「モラのいた日々」と「モラのいない日々」モラブロ共同企画寄稿集

↓一人でも多くの方にモラハラを知っていただきたくて、リンクを貼りました。




「モラといた日々」と「モラのいない日々」参加ブログと記事URL

(募集記事URL:「~モラルハラスメント系ブログ管理人の皆様~」
なお記事投稿に締め切りはなく、随時受け付けしております♪)


「モラルハラスメント被害者同盟」
@fixさんにも寄稿をお願いして書いて頂きました。

宇砂子の七転び八起き
宇砂子さんのブログ

こころの声に耳をすませて
ウメさんのブログ

蛙鳴蝉噪アメイセンソウ~モラルハラスメント~ 
すばるんさんのブログ

にゃりんたが行く!
にゃりんたさんのブログ

DVから立ち直るまで
ゆ。さんのブログ

モラルハラスメント&DV旦那との戦い
ゆぴさんのブログ

シングルマザーその後の日記
まるたまさんのブログ

「シングルマザーのゆううつ」パス付き&匿名でご参加です。
認証番号は、425302です。

北風のつぶやき
北風さんのブログ

脱!モラルハラスメント
M&Mさんのブログ
(通常のブログは承認制ですが今回の企画のために、
あえてお願いして作っていただきました。)

離婚・デトックス!~離婚 de 人生デトックス?~
虎子さんのブログ

ACとモラハラを超えて~サバイバーへの道のり
ぱんださんのブログ

半三本のカンフル日記
半三本さんのブログ

続・ココロ内離婚
hanakoさんのブログ

はや的日常~幸せになるための離婚
はやさんのブログ

35歳からの自分探し~非オニ嫁日記「モラといた日々とモラのいない日々」
35歳からの自分探し~非オニ嫁日記『モラハラブログ共同企画参加にあたり』
ピーさんのブログ

モラ家族・常識が通じない?離婚へ…
マイメロさんのブログ

あ・し・あ・と~すみれの歩んだ道~
すみれさんのブログ

行きつ戻りつの日々
蝉ころんさんのブログ

右手以下の女
kabuさんのブログ

離婚日記
ミネコさんのブログ

心の皮
first-cataractさんのブログ

ハラスメント人生からの脱却
judyさんのブログ

ないしょでなくなった計画
ホンホンさんのブログ

椎汝の日常ちゃめし事
椎汝(しいな)さんのブログ

モラルハラスメント・ブログ
最後に、私まっち~の記事です。

人気ブログランキングに参加ブログについては、
記事をお読みになったら是非キャンペーン参加御礼のワンクリックお願い致します♪

本企画にご参加頂いた管理人様

お忙しい中にもかかわらず、本企画へのご参加、心より感謝致します。
多くの方の反響に驚いています。
皆さんの善意に、心温まる思いで一杯です。
本当に、ありがとうございました。
また、私本人も、皆さんの「モラといない日々」を読んで
これでよかったんだと、脱出してよかったんだと、改めて痛感しました。
そう思われる方も多いのではないでしょうか。

皆さんの善意が、ためらう誰かの、苦しんでいる誰かの、
「勇気の花のジュース」になりますように。


まっち~

↓一人でも多くの方にモラハラを知っていただきたくて、リンクを貼りました。




コメント ( 41 ) | Trackback ( 1 )
« 離婚裁判?1... 新年あけまし... »
 
コメント
 
 
 
勇気をもらいました (めー)
2006-09-10 10:02:20
私は7年近く、DVモラ夫に耐えてきましたが、

皆さんのブログを読ませて頂いて、自分の気持ちに気づく事が出来ました。

私は私であって、誰かの為にこれ以上心を傷付けたくない。

脱出を決意しました。

この企画を考えてくださったまっち~さんと、

たくさんの方々に感謝します。

ありがとうございます。

頑張ります!!





 
 
 
便乗させていただきます (酒蔵)
2006-09-10 10:36:30
私は自分が強い人間だと思ってました。

「だから」「彼を変えることができる」と思ってしまいました。なんと傲慢だったことか。

実際には、「私が変えられる一方」でしたが。

いずれにせよ、彼が人間的に非常識だということは、私の場合は最初から薄々わかっていたんだと思います。



「だって、だけど、お互いに足りないところはあるんだし」。って思った。この考え方は、まったく通じないどころか、そう考えるだけで危険(私が徹底的に攻められて、人格否定されて、諦めと絶望の中で、譲る一方になる)な相手がいるのだと思い知るまで、私は三年ほどを要しました。これは短いのかな? 充分しんどかったけど。



「モラのいる日々」は、

いつも世界は不条理だった。確変するルールにとまどい、機嫌をとってもとらなくても、揚げ足を必ずとられた。

だから、自分がバカで思いやりがなくて気遣いがなくて陰険で意地悪で醜いモノの塊でどうしようもない欠陥人間だと思ったし、それでも相手の機嫌をエスパーのように感じ取って対応するのが「愛」なのかな?、と疑問つきで常に考えさせられていた。あるいは考えるように仕向けられていた。

何故そう思うようになったのか、実は、今もわからない。洗脳だったのかな。相手から自分へと、自分から自分への、洗脳?

毎日、意味の分からない理由で叱られていたら、人間って萎縮するんだろうな。

逆らう気力?、そんな気力を使ったら、明日起きられないから勿体無い。ぐらいに思うようになっていった。



「モラのいない日々」は、

目の前がとてもクリアだ。何が解決すべきことか、何が時を待つべきことか、何がすべきでないことか、判断力が戻った。

たとえ私の選択が間違っていても、その選択に対して責任を持てばいいんだし、失敗すればやり直せばいいのだから、たいしたことではない。

少なくとも、自分の考え方や生き方を、常にことごとく、誹謗中傷されることはない。



こんな当たり前のことが、渦中のときには分からなかった。



私の失敗を手ぐすね引いて待っているような人と、よくぞ「恋」とか「愛」とか言うてたな~って、今は心から思っています。

まっち~さん、ゲロ吐く機会を与えてくださって、ありがとう。
 
 
 
アダルトチルドレン (桂子)
2006-09-10 15:35:50
私の母は八十\六歳になります。母は、モラ母でありモラ妻であったと思います。

私が本当に幸せだったのは、結婚した相手がいい人で、まるで日だまりのように暖かい心でいつも私を包んでくれている事です。

実家へ帰る事は、体も心も辛く、ずっと足が遠退いていました。父は厳しいけれど優しい人で、「たまには顔を見せなさい」と、よく言っていましたが、私はどうしても足が向かず、母とふたりきりの生活は辛かっただろうと思います。

そんな父は去年、突然交通事故でなくなり、母は一人残されました。父が亡くなってはじめて母は後悔をしたようでした。

今、父と住んでいた家を離れたくないからと、一人暮しをする母のもとへ、主人は毎日、様子を見に行ってくれています。母も誰より主人を信頼して

「Mくんが居てくれるから私は生きていられる!ありがとう」と主人に感謝しています。そんな主人を私は一生、大切にしていきたいと思っています。
 
 
 
やっとアップした^^; (hanako【ココロ内離婚】)
2006-09-10 16:27:54
先輩方に少々遅れを取って・・・やっとアップしましたよぉ。

今引越し中で、娘のお昼寝のために実家に戻ってきた間に更新しちゃいました。

今週は、いよいよモラ旦那との3回目の調停です。

まっち~さんはじめ、モラとの戦いを振り返って折られる方、そして私のように今戦いの真っ盛りの者も・・・。

モラと言えども微妙にいろいろなパターンがありますが、相手を支配するという恐ろしい共通点を持っています。

そして、被害者がたどる心の葛藤と自由への歩みなどもまた、共通点があるように思います。

 
 
 
私も (ぱんだ)
2006-09-10 17:26:28
遅ればせながら、モラブロ共同企画に寄せて、記事アップしました。

調停が不調に終わり、明日、訴訟をおこすために弁護士に依頼に行きます。

明日は私のXデー。

戦いの第二幕があがります。
 
 
 
http://ameblo.jp/hansanhon/ (半三本)
2006-09-10 19:14:52
私もUPしました.

あいにく私の場合は,

「モラハラ生活:地獄,脱出後:天国」

そんな都合のいい展開ではありませんでした.

しかしコレだけは言えます.

「脱出しなければ,確実に不幸である」

皆様にも,それを知って欲しくて記事にしました.

それが現在躊躇している被害者の方の

後押しになれば幸いです.
 
 
 
横レスお許しくださ~い! (宇砂子)
2006-09-10 19:35:47
めーさん、頑張って~



>私は私であって、誰かの為にこれ以上心を傷付けたくない



本当にその通りです!

人は、誰かを傷つけてよい訳など無く、

また、誰かに傷つけられる訳も、全く無いのです。



めーさんの決意には、必ず続く人がいます!

ここには、同じ道を辿り、同じ境遇を乗り越えた、

「同志」がたくさんいます。

めーさんは1人ではありません。



応援してます
 
 
 
こんにちは。 (アイリ)
2006-09-10 23:47:28
お声をかけて頂きありがとうございました。

(書いてずいぶんスッキリしました;)

変則的な形の参加でお手数おかけました。

リンクされてる他の方のブログにも行かせて頂きました。

モラとの事で一番無駄で虚しいのは、

「私が頑張れば変わるのでは?」や

「きっとそのうち良くなるはず。」など、

漠然と・・絶望的な希望を持って

自分を磨り減らすことなのかなって。

悪循環で。

本当に脱出してよかったと思います。

 
 
 
今は、安全な場所にいます。 (あやや)
2006-09-11 01:25:08
皆さんのブログ、全部読ませていただきました。

途中、自分自身と重なり、フラバって、脳が固まりそうになりながらも、しっかり目を通しました。

大なり小なり、手口に違いはあるけれど、「モラは一緒。」ということがよーく、わかりました。

そして、現在はモラと離れて暮らしている自分を「よかった。」と思いました。



私は酒蔵さんと同じパターンでした。

(自分に自信は全く無かったけど…。でも、「話し合えばわかるだろう」とは一応、思ってました。)



もともと「直感に優れている」がウリだと自負していた自分。

しかし、モラとの結婚により人格否定・蹂躙何でもありの世界。

気づいたら、私の「持ち物」は、何にも無くなっていました。



皮肉にも、結婚生活最後の「直感」は、「ここから逃げ出さないと、私は廃人になる。子どももダメになる。」でした。

それで、逃げました。



離れて数ヶ月たった今、完全回復とは言い切れませんが、失っていた「直感=自分」は少しずつ戻っているような気がします。



脱出してからは、さらに正体をさらけ出し、私はもちろん、子どもまでも兵糧攻めにし、モノ扱いするモラ夫。

結婚生活で受けた言動の数々を思い起こし、モラのフィルターを通して検証し、「あれは、ああいう意味だったのか。」と、冷静に分析し、そして次には怒りに満ちて思いを馳せています。



そんな父親の醜い姿をつゆ知らず「おうちに帰って、パパとみんなで暮らしたい。」という子ども。この子に何と説明すればいいのか…。



いろいろ考えた結果、「モラハラ」は、れっきとした”犯罪”だと考えます。

そして、モラ夫には「相応の罰」を与えるつもりです。



まだ離婚できていない私の戦いは、まだ続きます。

朝が来たら、弁護士との作戦会議です。



まっち~さん、勇気をくださってありがとうございます。

どうぞ、これからもよろしくお願いします。



そして、まさに今、苦しんでいる方々。

どうぞ、今の状態が絶対・永遠でないことに気づいてください。

「あなたがおかしいと感じることは、おかしい。」と、素直な気持ちで感じてください。



つたない表現で申し訳ありません。

脱出した、私からのメッセージでした。
 
 
 
くどくて、ごめんなさ~い! (あやや)
2006-09-11 09:42:22
例えるならば、



モラハラ被害者にとって。



≪モラの居る日々。≫



あなたは霧の中、小船に揺られて乗っている。

前も後ろも、岸が近いのか、海のど真ん中にいるのかすら分からない。

突然、あるときは小さい波、あるときは大きい波が襲ってくる。

またあるときは、姿の見えない生物が、夜も昼もなく、突然あなたを襲いにくる。

あなたは思考がパニックになり、その小さい船に、ただうずくまる…。



――こういった状況で、あなたはどんな対応をしますか?



・もし、無線(=電話)があれば、誰かに助けを求める。

・自分の船の現在位置(=自分の置かれている状況)を、教えてもらう。

・安全な場所に逃れるため、その場から正しい方向へ移動する(=自分で逃げる)、またはその教えてくれた人に助けを求める。





≪モラのいない日々。≫



あなたは、陸に上がる。

霧がみるみる晴れ、自分の乗っていた船がいかに小さくて脆い船だったか、はっきりと認識する。

夜昼問わず怯えていたのは、実は名もない小さな虫(=モラ)であった。

青空が広がっていく。

太陽があなたの頭上から、あなたを暖かく包み込むように照らし、新鮮な空気を思い切り深呼吸する。

「…私は、生きているんだ!」

そう、実感する。

そして、あなたの本来の五感、思考が戻ってくる…。



ここが、あなたの新しい道を決める、始めの時。





さあ、あなたは、どうしますか?
 
 
 
私事ですみません。 (めー)
2006-09-11 11:17:59
宇砂子さん、ほんとうにうれしくて、涙がとまりません。まさかコメントをいただけると思っていなかったので、感激です。



>めーさんは1人ではありません。



この言葉が、どれだけ心強いか。今の私は、心も身体もボロボロですが、私は1人じゃない!と思えることはとても大事な一歩なんだと思います。



無限に続く、限りない恐怖に耐えなくてもいいんですよね?

もう楽になってもいいんですよね?



怖いからと逃げてばかりでなく、自分で踏み出さなければ、明るい未来は永遠に訪れない!ですね。



応援ありがとうございます。

















 
 
 
ただ今DV&モラ夫と裁判中です (taka)
2006-09-11 13:27:27
はじめまして… モラルハラスメントって言葉を最近知ったんですよぉ 以前からバカ夫は、DV&虐待&暴言があって、私と子供二人はとにかく我慢しておりました が、結婚8年目でようやく脱出に成功 保護命令の発令、離婚調停、離婚裁判と着々に事が進んでいます が、DV&モラ夫はしぶといの何の…  二度目の保護命令発令で安堵していたのもつかの間、先ほど東京高等裁判所から電話が入り、相手から不服の申し立てがあるから書類を送るとの事でした  マジでしつこいし、嘘吐くし最低な男です 今度捕まったら、拉致されて、監禁されて、殺されかねません  私は自分と子供を守る為に頑張らねば…  まっち~さんのブログを読んで、励みに頑張りますね  
 
 
 
モラといます (蝉ころん)
2006-09-11 14:43:24
まっち~さんこんにちは。

いつも読ませていただき、力をもらっています。

今現在、まだ夫と暮らしていますが、「モラのいない日々」を夢見て、「モラといる日々」を書いてしまいました。いずれ、「モラのいない日々」が書けることを願って。

なかなか自分が被害者であることを実感できないでいた私ですが、だんだんと納得できるようになってきました。サイレント型のモラと暮らしている方は、こんなふうに自分を責めてしまう傾向が強いように思います。それが、決断までに時間を費やしてしまう原因にもなっている気がします。

つたない記事ですが、サイレント型の被害に今もあっている方たちと、一緒に悩みんで行けたら、と思い、まだ未脱出の身ながらこの企画に乗ってしまいました。主旨と合わないようでしたら申し訳ありません。
 
 
 
ありがとうございました! (ピー)
2006-09-11 16:44:32
まっち~さん。

このような機会を与えてくれた素晴らしい企画に参加させていただき、本当にありがとうございます。

早速、私のようなこれぞモラ!とも言い切れないような…ハンパにモラ夫なパートナーに悩まされている方々から立て続けにコメントをいただきました。

いまさらながら、このブログの影響力に驚かされると共に、程度や形に違いこそあれど、モラハラは(こたちょでキッチュ言ってましたが)低温ヤケドのように、じわじわと蝕んでいくものなんだなということを再認識しました。



週末は記事を書くのにイッパイイッパイで今さら他の方々の記事を読ませていただいているんですが(会社なんですが)、書いてから気づきました。



ちょっと横レスになって恐縮ですが、

酒蔵さんとわたし、スタートラインがまったく一緒で驚きました。私も自分が強いと思っていて、夫もどこかおかしいということにも気づいていて、矯正できると思い込んでました…私はその間違いに気づくのに結局10年かかったわけですが。
 
 
 
ありがとうございました。 (てん)
2006-09-11 20:00:46
まっち~様



初めてコメントを書かせていただきます、てんと申します。

2、3日前に「モラスハラスメント」という言葉を初めて知り、

つい先日まで付き合っていた彼から自分が受けていたことに気づきました。

そして、こちらの日記を最初から読ませていただくにつれ

(まだ5月29日までなのですが)

自分自身の中に「共依存」やアダルトチルドレンの要素があり

それは幼少の頃と現在の自分をそれぞれ

「等身大」で見つめ直すことが必要なのだと

気づかされている今日です。



まだ最後(今日まで日付)までは読み終えておりませんが

一言、お礼をお伝えしたくコメントさせていただきました。



ありがとうございました。

まっち~さんが素敵な方と出遭え

再婚なされたことは、私にとっても光です。



だから、本当に色々ご苦労様でした。

これからはずっとお幸せに・・・

 
 
 
ブログからも逃げています (puma2006)
2006-09-11 21:26:32
以前、こちらに何度か書き込みさせていただき、勇気をいただいていた者です。

離婚調停では、夫がしだいに本性を現し、最初は「妻が私と離れることでよくなるのなら離婚も仕方ない」と言っていたのが、今では「絶対離婚しない、金は渡さない!」…

結局、お金だったのね、という現実です。

今後、離婚裁判に突入します。



しかし、私の鬱がひどく、トラウマ治療を受けていますが、現実問題が迫ってくるので、一家心中しようとしたこともありました。



娘もPTSDなので、私よりひどく、私は娘を支えなければなりません。



そんなわけで、現在は、ブログに書き込むことをやめて、鬱やDVから極力離れることで自分を保っています。



久しぶりに来てみましたが、やはり辛いです。



皆さんが勇気をもって行動されていることに頭が下がります。



が、今は、私は現実でのリハビリと、娘の支えになってやること、そして離婚へと進んでいこうと思っています。
 
 
 
puma2006さんへ (M&M)
2006-09-11 22:33:46
横レスすみません。

もしかしたらも見てらっしゃらないかも知れないですが・・・。



「結局はお金」、これ、よくわかります。

いろんなところで思い知らされてきました。



きっと、裁判ということで、弁護士さんがついて闘っておられるのでしょうが、ひとつだけ私が元夫との間で学んだことを書かせてください。



それは、相手にまずは過大でもいいから要求し、それを下げることで相手にとって「お得感」を与えてやるといいかも知れない、っていうことです。

最初から請求するつもりのないものも、とりあえず口にして、後で取り下げることで相手に得したと思わせておけばよかったということが、あれこれあったので。



お金のことだけじゃないんです。

モラは自分にとって損とか利益がないと思われることを極端に嫌います。

極端な話、上げるよって言われてもらう1000円より、一銭も上げないって言われて手にした500円に、より価値を認めるっていう感じで。

1000円って言われて1000円をもらうのは、「本当ならもっともらえたかも」という猜疑心を引出すんじゃないでしょうか。



もしも、puma2006さんの状況に当てはまらなければ、またはとっくにそんなことはわかっているということであれば、スルーしてくださいね。



裁判が早く決着し、puma2006さんが次の人生に踏み出せるよう祈ります。
 
 
 
横レスすみません (ねこみみ)
2006-09-11 22:47:12
今日たまたま内田春菊の「犬の方が嫉妬深い」って本読んだのですが・・・どうかな?って記述(ちょっと性に奔放)もありますが、寄生虫・暴力モラ夫からの脱出・離婚騒動・戸籍騒動・再婚についてのエッセイ?です。

病気になった時のくだりとかはフラバしましたが、読了後元気になれます。

 
 
 
大変でしたね (みすみ)
2006-09-12 02:02:03
先日偶然にまっち~さんのブログを見つけ、取り付かれたように、いきさつなど読ませていただきました。



大変な思いを10年間もされていたなんて気の毒でなりません。



うちの夫はいい人なのですが、ブログを読んでいてどうもフラバって困ると思っていたら、よく考えたら実母が元ご主人にそっくりでした。いきなり激昂する事、規則を作って厳命する事、何が逆鱗に触れるかわからないので気を遣ったこと、命令されたらすぐやらないと怖い事など。暴力は当たり前で、母いわく私は毎日鼻血を出していたそうです。武勇伝のように語ってくれました。



今は離れて暮らしていることもあっていい関係ですが、何かの拍子で思い出してたまらなく悔しかったり辛かったりします。



これって、モラハラだったんですね。気付けてよかったです。ありがとうございます。
 
 
 
書いてみました (すみれ)
2006-09-12 09:41:22
まっち~さんへ。

脱出して3年たち、

今が平和である分、モラのいた日々を思い出すのは、

砂に埋まった遺跡を掘り出すような作業でありました。



あんまりうまく整理がつかなかったのですが、

ひとつの体験談として、

モラと離れることをためらっている方の参考になれば

いいと思いまして、書いてみました。
 
 
 
記事アップしました☆ (ミネコ「離婚日記」)
2006-09-12 15:53:57
私は親モラ元夫モラのダブルモラ被害でややこしいのですが、

どちらももう居ない日々となりました。

これからのことはまだ結果は出ていませんが

あの頃より100万倍マシだろ?!

て感じです(笑)



どうか一人でも多くのモラハラ被害者が

救われますように!



まっち~さん、素敵な企画に参加できてうれしいです。

感謝!
 
 
 
随分出遅れてしまいましたが参加します (kabu)
2006-09-12 20:24:28
殆どロム専でしたが、遅ればせながらこの素敵な企画に参加させて頂きました。

まっち~さんの現在の幸せな日々を目標に、モラで苦しんでいらっしゃる被害者の方々が、少しでも一歩前に踏み出せる切っ掛けになれば・・・と願ってやみません。

私の場合、同一人物で「モラの居る日々」「居ない日々」というおかしな?ケースなので、何の参考にもならない懸念もありますが、どうぞよろしくお願いします。

そして・・・これまた遅ればせながら、まっち~さん、御結婚と素敵な結婚式、おめでとうございました!!

 
 
 
脱出2か月 (judy)
2006-09-13 10:32:05
脱出後のリハビリもそろそろいいかな、というこのごろです。振り返って見られるような気がしたので、企画に参加します。



これから、12年間のできごとをひとつひとつ書いていくつもりです。よろしくお願いします。
 
 
 
ありがとうございます (マイメロ)
2006-09-13 16:11:28
まっちぃ~さんの企画に参加させて頂き嬉しく思います。



私が想像していた以上にモラハラで苦しんでいる方々が大勢いるのですね。

色々な形で攻撃するモラハラ・・・本当にこの世から居なくなる事を祈ってます。



私自身、離婚した後でもモラ攻撃は続いていますが・・・・離れる!!!って事が一番大事ですね。





今回、沢山の方々のブログを拝見して勇気を頂きました。



私のブログも人様のお役に立てれば幸いだと思ってます。



今回はありがとうございました。
 
 
 
おはつです! (よっしゃ)
2006-09-27 17:16:01
モラハラとか今話題になってますね。

俺は嫁はもちろん女性に手をあげたことないので、いまいち分かりません。



でもそういう被害に実際あっている女性もなんと多いことか・・・



男は女性より力が強いのは仕方ないから、女性には優しく・・・・

原因はいろいろあると思いますけどね・・・



なんか悲しくなりますよ。マジで・・
 
 
 
日本の男性はなってない (子育てパパ)
2006-09-30 01:39:48
企業も、政治も悪いですが、自分自身を

律することができない男性が多すぎます。



もっと甘えを捨てて、女性や子どもを守る

力を身につけないといけません。



企業でも子どものいる女性のほうが、はるかに悩み、苦しみ、でも頑張っていますし、

子育てしている母親も本当に尊敬します。



私も男性ですが、甘えている男性が多く、

これでは女性は結婚しないなあと日々感じて

います。

育児も、一緒に育てるどころか、手伝うという心すらない人もいますし。
 
 
 
男性の立場から「本当によくわかります」 (子育てパパ)
2006-10-01 20:41:19
とてもよくわかります。

男性の立場から言うと、家事、育児を「手伝っている」と言っている人でも、「一緒にやっている」ではないんですね。それでも、自分は他人よりやっている、仕事もやっている、というのは「甘え」です。だから、「離婚」を切り出されて初めて実感するのでしょうね。しかし、夫婦であれば、それまでに何度もシグナルを妻から出しているのでしょうから、気づかない気遣いの無さが既にダメなのだと思います。

残念ながら男性の一人として同姓の不甲斐なさを寂しく感じます。
 
 
 
リンクさせていただきました。 (宇宙人ピンク)
2006-10-23 01:49:54
初めまして、このブログに賛同してブログを書いてみようと思いました。

自分が苦しんだ世界はこれだったんだ。そして、今もあの苦しみにもがき苦しんでいる人がいる。

戦う勇気を感じ取っていただけたらと思います。
 
 
 
ありがとうございます (椎汝)
2006-10-23 08:26:28
まっち~さん、参加させて頂き、ありがとうございます(*^-^)

思い出しながら書いてみましたが、ちょっとフラバすることもありました。

まだまだ…呪縛は解けていないんだろうなぁ…



今、ブログを閉じてしまおうと思っています。

アタシの過去を知って欲しかっただけなのに。

…胸が痛くなってしまう自分がいます。



まっち~さん、企画して頂きありがとうございました。

今後も遊びに来ますね
 
 
 
混乱中かもです・・・ (ひとみ)
2006-11-07 11:02:48
ここのサイトにきてずーっと何かがおかしいと思いながらもやってきたことの答えがわかったと思っていたのですが・・・最近心理療法を受け始めたのですが医者から自分が変われば相手も変わると言われました。
 
 
 
ひとみさんへ (宇宙人ピンク)
2006-11-08 07:45:12
心理療法で言うところの『自分が変わる』と言うのは、相手に怒りたいのは本当は自分に怒っているんだ、相手に対する感情は自分の感情の投影である(鏡の法則)を基にして話していると私は考えています。
ダカラ、相手を恐れるモラ被害者は、自分に恐れていると解釈します。萎縮する自分の姿を恐れているので、相手は恐れるに足りないと誘導します。しかし、『殴りかかってくる相手を恐れる自分が青アザだらけで、痛くて、首絞められて死んでしまった自分の姿を恐れているからだ。』と、おっしゃられても、そんな自分を恐れ無いように変われば、死んでます。
心理慮法を必要としているのは、相手ですよ。弱い自分の心に向けている自己否定を貴女に投影するのは止めましょう。って、誰か言ってやってよ!!ひとみさんの相手に!!
 
 
 
私はモラを引き寄せる? (うさぎ)
2006-11-12 21:40:37
22年間、心から笑うことが一度もなく、怒りを押し殺した結婚生活にピリオドをうちました。イルゴエンヌさんの本を読んで、まるで我が家を見ているかのようで、初めて「モラルハラスメント」だったのだと知り離婚に踏み切りました。あれから、2年、なんと職場に
モラがいたのです!今まで気付きませんでしたが、
気に入らないことがあったらしく、いきなり、不機嫌になり、シカトが1ヶ月半にわたり、ありました。でも、私は、結婚相手に対するほどではないけど、やはり、強く出れないのです。モラは病気です。離れるしかないですよね。でも、彼は部下なんです。私が
態度を改めるように告げたところ、急に態度が
変わり、下手に出ています。元夫もそうでした。手の平をかえしたように変わるのですが、続かないのです。どうして自分の人生は モラや、精神的ないじめ
と関わるのだろう?引き寄せる何かが 私にあるのかとやはり、自分を責めたくなるのです。
 
 
 
怒りが人間関係を正常にする (judy)
2006-11-15 00:53:13
うさぎさん、私も同じ。言うべきときに強い言葉が出ない。だから、人につけ込まれることの繰り返し。

後から、あの時こう言ってやればよかったの連続で今まで過ごして来てしまいました。

「それは嫌だわ、これこれだから。」

今は務めてその場でこう言うようにしています。
すると、ずるい人につけ込まれなくなります。
嫌な人は知らない間に離れていきます。

心の正しい人はこう言っても、気持ちよくわかってくれるし、付き合いも変わらない。

怒るべきときにも怒る。

「私は怒っています。これこれのことがあったので大変不愉快な思いをしています。」

つまり怒りの感情に任せて話すのではなく、落ち着いて何に怒っているのかということを話す。

あなたがこうこうだから、と言うと角が立ちます。
私は、こう感じている、と言うと不思議と角が立たないのです。

大変だけど、一言話す前に、三つ数えて、息を整えて、勇気を持って、口を開くよう努力しています。
 
 
 
突然すみません (クルクル)
2006-11-18 23:30:33
初めて参加します。みなさんのお話、見せていただくだけでつらいです。でも頑張っていらっしゃるのですね!私の妹、最近、旦那がモラ夫だという事がわかりました。否定、否定のあげくついに離婚をつきつけられたそうです。彼女も別れたいのですが、離婚調停すると慰謝料でもめ、離婚しないと言われるのが恐いと言います。本人は、慰謝料なんかいらないから別れたいと言えば別れられる!と言うのですが、泣き寝入りするべきなのでしょうか?アドバイスをいただけたら幸いです。
 
 
 
こんにちは★ (はなこ)
2006-12-14 15:24:49
初めまして★このブログで勇気づけられています♪最近私もブログをはじめました!『どこよ』ってところなんですけど、よかったら遊びにきてくださいね★
 
 
 
Unknown (よもぎ(http://yomogi.seesaa.net/))
2006-12-23 10:04:52
まっちさんの勇気見習いたいです。

私は今、自分の人生をよく考えている途中です。
皆さんのブログを読んでは涙し、考えさせられる日々です。

私も何かしなくてはと思い、ブログを始めました。
結婚して28年。
辛い事だらけで記憶が飛んでいます。
思い出すのに苦労しながら書いています。
誰かに読んでもらえたらと思います。
これが書き終わる頃、私も行動を起こしているでしょうか。
「モラのない日々」の世界に住みたいです。
 
 
 
女性のための恋愛・結婚相談所 (恋愛・結婚)
2006-12-26 20:22:08
とても、ためになることばかりでした。
私は、微力ながら女性に役立つ結婚・恋愛のサイトを運営しております。

少しでも、幸せになる女性が多くなればと願って止みません。
 
 
 
Unknown (寅右衛門)
2006-12-27 18:25:52
まだ少ししか読んでいませんが、
結婚を控える男性として「勘違いしてはいけない」と
感じました。

大人の人間としてしっかりとみつめ合わないと
いけませんね。

応援ポチ、またきます。
 
 
 
Unknown (織枝)
2006-12-30 00:39:06
はじめまして!
ちょっとよらせてもらったつもりでしたが、
大変充実したサイトなので、すっかり、読み込んじゃいました。
私も先日、ブログを立ち上げたばかりなんです。
ですので、すごく参考になりました。
また寄らせてもらいます。
よかったら私のブログにも遊びに来てもらえたらうれしいです。
 
 
 
携帯もパソコンも (ひろみ)
2007-01-01 04:58:04
私は携帯もパソコンも持っていないので、とてもさみしいです。今はネットカフェから書き込んでいます。携帯を持っていたときは、しつこく見られていやな思いをしたので、持たなくしました。結婚して5年になりますが、夫は週末は友達と一日中ゲームセンターで過ごします。私の行きたいところに行ったことはありません。旅行やショッピング、散歩。。夫は私以外の人間にはものすごくいい人です。だから夫が働かずぶらぶらしてても、義母にはあの女と一緒にいるから働く気が起きないんだと、胸ぐらを掴まれ夫の前で打たれたことがあります。義母は今も一切夫の実家に入れてくれません。
 
 
 
どうしよう (仕事人)
2013-03-13 16:44:03
結婚24年、夫がモラハラではないかと、ふと思い
仕事中にも関わらずこのサイトに出会い2時間程皆さんのブログを読ませていただきました。皆さんが書いているこのときに、読みたかったなと思いました。あまりにも気がつくのが遅かった。受験を控えた中3と高3のこどものために我慢しようと持ってましたが、悩んでます。受験さえも邪魔しているかもしれない私たち夫婦のいざこざ。
私は平穏に暮らしたいだけなのに、それをさせてくれない夫。
自営業なので仕事してるときが幸せです。唯一の自由な時間です。
でも、自営なので儲かったりも受からなかったり。
稼げないと何を言われるかわかりません。しかも、家事も結構手が抜けません。それはそうです。モラルハラスメントだったんですね。
おかげさまで、いつ母子家庭になっても大丈夫な程になりました。
心配なのは、これから大学に二人も行かせなくてはならない経済的な問題です。この一点のみで、私は夫との生活を続けようとしています。
私が我慢すれば。今まで我慢して来たんだから、あと7年ぐらいなんとかできると思ってました。でも、思春期の娘と息子が、夫との関係が良くありません。
仕事が増え、収入が逆転してきた私にあたれなくなり、
子どもにあたり始めたから。

仕事と言えば、不思議といろんなことを許してくれる夫。
それ以外は友人関係、火事、教育、全てにだめ出ししてきます。

愛情なのか、自己愛の延長なのか
私にとっては、どちらでも関係ないように思えてきました。
皆さんお話を読んでいるうちに、なんだか、自分を大事にしたくなってきました。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
 
 
「モラの痛(笑)日々」と「モラの居ない日々」 (離婚日記)
読者プレゼント企画「モラ大喜利?」開催中! (文字をクリックすると詳しい記事に飛べます) 乞う!参戦!! モラルハラスメント討伐隊長(勝手に任命)まっち~さんのブログ に、ミネコの「離婚日記」もユニゾンして「モラのいた日々」と「モラのいない ...