まりねこの足あと

映画、美術展の感想を書こうと始めたものの、いつの間にかアニメ感想&グッズ中心となったブログ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

のだめカンタービレ巴里編 Lecon6(11.13放送)

2008-11-18 23:22:19 | のだめカンタービレ
千秋、トントン拍子に出世していく・・・と思ったら、
行く手にはやっぱり、大きな壁が
だから、面白いんですけれどね!

千秋はデシャンオケではなく、マルレオケの常任指揮者に就任決定
最初は抵抗していた千秋も、シュトレーゼマンと縁のあるオケということを知ると、
就任に結構乗り気

だがしかし・・・現在のマルレオケの演奏は、聞くに堪えない内容
そりゃ、固定メンバーも少なく、おまけに練習時間もろくに取れないんじゃあねえ・・・
潜入捜査!?のために「ニッサントヨタ」に変装した千秋の髪型は、
ちょっとくろきんに似ていたり
自分への評価を含め、オケの内情を知ることが出来たから、収穫あり

一方、あの孫Ruiが演奏活動を休止し、パリにやって来た~
千秋目当てのように見えるけれど、自由を満喫しに来たといった方が正しいかな?

千秋のことだから、マルレをきっちり立て直すことは予想できるけれど、
その過程が楽しみですね

コメント   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
« ケロロ軍曹 第238話(1... | トップ | ゴルゴ13 Target.29(10... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

のだめカンタービレ」カテゴリの最新記事

4 トラックバック

のだめカンタービレ~巴里編~ 第6話「Lecon6」 (◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆)
千秋の受難。新しいオケは・・・困難がいっぱい(><)  室内楽をやることにしたのだめ。その名も「ヤキトリオ」!!どんなネーミングセンス(><)でも千秋に負けないと、結構必死っぽい。その頃ジャンってばデシャンオケの常任指揮者になったそうで。そこは...
のだめカンタービレ 巴里編 #06 (Brilliant Corners)
いよいよマルレ・オーケストラのお話ですよ! 公演前日にメンバーの半分が抜けてしま
のだめカンタービレ 巴里編 第6話 (のらりんクロッキー)
順風満帆かと思ってた千秋だけど意外とそうでもなかったり。 「若くて安い指揮者」 「青二才」 「未承認」 「代振り」 あらあらあら(;^_^A デシャンオケの指揮をとることになったのはジャンだった。 凹む千秋にマルレオケで常任指揮者の話が舞い込む。 ...
のだめカンタービレ 巴里編 第6話「Leçon6」 (無限回廊幻想記譚)
デシャン管弦楽団(デシャンオーケストラ)にジャン・ジャック・ボドリーが指揮者に選ばれてしまい、落ち込む千秋真一ですが、シュトレーゼマンがかつて指揮していたルー・マルレ・オーケストラの常任指揮に選ばれる。 気合いの入る千秋。 しかしいざ演奏を聴きに行け...