ギャラリー 一間

骨董ルクラシックのギャラリー。京都市下京区突抜2-357。
不定休です。

李朝井戸堅手茶碗

2017年09月30日 12時39分00秒 | 骨董

 井戸堅手茶碗

井戸堅手としましたが、

本来は堅手、あるいは白磁です。

釉は透明釉です。

しかしごらんいただければわかるように、みごとな景色でございます。

全体に古色がしみわたった様は数百年、大切に使用されてきた証かと思います。

高台まわりの腰の付近にみられる井戸釉と呼ばれるようなこの釉のたまりも深い色合いです。

今回は珍しく韓国人コレクターのかたからの買い取りです。

残念ながら箱は失われてありませんが、

おそらく古い時代に伝来したものでしょうから、あるいは銘もあったのかもしれません。

うれしくて何度も何度も今お茶をたてている茶碗です。

径 約17−18センチ前後

高さ 約6.8−7.3センチ前後

全体に貫入、口縁に金直し、共色直し、ホツ、ニュウございます。

ご売約済、ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

前川秀樹さんの木彫作品

2017年09月17日 14時27分02秒 | 骨董

前川秀樹さんの木彫作品

コメント

和更紗端切

2017年09月17日 12時52分27秒 | 骨董

和更紗端切

明治〜大正時代

約165×36センチ前後

 

コメント

李朝青磁大盃

2017年09月17日 08時33分41秒 | 骨董

李朝青磁大盃。

高麗末~李朝初期。

 

 

 

コメント

古銅銀象嵌鍍金花器

2017年09月03日 09時02分37秒 | 骨董

古銅銀象嵌鍍金花器

細かな象嵌が施された花器です。

鍍金もまだ残っており、魅力的な肌をしています。

厳しい造型ライン、江戸後期ころかと思われます。

床の間、あるいは卓上で愛玩する花器として。

高さ 約9.5センチ前後

口径 約5.5センチ前後

胴径 約11センチ前後

高台径 5.7センチ前後

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント