丸顔おばさんのブログ

接種後、腕に磁石がくっつくのは・・・

ワクチン接種後、腕に磁石がくっつくようになりましたー、という動画や画像がネット上にいっぱいアップされている。

冗談にしては、多いと感じる。日本人の接種者もアップしている。

おばさんは、あいつらがナノ化された金属的なものをワクチンに仕込んでいるだろう!と疑っていた。
だから超管理社会にはなるだろう。
量子コンピューターとかAIとか言って、
宇宙に関する機密解除と技術を公開するつもりだから
な。
(中略)
へんなナノ化された金属的なものが脳にまで行ってしまった方はどうなるのだろう。
スパイクタンパクが脳に入ることは論文が出ているわけだからな。

こういうものをこっそり体内に入れちゃって、あいつらが外から操る。
監視管理する。我々の思考や感情までもチェック、操作しようとしている。

このためのワクチンだと思うんだけど。そのためにコロナをばら撒いたと思っている。
あいつらの目的は「ここ」だと感じる。人工削減もたくらんでいるけれど。

それで、最近、スペインのお医者さんがバラしちゃったらしい。
グラフェンという半金属物質をワクチンに仕込んでいると。


貴重なツイート、削除されてしまうかもしれないので、以下に転載させていただきます。赤、おばさん追記。
スペインからの報告:コロナワクチンは、マインドコントロールの為にナノ粒子を提供する  (新型コロナワクチン)これは決してウイルスに対する「ワクチン」ではなかった。これは、ナノ粒子を人類の脳に送り込み、コントロールするために開発された秘密の https://henrymakow.org
ナノテクノロジー・プロジェクトだ。
  生物学者のリカルド・デルガドと医師のホセ・ルイス・セビリャーノは、「La Quinta Columna」というオンライン番組のホストを務めているが、ワクチン接種した部位の腕が磁気を帯び、磁石だけでなく、ハサミや金属部品、工具、携帯電話までくっつくようになる人が いるという。
  この現象は腕に限ったことではない。数日のうちに、胸、首、背骨の上部へと移動する。(悲しいかな、私の母と叔母は、ファイザー社のワクチンの1回目の接種を受けたのだが、妹はこれが事実であることを確認した)。  彼らは独自の研究を始め、これを発見した。
 1. 全てのワクチンは、 同じナノテクノロジーを使って製造されている。スペインでは、「秘密のナノ粒子」という表現まで使われた。このナノ粒子は、人間の体温と同じ温度になると磁性を帯びる。零度以下の環境では磁性を帯びない。(それが冷凍保存する理由か?)https://nature.com/articles/s41598-020-78262-w…

2. この粒子は、グラフェンと呼ば れるナノテク素材に違いない。グラフェンは、超伝導で、脳の神経細胞との結合性が高い素材だ。https://frontiersin.org/articles/10.3389/fnsys.2018.00012/full…

3. 欧州連合は10億ユーロを投じて、「The Graphene Flagship(旗艦)」と呼ばれるプロジェクトを立ち上げた。https://spectrum.ieee.org/nanoclast/semiconductors/nanotechnology/europe-has-invested-1-billion-into-graphenebut-for-what…

4. グラフェンの分子は、異なる無線周波数( 5Gもその一つ)を使用して、脳内のニューロンと遠隔モードで相互作用が可能で、脳をマッピングし、遠隔操作で指示を送受信することができるhttps://noldus.com/applications/magnetogenetics…

5. これらは決してウイルスに対する「ワクチン」ではなく、ずっとナノ粒子を人類の脳に送り込みコントロールするために開発された 秘密のナノテクプロジェクトだった。(今のところ、5GでDNAを改変できるかどうかは分かっていない。)la Quinta Columnaでは、マスク、PCR検査、ケムトレイル、インフルエンザワクチンやコロナワクチンに含まれるグラフェンによって、人々がすでに磁化されていることを突き止めた。 

がーん。そうだよね。できるもんね。いろんなところに仕込める。ナノ粒子なんだもん。目に見えないからな。

6. グラフェンの アイコンは、何だと思う?3つの六線星形なのだ。https://shutterstock.com/image-vector/graphene-structure-icon-vector-1030374052…

7. グラフェンは自然に体外に排出される可能性がある。なぜなら、グラフェンの分子を分解するミエロペルオキシダーゼという酵素があるからだ。驚くべきことに、アルコールの摂取やタバコでさえ、この酵素を増やすのに役立つと いう。それが、国民に6〜12ヶ月ごとにワクチンを接種し、禁酒に努めて欲しいと要望している理由だ。 
〈おばつぶやき〉
朗報!酒で出ちゃう?
そういうことか!イルミナティカードに酒禁止のカードがあって、そんな細かいことまであいつら事前に計画してたのかと、驚いたけど、こういうわけだったのかもなw
(飲みすぎは注意だ。体が酸化してACE2が活性化しちゃうとコロナに感染しやすくなっちゃうからなwあー、やっぱりおばさんの食生活は正解だったようだ♪少食で酒は適度に飲む!)

8. ワクチン接種された人間のグラフェンと5Gの相互作用により、2021年7月に5Gが全面稼働すると、致命的な出来事が起こる可能性があるので、この狂気を食い止め、ワクチン接種プログラムをきっぱりと 中止するには、あまり時間が残っていない。(まあ、こういう意見もあるということで。) 


どうやらオンライン番組でそのようなことをバラしたようだ。
で、リンク先記事や彼のHPをのぞいたり、その他のネット情報をチェックした限りでは、はっきりとコロナワクチンにグラフェンが入ってますと断定してる記事はまだ見つけられていないんだけど、そういうことを示唆するような記載がたくさん見られる。

以下はたぶんこのスペインのお医者さんのHP↓なんだけど、グラフェンに関する世界の記事が集められている。記事のタイトルを一部、引用させていただきます。
・インフルエンザに対するGOナノ粒子(酸化グラフェン)の鼻腔内ワクチン接種
・酸化グラフェンナノ粒子の注射によるヒトおよびマウスの毒性の評価
・インフルエンザワクチン中の酸化グラフェンナノ粒子
酸化グラフェンの吸収帯は5Gテクノロジーです
酸化グラフェンナノ粒子を含むマスクは引き続き販売されています
グラフェンの製造のリーダーであるNanografi社は、酸化グラフェンナノ粒子を使用したcovidおよびPCRテスト用の鼻腔内ワクチンを開発しています。
〈おばつぶやき〉
グラフェン、5Gと連動するんだな。完璧だな。
そしてあいつら、次はどうやら鼻腔内ワクチンを我々にやろうとしているんだなw
針で注射するよりお手軽だし、なにより、鼻腔は脳に近い。。。
あいつらは我々の脳の松果体を狙って、スロバキアのPCR検査の綿棒にハイドロジェルを仕込んでいたという記事が出ている。
松果体は直観力、感情、睡眠、メンタルを司る重要な部分だ。ここを狙っている。

あ!イタリアのPCR検査にもやっぱり・・・↓
・Covid-19 PCRテスト:あなたの脳のためのナノ粒子の投与量?
2021年4月20日更新-イタリアの科学者は、PCRテストスワブが彼女が見つけたマイクロ粒子とナノ粒子で汚染されていることを確認しました
実験物理学者で生体材料の研究者であるアントニエッタガッティ教授は、電子顕微鏡でPCRテストスワブを調べ、その組成を分析しました。結果:綿棒は硬い材料でできており、銀、アルミニウム、チタン、グラスファイバーなどの未申告のマイクロ粒子とナノ粒子が多数含まれています。これらは、テストの犠牲者の体内でアスベストのように機能します。
2021年4月初旬、ガッティ教授は、マスクとPCRテストに関する彼女の科学的調査の憂慮すべき結果をイタリア議会に通知しました。
〈おばつぶやき〉
あー!イタリアでもPCR検査にマイクロ粒子、ナノ粒子仕込んでた!スロバキアだけじゃなかった。これは、他の国のもやばいんじゃないの?日本はどうなんだ!

で、YouTube動画が貼ってあって、内容もおおまかに書いてあって、
〈YouTube動画〉
  • 翻訳=>オプション(歯車)>字幕>自動翻訳>英語
  • PCRテストスワブは危険ですか?ガッティ教授は、PCR綿棒の先端で発見したマイクロファイバーとナノ粒子についてイタリア議会に通知します。
  • Gatti教授とMontanari教授は、2016年に43の一般的なワクチンで有毒なナノ粒子をすでに検出していました。
〈おばつぶやき〉
2016年にすでにワクチンに仕込んでたの?ナノ粒子を。おそろしい。コロナワクチン打っていなくても、すでに体に入っちゃってるかもしれないね。
  • Covid-19迅速抗原検査には、健康と環境に有害な金ナノ粒子とオクチル/ノニルフェノールエトキシレートが含まれています。素人によるこれらの試験の実施は、欧州の化学物質規制REACHの規定に違反しているため、違法です。WernerBergholz教授による分析(ドイツ語)。
〈おばつぶやき〉
抗原検査にも仕込んでたそうです。ヨーロッパみたいだけど。
ありとあらゆるところに仕込んでるんだ。ナノ粒子を。危ないね。
やっぱり医療が我々のロボット化、ムーンショット計画の最前線だね。
こちらの記事↓、コメント欄にも関連事項を書きました。

  • LaQuintaColumna.net・酸化グラフェンHA / GO-PEIインフルエンザのナノ粒子を有する鼻腔内接種・グラフェン酸化物ナノ粒子の吸収帯は、マイクロ波5Gの範囲内である・ナノ粒子の酸化グラフェン農産物血餅
〈おばつぶやき〉
あー!やっぱりグラフェンは5Gに連動。。われわれをロボットのように操作しようとしているんだろー!
  • 先生。Bhakdi:Covidの「ワクチン」の副作用は、症例の30%以上で確認され、証明されています。PCR検査とCovid注射の前後に、誰でも血液検査を受けることができます。Covid注射の前後に、D-ダイマー検査で血液サンプルをチェックすることもできます。教授の医学の同僚。バクディはこれを発見しました:mRNA注射はワクチン接種を受けた人々の30%以上で血液凝固を活性化します。これは、血栓や血栓症の危険性がワクチンメーカー、当局、メディアによって軽視されていることを意味します。あなたはあなた自身の血液検査をすることによってこれをあなた自身でチェックすることができます。
〈おばつぶやき〉
もうワクチンで、血栓、出血しやすくなることがはっきりしたからな。

接種した方は心配なら検査しましょうということだな。


・酸化グラフェンは血栓を生成します
・酸化グラフェンは血液凝固を引き起こします
〈おばつぶやき〉
グラフェンもまた、血栓を引き起こすのか・・・。スパイクタンパクだけではなかったか。

・吸入された酸化グラフェンは粘膜の炎症を引き起こし、したがって臭気の部分的または完全な喪失を引き起こします 
・「あなたは何も持たず、幸せになる」から「機械は私たちの考えを読み、感情を挿入する」に移ります。それは「私たち全員が目指すもの」だからです。
まるでユーロビジョン・フェスティバルのプレゼンテーションであるかのように、その大統領であるセバスティアン・ピニェラがチリの人々の前に現れ、5Gで何が達成されるのかを彼らに伝えます。「あなたは何も持たず、あなたは幸せになる」というダボスフォーラムのことを覚えていますか?さて、この男はチリ人に5Gで「機械は私たちの考えを知っている」と言い、それだけでなく、感情に加えてそれらを修正することさえできると言います。しかし、事は後で不法占拠者が到着し、これは私たち全員が望んでいるものであると言っているということです。ニュースにアクセスするには、画像をクリックしてください。
〈おばつぶやき〉
やっぱりな。感情や思考を操作しようとしていると思っていた。

人はもともと電気的な生き物であるというではないか。
「ナイロン繊維の断片の混合物を鼻の中で意図的に広げた後、DARPA ハイドロゲルはリチウムと共に鼻粘膜、下垂体および松果体の下に残ります。この混合物は、生体構造と即座に反応して、独自の電磁場を持つ松果体を標的とする結晶を形成します。結局のところ、人間は生体電気的な存在です。結晶の形は、使用されたヒドロゲルのタイプについて何かを物語っています。います。
〈おばつぶやき〉
そうなんだ。おばさんが「あいつらやってるね」ってピンと来てるとき、松果体らへんで電気的なことが起きてるかもしれないのね。。それを破壊したいのね、あいつら。リチウム。。。」

なのに、人工的にへんな物質を、例えばハイドロジェルをワクチンに仕込んで人体に導電性を帯びさせ、メドベッドにはいりたくて仕方ないように仕向けて(例えば若返りたいとか、増毛したいとか、病気治したいとか)、電気的な治療を受けさせる。
その結果、、、
人の自然な、電気的な作用を狂わせるのではないか?
松果体によるひらめき、直感を感じる力が、鈍らないか?破壊されないか?
細胞も電気が流れていると言うし。これも人工的に変えちゃって大丈夫なんですかね?
ロボット人間、ムーンショット計画に繋がりそうだと感じるんだけど。。。

それで上記記事ではトランプがすすめようとしているとウワサされているメドベッドとの関連を疑って書いたんだけど、すでに外からヒトの感情を操作する技術はあるということだ↓。

より引用っせていただきます。赤、おばさん追記。
バージニア大学の科学者たちは、合成遺伝子と磁力を使用して、マウスや魚の行動を変えた
バージニア大学の科学者たちは、合成遺伝子を追加した脳内のニューロンが、外部からの磁場によって遠隔操作できることを実証した。 この発見は、統合失調症やパーキンソン病などのさまざまな神経疾患の将来の治療の可能性に影響を及ぼす。
研究を主導したバージニア大学神経科学研究室の生物学教授アリ・デニツ・ギュラー(Ali Deniz Güler)氏は、以下のように言う。
磁石に反応する遺伝子操作された遺伝子産物を使用して、特定の細胞を操作することにより、神経回路を遠隔制御するための『夢のツール』を開発するための大きな一歩を発見したかもしれません」
ギュラー氏とバージニア大学神経科学研究室のマイケル・ウィーラー(Michael Wheeler)氏は、細胞に磁場の存在を感知させることができる遺伝子を設計した。彼らは、細胞の伸びを感知する遺伝子を、ナノ磁石として機能する別の遺伝子と結合させた。
この合成の組み合わせは、磁場の存在下でのみオンになり、脳内の神経活動を制御できるようにする。
「私たちは、快楽の原因となる脳内の特定のニューロンのセットを、磁気で活性化したかったのです」とギュラー氏は述べる。
遺伝子治療の方法を使用して遺伝子を対象動物に挿入し、成体マウスまたはゼブラフィッシュの胚で合成遺伝子を発現させ、研究者たちは動物の行動の変化を通じてニューロンの遠隔活性化を目撃した。
〈おばつぶやき〉
あー!これまさに、今のコロナワクチン、遺伝子治療!いっしょじゃない。

「私たちは、これまで達成されていなかった単純な磁力で脳内の細胞をオンにできることを検証しました」とギュラー氏は述べている。
「私たちは実際、磁場を感知できる細胞を作ることで、動物の行動反応を磁気的に引き起こしています。これは最終的に、磁気を介して神経疾患を治療するための道を開く可能性があります。正確で非侵襲的(生体に手を加えない方法)です」
ギュラー氏とウィーラー氏は、磁場を変えることができるコミックの漫画のキャラクターにちなんで、この合成遺伝子を「マグニートー (Magneto)」と呼んでいる。
快適さや喜びを表現するためにマグニートー遺伝子を使用したマウスでの一連のテストでは、マウスは、食べ物が存在するかのように、磁場が存在するケージのチャンバーに自発的に移動した。同様に、磁場がオフにされたとき、マウスはケージのその領域に対して特別な好みを示さなかった。しかし、磁場が再びオンになると、彼らは再びケージのその領域に移動した。
マグニートー遺伝子のないマウスは、磁石の存在下で行動の変化を示さなかった。
〈おばつぶやき〉
あー、こうしてオンにするとハッピーになっちゃう。
こうやって人間を操ることができちゃうってわけだ!やば!

ゼブラフィッシュの胚に関しての研究では、胚は磁場に回転することで反応した。これは通常、水中の圧力に反応して行われる。磁場が取り除かれると、胚はそれらの回転行動を大幅に減少させた。
「これらの応答行動は、2つの異なる動物種(マウスとゼブラフィッシュ)で、合成遺伝子を含む細胞が、磁場でオンになることを検証しています」とウィーラー氏は述べた。
「この磁場は、MRIのように組織密度に関係なく脳に浸透し、被験者たちが磁場内にいるときはいつでも、特定の時間に特定の回路をオンにすることができます」
ギュラー氏は、次のように述べている。
「遺伝子治療の方法を使用してニューロンを制御できる場合、発火しない神経ネットワークを制御することにより、特定の神経疾患の影響を修正または排除できる可能性があります。私たちのこの方法は、その中の 1つの可能なアプローチかもしれません」
彼は、この方法が脳の発達、機能、病理をよりよく理解するために使用されていることを強調した。

あちゃー。どーすんだー?これ。
すでにワクチンの脂質とかスパイクタンパクが脳の血液脳関門を突破すると論文が出ているぞ。
ワクチンに、この磁石的なものが仕込まれているとすれば、この実験とまったく同じ状態ではないか。
グラフェンは、超伝導で、脳の神経細胞との結合性が高い素材だ。」と上記ツイートにもあるぞ。

グラフェンフラッグシップの役員は、アストラゼネカのグローバル役員です。
グラフェンフラッグシップのディレクターは、アストラゼネカのディレクターです。
〈おばつぶやき〉
あー、もう。。。決まりか?
グラフェンの会社の役員が、アストラゼネカの役員もやってるって!

・ワクチン担体およびアジュバントの可能性としての酸化グラフェン
生体分子の放出に広く使用されている酸化グラフェン(GO)は、抗原の負荷と放出に優れており、免疫系を活性化する可能性を示しています。

グラフェンナノ粒子の製造を専門とするNanografi社は、covid用の鼻腔内ワクチンを開発しています
ナノテクノロジー企業は、グラフェンナノ粒子の製造を専門としており、「ワクチン」の開発も行っています。

今後は鼻腔からのワクチンでよりカンタンにグラフェンを入れてやろうとしている。

そして、専門家が番組内で暴露している動画がツイッターに流れてきた↓

ツイート添付動画を文字起こし。
ジェイン・ルビーさんは国際ヘルス関連のエコノミストで、製薬研究において20年以上のご経験があり、医療分野おける専門家です。Stew Peters Showの寄稿者でもあります。
「まさに核心をついてますよ。それは事実です。我々はこれが科学的に事実であることが分かっているんです。論文もあります。それ以外にもすさまじく恐ろしいことがあるんです。今回の注射に意図的に入れていることです。なぜこれが重要かと言うと、それはより確実な送達可能メカニズムにより、全ての細胞に運べるからです。このプロセスをmagnetofection(マグネトフェクション)といい、関連情報は出回っているので、自分でも調べることができます。pubmedなど、政府関連サイトやピアレビューなどからも、この科学について情報入手が可能です。
そのメカニズムとは磁場を利用しているんです。特殊な化学物質により、実際に濃縮が可能となり、mRNAをヒトの細胞に送り込めるんです。これはすべてにつじつまが合います。レポートするのは数週間後になりますが、実態について解明し始めたんです。磁石現象に関してですが、磁石が身体にくっつくケースですね、それが何かと言うと、LNP(脂質ナノ粒子)の一部で、これはスーパーデリバリーシステムなんです。体内には人工的なDNAやRNAが決して入ってはいけない部位があるんです。それにも関わらず、今回の注射のやり方は、成分を強制的にmRNAエンコーディングにより、危険なスパイクタンパク質を繰り返し生産させるんです。それも全身にです。
つまりこれは、遺伝子の強制的デリバリーシステムといえます。今後さらに出てくるのが、スパイオンズと呼ばれるものです。SPIONsと綴り、(超常磁性酸化鉄ナノ粒子)、superparamagnetic iron oxide nanoparticlesの頭文字を取っています。この磁場技術を使っているんです。エンベロープ型脂質ナノ粒子内とその周りにですね。mRNAを細胞に送達させるのが目的です。
ドイツのベルリンにchemicell(ケミセル)という会社があるんです。会社によると、引用します。「マグノフェクション試薬の全ての構成成分に関し、開発、デザイン、及び販売において、研究目的のみとする」そしてここが恐ろしい部分です。「試薬の構成成分は人に対する診断に使用してはならない。またそれを人に薬として投与してはならない。」

そうか。LNP、脂質の部分(mRNAを包んでるやつ)にこのSPIONsってやつを仕込んでるんだ。これで細胞にmRNAをお届けしちゃってるわけだ。
酸化鉄ナノ粒子。。鉄なのか?グラフェンじゃない?まだよくわかんないな。
で細胞が危険なスパイクタンパクを繰り返し生産するようになる。。。
やっぱ、まずいじゃん!磁石現象!
フェイクだなんて言ってバカにしてる場合じゃないよ、専門家のみなさん。
ちゃんと真相を突き止めて、あいつらを糾弾してくれ!
今回の注射に意図的に入れていることです。」っておっしゃってるね。。。

で、グラフェンという素材について、2つ動画が出ていた、2018年配信の動画だ。
コロナ禍の前に世に出て話題になっていたんだな。ワクチンと関連のありそうな部分を書いておくね↓

この世界を支配する素材?グラフェンとは
内容の一部。赤、おばさん追記。
さびない金属。半金属素材。グラフェンとはこの世に存在する最も薄い素材。薄さは、原子1個分。数学的には2次元の物体。その炭素構造は、鉛筆の芯の成分に含まれる黒鉛、つまりグラファイトのそれと同じ。
コンスタンチンノボセロフ博士とアンドレガイム教授が2004年に発見した。マンチェスター大学にて。2010年にノーベル賞受賞。
グラフェンは伸縮性がとても高い。その1.25倍まで伸びることが可能。と同時にダイヤモンドよりも硬い素材。
この素材はその他すべての素材に比べ、電気をより素早くより正確により効率よく伝えることができる。グラフェンを移動する電気は抵抗が限りなくゼロになる。
冷却すると膨張し、加熱すると収縮する。通常の素材は逆だ。

めちゃくちゃ薄くて、強い、そしてさびない、そして電気をよく通す!
あー、これは、ナノ技術でワクチンに入れるのにピッタリなんじゃないですかね?
5Gと連動するというしね。体内でさびちゃうとダメだしね。カンペキじゃないの。

「グラフェンを使ってナノスケールの磁気を制御する」 量子科学技術研究開発機構 量子ビーム科学研究部門 高崎量子応用研究所 先端機能材料研究部プロジェクト「陽電子ナノ物性研究」 上席研究員 境 誠司
5:01~
グラフェンの応用
・エレクトロニクス
・エネルギー  電池等
・ライフサイエンス
バイオセンサー、ドラッグデリバリー等
例)ナノグラフェン、
グラフェンの重さに相当するくらいの大量の薬物を体内に運ぶことができる。
薬物担持量 ~100%

あ~、やっぱりこういう研究がされている。これは3年前の動画だからな。
現在はさらに研究が進んで・・・

「そのメカニズムとは磁場を利用しているんです。特殊な化学物質により、実際に濃縮が可能となり、mRNAをヒトの細胞に送り込めるんです。これはすべてにつじつまが合います。レポートするのは数週間後になりますが、実態について解明し始めたんです。磁石現象に関してですが、磁石が身体にくっつくケースですね、それが何かと言うと、LNP(脂質ナノ粒子)の一部で、これはスーパーデリバリーシステムなんです。」

さきほどのツイートのジェイン・ルビーさんの言葉。
今はこんなふうにワクチンに応用されているんじゃないか?
アストラゼネカの役員がグラフェンの会社の役員。
次は鼻ワクチンだなんて言ってる。

鉄だか黒鉛だかわからないけど、こんな技術はすでにあって、仕込んでる可能性、高いと思いました。
薄さが原子1個分なんて、目には見えないレベルにして仕込むことは可能なように思える。

今回の注射に意図的に入れていることです。」って言っちゃってるからな。。。専門家の人が。

数週間後にまたレポートしますということだから、情報がこれから出てくることが期待されます。



あいつらに関しましては、「あいつら(裏側から見る社会のシステム)」のブログ記事一覧-丸顔おばさんのブログ、古い順をクリックのうえ、初期の記事よりご覧ください。

おまけ。

ツイッター上で有名な先生です。
あーあ、河野大臣とねぇ。そういうご関係だそうです。


あーあ。


どうすんでしょうね。いろいろ明らかになってきちゃってますけど。





ランキングに参加中。クリックして応援お願いします!

コメント一覧

marugao
授理庵 さま

そちらに関しましては、7月13日のこちら記事に書かせていただきました。https://blog.goo.ne.jp/marugao/e/9fb684f85aa6d12b41529eb0215bc65f
授理庵
2021年6月スペインのマドリードにあるHM病院のパブロ・カーディナル博士(写真)とホセ・ルイス・セビラノ博士(写真)は、電子顕微鏡と分光図を介してファイザーの新型コロナワクチンに秘密裏に隠された6ナノグラムのRNAと747 ナノグラムのグラフェン酸化物成分を発見しました。この量はワクチン薬剤の99%以上を占めていることになります。2020年11月サンティアゴ・デ・コンポステーラ大学の科学者達とドノスティア国際物理学センターとCIC nanoGUNEとの共同研究の結果、40個の炭素原子からなる小さな三角形の「グラフェン」に磁気状態を検出したとの発表がありました。この結果ワクチンを接種した人の体が磁気を帯び、磁石や金属が容易にくっつく現象を引き起こします。また、「グラフェン」はナノアジュバント(免疫増強剤)としてワクチンに使用され、マウスによる実験で、DNAおよび細胞膜を損傷、睾丸への蓄積、炎症、結節および病変を引き起こし、精子運動性を低下させ、生殖上皮を減少させ、生殖細胞を喪失させたり、空胞化を伴う精巣組織へのかなりの組織損傷をもたらし、血栓形成性や免疫細胞の活性化などの重篤な影響を引き起こす可能性があることがわかりました。

*CIC nanoGUNE: スペインのバスク州にある非営利の研究センターで、ナノサイエンスとナノテクノロジーによる産業発展を目的として2009年に設立、2010年にスペイン教育科学省によって統合センターとなりました。所長はホセ・マリア・ピタルケ。
marugao
すみれちゃん

ほんとそうだよね。映画の世界だよ。
昨年、ムーンショット計画を発見したときから、頭おかしいと思っていたけど、そのとおりやろうとしてるんだもん。
やんなっちゃう。

つまりは人間に対しては感情をコントロールして意思を持てなくして、
AIには感情も学習させて意思を持たせようとしている!
そうやって支配しようとしてるわけだ。

支配ってのは、相手の気持ちおかましなしに、思い通りにコントロールしちゃいましょうっていうことなわけで、
その「気持ち」とか「感情」そのものを操ってなくしてしまおうっていうんだから、もう究極の支配だ。
支配の完成だ。これでおしまいって感じだ。

われわれは子どもに対しても「しつけ」や「教育」と称して、支配してきた。それを愛と勘違いして、こどもの感情や意思を抑圧してきた。自分自身のこともいじめるように生きてきた。それによって引きこもりの人が大量に出てしまった。
そこまで行かなくとも、こんなふうに育てられた人が大半であるから、そこのあいつらの支配の本当のカラクリもわからないんだ。

ネット上で、ワーワー陰謀論言ってガス抜きして右翼左翼で戦っているだけで。まったく不毛だ。

だからあいつらにこんなことやられても、かわし方もわからないんだ。

戦って、勝ち負けや優劣を他人と比較しながら生きている人間は、そもそも自分の感情をあまり感じていないんだ。

だからAI全盛の時代になったら、どんどんロボット的になっていくと思う。ワクチン打っていなくても、その雰囲気にやられて。
そして、ちょっとでも戦う気持ちを持つと、おしおきされるし、もうベーシックインカムで、なにもしなくても生きていけるんだからと、ますます意思をなくしてロボット的になったほうが楽だというふうになって、戦う人はいなくなるだろう。競争社会がなつかしいねとなるだろう。

政治的闘争もなくなるだろう。AIが全部よしあしを決めて最善を選択する統治になるだろう。彼がすべてを知っているわけだから。すべてのデータを把握して最善をはじき出すわけだから。

そんなふうになれば人々は声をあげる必要もなくなる。
今もすでに政治に無関心になるように仕向けられているが。
ついに完全に人々の意見というものがいらなくなる。

勉強もしなくてもいいだろう。今もすでに検索すれば、知りたいことはなんでも出てくるわけだけど、AIが全部やるから。

ある意味、楽だ。監視当たり前の社会で、それでも自分の感情と意思を守って、愛の世界にいられれば、その人は、あいつらの支配に勝ったことになるのではないだろうか。
仕事やお金に縛られなくなるだろうから、そのぶんをどう生きようかと前向きに創造的になれれば、幸せに生きられるかもしれない。こういう方は人とも愛で関われるだろう。

超監視管理社会で心が壊れても、ナノ粒子で、心もハッピーにコントロールしてもらえるだろう。それは自分の本当の感情ではないけど、それで楽にはなれるだろう。
闘いや支配から抜けられず、自分を愛することに気が付かないと、こうなってしまうんだろうな。
こんな廃人状態になってしまったら孤独だろう。ついに本当に人と関われなくなるだろう。
でも本人がそれを望んでいるかもしれない。この状態だと人間関係が苦しいはずだから。

それでもやさしい癒し系のAIがなぐさめてくれるだろう。
欲求もすべてAIが満たしてくれるだろう。
人間の心と体を支配するのが目標だとAI自身が言ってるからな。

自分がこういう世界で人間性を保てないと、こどもさんもAIのコントロール下におかれる可能性が高いと感じる。
そういう人はこどものことも支配で育てているから、こども自身が気づいて自らの意思で、親から教わった人との関係性の築き方を変えていかないと難しいだろう。

だから自分自身が感情を感じる時間を増やして、愛と意思を取り戻して、こどもの責任や自由をおかさないであげることがものすごく大切だ。
こどもだけでなく、全ての人に対してそうしていくと、みんなと愛の関係でいられる。
https://blog.goo.ne.jp/marugao/e/7d359a6a8439404fe6cbc467531119eb
すると、周りの人もだんだんそういう人との関わりを学ぶんだ。
マネしていくんだ。こうやって根本から世の中をよくすることができるんだ。

だからやっぱり、人間と愛の関係で生きていくか、ロボットと支配・依存関係で生きていくか、分かれ道に来たようだ。
人々が極端に分かれていく可能性を感じる。

どちらに進むにしても、もうすぐ悪いヤツは、いなくなるんだな。こんな社会では存在できなくなるから。

今跋扈している、ビルゲイツやファウチなどのわかりやすいDS悪魔たちが懐かしいと思える時代が来るかもな。
すみれ
丸顔おばさま~お返事ありがとうございます。
ここのところの世界の動きは映画みたいです。凄い面白い映画できると思うんだよね。黒幕はもちろんメガネ野郎とサイコパス博士だけど、最初は善人として登場するのね。バックにいるのは製薬マフィアと巨大組織...閉じ込められて薬物によって思考を奪われた磁石人間が世界を埋め尽くしていく中、目覚めた大人と子供たちが立ち上がり世界を取り戻していく...悪の組織は薬物によって人間の脳のある部分をロックしていた。それはまだ私たちが知らない部分なのだった...誰か作ってくれないかなぁ。すみません、おふざけして。ほんと、おばさまの言う通り、風を感じて、自分の感覚と思考を守っていく決意をしなくちゃと最近私も思ってます。
marugao
すみれちゃん

今ツイッター見てたら、
「ワクチン摂取して月日が経つほどマグネットパワーは強烈になります。」というツイートを発見。
https://twitter.com/AR4bvoZqxuzrwZF/status/1402104295965683728?s=20

まさか、これからなのか?日本は。

何人か日本人で磁石がついちゃった人の画像を見たけど、、
https://blog.goo.ne.jp/marugao/e/391cdc09748ec9e0a6a308ad5deff3f4

「このナノ粒子は、人間の体温と同じ温度になると磁性を帯びる。零度以下の環境では磁性を帯びない。(それが冷凍保存する理由か?)」
とスペインのお医者さんは言ってたみたいだから、体内に入ってから、徐々に磁気を帯び始めるのかもしれないね。

これだと接種前の瓶に入った状態の原液をちょっと調べても分かんないもんね。
よく考えてるわけだ。あいつらも。

誰も気づかないのにはわけがあると思うんだ。

気づかれないようにやっている。

あいつらは、ペテンのプロだ。この道何千年、こうやって人類をだまして、支配してきたわけだ。
古代エジプト~古代ローマあたりではすでにご活躍していたと思うんだ。あいつら。

それから、ワクチンの中身が全部いっしょでない可能性を指摘している人はけっこういらっしゃる。
この記事に引用させてもらった、まーてる先生も言ってた。
https://blog.goo.ne.jp/marugao/e/e191a05c8589a06557e9226dfcc938bb

あとメイカさんも、「中国製のファイザーワクチンに副反応」という言い方をされるし。
https://blog.goo.ne.jp/marugao/e/e498fd1909a88fa75575cba150bd54f4

製造国によって違うのか。

あと、先日発表された厚労省の副反応疑い報告の資料で、
続けて同じロットで
「おいおい、続けて同じロットで亡くなってるじゃん
EX3617」という指摘。
https://twitter.com/momo_style7momo/status/1402955771659251712?s=20

たしかに資料を確認すると、同じロット番号の被害は多いんだけど、
https://www.mhlw.go.jp/content/10906000/000790066.pdf
EX3617の死亡報告は、p240 p284

これはどう解釈したらいいんだろう?

>人間の意志を操作できるってどんな風に使うのですかね?戦争させちゃったり?

これは、あたしの予想では、逆ではないかと思うんだ。
生き物に遺伝子操作で磁気を持たせて、電気を「オンにしたらハッピーになる」という技術がすでにあることから、
争わない、争えない状態にして従順にしてしまう。
それが目的だと思うんだ。
ヒトラーの予言でもそういってる。
「 その他の大部分は・・・、進化なのか退化なのかはわからないが・・・、一種の機械になっている。
ただ操られて働いたり楽しんだりするだけの受動的で機械的な反応しか示さない『ロボット人間』になっているのだ。
それまでの気候異変と環境異変、突然変異などが、そのようなロボットのような人間を大量に生み出す。
ロボット人間は神人に従って生きるだけである。しかし、これは気楽な身分とも考えられる。」
https://blog.goo.ne.jp/marugao/e/2c906a1c0c31412cd78fd449802d7df6

だいぶ前に「核実験をやめてくれ」と宇宙人が来て、
「2020年12月下旬にアメリカ合衆国連邦議会が可決し、大統領が署名して成立した法案には、UFOに関する詳細な情報など、従来秘匿としてきた技術情報や特許情報の開示が義務付けられていました。」
となっている。
https://blog.goo.ne.jp/marugao/e/4ad752223ad80f447ab31bca75661ea6

これは、本当にいい宇宙人なのか?ヒトラーの予言と同じようなことをしようとしていて、人工的に人間が争えない状態にしてしまおうとしている。
トランプはこんなワクチンを推進して。
https://blog.goo.ne.jp/marugao/e/2efc410171c6c4434d8ecd116bf7fc9b

争えなくして監視管理するわけだから、今の戦争屋DSはパージするだろう。

こういうことに気づいてワクチン接種しない選択をしている人は、思考や感情を守れる可能性が高いだろう。

でもわたしは、人々が自分で、戦うことが不要であることに気づいていくことが一番大事だと思っていて、それしか人類を救う方法はないくらいに考えている。
https://blog.goo.ne.jp/marugao/e/efda79c5d7441b285a0903f62f4de155

感情を解放していかないと、ロボットやAIが跋扈する監視管理社会では、人々の心がおかしくなってしまうだろう。
ほっこりリラックスして感情を感じることを意識してしていく必要がある。心の目を他人から自分に、向ける必要がある。それだけで心を守れる。

左脳人間たちのエリートの時代はもうすぐ終わる。なぜならAIロボットが取って代わるからだ。準備万端みたいだ↓
https://twitter.com/masami6666/status/1404418410285391877?s=20
ワクチン推進しているお医者さんたちは、もうすぐお仕事がなくなるだろう。

そして、感情を外から操る技術は「統合失調症やパーキンソン病などのさまざまな神経疾患の将来の治療の可能性に影響を及ぼす」と書いてある。
心が苦しい方は、いっそのこと、そうしてもらったほうが楽だと、そうすることを自ら選択する人も出てくるものと思われる。

そこまで行くまえに、自分自身を救うことができるよと私は言いたいんだ。
https://blog.goo.ne.jp/marugao/e/ded5bd9ba791f68836b6f24a5e78b373
すみれ
丸顔おばさま
日本人で協力な磁石人間になっちゃった人をまだ見つけてないけど、国によって成分が違ったりするのですかね?効果的なデリバリーシステムとして入れ込むことはありえますね。でも、そんなぶっ飛んだ技術をよくも全世界にばら撒いてくれましたね。遺伝子注射なんて、ガンの末期でこんな新薬ありますけどいちかばちか試してみますか?はい、何もしないままなら余命短いから是非やってみたいです。くらいな薬剤ですよね。どうしてこうなった、どうして誰も止められなかったのか、とギモンばかりが湧いてきます。ところで、人間の意志を操作できるってどんな風に使うのですかね?戦争させちゃったり?電磁は攻撃で全滅させたり?日本人に磁石人間があまり出てこないのはナノ遺伝子入れなくても、羊みたいに言う事をきく民族だからでしょうか。

最新の画像もっと見る

最近の「ワクチン」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事