みずいろの旅

やさしいおもいのはねをひろげて

みずいろ詩集 No.24 ~猫に手を貸したい~

2008-02-11 23:02:21 | みずいろ詩集
 猫が夜空にパンチしている。
 繰り返し繰り返し。
 見上げれば満天の星空。
 星をつかもうとでも言うのか。
 猫はこちらに一瞥をくれて去っていく。
 『悪いか?』とでも言いたそうだ。

 猫は屋根に上り、空に手を伸ばす。
 あっちがダメならこっち。
 こっちがダメならそっち。
 そんな具合に。

 誰がそれを無駄だと言い切れるのだろう。
 今はわからない。
 彼にも僕にも誰にもわからない。
 だから、疲れるまで、飽きるまで続ければいい。
 つかめないとわかって、八つ当たり目的で空にパンチするやつよりよっぽどいいだろう。

 星をつかみたい。
 その心意気は褒めてやろう。
 その気持ちは僕も同じだよ。
 だから手を貸してやろう。
 僕は屋根に上り、猫を抱えて天高く掲げた。
 どうだい。少しは近づいただろ。

 猫越しに見た空は昔と変わらない。
 星はずっとずっと遠くにある。
 降ってこない限りは触れることができそうもない。
 そう思った少年期の僕は、空を揺さぶれば星が落ちてくるんじゃないか、なんて空想していた。
 あの頃は真剣だった。
 この猫のように輝く眼差しで星を見据えていた。

 そりゃ、つかみたくもなるだろう。
 こんなにきれいなのだから。

 よし、最終手段を行使しようよ。
 僕は猫に許可を求める。
 『投げていい?君、着地得意でしょ』
コメント

100

2008-02-05 23:31:54 | みずいろ詩集
本日、詩作が通算100編を突破する・・・予定です。
このあとやります。たぶんね。
おめでとう。
これで一冊くらい作れるかな?
今後も年に50くらいは作りたいと思います。

今日、propeller(プロペラ)の歌を聴いたのですが、本当に素晴らしいと唸るしかないです。まるで自分のことを見透かされているかのような歌詞なんですよね。
プロペラは、僕が詩を書き始めたきっかけですもの。
コメント

みずいろ詩集 No.23 ~君が開けた穴に僕は落ちる~

2008-01-08 21:03:25 | みずいろ詩集
 君にいなくなってほしくない。

 誰も君の穴を埋めることはできない。
 君の穴は君にしか埋められない。

 いずれ僕にも新たな場所で新たな仲間ができるだろう。

 でも、君が開けた穴は開いたままだ。
 大きくて深い穴がぽっかりと口を開けている。

 そして、思い出に流されてこの場所に帰ってきた僕は、
 開きっぱなしのその穴に落ちてしまうのだろう。

 そうなったら、僕は這い上がることができないと思う。


 時間の移り変わりに伴い、人の生活も気持ちも変化していく。

 他人の生活の変化を僕がとやかく言うことはできない。
 だから、せめてこの場所この時間を忘れないでほしい。
 望むのはそれだけだ。

 でも、他人の気持ちの変化は止められるかもしれない。
 僕が頑張ることで君の心を動かせるというのであれば、
 僕は何だってする。
 君に『ここにいたい』と思わせることに全力を尽くす。
 きっと笑わせて見せるから。

 それでもここを離れるというのなら、無理に引き留めることはしない。

 ただ、気が向いたら帰って来いよ。
 きっと僕はここにいるからさ。
 君が開けた穴に落ちて、助けを待っているに違いない。
 その時は、君が僕に手を差し伸べてほしい。
コメント

みずいろ詩集 NO.22 ~地獄でまた会いましょう~

2007-12-28 10:31:52 | みずいろ詩集
 “……地獄で…また…会いま……しょ……”
 最期に絞り出すようにそう呟いた彼女の目には涙だけではなく、
 優しい笑みも同居していた。
 なぜ地獄なのか。
 なぜ微笑みを見せたのか。
 まさに彼女が事切れる寸前に駆けつけた男にはわからなかった。
 しかし、その答えは彼女の遺書の中にあった。

 『待ち合わせ場所は地獄でいいよね!?
 なんで地獄かって?
 だって、天国って良い所なんでしょ?
 みんなそっちへ行くだろうから、たぶん混んでるんじゃないのかな?
 待ち合わせ場所は空いてる方がいいよ。
 早くあなたを見つけるためにもね!

 あのね、私は待つの嫌いじゃないよ。
 だから、ゆっくりしてきてね。
 お願いというより、むしろこれは命令だよ。
 くれぐれも急がないでくれたまえ!(笑)

 もしも、私が待ちきれなくなって幽霊にでもなって出てきちゃったら、
 そうだなぁ、その時は、“やあ、元気かい?”くらいは声かけてよね(笑)

 それじゃ、先に行ってるね。
 地獄でまた会いましょう。

 P.S.最期にもうひとつだけお願い。“サヨナラ”って言わないでね』
 (彼女の遺書より抜粋)

 お通夜を済ませて心も静まり始めた頃、
 男は横になった彼女の姿を暫く眺めていたが、
 そこにいて、そこにはもういない彼女に静かに話しかけた。

 “俺が人を待たせるの嫌いって知ってるくせに……。
 お言葉に甘えて、ゆっくりさせてもらうから。
 何年後になるかわからないけど、そのうち行くよ。
 その日まで元気でな。
 地獄でまた会いましょう”
コメント

みずいろ詩集 No.21 ~秋の足音~

2007-11-20 19:14:48 | みずいろ詩集
誰かがこちらに近づいて来る気がする。
ガサッガサッと枯れ葉を踏むような音が聞こえるから。

しかし、カーテンを開けてみたら、そこには誰もいない。
ただ、風が枯れ葉を散らかしているだけのようだ。

でも、あえてこう言おう。
『秋が遠ざかってゆく音』だと。

目を瞑ってイメージする。
風に背中を押されながら、渋々と去ってゆく秋の姿を。

秋は枯れ葉を踏み鳴らしながら名残惜しそうに去りゆく。
自分が去りゆくことを示すために、
みんなの耳障りにならない程度の足音を立てながら、
静かに静かに去ってゆくのだ。
コメント

みずいろ詩集 No.20 ~距離~

2007-10-25 18:54:43 | みずいろ詩集
 君と僕は背中合わせに立っている
 振り向けば触れ合うことができるくらい近い
 でも、このまま互いに真っ直ぐ、
 なおかつ、同じペースで歩くとして、
 君と出会うのは地球半周後
 いつ出会えるかもわからない距離
 もしかしたら、もう出会うこともないかもしれない
 僕たちは、いちばん近くて、いちばん遠い位置関係にあるんだね
 
コメント

みずいろ詩集 No.19 ~希望の首輪にはリードを~

2007-10-03 21:54:52 | みずいろ詩集
 思い通りにいかないのが人生

 でも、
 腐りたくはない
 投げたくはない

 “もういいや”と言って、投げたら終わりだから

 そうだな
 希望の首輪にはリードをつけておこうか!

 もし、
 ものすご~く頭に来て、抱えていた希望を投げてしまうとしても、
 リードがついていたら、
 それを引いた時に、すぐに手元に希望が戻ってくるからね

 その時は力いっぱい手繰り寄せてやればいい
コメント

みずいろ詩集 №18 ~白い蝶に誘われた場所、そこに訪れる凋落の季節~

2007-09-22 20:40:11 | みずいろ詩集

 ○と●が繰り返される日々の中、
 男はどこかで希望を拾い上げるときに、
 両手いっぱいに抱えていた夢を落としてしまった。

 要を失った心は乱れ、
 重心を欠いたそれは、
 草木の葉を揺らすか揺らさない程度の風にさえ煽られている。

 転がり続ける意志は、
 白い蝶に誘われ、
 花畑に辿り着いた。

 そこには白か黒の花しか咲いていない。
 それは、
 男がいつからか咲き乱れる花を白か黒かでしか見分けなくなったから。

 どこからどこまでが現実なのかわからず、
 自分が生きているのかどうかも曖昧で、
 亡霊のようなため息を漏らす。

 そうして、凋落の季節が始まった。
コメント

みずいろ詩集 ちょい解説

2007-07-28 17:21:19 | みずいろ詩集
しばらくサボっていたので、今回は2編書いてみました。

『ひとしずく』
→最近、一人称を《私》にするのが自分の中でちょっとしたブームです。ポルノグラフィティの『サウダージ』みたいに女性目線で書いてます。
この詩はある人(ユニット)に歌ってほしい、というイメージで創りました。その人たちのイメージに合うかどうかは別として。使われている単語を見れば、あるジャンルを趣味にしている人なら、誰のことかわかるかと。
しかし、自分が恋愛関連の詩を創るのは全く珍しいです。
レディオボックスの『明日キス』にでも送ってみましょうか?

『天道虫』
→『ひとしずく』だけだと何か浮ついた感じで終わってしまうので、引き締める意味で、ストックの中からご登場頂いた作品です。

詩と言うと、1ヶ月以上前…いや、もう2ヶ月前になるのでしょうか、土屋文明記念館において催されていた、《少年少女詩・童謡展》なるものを見てきました。(上の写真は敷地内にある記念碑です)
様々なテーマ、様々な書体で書かれた詩を見て、『こんなのもありなんだ』と、いい勉強になりました。最近その影響か、今まであまり考えていなかった少年少女向けの詩もいくつか創っています。
コメント (2)

みずいろ詩集№17 ~天道虫~

2007-07-28 17:01:35 | みずいろ詩集
ゆっくり、ゆっくり
慎重に、慎重に
お天道様を目指して
さらに上へ
僕らは光に向かって歩いてる

でも、なぜだろう?
今は下へ下へと下っている気がする

誰の悪戯か
下方から光を当てられてしまったのであろう

走光性
それが僕らを支配するもの
光に向かっていくことを宿命付けられているのだ

この光の先に何があるのだろう?
光の差す方が正しいとは限らない
コメント

みずいろ詩集№16 ~ひとしずく~

2007-07-28 16:53:05 | みずいろ詩集
私はいつだって大丈夫って思われてるのかな?
それは私が強い女ってこと?
そんなことないよ!

静かにしてほしいのに 鳴り止まない心音
聴かれたくはないよ

帰り道、あなたを見つけて距離を縮めるけど
背中に掛けようとした声が
ため息に変わってしまう私を知ってるの?

勇気を出して伝えてみるね!?
少しだけ 少しだけ

私の思い ひとしずく
あなたの心に落とせたら
あなたの心に体に
波紋となって広がっていけ、と願ってる


あなたはいつだって“大丈夫?”って他人を気遣うけど
あなたの方が大丈夫なのかな?
心配になるよ!?

潤んだ瞳の奥で 同じように“大丈夫?”
って聞かれたがってる

人前では口笛吹いて平気なふりしてるけど
後ろに誰もいないことを
確認してから嘆息するあなたを知ってるよ!

勇気を出して泣いてごらん!?
少しだけ 少しだけ

あなたの涙 ひとしずく
私の右手を濡らすから
私の心と体は
あなたをそっと抱きしめたいと急かしてる


あなたのひとみのひとしずく
静かな静かなひとしずく
波紋のように広がって
私の心を揺らしてる

少しだけ 少しだけ
勇気を出して
少しでも 少しでいい
伝わってほしい

私の心に触れ合えば
振動が伝わって
あなたの心も揺れてくれるのかな?
コメント

みずいろ詩集 №15 ~言葉の救世主!?~

2007-04-29 17:45:52 | みずいろ詩集
言葉を使うと誤解を招く
言葉を使わないと誤解を招く

言葉は使い方を間違えると他人を傷つける
言葉を必要なときに使わないと他人を傷つける

言葉って難しい

でも、
人々の口から自然と出てくるこの言葉は好きだ

『ありがとう』
コメント (2)

みずいろ詩集 №14 ~ハーメルンの斜陽な笛吹き男~

2007-03-27 13:07:22 | みずいろ詩集
壊れた笛吹く男ひとり
情けない音色について来る人などひとりもいない

集って来るのは不安に心配、後悔、悲観、そして絶望
ネガティブのベストメンバー

そんなの全て山の向こうに行ってしまえばいいのに
でも、それを果たすには自分も山の向こうに行かなくちゃ。だよね?

仕方なしに笛を口から離したが
彼らは僕の元を離れようとはしない

笛を吹かずとも僕について来た連中なのだ
コメント (1)

みずいろ詩集 №13 ~水鏡~

2007-03-03 16:27:43 | みずいろ詩集
雨上がりの水たまり
水鏡は素の自分を正直に映しだす
泣いてる顔なんて見たくないよと
水たまりに飛び込んだ

でも、映ったものはかき消せない

なら笑えばいい
ほら太陽だって
空で笑ってる
ただ泣いてる顔を見たくなくって
だから晴れたんだろ?
コメント

みずいろ詩集№12 ~今日は晴れですか?~

2006-12-27 14:59:34 | みずいろ詩集
こんな世界いやで、
どうせ変わらない日々だと、
目を瞑った
コケたっていいもん
俺強い?


冷たい床の上を歩くのがいやで、
夢から覚めたくないと、
布団の中で丸くなってみた
遅れたっていいもん
俺弱い?


そんなふうに不貞腐れた毎日
変わりたいという願いはあるものの
体は『心が動かない』
心は『体が動かない』
擦り付け合うだけ


昨夜は
『明日晴れたらいいな』
『晴れたら行動開始!』
って誓ったけど
今の自分を捨てるのを怖がりながら
震える手で分厚いカーテンを開ける
『今日は晴れですか?』
コメント (2)