心の栄養♪映画と英語のジョーク

日々観た映画のレビューと英語のジョーク♪心の栄養いっぱいとってKeep smiling♡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「ホノカアボーイ」

2009-12-30 | 映画「は」行
ハワイ島の北部にあるホノカア村。のんびりした時間が流れるこの村唯一の映画館で
映写技師の助手として働き始めた青年レオ(岡田将生)。彼はある日、イタズラ好きの
風変わりな日系人女性ビーさん(倍賞千恵子)と出会う。以来、レオはビーさんのつくる
おいしいゴハンを毎日ごちそうになる。ちょっと偏屈だけど心優しいビーさんとの日々が
レオの心をほぐしていく。そんなある日、レオは天真爛漫な女の子マライア(長谷川潤)と
出会い、恋に落ちる・・。



いやいや、この師走という忙しい時期に、それも私事でいろいろバタバタ
してる時に、こんな風にの~んびりと時間が過ぎていく村と、そこに住む
人たちの生活を見るっていうのは、癒されますねぇ~。
1年くらい、こういうところに行って住んでみたいって思いましたもん。

それに何と言っても印象度が高かったのが、ビーさんが作る美味しそうな
ご飯(料理)!ご飯入り特別(?)ロールキャベツの作り方は、結構長い時間
映してくれてたし、説明もしてくれてたので、私も作ってみようかな~って
思いました♪その他の料理も、みんな美味しそうだったなぁ。
この映画は結構お腹いっぱいの時に見たんですが、それでもお腹がグーって
いいそうでした^^

ストーリーは、レインボーならぬ、ムーンボーという月にかかる
虹を見ることが出来たら、願いが叶うという言い伝えがあるのを知ったレオは、
その1年ほど前に恋人と訪れたことのあるこの村にしばらく住むことに。
その恋人カオルとは、すでにその時別れていたんですが、最初にカオルと
一緒にドライブするシーンがありました。カオルは私の好きな蒼井優ちゃんが
演じていたので、できればもっと見ていたかったですが、冒頭だけで
出番が終わり(^_^;)

ちょっと「かもめ食堂」も思い出したりしましたが、このタイプの映画には
しょうがないかな、という少々わざとらしい演出みたいなのが感じられた
ところもあったんですが、同じく癒し系(?)だったはずの「めがね」よりは、
ずっと押しつけがましくなくて良かったです。
 
ただ・・・ 
ここから少々ネタばれ気味なので、未見の方は読まないでくださいね(^^ゞ

そう、ただビーさんがレオに恋心を抱くのはわかるってところもあったし、
レオの彼女にちょっとした意地悪したく(あれはちょっとしたイタズラ
だったのかもしれませんが)なった気持ちは凄くよく分かるんですが、
できれば違ったエピソードにしてそれを表してもらいたかったです。
あれじゃ、もしかしたら死んじゃったりもするでしょ。
アレルギーだとまではビーさんは知らなかったと思いますが、
やっぱり違う手法、違うエピソードでここのところを演出してくれてたらなぁって
思いました。

蕎麦アレルギーの従兄弟がいるんですが、彼曰く、高速のSAとかでは、
場所によっては蕎麦とうどんと同じ鍋でゆでてるところがあるみたいなんです。
で、そんなこと知らないから、彼はうどんを注文したんですよね。
そしたら、にわかにアレルギー症状が!あわや命も・・という危ない目に
遭ったんですよ~。(SAさん、あるいはどこの食堂でも、蕎麦とうどんは
別の鍋でゆでてくださいね~m(__)m )

そんなわけで、そのことを“あの”シーンでは思い出してしまって、
それまでの、の~んびり良い気分だったのに、にわかに胸にぞわぞわ感が。
ビーさんの嫉妬する気持ち・イタズラを、なんとか違った手法で
描いてくれなかったかなぁって、ちょっと残念でした。
でも、これは、すっごく私的な意見ですけどね(^^ゞ
 
あ、そうそう、優ちゃんだけじゃなくて、深津絵里もとってももったいない
使い方(?)で出てきました。彼女も好きなので、あ、こんなところに!って
嬉しかったです♪^^
それと、喜味こいしさんのキャラクタ-、好きでした♪

個人的お気に入り度3/5

ホノカアボーイ [DVD]

ポニーキャニオン

このアイテムの詳細を見る
『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (8)   この記事についてブログを書く
« 「PARIS(パリ)」 | トップ | 謹賀新年 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
岡田くんと優ちゃん!しかし、、w (ベルモンド)
2009-12-30 19:52:33
こんばんは^^お久し振りです☆
何か自分のブログにバカみたいに専念しすぎて、コメントを残す余裕がw
僕はこの作品大好きです^^
まず快進撃を続ける岡田将生が主演であること!そして大好きな優ちゃん!!、、と思ったら、あっという間に優ちゃん、フェードアウト↓w
けっこうショックでした。だって岡田くんと優ちゃんがカップル?すげ~!って思ってたら、破局って。うぅ、悔しい~、でしたwでも、時代劇でW主演するみたいですね。良い作品だといいなぁ。楽しみです☆
あと、そうですね。アレルギーの件はそうゆう個人的な事情があると引いてしまいますよね。僕はそうゆうアレルギーでどうこうという場面に遭遇したことは無いので、「ちょっとイタズラが過ぎちゃったね、、」くらいで済みました。
でもビーさんには天罰が下ったのか失明してしまって、、。それでも変な言い方ですけど、その失明をうまい具合に使って、ムーンボーの物語を盛り上げていましたよね^^
何はともあれ、ビーさんの料理は美味しそう!僕もお腹が空きましたよぉw
そしてコイチさん大好きです^^

これは癒されたい時、映画好きな人なら映画に疲れた時に観ると、すごく感動出来ますよね。
そういえば、もう’10年ですね。来年もどうかよろしくです。
メルさんの文章っていつも優しくて、読んでいて心地がいいです。すごく映画、というものに対して寛容ですよね。
なんか僕は少し感情的になり過ぎる部分があって、毒があるので、その優しさがうらやましいです。
ということで長々とすみません。ではでは★
今年もお世話になりました。 (rose\chocolat)
2009-12-31 11:57:42
メルさん^^
今年も本当にお世話になりました。
楽しい映画レビュー&英語のジョーク(笑)、どっちもなるほどぉぉぉと思うこといっぱいでした。
また来年も楽しみにしております。

さてこの映画、おっしゃる通り、シャレにならない部分ありましたねえ。。。
Beeは、あれがダメって確か知っててしちゃってましたからね。 ちょっと怖いものがありました。。。

そんなこんなもありましたが、全体的にこれは雰囲気やテーマなんかは好きです。 こういうジャンルのが好きって言うのは自分としてはちょっと珍しいんですけどね。
来年もよろしくお願いします~^^ (latifa)
2009-12-31 15:26:59
メルさん~今年も色々ありがとうございました
来年もまた宜しくお願いいたします~

この映画が今年最後の記事になるのかな・・。>同じく癒し系(?)だったはずの「めがね」よりは、ずっと押しつけがましくなくて良かったです。
 同感!ちょっと雰囲気的には、かもめ~や、めがねと同系統なのかな・・って思ったんだけれど、そういう押しつけがましい処は無かったですよね。

でもね、最近ある身近なお友達が「めがね」最近見て、凄く好き!!って絶賛されたのを聞いて、びっくりしたわ~。やっぱり人それぞれ、違うんだなあ・・ってしみじみ感じちゃった。私の嫌いだった部分「朝起きたら、枕元に来ていて・・」他も、別に気にならないって言うじゃない~。全く自分とは違う思考回路の人なら、そういうのも別に驚かないんだけど・・・。

で、アレルギーのお話。そうかぁ・・・蕎麦とうどん、確かに気にしないで一緒に作っちゃってる店が多くありそうな予感・・・。怖くて、そういうお店では食べられなくなっちゃいますよね・・
 
アレルギーといえども、命にかかわる重大な事よね。beeさんは解らなかったかもしれないけれど、ふんわりと癒し系の映画だっただけに、そこの部分だけがやけに浮いて感じちゃって残念でした。

私も凄いアレルギーは無いものの、杉とか埃やハウスダストのアレルギーのあるし、私の家族もそうなので、みんなは平気でもダメな辛さというか、注意しなくちゃいけない辛さは解るわ・・。修学旅行の枕投げとかね・・・。楽しみながらも、不安が一杯・・みたいな。
ベルモンドさんへ♪ (メル)
2010-01-01 10:41:57
ベルモンドさん、明けましておめでとうございます^^

年内にご挨拶できず、もうしわけありませんでしたm(__)m
昨年はいろいろありがとうございました♪
今年もまた、どうぞよろしくお願い致します。
体調の方はいかがですか?
記事の方、読ませていただいて、心配してましたがコメント出来ず(^_^;)
でも、その後も精力的に素晴らしい記事を書いてらっしゃるのを拝見して、ホッとしたり嬉しかったり、でした(*^^)v
2010年、いい年になりますよう、心よりお祈りいたしております♪

で、この映画ですが^^
ほんわか温かくて良い映画でしたよね~♪
そうそう、冒頭二人が出てきたときは、お、この二人が主演でずっと行くのか?と思って嬉しかったですが、早々に優ちゃんはフェードアウトでしたねぇ(^_^;)
時代劇のW主演、知りませんでした。
それは楽しみ!どんなドラマ(映画?)なのか知らないんですが(^^ゞこれから調べてみますね。

ビーさんのいたずらは、可愛いもんでしたが、私は記事に書いた個人的なことがあったので、あの部分だけはちょっとひいちゃいました(^_^;)
でも、その他の彼女のイタズラは可愛かったし、幾つになっても乙女心を失わない彼女が好きでした♪

そうそう、料理は美味しそうでしたね~!
全部食べちゃいたい!!!って思いました♪^^
年末の忙しい時期に見たので、余計に癒されましたし、良い映画だったなぁって思いました。
謹賀新年 (シネマDVD・映画情報館 by JIN)
2010-01-01 11:58:51
明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。
rose_chocolatさんへ♪ (メル)
2010-01-02 07:38:33
rose_chocolatさん、あけましておめでとうございます
昨年はTBでもお世話になり、コメントもたくさん頂いて、本当にどうもありがとうございました!!!
ジョークの方も読んでいただいて、すっごく嬉しかったです♪^^
今年もまた、どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

で、この映画ですが
そう、ちょっとしゃれにならない部分がありましたが、基本、とても良く出来た映画で、ここでは通常と時間の経ちかたが違うんじゃないかと思える、こののんびり感がたまらなく良かったです。
それにあの料理(*^^)v
美味しそうでした~!
で、その美味しそうなのを作っちゃうrose_chocolatさん、凄すぎる(*^^)v
映画のも美味しそうでしたが、rose_chocolatさんが作られたのも、よだれが出そうでしたわ^^
latifaさんへ♪ (メル)
2010-01-02 08:14:14
latifaさん、明けましておめでとうございま~~~~す!!!

昨年も、本当にめいっぱいいろいろお世話になり、ありがとうございました!
latifaさんのコメントには何度救われたことか。感謝の気持ちでいっぱいです♪
今年もまた、どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

そう、ご覧の通り?!これが去年の最後の記事になりました(^^ゞ
もう一本・・と思ってたんですが
まぁ忙しいこと忙しいこと(^_^;)
全然思い通りになりませんでしたわ。
さらに昨日も記事をアップしようかな~・・と思っていたら、元日はいろいろと主婦&母親&嫁の仕事が待っていまして、やはり思い通りにはならず(^_^;)
latifaさんへのお返事も今日になってしまいました~m(__)m

やはり「めがね」よりもこちらの方が
押しつけがましくない、この癒し感と
ゆっくりした時の流れがあって良かったですよね~♪
ん~~、でもそうか、そういう方もいらっしゃるんですねぇ。
起きたら枕元に人がいたら、私だったら耐えられないけど(^_^;)
やはり人それぞれですよね。
それでこそ人って面白い(*^^)vってことなんでしょうね^^

で、アレルギーのところですが
いたずらで簡単に済んでしまうエピソードにしてもらいたかったけど、あのくらいじゃないとインパクトがなかったのかもしれないし、元彼とよりを戻して・・っていうあの展開に結びつくには入院というあのシーンが必要だったんでしょうね。
でも、latifaさんも、その部分がちょっと浮いて感じられたって事で嬉しいです(^ー^* )フフ

latifaさんもハウスダストに杉に・・とアレルギーがあるんですね。
私はアカシヤだけだけど、主人が酷い花粉症で、アレルギーの辛さをひしひしと感じています。
息子も稲科がダメだし・・。

あ、そうかそうか、枕投げも楽しいけど不安・・・みたいなところわかります~!
友達のお子さんも、修学旅行のときは苦労なさったみたいです。
ああいったところ(?)の布団とかもダメみたいでしっかり薬で防御して・・ということだったと聞きました。
様々あるアレルギー、時に命にも関わるし、本当に怖いし辛いし・・・この世の中からアレルギーを簡単に治してくれる治療薬が、それも全く副作用なしにってのが発明されたらノーベル賞ものですよね。
(シネマDVD・映画情報館 by JINさんへ♪ (メル)
2010-01-02 08:15:15
明けましておめでとうございます。
本年も、どうぞよろしくお願い致しますm(__)m
Unknown (友達と趣味の出会い)
2010-01-08 16:21:19
楽しいブログを読ませていただきありがとうございます。
これからも更新頑張ってください。
友達と趣味の出会いさんへ♪ (メル)
2010-01-09 09:13:56
こんにちは☆^^

こちらこそ訪問してくださって、どうもありがとうございます♪
感謝感謝です。
更新、できるだけ頑張りますね^^
これからも、どうぞよろしくお願い致しますm(__)m

コメントを投稿

映画「は」行」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

8 トラックバック

「ホノカアボーイ」-この温かいホノカアのユーモアに触れて。 (cinemaparadyso)
物語:ハワイ島の北部にあるホノカア村。のんびりした時間が流れるこの村唯一の映画館で映写技師の助手として働き始めた青年レオ。彼はある日...
『ホノカアボーイ』 (2008)/日本 (NiceOne!!)
監督:真田敦原作:吉田玲雄出演:岡田将生、倍賞千恵子、長谷川潤、喜味こいし、正司照枝、蒼井優、深津絵里、松坂慶子鑑賞劇場 : ヒューマントラストシネマ渋谷公式サイトはこちら。<Story>ハワイ島の北、ホノカア。ここでは月に虹がかかるとき、願いが叶うと...
Bee'smalasadafrom"honokaaboy" (NiceOne!!)
先日、『ホノカアボーイ』を観たとき、本当にお料理がおいしそうで、絶対家でも作るぞ! って決心してから結構経っちゃいましたが(笑)、ついに作りました。パンフレットには4種類のレシピが出ているんですが、やっぱり、作らなくちゃいけないのは、"Bee'smalasada" ....
「ホノカアボーイ」 (ひきばっちの映画でどうだ!!)
            「ホノカアボーイ」 ハワイ島北部の街、ホノカア。 まるで時が止まったような不思議な空気が流れている・・。 この地方で、月に虹がかかる(ムーンボー)と、願いが叶うという言い伝えがある・・。 その...
09-93「ホノカアボーイ」(日本) (CINECHANの映画感想)
ハワイに来たは、いいけれど   ハワイ島の北部にあるホノカア村。のんびりした時間が流れるこの村唯一の映画館で映写技師の助手として働き始めた青年レオ。彼はある日、イタズラ好きの風変わりな日系人女性ビーさんと出会う。  以来、レオはビーさんのつくるおいしい...
『ホノカアボーイ』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「ホノカアボーイ」□監督 真田 敦□脚本 高崎卓馬□原作 吉田玲雄(「ホノカアボーイ)幻冬舎文庫)□キャスト 岡田将生、倍賞千恵子、松坂慶子、長谷川 潤、喜味こいし、正司照枝、深津絵里、蒼井 優■鑑賞日 3月15日(日)■劇場 ...
ホノカアボーイ (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ホノカアボーイ [DVD]/岡田将生,倍賞千恵子,長谷川潤 ¥4,935 Amazon.co.jp 吉田玲雄の同名原作を映画化した作品。 ハワイ島の北に位置するホノカアの町。大学生のレオは、彼女とハワイを旅しますが、ふとしたことからケンカ。結局、その後に別れます...
ハワイと沖縄 (Akira's VOICE)
「カフーを待ちわびて」 「ホノカアボーイ」