本日発売!

↓一人でも多くの方にモラハラを知っていただきたくて、リンクを貼りました。




今日、近所の本屋さんで発見したので思わず写真を撮ってきました!
一人でも多くの被害者の方の目に触れたら良いなと思います。
こちらに訪問して下さっている方も是非手にとってパラパラ見てみて下さい♪



夫からのモラル・ハラスメント: 愛する人からの精神的イジメ 苦しいのはあなた一人じゃない


クリエーター情報なし



河出書房新社





コメント ( 11 ) | Trackback ( 0 )
« 書籍化が決定... メ-ルアドレ... »
 
コメント
 
 
 
読みおわりました (ぴの)
2014-04-19 02:55:32
初めまして、ぴのともうします
昨日仕事からかえったら予約したまっち~さんの本が届いており、さきほど読み終わりました。
私は独身で、年下の彼からモラハラを受けていました。というか、受けて、います。
ゴミのように扱われているのに、まだ、呪縛が解けません。
ですが、モラルハラスメント被害者同盟からまっち~さんのブログを知り、気付きを得て、冷静に、客観的に、自分の立場を見ることができてきました。
『210ページの10行目から2行』この言葉は、今後の自分の人生をかえるために、一番必要だと思いました。
彼にすがりたい、連絡を取りたいと思う度にまっち~さんのブログを読んで、彼にされた事を思い出し、連絡を思いとどまることができています。
モラルハラスメント被害者同盟に同じ名前で投稿したことがあります。良かったら私の洗脳されっぷりをご覧ください。(笑
彼のDVは悪化しましたが、私の心は自分への愛情を取り戻しつつあります。
まっち~さんのブログと本のおかげです。
完全に彼とサヨナラできたら、またこっそりコメントさせてください。
感謝の心をこめて。 ぴの
 
 
 
おめでとうU+1F338 (宇砂子)
2014-04-21 10:29:42
苦しくて悲しくて、どこかで小さくなってる人たちの目にふれますように。出来れば手元に渡りますようにU+2728
 
 
 
書籍化おめでとうございます! (ジジ)
2014-04-25 06:20:41
2012年夏、このブログに出会い自分がなぜ苦しいのかを知りました。
2012年12月、友達の協力(叱咤激励?)もありようやく脱出。
2013年2月から調停、そのまま裁判、現在も離婚は成立していません。
毎晩泣きながら読んでいました。精神的にはかなり回復したと思っていましたが、書籍購入でまた思い出してきました。
長引く裁判に、もう離婚しないで別居でいいかなとか甘い事を考えていた自分を猛省しています。
息子をあんな風にしないためにも、絶対離婚を勝ち取ります!
 
 
 
買いました! (なな)
2014-04-25 07:42:53
3年前にこのブログでモラハラを知り、離婚しました。自分とおなじだから、毎日読むのが苦しくて、でも続きが気になって読んでまた泣きの繰り返しで、時には夜通し読んだりして、それでも読破するのに一月近くかかったりしたこのブログが、本になりコンパクトにまとまっていました。
この本のおかげで、家族や友人に私が遇っていたのはこれなんだよとようやく説明できると思いました。
本には、私たち苦しんだみんなへの優しい気持ちが溢れていました。まっち~さんのようにいつか前を向いて幸せになりたいです。ありがとうございました。
 
 
 
買いました (みずき)
2014-04-28 13:49:07
先日偶然このサイトを発見し、ほぼ全部読ませて頂いていた時に本が発売されると書かれていたので、購入しました。
私はブログの方がぐっと来ましたが、全然知らないで悩んでいる人には、きっと後押しになりますね!

私の旦那はみなさんよりマシかもしれません。(マシとか関係ないって勉強しましたが!)

ずっと何で話し合いができないのか?
頭があまりよくないのとおこちゃまだから仕方ないって思い込ませていました。

普段は優しい(というか普通なんでしょう…)し、私が頑張れば!!って思っていました。
私が生活費を稼いでも。。。笑

あっはっは~~~!!!
ホント、バカでした、私!!!

これでも私がやってきたことを感謝してくれて、せめて私が行きたい所とか連れて行ってくれて、しょうもない話でも共感(してるフリでも)してくれていれば、夜中までWワークしてでもやっていけたのに!笑
っていうのもおバカですが…
それで別にいいと思っていたんです。

旦那が外で働けない(ケンカしてすぐ辞めてくるので)から、事業立ち上げてそれをさせて…
最初の2年は3食昼寝付でしたが、だんだん軌道にのりお陰様で忙しくなりました。

すると忙しくなったらなったで、ストレスが溜まるからか、毎日毎日(昼間は他で働いている私に)電話をかけてきて、私がミスをした(※)とか、色々理由をつけて怒鳴り散らす、怒鳴り散らす。

※もちろんミスは悪いですが、書き間違いなので旦那が見てもわかる程度で、お客様に迷惑はかかりません。さすがに夜中までしてるので…って言い訳ですが。あ、本人のミスはお客様に関わりますが、本人のミスの時はもちろん謝りませんよ!そして私のせいです!


