Kurumatabiskyの 野に咲く花に魅せられて Part1

  



     野に咲く花のように風に吹かれて~♪

      晴れた日はフィールドにいます。

モモイロシロツメクサ-房総丘陵

2018年03月31日 | みんなの花図鑑
モモイロシロツメクサ(桃色白詰草)
マメ科シャジクソウ属

シロツメクサの変異種で桃色咲きのもの。
モモイロツメクサという記載を目にしますが、シロツメクサの桃色咲きはシロツメクサを含むのが原則です。
アカツメクサの白花種はシロツメクサではなく白花アカツメクサといいます。

[シロツメクサ]
明治時代に牧草として移入されたものが逸出して全国に広く野生化した多年草で、農地、農道、畔などのほか市街地でも見られます。






コメント

ペラペラヨメナ-房総丘陵

2018年03月31日 | みんなの花図鑑
標準和名:ペラペラヨメナ(ぺらぺら嫁菜)
別名:ペラペラヒメジョオン(ぺらぺら姫女苑)
別名:ムキュウギク(無休菊)
別名:ゲンペイコギク(源平小菊)
キク科ムカシヨモギ属

中央アメリカ原産で園芸用に移入したものが逸出して野生化した多年草の帰化植物で、房総での花期は4月上旬から11月上旬です。
別名の「ムキュウギク(無休菊)」は休まずに咲き続けることに由来します。










コメント

トキワハゼ-房総丘陵

2018年03月31日 | みんなの花図鑑
トキワハゼ(常盤爆・常磐黄櫨)
ゴマノハグサ科サギゴケ属

日当たりの良い田の畔、農道の路傍などに見られる草丈10~15㎝の野草です。
生育環境は「ムラサキサギゴケ」とほぼ同じで酷似していますが、同定のポイントをいくつか挙げますと、
 ① 下唇弁の色=「ムラサキサギゴケ」は紫ですが「トキワハゼ」は白に近いこと。
 ② 上の耳のような弁=「ムラサキサギゴケ」はウサギの耳のように立っているのが確認できますが「トキワハゼ」は短いこと。
 ③ 花の大きさ=「ムラサキサギゴケ」の1.5㎝に対して「トキワハゼ」は8ミリから1㎝と小さいこと。
 ④ 走出枝=「ムラサキサギゴケ」は5月中旬になると根元近くから走出枝(匍匐枝)を出しますが「トキワハゼ」は出さないこと。
 ⑤ 花期=「ムラサキサギゴケ」の3~6月に対して「トキワハゼ」は3~10月まで咲いてる。
ことです。






コメント

ハルジオン-房総丘陵

2018年03月31日 | みんなの花図鑑
ハルジオン (春紫苑)
キク科ムカシヨモギ属

北アメリカ原産の帰化植物で、関東地方の河原、土手、道端、山野を中心に広がっている多年草です。






コメント

ホタルカズラ-房総丘陵

2018年03月31日 | みんなの花図鑑
ホタルカズラ(蛍葛)
ムラサキ科 ムラサキ属

全国の日当たりのよい山野に生える常緑の多年草で蕾から開花して少しの間は薄い赤紫ですが、時間とともに瑠璃色に変わります。








コメント

オオジシバリ-房総丘陵

2018年03月31日 | みんなの花図鑑
オオジシバリ (大地縛り)
キク科ニガナ属

全国の農道脇や日当たりの良い林道などに自生する多年草で葉はへら型、同属のイワニガナの葉は匙形です。








コメント

ノミノフスマ-房総丘陵

2018年03月31日 | みんなの花図鑑
ノミノフスマ (蚤の衾) 
ナデシコ科ハコベ属

北海道から九州にかけての田畑脇の土手、河原、休耕田などに自生する多年草で葉は細長く先が尖ります。
2018.3.31撮影 房総丘陵にて






コメント

セイヨウタンポポ-房総丘陵

2018年03月31日 | みんなの花図鑑
旅立ちの季節

セイヨウタンポポ(西洋蒲公英)
キク科タンポポ属




コメント

イワニガナ-房総丘陵

2018年03月31日 | みんなの花図鑑
標準和名:イワニガナ(岩苦菜)
別名:ジシバリ(地縛り)
キク科ニガナ属

山地の岩の上などに見られる多年草で葉は匙型、同属でよく似たオオジシバリの葉はヘラ型です。












コメント

ムスカリ-房総丘陵

2018年03月30日 | みんなの花図鑑
ムスカリ
キジカクシ科ムスカリ属

地中海沿岸から西アジアにかけてが原産の球根植物・多年草です。
逸出して川の土手や道端などに野生化し定着しています。






コメント