心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「南極料理人」

2010-02-25 | 映画「な」行
日本から14,000キロの彼方、平均気温マイナス57℃という過酷な場所に建つ南極ドーム
ふじ基地。ここに、観測隊の一員としてやってきた西村淳(堺雅人)の任務は、総勢8名の
男たちの食事を用意すること。日本に残してきた妻と8歳になる娘、そして生まれたばかりの
息子のことが気に掛かりながらも、腕によりをかけた料理で男たちの胃袋を満たしていく。
とはいえ、食材は豪華でも新たな調達のきかない最果ての地で、日々のメニューに変化を
付けるのは至難のワザ。 おまけに、想像を絶する過酷な生活で隊員たちの疲労とフラストレーションも
ピークに達していくが・・。


 
時々、映画を見て、無性にこれ食べた~~~~~~~い!という映画に
出会いますが、これもまたそんな作品の一つでしたわ。
もうね、出てくる料理が何もかも、めちゃくちゃ美味しそうで、
ご飯を食べてから見たにもかかわらず、無性に食べたくて食べたくて
たまらなくなりました(^^ゞ 特に、おにぎりとラーメンのシーンでは、
過酷な日々を過ごしてる南極観測隊員の方たちだってことを忘れて、
羨ましくて羨ましくてたまらなかったです。

南極観測隊員、特にこの映画の舞台となってるのは、昭和基地じゃなくて、
そこから遙か彼方(確か1000km離れてるっていってたかな?!)の、
ペンギンもあざらしも、生き物なんてな~んにもいないところで、
隊員も総勢8名。毎日毎日、来る日も来る日も、この8人の顔以外
見ることはない。彼らにとって、楽しみと言えば、日本からもってきた
ビデオを何度も何度も見ることくらい。その中で、西村の作る
日々の三度三度の食事は、何にも代え難い楽しみだっただろうなぁと思いました。

昭和基地のことは、時々紹介されてるのを見たり読んだりしたことが
ありましたが、富士山よりも高い標高のところに、たったこれだけの
隊員たちが、まるで閉じ込められてるかのような生活をしてるなんて、
全然知りませんでした。あの狭い空間に、1年以上・・。
自分だったら耐えられないだろうと思いましたが、彼らはもうすでに
そこに行っちゃってるわけで、逃げるに逃げられないし、外には広い
(広すぎるくらいの)大地と空間は広がってますが、マイナス50度から
70度以下の日もあるくらいで、そうそう簡単に外に出て・・なんて
わけにもいかない。ほんと、過酷だなぁ~・・と思いました。
 
長い間、家族とも離れ、恋人とも離れる生活。会えないということは、
距離も深めてしまいますし、そこには悲しいドラマも生まれちゃうの
もわかる、と思いましたが、離ればなれになっていて、お互いの良さが
わかるってこともあるわけで、彼らの帰国後がチラッとラストにありますが、
そこもなかなか好きでした。

南極観測隊の過酷な生活を、ユーモアを交えつつ、コミカルなタッチで
描いてあった本作でしたが、とにかく食事メイン。
彼らの唯一の楽しみであろう食事。
ラーメン食べないと死んじゃう・・というタイチョー(きたろう)の
気持ちもわかるなぁ~・・でした。食べられないと思ったら、余計に
無性に食べたくなるのも道理。このラーメンが、うわぁ~~~!というくらい
美味しそうでした♪香りもしてきそうなくらい。
 
あれだけ西村が腕に寄りをかけて作った食事に、一度も隊員たちは
“美味しい!”という言葉を発しないんですよね。そこがちょっと
ひっかかりましたが、彼らの食べっぷりを見てたら、美味しいって
思ってるのは一目瞭然でした。が、やはり主婦の立場で言わせてもらえば、
美味しいという一言が欲しいところでしたわ(^^ゞ

人間、生きて行くのに必要なのは、食事と睡眠でしょうか。その合間合間に
仕事をしてるわけで、この映画を見てると、いろいろな問題も起きるんですが、
仕事上の問題なんて、結局食事と食事の間の些細なことなのかもしれない・・と
思えたから不思議。
期せずして、娘と衛星回線(?)で西村が話すシーンがあるんですが、
そこで、彼が言った言葉、“美味しいものを食べると、幸せになるじゃない?” 
これに尽きるのかな、と。

何か嫌なことがあったら、とりあえず美味しいものを食べてみる、これって
重要なのかも、と思いました。別のそれが豪華なものじゃなくても
いいんですよね。この映画に出てきたような、たまらなく美味しそうな
おにぎりとかラーメンで充分。(途中、本格的な、これまた美味しそうな
洋食もあったんですが)
・・・といって、私はまた体重が増えることを自分で容認してるんだろうか?
などと思ったりσ(^◇^;)

個人的お気に入り度3.5/5

南極料理人 豪華版 (初回限定生産) [DVD]

バンダイビジュアル

このアイテムの詳細を見る

コメント (21)   この記事についてブログを書く
« 「湖のほとりで」 | トップ | 「男と女の不都合な真実」 »
最新の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
今夜はラーメンにしよかな (トリみどり)
2010-02-25 15:10:04
日常と非日常が料理に現れてる面白いお話でした。ラーメンが食べたい!と請われるかと思ったら、巨大なイセエビフライを出せ!だったり。

おいしいものを食べたら幸せになれる。確かにそうですね。怒りながら作った料理はおいしくないそうです。
すいません (トリみどり)
2010-02-25 15:11:09
TB2回もしてしまっていますね。ごめんなさい、片方削除しちゃってくださいませ。このコメントも削除してもらって大丈夫です。
TBありがとうございました。 (vic)
2010-02-25 18:52:17
見ながらお腹がグーグーなって困った映画でした。

かなり過酷な仕事をしている人達でしたが、こんな大変なお仕事が、世の中の人達には全く知られずに存在するとは!
と、驚きました。

食事というものが、人をあんなに幸せにする力があると知らず、今までいかにいいかげんにやっつけで作ってきたことか...と、猛省しました。
喜んでくれる人を思って作らないとね。

堺雅人良かったですね~。
ありがとうございます (リバー)
2010-02-25 23:33:43
TB、ありがとうございます。

ホント、料理がおいしそうで 食べたくなりますよね
私的には 俳優陣の人選がツボで サイコーでした

帰国後のそれぞれの様子 僕も好きでした

光栄です!! (sakurai)
2010-02-26 08:33:03
どうもすいませんネ。
うちのマチャトがお邪魔しまして!!
まったく、いろんな映画に出てるもんで、みなさまをお騒がせしてますう。
またどうぞよろしくお願いしますねえ!

て、完全に母になってますが、最近かなりメジャーになってきて、ちょっとなああ。
なんてわがままな私。
知っている人は知っている・・・くらいの頃がにへへへと見れて、よかったのですが、そうも言ってられませんもんね。
がんばってもらいましょう。

この映画の前が「ジェネラルルージュ・・」で、かなりピリピリした役で、ダイエット。
でもって、次が全然違う感じのこの役。
今度は逆に、10キロくらい太ったとか・・なんて話も聞きましたが、こういう役に対する真摯な向き合い方もいいんですよねえ。

帰り道は、直行ラーメン屋でした!!
おいしそうに食べた隊長ですが、あれは何十杯目かのテイクだったとか。
役者は辛いですね。
伊勢海老も食べたいけど、あの過酷な環境に波入れないですわ、あたし。
トリみどりさんへ♪ (メル)
2010-02-26 08:42:59
トリみどりさん、こんにちは☆^^

TBの件、了解で~す♪
でも、二つもしてもらえて余計に嬉しかったです(^ー^* )フフ♪

ほんと、様々な要求をされて彼は大変でしたよね~。
1回も”美味しい”って言ってもらってなかったし。
やっぱり作った人としては、美味しいの一言って欲しいのになぁ~・・と思いましたが、まぁ彼らの食べっぷりを見てれば、美味しいと思ってるに違いないわけで、美味しそうに食べてる彼らを見て、にこにこ嬉しそうにしていた西村の表情がとっても良かったです♪

そうそう、怒りながら作った料理は美味しくないですよね。
怒りながら食べる料理も美味しくないですし。
でも、美味しいものを前にすると、自然と怒りも収まりますよね(*^^)v

食事って大切、とつくづく思わせてもらいました♪
vicさんへ♪ (メル)
2010-02-26 08:58:37
vicさん、こんにちは☆^^

こちらこそTBとコメント、いつもどうもありがとうございます♪

そうそう、この映画はお腹がグー!でしたよね~。
食事の後に見たのに、お腹が空いた・・というか、どうしてもあのおにぎりにラーメンが食べてみたくてしょうがなくなりました(^^ゞ

私もいい加減に、かなり手抜きで料理をしてばかりなので、反省しきり・・でした(^_^;)
美味しいものは人を幸せにする・・って思いながら、喜ぶ人の顔を思いつつ、やはり愛情たっぷりで作らなくっちゃなぁって思いましたわ。
でも、なかなか実行出来てませんけど(^_^;)

コンナ過酷な仕事があるなんて、ほんと、知らなかったです~。
昭和基地なら、もっとたくさん人がいて、もっと広くて・・だと思うんですが、あの狭い空間に、いつも同じたったあれだけのメンバーの顔しか見ることがないって、大変ですよね~。
仕事自体も大変ですし、生活も大変。
その中でやはり食事って一番の楽しみだったのかなぁって思いました。

そうそう、堺雅人、良かったですよね~(*^^)v
好きです(^ー^* )フフ♪
TBありがとうございました (猫)
2010-02-26 09:33:15
この映画は とりたてて何が?ということはないのに 2009年の邦画のベスト10に残ってしまいました。(ちなみに邦画100本は観ています)
もう1回観たい!と思わせる何かがあるんですね~(笑)
もちろんマチャトさんのファンです♪
リバーさんへ♪ (メル)
2010-02-26 09:43:34
リバーさん、こんにちは☆^^

こちらこそTBそれにコメント、いつもありがとうございます♪

美味しそうな料理の数々でしたよね~♪
どうしても食べたい!と何度も思いつつの鑑賞でした(^^ゞ

そうそう、俳優さんたち、みんな良かったですよね~。
適材適所というか、みなさんお似合いでしたし、演技も巧いし、そこもまた楽しめたところでした。

>帰国後のそれぞれの様子 僕も好きでした

ほんと、私も好きでした。
あ~、良かったなぁ、彼らも報われたかなって思えたところ、ホッとできたところ、とっても好きでした。
sakuraiさんへ♪ (メル)
2010-02-27 09:37:35
sakuraiさん、こんにちは☆^^

お返事が遅くなってしまって、申し訳ありません(^_^;)
すっかりオリンピック中継などを見てしまってました~(^^ゞ

いやぁ、まちゃとさまはほんと良かったです~(*^^)v
さすがsakuraiさんちのまちゃとさまだわ・・と感心しきりでした(^ー^* )フフ♪
私も息子と同じ名前の素敵~な俳優さんが出てこないものか・・と期待しちゃいますが、無理かなぁ(^^ゞ

そうそう、ほんと最近露出が多いですよね~。
それだけ皆が受け入れて素敵だと思ってることに間違いないわけですが、昔からのファンのsakuraiさんとしては、微妙な気持ちになるの、よ~くわかります^^
そこが切ないファン心ってやつですよね(^ー^* )フフ♪

>「ジェネラルルージュ・・」で、かなりピリピリした役で、ダイエット・・

そうか!あの映画では、ぐぐっと痩せて・・と思ってたんですが、今回は確かにちょっとふっくらでしたね~!
言われて初めてそこに気が行きました(^^ゞ
役者魂ですよね~。
さすがだわ!

で、なんですと?あのラーメンのテイクは何十杯目かの・・だったんですね~!
ひぇ~!それにしては、と~っても美味しそうに食べてましたよね。
これまたさすが役者さん・・ですね。
きたろうさんもやりますねぇ^^

そうそう、私もラーメン食べたい・・うぅぅ・・食べたい食べたい、と見終わって何回主人に訴えたか(笑)
さっきご飯食べたところじゃん!と、軽くあしらわれてしまいましたが(^_^;) 一週間経っても、いまだその熱が冷めないので、明日はラーメン屋に行こうと思ってます^^♪

私もあんな美味しい食事が毎回食べれるなら・・とチラッと頭をよぎりましたが、どう考えてもあそこで1年以上も生活出来ません(^_^;)
過酷ですもんねぇ~。
頑張って1週間が限界かと・・(^_^;)

コメントを投稿

映画「な」行」カテゴリの最新記事