別冊「YOU」

皆さんもう、読まれましたか? 1月号の「YOU」です。 モラルハラスメントを主題にした一編があります。 レディコミを買うなんて、本当に久しぶりで、 さらに、夫の収入でモノを買うのに慣れていないのもあって、 立ち読みでパラパラと目を通すうち、 あの、胸が押しつぶされそうな感覚が戻ってきました。 ちょうどヒロインの、被害者の女性が呼吸困難になるところで 読み進むことができなくなりました。 もちろん . . . 本文を読む
コメント ( 14 ) | Trackback ( 0 )

新しい名字。

コメントたくさん、本当に嬉しいです。ありがとうございます。 ここで、お会いしたこともない皆さんに、結婚パーティーを開いて頂いたような気分です。 うまくいえないのですが、潜在的にヘンな罪悪感があって、 どこかで「幸せになっていいのよね?」などと、 気付けば自分に問いかけていますが、 皆様から続々と届くコメントを読むと、 「幸せにならなくちゃ☆」と妙に心が軽くなります。 本当に有難うございます。 感涙 . . . 本文を読む
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

☆入籍致しました☆

たくさんの、祝福のコメント、ありがとうございました。 とても嬉しく、涙しつつ読みました。 本日11月9日、 40歳のバースデーを目前に、 私まっち~は、入籍して参りました。 今日私の名字が、彼氏の名字に変わりました。 一度目の結婚と違って、 今の私は、結婚=幸せになれるとは思っていません。 幸せは二人で、築いて積み上げて行くものだと思います。 そのスタートラインに今日立てたこと、 ただただとて . . . 本文を読む
コメント ( 42 ) | Trackback ( 0 )

「パパに会ってくれる?」

そのうち、そのうち・・・ いつか彼と一緒に暮らして、 今度こそ虐待や嫌味や無視や、ため息や嘲笑のない生活を手に入れたい。 思いやりと感謝に溢れた、そんな生活を手に入れたい。 心の奥底ではずっとそのように願っていたし、 優しく頼りがいのある、人の痛みのわかるこの男性となら、 もしかしたらそれが叶うかもしれないと思っていた。 でもその時の私は、 「今、彼はそう思っているだけで、それが永遠に続くかどう . . . 本文を読む
コメント ( 19 ) | Trackback ( 0 )

日記男と、救急診療と、突然の提案。

2週間ほど前、息子と娘が帰宅する前に、 夕飯の買い物を済ませ、彼氏と家に着いて、 ほんのしばらくした後だった。 「コーヒー淹れるね」と、湯沸しに火を点けたとき、 我が家のインターホンがピンポーンと鳴った。 普段は、セールスが多いので出ることは少ないのだが、 帰宅直後だったので、たまたま、応対してしまった。 「はい?」 私は、子供達と名字が違うので、いつも通り名乗らずに出た。 「あの、隣の○○と申 . . . 本文を読む
コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )