ギャラリー 一間

骨董ルクラシックのギャラリー。
京都市下京区突抜2-357。
不定休です。

瀬戸太白手蕎麦猪口

2020年07月05日 16時41分49秒 | 骨董

瀬戸太白手蕎麦猪口。

 
18-19世紀頃。
陶胎染付と呼ばれているものかと思います。
画像の通り、数寄者によって使用されてきた貫入染みと口縁の丁寧な金直しがあります。
育つ肌ですので、
今後楽しみですね。
径 約7.7センチ前後
高さ 約5.9センチ前後
実物と画像とでは多少色合いが異なる場合があります。
古いものですので、画像と説明文にない傷等ある場合があります。
サイズは「前後」と記載の通り、多少の誤差を含みます。
時代産地は当方見解ですので、ご理解の範囲でご入札ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

太白手蕎麦猪口

2020年07月05日 16時20分34秒 | 骨董
太白手蕎麦猪口。
 
18-19世紀頃。
太白手と見分けがつかないものに、
瀬戸の陶胎染付というものがありますが、
本品は美濃の太白手かと思います。
地色は画像ではやや白っぽくみえるかもしれませんが、
薄灰色です。
大きめの貫入(そこから広がる貫入染みはまだありません)、
口縁に欠け、ニュウがあります。
釉のちぢれがあり、失敗作なのかもしれませんが、
それが逆に妙味ともいえるかもしれません。
いずれにせよこの後でてくる瀬戸の磁器ものや古伊万里の肌とは違い、
陶胎であることから、今後いくぶん育つ肌かと思います。
口径 約8.1センチ前後
高さ 約6センチ前後
 
実物と画像とでは多少色合いが異なる場合があります。
古いものですので、画像と説明文にない傷等ある場合があります。
サイズは「前後」と記載の通り、多少の誤差を含みます。
時代産地は当方見解ですので、ご理解の範囲でご入札ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

萩茶碗 江戸後期

2020年07月04日 12時05分23秒 | 骨董
萩茶碗。
 
江戸後期ころの作品かと思います。
御本が出た肌は全体にへらをまわしてあります。
経年使用により見込み部分は紅色に。
口縁に小さな欠け、高台畳付きに欠けがあるほかは目立った傷もありません。
今後ご使用されることでさらに育っていく名品かと思います。
かたつきはありませんが、姿は傾いています。
径 約セ14.4ンチ前後
高さ 約セ7.5-8.4ンチ前後
やや寸の合わない保存箱が付属します。
 
実物と画像とでは多少色合いが異なる場合があります。
古いものですので、画像と説明文にない傷等ある場合があります。
サイズは「前後」と記載の通り、多少の誤差を含みます。
時代産地は当方見解ですので、ご理解の範囲でご入札ください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

萩茶碗

2020年07月04日 11時40分41秒 | 骨董
萩茶碗。
 
江戸後期以降の李朝写しかと思います。
全体に貫入が広がり、また、
御本の広がりが全体におよび、薄紅色を呈した魅力ある肌です。
高台に焼成前の窯キズがあるくらいで、目立った大きな傷もなく、
なかなかの優品かと思います。
見込みに目跡、見た目にはほとんど李朝です。
径 約13.8センチ前後
高さ 約6.5センチ前後
箱はありませんので、なにがしか古布の包み裂をおつけします。
 
実物と画像とでは多少色合いが異なる場合があります。
古いものですので、画像と説明文にない傷等ある場合があります。
サイズは「前後」と記載の通り、多少の誤差を含みます。
時代産地は当方見解ですので、ご理解の範囲でご入札ください。
 
ご売約
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コメント

京都のろーじ

2020年07月03日 16時18分35秒 | 骨董

骨董とは関係ないのですが、

リコーのGR2が家にあったので、

レタッチなしのエフェクト撮影で撮ったものをnoteにアップしていきます。

時間のあるときだけですので、不定期です。

ルクラシックのトップページからもリンクを貼っています。

京都のろーじ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント