子組

今日も天気は快晴。時おり風も吹き、朝から気持ちのいい日。
先週はてくてくお休みだったため、みんなに会うのは少し久しぶり。
スタッフもみんなに会えるのをとてもわくわく心待ちにしていました。

心待ちといえばもう一つ。
活動場所にある大小2本の枇杷の木。
前回は見事な鈴生りでしたが、まだ若干時期が早く、実もとても酸っぱかったのです。
それが一週空いての今日、果たして食べごろの枇杷の実が残っているのかいないのか。
てくてくお母さんたちも
「おはよう!枇杷どうだろね~」
挨拶がビワでした。
そして木といえば・・・


木が空っぽ!!!
正確には人の手が届く範囲は空っぽ。
高い上の方は美味しそうな実が鈴生り…

一瞬かなしみで言葉を失う子どもたち、もとい、大人たち。
でもそれでめげないのがてくてく母ちゃん(笑)

目を凝らし枝や葉に隠れた残った実を見つける母、
枝を折ってしまいそうな勢いで手繰り寄せ、実をもぎ取る母、
少しずつ実を獲り、子どもたちも嬉しそうに美味しそうに食べます。
そしてついには・・・

木に登りました。
Hな母、Wこ母が果敢に木の上の実に挑みます。下では上手に帽子でキャッチする母!
子どもたちの喜ぶ顔を見るため?自分の食い意地のため?
たくさんのビワをゲットすることができました。
Hな母は家でもノコギリを持って木に登り、剪定したりするそうです。頼もしい!!



その後はみんなでひたすらビワを食べ続けます。
おいしいね、おいしいね、と言いながら次から次と食べます。
そして気付けばお昼の時間も過ぎています!ビワパーティーでした。
1歳児Iは、年上さんに負けずたくさん食べていました。
Aさちゃんは普段フルーツは食べないのにビワはおいしいと食べたそうです。
みんなで食べるとおいしいもんね!




さて、ビワの話しかしていませんが、今日も子どもたち思い思いに楽しく過ごしていましたよ。



魚釣りをしたり



その魚で魚屋さんを開いたり



思いっきり坂道を走ったり!




そしてあっという間に帰りの会。
今日はビワパーティーもあり、あっという間の一日。
あるお母さん、「てくてくに来るといつも時間があっという間に過ぎます。」
嬉しい言葉です。

来週のてくてくは『森のたまご』にお邪魔します。
来週も元気に会いましょう♪




(みき)

コメント   この記事についてブログを書く
« 6月2日(金) かえるのうた | トップ | 一日体験の感想から・・ »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

親子組」カテゴリの最新記事