さすがにそこでおかしいと思いモラハラという言葉に出会いました…(遅)

気付いたら旦那の怒ったつり目と声が恐くなって(気付かないフリしてたんでしょうね…)体も緊張していたんだろうとわかりました。不眠の原因でした!笑

たった1週間の別居でも、別居するなら事業をやめろとやめさせられ…笑
そこから半年くらい経ちますが、今日わかってもらえないだろうけど手紙と離婚届を置いて、仕事に出てきました。

先ほど、メールで置いてありますので読んで下さいって送信しました。
心臓飛び出るくらいバクバクしてます。。。
で、思わず書き込みしてしまいました。

モラハラに気付いたら早く逃げてください。
長く一緒にいたら気付いてもなかなか逃げることができません。
被害者の方はみんなきっと心が優しい方なので。
(私も優しいことはいいことと思って甘やかしすぎました…)

旦那と別れたらずっとしていた趣味を手放さないといけなくなります。でも自由になってずっと我慢していた海外旅行に行ったり、仕事帰りに友達とご飯食べに行ったり。。。
そんな普通の生活をして、自分を癒していきたいと思っています。

毎日自分の家で足音、咳、物音にドキドキしたりするなんておかしいですよね。

乱文な長文でごめんなさい!
本当にみなさんが幸せになれますように。。。
もちろん、私も幸せになります!!
(「私」を基準にして話したことなかったです…)

ありがとうございました。
 
 
 
本買いましたよ(*´∇`*) (コブたん)
2014-06-17 08:22:47
昨年の2013年夏に3人の子を連れて脱出しました!
その年の5月辺りにさ迷いたどり着いたのがまっち~さんのブログでした!
衝撃を受けたのを今でもハッキリ覚えています(笑)

もうダメなんだ、変わらないんだ、と気づけた事に感謝しています(*^^*)
このブログに出逢わなければ、今も私も子供達も籠の中の鳥だったでしょう。

現在7回に渡る離婚調停に終止符を打ち、裁判準備をしております。
本日は面会交渉・コンピ減額調停に出席して参ります。
面会交渉も、子の福祉とは何か…父親のエゴを叶えるためではないと憤りを感じますが、しっかりと主張をしなければ!と思いますので頑張ってきます!

裁判がいつ始まるか、またいつまでかかるのか不安でたまりませんが、ヤツの事を考えるのは癪に触るので今の生活に視点を置いてます(;∀;)

この場をお借りして、まっち~さんへお礼をしたいと思いカキコさせて頂きました(*^-^*)

出逢いに感謝☆

本当にありがとうございます(*^-^*)
 
 
 
旦那撃沈。 (みいちゃん)
2014-09-12 22:46:28
モラハラスメントを受けております。人の事を脅したり、後出しじゃんけんしたり。本もやっと買えました。いろんな弁護士事務所に電話しました。事務員さんが始めは電話を取ります。もうあまり緊張しません。
 
 
 
おめでとうございます。 (あやや)
2014-11-17 21:40:48
久しぶりにお邪魔しました。
ブログ本の書籍化、おめでとうございます。

モラルハラスメントに遭い、離れてから何年も経ちますが、未だに昔のことを思い出しては辛くなることがあります。

多くの方が、この理不尽な苦しみから救われますように。

 
 
 
おめでとうございます (すみれ)
2014-12-23 20:47:03
まっち~さん。出版おめでとうございました。
モラルハラスメントは体験した人でないと分かりにくい被害ですから、こうして本になることで、被害者のひと、助けを求められたひとが、モラハラを正しく認識するところから始めないと、助かるひとも救われないと思います。
どうぞこの本が必要な方のところに届き、希望の光となりますように。メリークリスマス。
 
 
 
すごいです。 (四人のママ)
2015-01-06 18:39:01
書籍購入後、一気に読んでしまいました。私のバイブルです。うちの夫も同じです。
うちの場合は結婚前は比較的嫉妬深くて飲み会なんてあると携帯が常に繋がらないとキレる、携帯メモリーに男の人の名前があると消せと強要するのは当たり前。それでも、愛されているのかな?なんて バカな考えでした。彼が好きだし怒らないようにずっと気を使ってしました。
結婚、出産後から徐々に暴言が増えてきて、お前の両親、姉弟はバカだし頭もおかしいよなとか人の前では俺を立てるのがお前の役目だとか誰のおかげで生活できると思っているんだ?とか罵るようになりました。
自営だったんですが、金銭面でかなりうまくいかず次男出産前辺りから生活費を入れてくれなくなり、お金のことを相談したくても常にイライラ。それでも話さなきゃと話しかけると、この世の中がいけない、俺もどうしたらいいかわからない。お前も働いているんだから俺の金にたかるなと言われました。
それでもバカな私は自分は大丈夫、私が我慢すればいいんだ。お金も今が大変なだけ。きっといつかは楽になる、だって頑張って働いているんだから。でも状況は悪化し、結局自営は失敗に終わりました。雇われる事になった夫は周りのレベルが低いとか俺はこんなところで終わるような人間じゃないとか愚痴ばかり言っていました。自営での失敗は世の中のタイミングが悪かっただけで俺は悪くないと言っていました。
子育ても非協力的で運動会、お遊戯会、卒園式、入学式、お宮参りなど全て仕事だからと参加せず、それなのに自分が面倒くさいとかちょっと身体がダルいだけで仕事を休みます。休む口実は常に子供の調子が悪いとウソをつきます。
お金も入れず、子育ても参加せず、税金関係の面倒くさいことは全て人任せ。モヤモヤした心が爆発してしまいました。
情けないけど四人も子供が産まれるまでおかしいと思いつつモラハラである事に気がつきませんでした。
義母へ相談したときは暴言に関しては笑って気にしなきゃいいのよとかお金に関してはあんなに頑張って働いてるのにお金にならないなんて夫が不憫だわと言っていて話になりませんでした。そしてまっち~さん同様、何か起きるとおばあちゃんがいけなかったね、ごめん、ごめんという子育て方法でした。
もう戻りたくないという決意をし、別居に踏みきりました。別居当初はお互い合意の上、離婚前提のはずだったのに3ヶ月たった今、離婚したくないと言い出して困ってます。迷いもありますがもうモラハラの世界から抜け出したいので戻りたくないです。
まっち~さんの書籍をバイブルに前へ進みたいです。 長文失礼しました。
 
 
 
おめでとうございます (norisio)
2015-09-21 18:10:21
大変ご無沙汰しております。
書籍化おめでとうございます。
まっち~さんにはコメント欄に書いた事についてご丁寧にメールで返答を戴き、いま思えば相当数の相談に乗りご多忙であっただろうに、若く青い相談にそこまで親身にして戴き、今更ながら心からの恩と感謝を感じております。

何の因果かいまお付き合いしている人が元恋人からモラハラを受けていたので「モラハラ」を検索していたら、まっち~さんの書籍がある事を知りました。

彼女はこんなに心が真っ直ぐでキレイな人はいないと思えるくらい素敵で素晴らしい人です。
自分にはもったいないくらい。
しかし過去に(多分)嫉妬心によるイジメを長年受けていて自信がなく、少し世間知らずなのでちょっとした事で感謝してしまうところ、争いが苦手で言葉も呑み込んでしまう、友達が少ないところなどが仇になったのでしょう。
モラに遭ってしまい、別れてから初めて人に話し指摘を受けるまでずっと気付かずにいました。

自分と一年半以上付き合っている今は、彼女本来の明るさを取り戻し、自分の考えを述べる事も容易になり、幸せ~と笑顔も絶えず、(ノロケですよ!!)すっかり過去になっているようですが・・・
自分は、人の好さにつけ込みやがってと、モラ野郎に痛い目を見せてやりたい気持ちになります。
何もしてこない限りやりませんけどね・・・
彼女は今自分と一緒にいて幸せで、モラ野郎の事は今は嫌いな人種カテゴリーに入っているし、モラ野郎はどんな人と一緒にいようが一生本当の幸せは手に入らないわけだから、それが最大の復讐だとも思うのですけどね。

強い被害者意識を持ち責任転嫁思考で、それに気付いていない人間は本当に性質が悪い。
オマエが酷い事をした!と感じるから他人に対し仕返しするし、容赦がない。
他人が思い通りにならないだけで被害者になるんじゃねーよ、全く。
他人が思い通りになる世界はないし、あっちゃいけないんだと知ってくれよ本当に。
優しい人ほど被害者になりやすいから胸が痛むし憤りを感じます。

モラハラという概念はだいぶ浸透していると感じますが、誰もが知っているというくらいもっともっと浸透して、被害者が早く気付け適切な対策を練れる世の中になってくれるよう願います。

まっち~さん、浸透に多大な貢献をしてくださってありがとうございます。
これからも益々活躍してください。

自分もモラ臭い話を聞くたびに、指摘し説明していますし、していきます。

最後に、このブログのお蔭で自分も少しモラ傾向があると自覚して、気を付けるよう意識する事ができました。
今もずっとそうして意識して気を付けて生きています。
それがなければモラに敏感になっている今の素敵な彼女と出逢っても、付き合うことは出来なかったかも知れません。
付き合えてもモラっぽい事をやってしまって彼女の良さや自由を奪ってしまったかも知れません。
そんな悲しい事をする自分にならずに済んで良かったです。

まっち~さん、どうもありがとうございます。

それではまっち~さん、ご家族の皆さまお元気で!
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。